フィジーの伝統儀式&カルチャー情報を観光前にチェック!

1,654

views

0

フィジーにリゾートへ旅行するなら海だけではもったいないと思いませんか?民族ならではの儀式や文化に触れ合えるスポットを少しだけご紹介したいと思います。是非参考にして下さい。

フィジーのイメージは?

フィジーと言えば青い海に穏やかな人、幸せの国のイメージが強いですよね。実は島がたくさんあります。それぞれの島や民族に様々な文化があり、触れ合ったり体験することができますよ。

メケ Meke

フィジーの伝統的な歌と踊りをメケと言います。男性と女性では意味も踊りも違いがあります。女性は来客をもてなすためのものです。女はブラウスにスルというスカートのようなものを着ます。踊りは手と首の動きが中心の優しいものです。「ラリ」と呼ばれる太鼓と、「ンデルア」という竹筒を地面に打ちつけるものの2種類リズムを奏でそれにあわせて口伝承の歌を歌うものです。

男たちの踊りはウォーダンスと言います。木のヤリやこん棒を持って、戦いの様子を再現したものなので迫力満点です。男性と女性両方とも見たい方はホテルの夕食後のショーがおすすめですよ。

ロボ料理 Lovo

ロボは地元の人にも観光客にとっても特別料理です。お祝い事の時にしか食べられないのでどうしてもという方は高級リゾートのレストランに行くかフェスティバルで出店していることがあるのでチェックしてから行きましょう。

フィジーで採れたフレッシュな魚、肉、タロイモなどの野菜をバナナの葉で包み3時間程ゆっくり蒸した料理です。葉の香りが香ばしく食材も柔らかくてジューシーです。味付けはニンニクだったりココナッツだったりします。日本人の口にもあいますよ。

マナ アイランド リゾート & スパMana Island Resort & Spa
住所:
Mana Island, Mamanuca Group of Islands, Fiji
営業時間:
14:00(チェックイン)~10:00(チェックアウト)
アクセス:
ナンディ空港から軽飛行機・ヘリで約15分/ボートで90分
電話番号:
+679-666-1455

火渡りの儀式 Fire Walking

ダイビングスポットのベンガ島のサワウ族しかできない神聖な火渡りの儀式です。地面に穴を掘り石を敷き詰め、薪を組んで火をつけ、石が真っ赤に焼けるまで火を燃やし続け高僧の合図で渡ります。最近はショーとして楽しめますがすごい苦行ですよね。

ワーウィック・フィジー
住所:
Queen's Road, P.O. Box 100 Korolevu, Coral Coast, Viti Levu, Fiji
営業時間:
14:00(チェックイン)~10:00(チェックアウト)
アクセス:
ナンディ空港から車にて約2時間
電話番号:
+679 653 0555

ラグビー Rugby

出典: www.asahi.com

フィジーはラグビーが盛んです。世界ランキング10位なんです。盛んになったわけはイギリスの統治だったからだそうです。体格は日本人選手とあまり変わらないのに強いのは素早いパスワークを得意とするからだそうです。

フィジーラグビーハウス Rugby House
住所:
35 Gordon St, Suva, PO Box 1234, Suva, Fiji Islands
営業時間:
10:00~16:00
アクセス:
ナウソリ空港から車で約20分
電話番号:
+679 330 2787

シンガトカ sigatoka

シンガトカとはフィジーの中心都市ナンディから車で約1時間半の町です。町から少し離れた所にあるナショナルパークには砂丘があります。パーク入口から砂丘まで1時間~2時間歩きますが絶景に疲れも吹っ飛びます。

シンガトカ国立公園 Sigatoka Sand Dunes
住所:
Queens Road, Yadua
営業時間:
8:00~16:30
アクセス:
ナンディ空港から1時間半
電話番号:
+679 652 0243

シンガトカのビーチ

フィジーはサーフィンのメッカですが波が高く初心者には難しい所も多いそうです。シンガトカのビーチにはBeach Cocomo Resortというニュースポットがあり初めてのサーフィンでも楽しめるようなサーフィンスクールや道具のレンタルなどあるのでおススメですよ。

ビーチ ココモ Beach Cocomo
住所:
Lot 1 Navoto Sovi Bay | Coral Coast, Sigatoka, Viti Levu, Fiji
アクセス:
ナンディ空港から車で約40分
電話番号:
(679)-936-7063

