ボリビアのおすすめお土産人気10選!ウユニ塩湖の塩、チョコレートなどの特産品をご紹介

11,086

views

0

南アメリカ大陸のほぼ中央にあるボリビア。国土の約3割をアンデス山脈が占める「高原の国」として知られています。また、ボリビアは先住民が多い国。ボリビアと聞いてカラフルな民族衣装を着た人々の姿を想像する人も多いのではないでしょうか。今回はそんなボリビアを訪れた際に買いたいおすすめのお土産をご紹介します。

「高原の国」ボリビア

国内の主要都市の半分近くが標高2,000m以上の高地にあるというボリビア。旅行中に高山病になる人も珍しくないという、まさに「高原の国」です。

ボリビアで最も有名な観光スポット、ウユニ塩湖。ここは世界で最も平らな場所で雨季に冠水すると、水が波も立たないほど薄く広がり「天空の鏡」と称される巨大な鏡状に。その光景はまさに絶景です!

ウユニ塩湖のお土産を買うなら

ウユニ駅前のプラサ・アルセ広場には、お土産物店やレストランが立ち並んでいます。そこではウユニ塩湖の塩はもちろん、ボリビアらしいお土産を仕入れる事ができます。

ウユニ塩湖の塩

ウユニ塩湖では訪れた観光客の多くが、塩をお土産に購入していきます。また、ここの塩は自分で採って持ち帰る事もできるので、自分用のお土産なら直接塩湖から採るのもいいですね。

アルパカ製品

アルパカはボリビアの国獣で、その毛織物はボリビアの特産品として有名。ペルーに比べると種類や高品質な物は少ないですが、ボリビアは物価が安いので、比較的安価に購入できます。

アワヨ生地製品

ボリビアでは、カラフルで可愛い雑貨が多く売られています。その中でもアワヨと呼ばれる伝統的な柄の布を使った小物や雑貨は、南米らしく、おみやげにピッタリです。

プラサ・アルセ広場(Plaza Arce)
住所:
701, Uyuni, Bolivia
アクセス:
ウユニ駅より徒歩約10分

パラ・ティのチョコレート

パラ・ティは、ボリビアのスクレ発の高級チョコレートブランドです。パッケージもおしゃれで、もらった人も喜んでくれること間違いなし。その割に値段もお手頃ですよ。

直営店では板チョコの他にもさまざまな味のトリュフチョコレートが並び、観光客以外にも地元の人達でも賑わっています。また、店内にはちょっとしたカフェもありホットチョコレートなどを楽しむ事もできますよ。

チョコレート パラ ティ(Chocolates Para Ti)
住所:
Calle Claudio Aliaga 1223, San Miguel Ciudad La Paz, La Paz, Bolivia
電話番号:
+591 7 9305787
アクセス:
ラパス国際空港より車で約48分
営業時間:
【月~金】10:00〜13:00/15:00〜20:00【土】10:00〜20:00
定休日:
日曜日

いろんなお土産を一度に買うならスーパーがおすすめ

メガセンターラパス(MEGACENTER LA PAZ)

こちらはボリビアの首都ラパスでも一番の高級住宅街、カラコト地区にあるショッピングモール。ショッピングモールには巨大スーパーが併設。そちらでは雑貨、食べ物、お酒の品揃えが充実しているので、バラまき用のお土産を一度に買える便利なスポットです。

シンガニ

シンガニはワインを蒸留して作られたお酒。ボリビアではジュースなどで割って飲まれています。日本ではあまり馴染みがないお酒なので、珍しく、お土産にいいですね。

キヌア

栄養価の高さでスーパーフードとして注目されているキヌアは、実はボリビアが原産。ボリビアには色々なキヌア製品があり、こちらのキヌアを炒ったポップキヌアはヨーグルトに入れて食べるのにぴったり。健康志向の女性におすすめのお土産です。

