福島でおすすめの人気お土産29選!食べて美味しいお土産から民芸品までご紹介

428

views

0

福島県でおすすめのお土産をご紹介します。地元民一押しの鉄板のお土産や、福島の文化が表現された民芸品など、福島の魅力が詰まったお土産を29個厳選しました。縁起物などもあるので、お土産を渡したい相手にぴったりのものを選んで喜んでもらいましょう。

うつくしま福島でお土産を探そう

東北の玄関口として知られる福島は全国で3番目に広い面積を有しています。そのため同じ県内でも気候や文化なのど地域差が大きく、訪れる場所によって異なる姿を見せてくれます。福島の魅力を表現した「うつくしま」というキャッチコピーを耳にしたことがある人もいるのではないでしょうか。たくさんの美味しいものや、初めて目にする文化など、福島の思い出を残すことのできるお土産にもぜひ注目してみてくださいね。

絶対に買いたいお土産1:三万石の「ままどおる」

三万石の「ままどおる」は福島で長く愛されているお菓子の一つです。ままどおるはスペイン語で「お乳を飲む子」を意味し、淡い黄色の包みに描かれた母子が優しい印象を与えてくれます。細長く食べやすい形をしたままどおるは、バターを使った生地とミルク味の餡がしっとりとしていて甘さがあり、幅広い世代に愛される味です。自宅用に気軽に手にしやすい袋入りは5個入540円、10個入1080円。配布もしやすい個包装でお土産にも最適な箱入りは6個入680円から36個入4050円まで複数展開されているので、人数にあわせて選びやすくなっています。

三万石 郡山本店
住所:
福島県郡山市駅前2-2-13
営業時間:
10:00~18:00
電話番号:
024-932-1661
定休日:
無休
アクセス:
JR東北本線 郡山駅 徒歩5分

絶対に買いたいお土産2:お菓子の蔵 太郎庵の「会津の天神さま」

お菓子の蔵 太郎庵の「会津の天神さま」は福島の会津でしか作ることのできない地域産品として認められた会津ブランドの一つ。ふんわりとしたブッセ生地には塩味のきいた北海道バターを合わせ、さらにプロセスチーズの酸味と食感を加えることで、甘すぎずさっぱりと食べられます。季節限定の味も多く、いちご、まっ茶、夏みかん、ブルーベリー、キャラメルりんご、ちょこがあり、個包装されたパッケージも味にあわせてデザインが異なっています。時期によって選択の楽しみが広がりますね。福島ならではのお土産として、県外の家族や知人を訪ねるときのお土産におすすめ。価格は5個入(袋)799円、10個入(箱)1641円です。

お菓子の蔵 太郎庵 会津総本店
住所:
福島県会津若松市白虎町180-1
営業時間:
09:30~19:00
電話番号:
0242-32-2877
定休日:
年中無休(元日お休み)
アクセス:
JR会津若松駅 徒歩5分

絶対に買いたいお土産3:柏屋の「柏屋薄皮饅頭」

福島での定番のお土産の一つが柏屋の「柏屋薄皮饅頭」です。薄皮饅頭に使用される餡は、厳選した素材と職人技で作る自家製餡されたこしあんとつぶあんの2種類。こしあんは上品でなめらかな口どけで、さらりとした甘さ。つぶあんは甘さ控えめで、小豆本来の風味とふっくらとした粒感が楽しめます。ふんわりと包まれた個包装は饅頭のやわらかさを伝えてくれるよう。日本三大まんじゅうにも選ばれた柏屋薄皮饅頭は、和菓子好きさんへのお土産に喜ばれるでしょう。価格は8個入1000円、10個入1250円、15個入1840円です。

柏屋本店
住所:
福島県郡山市中町11-8
営業時間:
10:00~19:00
電話番号:
024-932-5580
定休日:
無休
アクセス:
JR郡山駅前ロータリー 徒歩2分

絶対に買いたいお土産4:かんのやの「家伝ゆべし」

かんのやの「家伝ゆべし」は福島を代表する銘菓の一つです。形が特徴的で、鶴が羽を広げた姿をイメージし、薄く伸ばしたゆべしの生地にあんを置き三方をつまんで包んだものを蒸しています。もちもちながらも噛み切りやすく、醤油の香りを感じるゆべし生地。なめらかで、上品な甘みのあん。食感がアクセントの香ばしいケシの実。一般的に知られる四角い形とは異なるかんのやのゆべしは、ゆべしに馴染みのある相手ほど意外性のあるお土産になるのではないでしょうか。包装は1袋2個入りです。価格は化粧箱6個入(2個×3パック)713円から24個入(2個×12パック)2786円まで複数展開されています。

