フィジー・ママヌザ諸島のおすすめホテル特集!魅力的な離島でリゾートステイ♡

6,816

views

0

フィジー旅行で悩むのが宿泊先!首都のあるビティレブ島も楽しいのですが、空港に近くフィジーならではの美しい離島がたくさん集まるママヌザ諸島でのステイもオススメです♪さて、どんなリゾートがあるのでしょう。早速ご紹介します!

マナ・アイランド・リゾート&スパ (Mana Island Resort & Spa)

青い海と空以外はいらない!と言いたくなるほど、マナ島の自然とリゾートステイを満喫できるリゾート。

まるで水族館を覗いているようなシュノーケリング体験や、バナナボート(有料)などのアクティビティも豊富!東西に長く広がる海岸線を気がつくと何往復もしてしまうほど楽しめますよ。

部屋でつくろぎたい方も自分にあったプレ(棟)の部屋の中でのんびり出来ます。日本人スタッフもいるので言葉も安心!こちらのスパは大変人気なので、予約必須ですよ!

マナ・アイランド・リゾート&スパ (Mana Island Resort & Spa)
住所:
33 Namoli Street, Lautoka
料金:
¥21,030~
室数:
152室
電話番号:
+679-666-1455
アクセス:
空港からヘリで約15分

リクリク・ラグーン・リゾート (Likuliku Lagoon Resort)

マロロ島にあるフィジー初の水上プレをもつリゾート。17歳未満は宿泊不可なので、落ち着いた大人のバカンスに最適なのです!

海外の旅行雑誌で様々な賞を受賞するほどクオリティが高く、世界中にファンが多いリゾート。

珊瑚礁の青い海の上に建つメラネシア様式のコテージからの景色は特に絶景です。
加えて食事も美味しいときたら、まさに「大人の楽園」。離れられなくなるリゾートです。

リクリク・ラグーン・リゾート (Likuliku Lagoon Resort)
住所:
Malolo Island, Mamanuca Islands
室数:
45室
料金:
¥67,735 ~(オールインクルーシブ)
電話番号:
+679-666-3344
アクセス:
空港からヘリで約10分/高速艇で約55分

ヴォモ・アイランド・リゾート (Vomo Island Resort)

ヴォモ島にある5ッ星リゾートホテル。
広い敷地に対してヴィラが29室という贅沢なつくりなので1棟…いえ、1島貸切!なんて贅沢をしてしまうセレブもいるのだとか。

小島の中でもそこそこな広さなのでゴルフ(9ホール)ができちゃいます。
室数が少ないため部屋専属のスタッフがおり、サービス抜群なのでストレスフリーのリゾート体験ができます。

リゾート所有の小島へのピクニックなどもでき、フィジーを満喫できますよ♪

ヴォモ・アイランド・リゾート (Vomo Island Resort)
住所:
Beachfront,, Vomo Island
室数:
29室
料金:
¥94,293~(オールインクルーシブ)
電話番号:
+679-672-7297
アクセス:
空港からヘリで約10分~12分/水上飛行機にて約15分

ロマニ・アイランド・リゾート (Lomani Island Resort)

マロロ・ライライ島にある「ロマニ」つまり「愛」のリゾート。

全客室はスイートになっていて、16歳未満は宿泊不可。2014年に改装を終えた白を基調とした広々とした室内とフィジーらしい調度品はとても落ち着く空間!

加えてカップルに大人気のビーチでのディナーまで楽しめるとあったら、誰か見つけてフィジーのこのリゾートまで引っ張ってこないとダメでしょ!
スタッフも含め「ロマニ」一杯の島でバカンスしてみませんか?

ロマニ・アイランド・リゾート (Lomani Island Resort)
住所:
Malolo Lailai Island, Malolo Lailai Island
室数:
24室
料金:
¥34,000~
電話番号:
+679-666-8212
アクセス:
デナラウマリーナから船で約50分

やしの木と微笑みの楽園、フィジー♪
フィジーらしいアクティビティを楽しめるリゾートや年齢制限があって大人な雰囲気のリゾートなどが集まっているのが、ママヌザ諸島です。
一番フィジーらしい美しい海を満喫できるので、是非ご家族・カップルでバカンスを楽しんでみてくださいね!

maorun

旅行と食べ歩き大好きの神戸っこです☆センス溢れる記事を目標に頑張ってます!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • フィジーのおすすめお土産厳選紹介!旅の思い出を残そう!

    南太平洋にある島国といえば、フィジー。年中を通して、平均気温は25度前後と快適な気温で過ごせることから、南の島の楽園とも呼ばれています。今回は、そんなフィジーに行ったらぜひゲットしていただきたいお土産をいろいろ紹介していきたいと思います。

  • フィジー観光で人気のナンティタウン散策!おすすめスポット6選

    フィジーの観光地ナンディはご存じでしょうか?行った際には押さえておきたい観光地やお土産屋さんを6スポットご紹介します。

  • フィジー・ママヌザ諸島のおすすめホテル特集!魅力的な離島...