先ほどご紹介したウユニ塩湖の塩(上の写真)ももちろんおすすめですが、それ以外の塩商品もボリビアのとっておきの土産物としておすすめです。
ボリビアで塩はスペイン語(現地の言葉)で「SAL」と書かれているので、スーパーでマーケットで是非チェックしてみてください。
ちなみにとっておきの「塩」体験をしたい方におすすめなのが「塩ホテル」。実はボリビアには「塩ホテル」なるものがあり、1年中観光客を魅了し続けています。特にウユニ塩湖からほど近いコルチャニ(Corchani)村というところにある塩ホテル「パラシオ・デ・サル(Paracio de Sal)」は老舗中の老舗で、とっておきの塩を使ったグルメも味わうことが出来ます。

ボリビアでは上の写真のようなピンク色の塩も定番で、現地では「ローズソルト(Rose salt)」の愛称で親しまれています。ローズソルトはアンデスの大地で約3億年以上前の海水から年月を経て結晶化したものと言われており、結晶化の過程で鉄分やカルシウムを豊富に含んでピンク色に輝くそうです。
このピンク色は女性に不足しがちな鉄分やカルシウムをたくさん含んでいる証!身体と心の健康に欠かせない鉄分は、ヘモグロビンと 一緒に全身の細胞に酸素を供給し、カルシウムは骨はもちろん、 筋肉や神経の働きにも嬉しい効果を与えてくれます。えぐみが少なく料理にも使いやすいので是非お試しください。

 

ウワリ

ボリビアビールを飲んだことがありますでしょうか!?近年ビール愛好家の中で人気急上昇のボリビアビール、現地に行ったからには飲まない手はありません。特に上の写真でご紹介した「ウワリ」はボリビアのナンバーワン定番ビール。「HUARI」と綴り、レストランなどでも必ず置いてある人気銘柄です。
ウワリは標高約3000メートルのオルロ(Ciudad de Oruro)という町で製造される、喉越し爽やかなな一品。オルロはウユニ塩湖の玄関口としても有名で、毎年2月末頃に行われるお祭りは、リオデジャネイロのカーニバル、クスコのインティ・ライミ祭りと並んで、南米三大祭りの一つと言われていますので是非機会があれば現地でとっておきのビールを味わってみてください。

ウワリと人気を二分するボリビアビールが上の写真のパセーニャです。こちらでも現地レストラン・バーではどこに行っても置いてある超定番ビールで、ウワリと同じく標高3000メートルほどの高山地帯を流れる澄んだ水から造られています。
ボリビアの首都ラパス(Nuestra Señora de La Paz)に住む人達のことを「パセーニャ( Paseña)」と呼ぶことからこの名前が付いたそう。その名の通り、首都ラパス近郊で造られており、写真のような瓶タイプの他、日本人になじみのある缶タイプもありますよ!山岳地帯を旅行する際は少しアルコールを控えるのが賢明ですが、身体と相談しながら是非現地の味をお楽しみください。

サンポーニャ

可愛らしい木琴のような鉄琴のようなこちらの製品がサンポーニャ(zampoña)です。サンポーニャは実は打楽器ではなく管楽器。南米アンデス地方に伝わる民族音楽フォルクローレ(folclore)に使われる笛の一種で、一つの管で一つの高さの音しか出すことが出来ないため、長さの異なる管を何本も束ねて一つの楽器にして使います。もともとは葦や竹でつくられたものがほとんどでしたが、今ではアクリル、プラスチックといった樹脂系素材のものも多く販売されおり、観光客にも気軽に買うことが出来るようになりました。小さなサイズも豊富に取り揃えられていますので、日本へのお土産におひとついかがでしょうか?