かんのや本店文助
住所:
福島県郡山市西田町大田字宮木田39
営業時間:
10:00~17:00
電話番号:
0247-62-2016
定休日:
無休
アクセス:
郡山駅 車で20分
JR磐越東線(ゆうゆうあぶくまライン) 三春駅 徒歩21分

絶対に買いたいお土産5:いわきチョコレートの「めひかり塩チョコ」

いわきチョコレートの「めひかり塩チョコ」は、福島で古くから親しまれている魚である「めひかり」の形をしたチョコレートです。なめらかな口当たりの光沢あるチョコレートの中にはとろりとした手作りの生キャラメル、表面に振りかけた大粒の海塩のしょっぱさが味を引き立ててくれる一品。落ち着いた青地に英字が綴られたお洒落なパッケージの中に、めひかり塩チョコが放射状に並べられています。名前だけ聞くと魚が入っているのではないかと思ってしまうめひかり塩チョコは、詳細を知らない遠方の友人へのお土産にしたら楽しそうですね。価格は10個入1200円です。

いわきチョコレート
住所:
福島県いわき市小名浜丹波沼61-1
営業時間:
09:00~18:00
電話番号:
0246-53-5265
定休日:
不定休
アクセス:
JR常磐線 泉駅 車で約15分

絶対に買いたいお土産6:お菓子のみよしの「じゃんがら」

お菓子のみよしの「じゃんがら」は福島県いわき市の郷土芸能「じゃんがら念仏踊り」に由来し、太鼓をイメージして作られたお菓子です。じゃんがらの一番の特徴は皮。水を使わずに焼き上げられており、表面の砂糖のコーティングがざくりと、そしてしっとりとした生地の食感が癖になります。挟まれている小倉あんは、北海道産大納言小豆を練り上げた豆の風味豊かな味わい。配布がしやすい個包装されたパッケージにはじゃんがらのシーンが描かれています。同郷の人達との集まりのお土産にしたら話が盛り上がるかもしれませんね。価格は3個入560円から24個入4580円まで複数展開されています。

お菓子のみよし 工場直売店
住所:
福島県いわき市平谷川瀬一丁目11番地3
営業時間:
09:00~19:00
電話番号:
0246-24-3443
定休日:
無休
アクセス:
JRいわき駅 徒歩約18分

絶対に買いたいお土産7:お菓子のさかいの「カリントまんじゅう」

お菓子のさかいの「カリントまんじゅう」は福島で有名なお土産の一つ。コロンとした楕円形のフォルムが可愛らしく、油で揚げているため少しテカテカとしています。生地には黒糖を煮詰めたこがし蜜を練り込み、包み込むのは良質の小豆だけを使ったこしあん。油で香ばしく揚げて表面をカリッとさせ、かりんとうの風味を生み出しています。時間が経つとしっとりとして、ほくほくとした食感に。甘さの中に感じる苦味が濃厚で一つでもしっかりとした食べごたえがあるので、複数人への配布にもぴったりです。

白と黒のパッケージはシンプルながら、丸みのある書体が親しみやすい印象。個包装されているので配布もしやすく、価格は5個入712円から30個入4320円まで展開されています。

お菓子のさかい 石川本店
住所:
福島県石川郡石川町字下泉231
営業時間:
08:00~19:00
電話番号:
0247-26-2823
定休日:
火曜定休
アクセス:
水郡線 磐城石川駅 車で5分

絶対に買いたいお土産8:柏屋の「檸檬」

福島に本店を持つ柏屋の「檸檬(れも)」は、手のひらサイズのレモン風味のチーズケーキです。さっくりとしたタルト生地の中には、フランス産のチーズを100%使用したクリーミーな味を楽しめるチーズ。鮮やかな黄色が目を引く個包装のパッケージには、フォークも付いているのがうれしいポイントです。そのため配布もしやすく、その場で食べやすくなっています。化粧箱入りは包装と同じく鮮やかな黄色の包装紙が、レモンらしさを演出しています。チーズ好きさんのお土産にしたい一品です。価格は1個180円。3個入550円から18個入3600円まで展開されています。