フィジー博物館 fiji museum

フィジーの首都スバにあります。博物館としては小さめですがヨーロッパの植民地になる前のフィジーの歴史が分かりますよ。スバに行ったら立ち寄ってみて下さい。

フィジー博物館 Fiji Museum
住所:
PO Box 2023 Govt. Bldgs, Suva, Fiji Islands.
営業時間:
9:30~16:30
アクセス:
ナンディ空港から車で約3時間30分またはナウソリ空港より車で約15分
電話番号:
(679) 331 5944
定休日:
日曜日

いかがでしたか?日本人にはビックリな儀式ですがとても神聖で心洗われますよね。フィジーリゾートの参考にしてみてくださいね。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
  • フィジー基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    南太平洋に浮かぶ楽園フィジー。小さな土地にフィジー人をはじめ、インド系移民や、華人など様々な民族が暮らす多国籍国家です。そんなフィジーの祝祭日は、他の国に比べて実にバラエティ豊か。宗教的な記念日や国民の休日など多岐にわたります。そこで今回は、フィジーの祝祭日とビジネスアワーをまとめてみました。

  • フィジー基本情報 【ビザ・大使館・税関編】

    南太平洋に浮かぶ美しい島国、フィジー。一度は訪れたいリゾート地の代表にもあげられる憧れの観光地です。そんなフィジーを旅するなら、ビザは必要?持ち込み制限はある?などの疑問に答えてみました。

  • フィジー基本情報 【言語・お役立ち会話編】

    南太平洋の楽園、フィジー。美しい海と大自然の中で、ゆっくりとバカンスを楽しむことができる人気の観光地です。そんなフィジーの公用語は?英語は通じるの?など、フィジー旅行に出掛ける際に気になる言語事情とお役立ち会話をまとめてみました。

  • フィジーのおすすめお土産厳選紹介!旅の思い出を残そう!

    南太平洋にある島国といえば、フィジー。年中を通して、平均気温は25度前後と快適な気温で過ごせることから、南の島の楽園とも呼ばれています。今回は、そんなフィジーに行ったらぜひゲットしていただきたいお土産をいろいろ紹介していきたいと思います。

  • 南の楽園フィジー!メインランド・ヴィチレヴ島のリゾートホ...

    南太平洋の楽園ともよばれるフィジー。澄んだ青空と美しい海が魅力の島国です。大小さまざまな大きさの島が点在する国の中で、メインアイランドといわれるヴィチレヴ島には魅力的なリゾートホテルがたくさんあります。今回はその中から6つを厳選してご紹介します。

  • フィジー観光で人気のナンティタウン散策!おすすめスポット6選

    フィジーの観光地ナンディはご存じでしょうか?行った際には押さえておきたい観光地やお土産屋さんを6スポットご紹介します。

  • フィジーを低予算で楽しむ!おすすめのリーズナブルなホテル

    美しい海と数々のダイビングスポットを有するフィジーは、見る者に感動を与えてくれるリゾートアイランド! 今回は、上質なサービスとお手頃な値段を両立させた素敵なホテルをご紹介します。何度でも行きたくなる常夏の島フィジーに泊まってみませんか?

  • フィジー・ママヌザ諸島のおすすめホテル特集!魅力的な離島...

    フィジー旅行で悩むのが宿泊先!首都のあるビティレブ島も楽しいのですが、空港に近くフィジーならではの美しい離島がたくさん集まるママヌザ諸島でのステイもオススメです♪さて、どんなリゾートがあるのでしょう。早速ご紹介します!

  • フィジー~美しいビーチやダイビングスポットが点在!島のお...

    南国の楽園・フィジー。日本からは飛行機で半日以上はかかってしまいますが、その分魅力や憧れを感じている人も少なくないのでは?そんなあなたへ今回は、白い砂浜に、青い海。美しい自然が魅力のフィジーのオススメのホテルをご紹介します!

  • フィジー基本情報 【時差・空港編】

    フィジーって聞いたことはあるけど、国名以外のことはよく知らない… 実際のところ、多くの人の認識としてはその程度ではないでしょうか。今回は、そんな馴染みの薄いフィジーの基本的な情報をお伝えしたいと思います。