上の写真のようにインテリアにしても南米ムード満点でお洒落なサンポーニャ。スタンダードなものは2段構成で出来ていて、上段が7本(レ・ファ♯・ラ・ド・ミ・ソ・シ)下段が6本(ミ・ソ・シ・レ・ファ♯・ラ)の管となっています。現在ではさらに管を足して音域を広げたものを使う人が多く、ボリビアでは街中やレストランで実際に演奏する様子を見ることも出来るでしょう。サンポーニャを吹きながら弦楽器も合わせて演奏するポリビア人などもたくさんおり、その匠の技に思わずうっとりすること間違いなし!音色の虜になった方はCDなどを買って帰るのも良いかもしれません。音を通じて是非素敵な旅の記憶を思い出してください。

エケコ人形

エケコ人形は、ボリビアの「アラシタの祭(Feria de Alasita)」の際に売られるユーモア満点の人形のことです。アラシタの祭とは、毎年1月24日に行われるエケコ人形が主役のボリビア一有名な新年のお祭りの一つで、当日は自分が「今年手に入れたい!」と思うものをエケコ人形に持たせておねがいをします。
「ekeko(エケコ)」は現地の言葉で「福天」という意味があり、まさに日本の福の神のような存在だそう。かつてはお祭り日程の前後でしか買うことの出来ない貴重な人形でしたが、今ではボリビアらしいお土産として、一年中手に入るようになり、観光客にも大人気の品となりました。

上の写真のようにエケコ人形には何をいくつ持たせたってOK!その為、地元の人は最低でも20センチ以上ある大きめのエケコ人形を使用する人が多いそうです。豊作祈願の為の穀物や金運アップの為の紙幣などはエケコ人形に添えるアイテムの定番中の定番だそうですが、それ以外にも学生証や旅行してみたい国のポスターなどを持たせることもあるそうです。
「家」「車」といった大きなものはミニチュアフィギュアを持たせてお祈りするのが一般的なようで、エケコ人形を1つ1つ見比べるだけでもついつい時間を忘れてしまうほど興味深いものがあります。
ボリビア文化の神髄を感じられる楽しいイベント・アイテムなので、是非現地でチェックしてみてはいかがでしょうか?

メガセンターラパス(MEGACENTER LA PAZ)
住所:
Iparvi , Av. Rafael Pabon La Paz, Bolivia
営業時間:
10:00~00:00
電話番号:
+591 2 2118777
アクセス:
ラパス国際空港より車で約50分
定休日:
無休

ボリビアでおすすめのお土産をご紹介してきましたが、いかがでしたか?ぜひ旅行される際の参考にしてみて下さい。

umi

北海道在住の旅行大好きな30代女子です。
旅行では主に世界遺産や絶景スポット巡りをしています(*^_^*)
もちろん、ご当地グルメもはずせないポイントのひとつ♪
その中でもわたしのおススメなトコをアップしていきます☆

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ウユニ塩湖旅行で食べたいボリビアのオススメ料理7選

    ウユニ塩湖やアンデス山脈などが有名なボリビアですが、それではボリビアではどんなものが食べられているのでしょうか?今回は、ペルーやアルゼンチンなどに比べると知名度に劣るボリビアですが、この国で食べるべき料理を7つ、お届けします!

  • ボリビア人気観光スポットおすすめ5選!赤い湖に温泉、穴場...

    世界には想像を超えた絶景が各地に存在します。その中でも常に上位に入る「ウユニ塩湖」は南米のボリビアに位置します。ウユニ塩湖の魅力を紹介しつつ隠れたボリビアの観光名所を教えちゃいます!

  • 訪れる前に必見!ウユニ塩湖で写真を上手に撮る方法!

    世界の絶景1位の常連、南米ボリビアにある「ウユニ塩湖」では、感動的で面白い写真をたくさん撮ることができます。今回は、どのようにしてウユニ塩湖で上手に写真を撮るか、そのコツをお教え致します!行く前に読めば150%写真撮影を楽しむことができますよ。いざチェック!!

  • これは見てみたい!ボリビア「ラグナ・コロラダ」の赤い湖が...