柏屋本店
住所:
福島県郡山市中町11-8
営業時間:
10:00~19:00
電話番号:
024-932-5580
定休日:
無休
アクセス:
JR郡山駅前ロータリー 徒歩2分

絶対に買いたいお土産9:小池菓子舗の「あわまんじゅう」

福島の銘菓として人気の小池菓子舗の「あわまんじゅう」は、ふわふわとした見た目と鮮やかな黄色の皮が印象的。食べるとモチモチとしていて粟ならではのプチプチ感を楽しむことができ、中に包まれた自家製のこしあんは甘さ控えめです。職人の手で一つ一つ作られ、出来立ては手に取っただけで変形してしまうほどの柔らかさ。賞味期限は2日と短いのでお土産にする際には注意が必要ですが、冷凍ならば3ヶ月ほど持つので適切な対応をすれば遠方へのお土産でも安心です。価格は10個入1080円、15個入1620円、20個入2160円です。

小池菓子舗
住所:
福島県河沼郡柳津町柳津字岩坂町甲206
営業時間:
08:00~20:00
電話番号:
0120-090976
定休日:
年中無休
アクセス:
JR只見線 会津柳津(やないづ)駅 徒歩約7分

絶対に買いたいお土産10:上菓子司会津葵の「小法師」

上菓子司会津葵の「小法師」は会津三縁起の一つである起き上がり小法師をモチーフにした縁起菓子です。小豆餡と白小豆黄身餡を石衣で包んだ見た目は雪の情緒が表現されているそう。起き上がり小法師は家族の数より一つ多く買い神棚に供える習わしがあり、小法師は1箱に1個本物の起き上がり小法師の人形が付いてくる点も縁起菓子らしいポイントですね。一つひとつ包まれた包装も、人形のような可愛らしさがあります。縁起菓子なのでご挨拶の際のお土産にも喜ばれるでしょう。価格は八角形の箱に15個入1080円です。

上菓子司会津葵本店
住所:
福島県会津若松市追手町4-18 
営業時間:
09:00~18:00
電話番号:
0120-26-7010
定休日:
無休(元旦は休み)
アクセス:
JR会津若松駅 車で約8分

オススメお菓子1:バウムラボ樹楽里の「米粉のバウムクーヘン」

バウムラボ樹楽里の「米粉のバウムクーヘン」は小麦粉を一切使用せず、福島県産の米粉を使用して作られたヘルシーなライスバウム。米粉ならではのしっとりふわふわの食感が特徴で、口に含めば玉子とアーモンドの風味を楽しめます。また小麦アレルギーの方でも安心して食べることができるので、アレルギーにお悩みの方にも口にしてもらえるお菓子です。

バウムクーヘンが手のひらサイズで個包装され配布にも向いている、お土産にぴったりなセットもあります。プレーン2個入572円から12個入3088円まで展開されていますが、ショコラやホワイトチョコなどの味もあり、組み合わせで価格に差があるので詳しくは確認してみてくださいね。

バウムラボ樹楽里 本店
住所:
福島市松川町下川崎字西原25-4
営業時間:
10:00~18:30
電話番号:
024-537-1170
定休日:
年中無休
アクセス:
松川駅 徒歩15分

オススメお菓子2:玉嶋屋の「玉羊羹」

福島の老舗である玉嶋屋の「玉羊羹」は、コロンと丸い可愛らしいフォルムが特徴。ゴムに包まれた羊羹を、爪楊枝でプチッと刺して取り出すのがユニークな羊羹です。一口サイズの羊羹はプルンとしていて柔らかすぎず、上品な甘さと小豆の風味が味わえます。ユニークな食べ方が楽しめる玉羊羹はお子さんのいるご家庭におすすめしたい一品です。賞味期限が常温で1ヶ月と長いのでお土産にもぴったり。価格は5個入540円、化粧箱10個入1200円、15個入1782円、20個入2365円です。

株式会社玉嶋屋
住所:
福島県二本松市本町1丁目88
営業時間:
07:30~18:50
電話番号:
0243-23-2121
定休日:
無休
アクセス:
JR東北本線 二本松駅 徒歩3分