    フィジー旅行で悩むのが宿泊先!首都のあるビティレブ島も楽しいのですが、空港に近くフィジーならではの美しい離島がたくさん集まるママヌザ諸島でのステイもオススメです♪さて、どんなリゾートがあるのでしょう。早速ご紹介します!

  • フィジー基本情報 【言語・お役立ち会話編】

    南太平洋の楽園、フィジー。美しい海と大自然の中で、ゆっくりとバカンスを楽しむことができる人気の観光地です。そんなフィジーの公用語は?英語は通じるの?など、フィジー旅行に出掛ける際に気になる言語事情とお役立ち会話をまとめてみました。

  • フィジー基本情報 【ビザ・大使館・税関編】

    南太平洋に浮かぶ美しい島国、フィジー。一度は訪れたいリゾート地の代表にもあげられる憧れの観光地です。そんなフィジーを旅するなら、ビザは必要?持ち込み制限はある?などの疑問に答えてみました。

  • 南太平洋の真珠! フィジーで楽しむ非日常体験

    フィジーといえば南太平洋を代表するリゾート地。どこまでも青い海と空と美しい自然が魅力的。そんな地で味わう非日常は私達の心と身体を癒やしてくれます。今回はフィジーでオススメな非日常体験をご紹介します。

このエリアの新着記事
  • フィジー観光で人気のナンティタウン散策!おすすめスポット6選

    フィジーの観光地ナンディはご存じでしょうか?行った際には押さえておきたい観光地やお土産屋さんを6スポットご紹介します。

  • フィジー基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    南太平洋に浮かぶ楽園フィジー。小さな土地にフィジー人をはじめ、インド系移民や、華人など様々な民族が暮らす多国籍国家です。そんなフィジーの祝祭日は、他の国に比べて実にバラエティ豊か。宗教的な記念日や国民の休日など多岐にわたります。そこで今回は、フィジーの祝祭日とビジネスアワーをまとめてみました。

  • フィジー基本情報 【ビザ・大使館・税関編】

    南太平洋に浮かぶ美しい島国、フィジー。一度は訪れたいリゾート地の代表にもあげられる憧れの観光地です。そんなフィジーを旅するなら、ビザは必要?持ち込み制限はある?などの疑問に答えてみました。

  • フィジー基本情報 【言語・お役立ち会話編】

    南太平洋の楽園、フィジー。美しい海と大自然の中で、ゆっくりとバカンスを楽しむことができる人気の観光地です。そんなフィジーの公用語は?英語は通じるの?など、フィジー旅行に出掛ける際に気になる言語事情とお役立ち会話をまとめてみました。

  • フィジーのおすすめお土産厳選紹介!旅の思い出を残そう!

    南太平洋にある島国といえば、フィジー。年中を通して、平均気温は25度前後と快適な気温で過ごせることから、南の島の楽園とも呼ばれています。今回は、そんなフィジーに行ったらぜひゲットしていただきたいお土産をいろいろ紹介していきたいと思います。

  • 南の楽園フィジー!メインランド・ヴィチレヴ島のリゾートホ...

    南太平洋の楽園ともよばれるフィジー。澄んだ青空と美しい海が魅力の島国です。大小さまざまな大きさの島が点在する国の中で、メインアイランドといわれるヴィチレヴ島には魅力的なリゾートホテルがたくさんあります。今回はその中から6つを厳選してご紹介します。

  • フィジーを低予算で楽しむ!おすすめのリーズナブルなホテル

    美しい海と数々のダイビングスポットを有するフィジーは、見る者に感動を与えてくれるリゾートアイランド! 今回は、上質なサービスとお手頃な値段を両立させた素敵なホテルをご紹介します。何度でも行きたくなる常夏の島フィジーに泊まってみませんか?

  • フィジーの伝統儀式&カルチャー情報を観光前にチェック!

    フィジーにリゾートへ旅行するなら海だけではもったいないと思いませんか?民族ならではの儀式や文化に触れ合えるスポットを少しだけご紹介したいと思います。是非参考にして下さい。

  • フィジー~美しいビーチやダイビングスポットが点在!島のお...

    南国の楽園・フィジー。日本からは飛行機で半日以上はかかってしまいますが、その分魅力や憧れを感じている人も少なくないのでは?そんなあなたへ今回は、白い砂浜に、青い海。美しい自然が魅力のフィジーのオススメのホテルをご紹介します!

  • フィジー基本情報 【時差・空港編】

    フィジーって聞いたことはあるけど、国名以外のことはよく知らない… 実際のところ、多くの人の認識としてはその程度ではないでしょうか。今回は、そんな馴染みの薄いフィジーの基本的な情報をお伝えしたいと思います。

新着記事