    南米・ボリビアには「ウユニ塩湖」をはじめ、特徴のある美しい湖がたくさん存在しています。その中から今回ご紹介するのは「ラグナ・コロラダ」です。なんと、湖面が真っ赤に輝いているのです!!世にも珍しい赤い湖と、真っ青な空が織りなす絶景をお届けいたします♪

  • ボリビア・ラパスのオススメ日本食レストラン3選

    ウユニ塩湖が日本でも大人気のボリビア。あまり日本に馴染みのない国ではありますが、首都ラパスにはいくつか美味しい日本食のレストランがあります。今回は、疲れた体に優しい日本食のオススメレストランを3つご紹介します。

  • アタカマ砂漠からウユニへ続く絶景の連続「宝石の道」とは?

    素晴らしい景色が広がる南米の中でも、特にチリ北部からボリビア南部にかけて、息をのむような絶景が広がっています。今回は、チリ北部にあるアタカマ砂漠から、塩湖で有名なウユニへかけて2泊3日かけて向かう絶景ツアーの様子をお届けします。

このエリアの新着記事
  • ウユニ塩湖旅行で食べたいボリビアのオススメ料理7選

    ウユニ塩湖やアンデス山脈などが有名なボリビアですが、それではボリビアではどんなものが食べられているのでしょうか?今回は、ペルーやアルゼンチンなどに比べると知名度に劣るボリビアですが、この国で食べるべき料理を7つ、お届けします!

  • ボリビア人気観光スポットおすすめ5選!赤い湖に温泉、穴場...

    世界には想像を超えた絶景が各地に存在します。その中でも常に上位に入る「ウユニ塩湖」は南米のボリビアに位置します。ウユニ塩湖の魅力を紹介しつつ隠れたボリビアの観光名所を教えちゃいます!

  • ボリビア多民族国基本情報 【治安・情勢編】

    ウユニ塩湖やチチカカ湖、古代遺跡などで知られているボリビアは、南米で最も貧しい国のひとつです。ここではボリビアの治安や訪れる際に注意したいことなどを紹介しましょう。

  • ボリビア多民族国基本情報 【気候・服装編】

    ボリビアは南米のほぼ中央に位置する国で、ウユニ塩湖やアンデス山脈など多くの見所があります。ここではボリビア多民族国の気候や訪れる際の服装について詳しく紹介しましょう。

  • ボリビア多民族国基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    ボリビアは南米にある美しい国です。ここではボリビアのビジネスアワーや祝日・祭日などについて紹介しましょう。祝祭日にはオルロ―のカルナバルなど、華やかなイベントもたくさん行われています。

  • ボリビア多民族国基本情報 【お金編】

    ウユニ湖で有名なボリビアには日本からも旅行者が多く訪れるようになりました。ここでは、ボリビアの通貨や両替、クレジットカード、チップなどお金に関する情報についてまとめてみました。

  • ボリビア多民族国基本情報 【時差・空港編】

    ウユニ塩湖やチチカカ湖などで知られているボリビアは南米の中央に位置します。日本からは直行便がないので、アメリカの都市で乗り継ぐのが一般的。ここではボリビアの時差や行き方、ボリビアの国際空港などについて紹介しましょう。

  • アタカマ砂漠からウユニへ続く絶景の連続「宝石の道」とは?

    素晴らしい景色が広がる南米の中でも、特にチリ北部からボリビア南部にかけて、息をのむような絶景が広がっています。今回は、チリ北部にあるアタカマ砂漠から、塩湖で有名なウユニへかけて2泊3日かけて向かう絶景ツアーの様子をお届けします。

  • ボリビア・ラパスのオススメ日本食レストラン3選

    ウユニ塩湖が日本でも大人気のボリビア。あまり日本に馴染みのない国ではありますが、首都ラパスにはいくつか美味しい日本食のレストランがあります。今回は、疲れた体に優しい日本食のオススメレストランを3つご紹介します。

  • まるで宇宙?!ボリビアの世界遺産・ウユニ塩湖に泊まる

    南米のボリビアには「宇宙に一番近い場所」と言われる場所があります。それが世界遺産・ウユニ塩湖です。今回は、どんな絶景に出会えるかをご説明しながら、世界遺産のど真ん中に泊まれるホテルをご紹介します。滞在プランはこれで決まりです☆

新着記事