オススメお菓子3:本家長門屋の「香木実」

本家長門屋の「香木実(かぐのきのみ)」は、福島県会津産の鬼クルミを自家製餡で丸ごと包み、表面に黒糖をまぶしたお菓子です。トリュフのような見た目なので、口に含むと驚きがあるかもしれません。クルミのほろ苦さと、餡の甘さ、黒糖とのバランスもよく、コーヒーやエスプレッソとの相性も抜群。一つずつ和紙に包まれた香木実は、焼印の押された木箱に入れられています。復興庁・経済産業省が主催したコンテスト「世界にも通用する究極のお土産」として認定された香木実は、目上の方へのお土産に自信を持って渡せる一品と言えるでしょう。価格は17個入2000円です。

本家長門屋 本店
住所:
福島県会津若松市川原町2-10
営業時間:
09:00~17:00
電話番号:
0242-27-1358
定休日:
年中無休(年末年始を除く)
アクセス:
西若松駅東口 徒歩約7分

オススメお菓子4:向山製作所の「生キャラメル」

向山製作所という堅い印象の社名に「生キャラメル」が結びつかない方もいるのではないでしょうか。実は向山製作所は電子部品の会社なんです。しかし販売している生キャラメルは本格的。新鮮な牛乳や生クリームで素材の味をいかし、一粒ずつ手作りで丁寧に作り上げています。芳醇でやさしい味わいの生キャラメルの、歯につくことなく溶けてしまうほどの口どけの良さには驚かされるでしょう。プレーンのほかにも種類は多く、カラメルや黒ごま、抹茶など様々。価格は袋入り950円、丸箱入り1058円で、どちらも12粒入です。女性へのお土産にぴったりなスイーツ。要冷蔵なので注意が必要です。

向山製作所 大玉ベース店
住所:
福島県安達郡大玉村大山字新田8-1
営業時間:
09:00~19:00
電話番号:
0243-24-7297
定休日:
不定休
アクセス:
JR東北本線 本宮駅 車で約10分

オススメお菓子5:ゼリーのイエの「ゼリー」

福島には宝石のように美しいゼリーの専門店があります。ゼリーのイエの「ゼリー」は、販売開始とともにすぐに完売してしまうほどの人気。形は全て統一されたドーム型ですが、味の種類は豊富で季節によっても様々です。酸味のあるオレンジゼリーの中にオレンジの果汁・粒状の実も合わせたムースが入ったオレンジゼリーや、様々な味のゼリーをキューブ上にカットして中に詰めレモンゼリーで固めたトロピカルゼリーなど、常時16種類ほどが並びます。

色鮮やかな層が目を引きますが透明感もあり、思わずうっとりしてしまうほど非常に華やか。女性へのお土産に喜ばれること間違いなしでしょう。お土産にぴったりな箱入りの価格は8個入2400円、12個入3600円です。

ゼリーのイエ
住所:
福島県いわき市小名浜寺廻町7-16
電話番号:
0246-54-2431
営業時間:
9:00~15:00(※無くなり次第定時前に閉店の場合もあり)
定休日:
土日祝日
アクセス:
JR泉駅 車で約10分

オススメお菓子6:太陽堂むぎせんべい本舗の「むぎせんべい」

JR東日本おみやげグランプリで特別賞を受賞した太陽堂むぎせんべい本舗の「むぎせんべい」は、地元福島のお土産としてぴったりの一品です。厳選された小麦粉と落花生を使用し、パリッとした噛みごたえと、噛むほどに感じる甘みと豊かな味わいが特徴。一枚ずつ手焼きされるむぎせんべいは、昔ながらの製法を示すバリが付いています。地元の味をお土産として、遠方を訪れる際に選びたいですね。リボンがかけられた円筒型の箱に、2枚1組で包装されたむぎせんべいは6袋(12枚入)594円で販売されています。

太陽堂むぎせんべい本舗
住所:
福島県福島市陣場町9-30
営業時間:
08:00~18:00
電話番号:
024-531-3077
定休日:
無休
アクセス:
JR福島駅 徒歩10分

オススメお菓子7:伊達市の「あんぽ柿」

こちらでご紹介するのは、お店ではなく市の特産品である伊達市の「あんぽ柿」です。あんぽ柿は伊達市が発祥とされており、硫黄薫蒸という渋柿を硫黄で燻蒸して乾燥させる独特の製法で作られています。干し柿のように乾燥した表面とは対照的に、中は生のように水分を含みジューシーでとろとろとした柔らかな食感。甘みがあり冬のデザートとして人気です。ご自宅用にもぴったりな袋入りや贈答用の化粧箱入りなどもありますが、価格はその年によって変動するので時期が来たら実際にチェックしてみてくださいね。冬季限定なので年末年始のご挨拶に伺う際のお土産にも良いのではないでしょうか。

