フィジー基本情報 【言語・お役立ち会話編】

4,326

views

0

南太平洋の楽園、フィジー。美しい海と大自然の中で、ゆっくりとバカンスを楽しむことができる人気の観光地です。そんなフィジーの公用語は?英語は通じるの?など、フィジー旅行に出掛ける際に気になる言語事情とお役立ち会話をまとめてみました。

フィジーの公用語は?

フィジーの公用語は英語です。かつてイギリス領であったこともあり、発音はイギリス英語がベースになっています。しかもフィジーの人は、ゆっくりと短い単語で英語を話してくれるので、日本人にも聞き取りやすいそうです。

日常会話は英語でないことも!

フィジーには、フィジー系とインド系の人々が半々くらいの割合で住んでいます。そのため、日常会話は、フィジー語やヒンディー語という人も少なくありません。ちなみに観光業に従事している人はフィジー系が多く、商店・お土産屋さんなどのお仕事にはインド系の人が多いそうです。

ただし、学校などでは英語以外の言葉を使うことを禁止されているため、国民のほとんどが英語を理解できます。

フィジー旅行で使える簡単なフィジー語

Bula(ブラ)こんにちは

フィジー語で「こんにちは」を表す「Bula(ブラ)」。フィジーの街を歩いていると、親しげに「Bula(ブラ)」と笑いかけてくれる現地の人もいます。ちなみに、「おはよう」は、「Yandra(ヤンドラ)」。「おやすみ」は、「Ni sa moce(ニサ モ ゼ)」といいますよ。

Io/Sega(イオ/センガ)はい/いいえ

「Io/Sega(イオ/センガ)」は、フィジー語の「はい」と「いいえ」になります。ちなみに「Io」の発音は、まるで日本語で「いーよ」と言っているように聞こえるんですよ。

vinaka(ビナカ)ありがとう

フィジー語で「ありがとう」は、「vinaka(ビナカ)」といいます。国民のほとんどが英語を理解しているフィジーですから、「Thank you」でも十分通じますが、現地の言葉で感謝されたら相手もきっと喜びますよ。

kerekere(ケレケレ)お願いします

「please」の意味をもつ「kerekere(ケレケレ)」。フィジーでは、よくこの言葉が使われます。困ったときはなんでも「kerekere(ケレケレ)」。フィジーの人達はとてもフレンドリーで親切なので、「kerekere(ケレケレ)」とお願いすれば、きっと親身になってくれるはずですよ。

フィジーで使える英語

ここからは、フィジーでよくあるシチュエーションに使える英語をご紹介します。

Please give me a discount(少し安くなりませんか?)

実は、フィジーでは値切り交渉が一般的。買い物をするときは、思い切ってお願いしてみるといいですよ。

Does this bus go to ○○○?(このバスは〇〇までいきますか?)

フィジーでは、バスの路線図というものがありません。いったいどこで降りればいいの?とならないように、乗車前に運転手さんに聞いてみると安心ですよ。

まとめ

フィジーの言語事情と旅行中に役立つフレーズをまとめてみました。英語が話せればあまり困ることのないフィジーですが、現地の言葉でコミュニケーションが取れればもっと楽しいこと間違いなし。皆さんもフィジー語を覚えて、フィジー旅行をもっと楽しんでくださいね。

umi

北海道在住の旅行大好きな30代女子です。
旅行では主に世界遺産や絶景スポット巡りをしています(*^_^*)
もちろん、ご当地グルメもはずせないポイントのひとつ♪
その中でもわたしのおススメなトコをアップしていきます☆

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
  • フィジー基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    南太平洋に浮かぶ楽園フィジー。小さな土地にフィジー人をはじめ、インド系移民や、華人など様々な民族が暮らす多国籍国家です。そんなフィジーの祝祭日は、他の国に比べて実にバラエティ豊か。宗教的な記念日や国民の休日など多岐にわたります。そこで今回は、フィジーの祝祭日とビジネスアワーをまとめてみました。

  • フィジー基本情報 【ビザ・大使館・税関編】

    南太平洋に浮かぶ美しい島国、フィジー。一度は訪れたいリゾート地の代表にもあげられる憧れの観光地です。そんなフィジーを旅するなら、ビザは必要?持ち込み制限はある?などの疑問に答えてみました。

  • フィジーのおすすめお土産厳選紹介!旅の思い出を残そう!

    南太平洋にある島国といえば、フィジー。年中を通して、平均気温は25度前後と快適な気温で過ごせることから、南の島の楽園とも呼ばれています。今回は、そんなフィジーに行ったらぜひゲットしていただきたいお土産をいろいろ紹介していきたいと思います。

  • 南の楽園フィジー!メインランド・ヴィチレヴ島のリゾートホ...

    南太平洋の楽園ともよばれるフィジー。澄んだ青空と美しい海が魅力の島国です。大小さまざまな大きさの島が点在する国の中で、メインアイランドといわれるヴィチレヴ島には魅力的なリゾートホテルがたくさんあります。今回はその中から6つを厳選してご紹介します。

  • フィジー観光で人気のナンティタウン散策!おすすめスポット6選

    フィジーの観光地ナンディはご存じでしょうか?行った際には押さえておきたい観光地やお土産屋さんを6スポットご紹介します。

  • フィジーを低予算で楽しむ!おすすめのリーズナブルなホテル

    美しい海と数々のダイビングスポットを有するフィジーは、見る者に感動を与えてくれるリゾートアイランド! 今回は、上質なサービスとお手頃な値段を両立させた素敵なホテルをご紹介します。何度でも行きたくなる常夏の島フィジーに泊まってみませんか?

  • フィジー・ママヌザ諸島のおすすめホテル特集!魅力的な離島...

    フィジー旅行で悩むのが宿泊先!首都のあるビティレブ島も楽しいのですが、空港に近くフィジーならではの美しい離島がたくさん集まるママヌザ諸島でのステイもオススメです♪さて、どんなリゾートがあるのでしょう。早速ご紹介します!

  • フィジーの伝統儀式&カルチャー情報を観光前にチェック!

    フィジーにリゾートへ旅行するなら海だけではもったいないと思いませんか?民族ならではの儀式や文化に触れ合えるスポットを少しだけご紹介したいと思います。是非参考にして下さい。

  • フィジー~美しいビーチやダイビングスポットが点在!島のお...

    南国の楽園・フィジー。日本からは飛行機で半日以上はかかってしまいますが、その分魅力や憧れを感じている人も少なくないのでは?そんなあなたへ今回は、白い砂浜に、青い海。美しい自然が魅力のフィジーのオススメのホテルをご紹介します!

  • フィジー基本情報 【時差・空港編】

    フィジーって聞いたことはあるけど、国名以外のことはよく知らない… 実際のところ、多くの人の認識としてはその程度ではないでしょうか。今回は、そんな馴染みの薄いフィジーの基本的な情報をお伝えしたいと思います。

この記事のキーワード