JAふくしま未来 ファーマーズマーケット みらい百彩館「んめ~べ」
住所:
福島県伊達市雪車町19
営業時間:
09:00~17:00
電話番号:
024-551-2223
定休日:
無休
アクセス:
JR福島駅 車で約15分

オススメお菓子8:ダイオーの「いもくり佐太郎」

ダイオーの「いもくり佐太郎」はさつまいもと栗のスイートポテトです。表面のこんがりとした焼き色は熟練の職人さんによるもの。いもくり佐太郎の甘さを引き立てています。中はしっとりまろやかな口あたりで、食感にアクセントを加えてくれる栗がポイント。なめらかさと甘さがクセになると人気の福島限定スイーツです。水墨画風のイラストが描かれた赤地の包装紙が目を引きます。地域独自のお菓子は遠方の知人へのお土産にもぴったりでしょう。配布もしやすい個包装がされており、4個入720円から16個入2880円までと展開されています。

株式会社ダイオー
住所:
福島県福島市下野寺薬師堂後4
営業時間:
09:00~17:00
電話番号:
024-535-3311
定休日:
元旦のみ
アクセス:
JR福島駅西口 車で約15分

オススメお菓子9:ナガトヤの「酪王カフェオレサブレ」

福島県にある酪王乳業が製造しているカフェオレとコラボして作られたのが、ナガトヤの「酪王カフェオレサブレ」です。地元民のみならず全国にファンの多いご当地カフェオレを全重量の1.6%使用。さっくりとしたサブレはほろ苦く、カフェオレをしっかりと感じられます。容器にもこだわり、酪王カフェオレそっくりの牛乳パック型をしているのがファンの心をくすぐりますね。価格は個包装20枚入で540円です。

平箱タイプもあり、こちらは18枚入1080円です。枚数は少なくなっていますが、パックタイプのものより大きいサイズのサブレになっています。リーズナブルな価格なので、ちょっとしたお土産にもぴったり。

道の駅よつくら港
住所:
福島県いわき市四倉町5-218-1
営業時間:
09:00~18:00
電話番号:
0246-32-8075
定休日:
(交流館)毎週火曜日、1/1
(情報館)年中無休
アクセス:
四ツ倉駅出口 徒歩約17分
他取り扱い店舗:
福島県内の高速道路のSA及びPA、道の駅、郡山駅など主要な駅、一部の旅館等

オススメお菓子10:白河菓匠 大黒屋の「白河だるま入りミニだるま最中」

白河菓匠 大黒屋の「白河だるま入りミニだるま最中」は、その名の通りだるまの形をした最中です。サクッと軽い食感が特徴の最中の皮の中には、自家製の小倉餡がたっぷり。さらに、やわらかい求肥のお餅が入っています。ミニだるま最中は福島県白河の伝統工芸品である「白河だるま」を模しており縁起物として大人気。お祝い事や新年のご挨拶、合格祈願などにもおすすめなので、そのような訪問の際に選びたいお土産です。

価格は個包装された化粧箱入りで11個入1317円。民芸品の白河だるまが1個入っているのがより縁起の良さを与えてくれます。まただるま最中は12個入、24個入もありますが、こちらには白河だるまが入っていないので購入時には確認をお忘れなく。

白河菓匠 大黒屋 本店
住所:
福島県白河市中町44
営業時間:
09:00~15:00
電話番号:
0248-23-2098
定休日:
変則的のため要お問い合わせ
アクセス:
白河駅出口 徒歩約3分

オススメお菓子11:パティスリー・サワダの「ピュアオレンジケーキ」

パティスリー・サワダは福島の温泉街である飯坂温泉で歴史を重ねた老舗菓子店です。「ピュアオレンジケーキ」は長く愛されている人気のケーキ。厳選した素材を使って作られるしっとりとしたケーキの上には、薄くスライスして並べられたオレンジのトッピングがツヤツヤと輝いています。オレンジジャムの爽やかな酸味とスポンジのバターの風味がマッチして優しい甘さ。箱を開けた時に広がるオレンジの香りが期待を高めてくれます。お祝い事に呼ばれたときのお土産に喜ばれるだろう一品。見た目にもイメージしやすいオレンジ色のパッケージのピュアオレンジケーキは1本1700円です。

Patisserie Sawada -パティスリー・サワダ-
住所:
福島県福島市飯坂町立町8
営業時間:
08:30~18:00
電話番号:
024-542-2427
定休日:
水曜日
アクセス:
飯坂温泉駅 徒歩3分

名物グルメ1:東栄産業の「甘さ控えめお野菜ジャム」

主原料の全てに福島県産のものを使用し、契約栽培農家から直接仕入れて作られているのが東栄産業の「甘さ控えめお野菜ジャム」です。ジャムは丁寧に手作りして素材の魅力をギュッと凝縮。着色料や保存料などの添加物を極力使わず作られていますがジャムの発色は良く、野菜そのものを想像させる鮮やかさです。味は6種類あり、にんじん、トマト、柚子、かぼちゃ、枝豆、生姜。例えばにんじんは、柔らかく煮込んで舌触りの良いペースト状に仕上げ、にんじんの風味が感じられます。

ジャムは全て糖分は控えめですが、じっくりの煮込んだ素材本来の甘さが感じられるので物足りなさはありません。健康志向の人へのお土産にも喜ばれそう。価格は瓶詰180gで600円です。

ふくしま逸品堂 福島空港国内線ビル1F
住所:
福島県石川郡玉川村北須釜はばき田21
営業時間:
07:00~18:00
電話番号:
0247-57-1511
定休日:
無休
アクセス:
国見ICから車で約65分

名物グルメ2:みそ漬処 香の蔵の「蔵醍醐 クリームチーズの味噌漬」

みそ漬処 香の蔵は、福島にある菅野漬物食品の直売所です。香の蔵で人気の「蔵醍醐 クリームチーズの味噌漬」は、味噌とチーズという和と洋の発酵食品を融合させたもの。濃厚なチーズと、味噌の風味、そこにほんとりと塩味が感じられます。また、JR東日本おみやげぐらんぷり2018では特別賞「家族に贈りたいおみやげ賞」を受賞。その賞の通りお酒のつまみや、ごはんのお供、サラダのトッピングなど、食卓では様々な姿で大活躍なので家族へのお土産に選びたい一品ですね。価格は35g594円、75g1080円。塊状なのでお好きな量をカットして使えます。

みそ漬処 香の蔵 本店
住所:
福島県南相馬市鹿島区永田字北永田28-3
営業時間:
09:00~18:00
電話番号:
0244-46-2233
定休日:
元旦のみ
アクセス:
鹿島駅 車で約5分

名物グルメ3:さくら亭の「喜多方ラーメン」

福島でラーメンといえば「喜多方ラーメン」を思い浮かべる人も多いでしょう。たくさんのラーメン店がある中でおすすめしたいのはさくら亭です。お取り寄せグルメとして通販が可能なので、自宅でもその味を楽しむことができます。本来ご当地でしか味わえないからこそ、場所に関係なく楽しむことのできるお土産に良いのではないでしょうか。1箱生麺6食入り(しょうゆ味スープ×4、みそ味スープ×2、メンマ1袋付き)で1296円。平打ち縮れ太麺はコシがあり、しょうゆや味噌の風味が効いたスープとの相性は抜群です。

さくら亭
住所:
福島県喜多方市押切南1-169
営業時間:
11:00~20:00
電話番号:
0241-23-0757
定休日:
木曜日
アクセス:
JR磐越西線喜多方駅北口 徒歩11分

名物グルメ4:金子牧場の「フレッシュさけるチーズ」

金子牧場は福島県南部三倉山麓にあります。おすすめしたいのは、牧場の隣にある自家加工場で新鮮なミルクを使い作られている「フレッシュさけるチーズ」です。カード(凝乳)を集めてできた塊を、何度も伸ばし繊維状にしたチーズは柔らかく、するするとさけていきます。しかし歯ごたえもしっかりとあり、噛めば噛むほどチーズの旨みが広がるこだわりの味。密閉された袋入りなので新鮮さを保っています。おつまみにもぴったりなので、お酒好きさんへのお土産におすすめ。価格は2本入430円。

金子牧場
住所:
福島県南会津郡下郷町 沢田字鶴ヶ池178-1
営業時間:
09:00~17:00
電話番号:
0241-67-4120
定休日:
無休
アクセス:
養鱒公園駅 車で約7分
この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 福島で人気の絶品ご当地グルメ5選!B級グルメからラーメンに...

    旅行に行ったら是非味わいたいその土地ならではのご当地グルメ!今日は福島県のご当地グルメの中でも特に人気の5つを厳選してご紹介したいと思います。B級グルメからご当地ラーメン、スイーツやお土産にオススメのグルメなどもありますよ。あなたは福島でいくつ制覇できますか?!それでは早速ご覧ください。

  • 実は餃子大国!福島「ふくしま餃子」おすすめ店5選

    餃子の町というと宇都宮が有名ではありますが、福島県にも「ふくしま餃子」という、円盤形で提供される一口サイズで野菜が中心のさっぱりしたご当地餃子があります。そして、ふくしま餃子の会という団体もあり餃子マップも作られているんです。今回はふくしま餃子の会加盟店からオススメのお店を5店舗ご紹介いたします。

  • 【福島・鹿角平観光牧場】夜は満天の星空でロマンティック!

    福島県白川郡にある鮫川村の鹿角平観光牧場は、広大な草原と澄みきった空が魅力的です。ここって北海道!?と錯覚してしまうような素敵なロケーションでのんびり過ごしてみませんか?

  • 福島で人気のパワースポット「五色沼」が絶景!ハートの鯉も!

    福島県にある「五色沼」は、エメラルドグリーンやコバルトブルーに光輝く神秘的な水面が魅力的。季節や天候、時間によってさまざまな美しい姿をみせます。五色沼のひとつ毘沙門沼では、見ると幸せになれる「五色沼のハートの鯉」で話題にもなりました。ちょっとした観光なら毘沙門沼で楽しむのも楽しいですが、ハイキングで五つの沼を巡ることもできます。季節で変化する神秘的な福島県の沼「五色沼」

  • パスポートいらずの英国!ブリティッシュヒルズがスゴすぎる

    国内で本場英国の雰囲気が味わえる場所がある事をご存知ですか?東京から約2時間、福島県にある「ブリティッシュヒルズ」がとにかくスゴいんです!英国中世の雰囲気を完璧なまでに表現した建物や料理に、きっと酔いしれてしまうことでしょう。実はここ、人気ドラマ「花より男子」のロケ地にもなったんだとか!

  • 【福島】会津口・檜枝岐温泉で泊まりたい!おすすめ旅館5選

    福島県会津・尾瀬は温泉が有名ですよね。観光で疲れた後は、ゆっくりできるお部屋に温泉、美味しい地元の料理に触れたいと思いませんか?今回は、福島県の尾瀬エリアでおすすめの宿を5選紹介させていただきます。

このエリアの新着記事
  • 【福島】芦ノ牧温泉、湯野上温泉、昭和温泉を楽しもう!おす...

    福島県には、たくさんの温泉があることで有名で、地元の人達も福島の温泉を広めようとする活動をおこなっているとか。そんな今回は、県内でも特に人気の芦ノ牧温泉、湯野上温泉、昭和温泉が楽しめる宿を紹介したいと思います!

  • 【福島】会津口・檜枝岐温泉で泊まりたい!おすすめ旅館5選

    福島県会津・尾瀬は温泉が有名ですよね。観光で疲れた後は、ゆっくりできるお部屋に温泉、美味しい地元の料理に触れたいと思いませんか?今回は、福島県の尾瀬エリアでおすすめの宿を5選紹介させていただきます。

  • 福島県のおすすめ観光スポット&ホテル15選!水族館にお寿司...

    福島と言えば、スパリゾートハワイアンズや猪苗代湖が有名ですが、その他にも魅力的な観光地がたくさんあります!今回は、人気のスパリゾートハワイアンズを含め、おすすめの観光スポット15選をご紹介します。

  • 【福島・鹿角平観光牧場】夜は満天の星空でロマンティック!

    福島県白川郡にある鮫川村の鹿角平観光牧場は、広大な草原と澄みきった空が魅力的です。ここって北海道!?と錯覚してしまうような素敵なロケーションでのんびり過ごしてみませんか?

  • 【福島】牛の像があなたを救う!?人気パワースポット特集☆

    今回は福島県のパワースポットを紹介! 水行が体験できるスポットやとても貴重な太刀や槍が奉納されているスポット、牛の像の頭を撫でると願いが叶うスポット!?を今回はご紹介していきます。 きっとアナタの運勢を上げてくれるスポットなので気になったら是非足を運んでみては?

  • 福島で人気のパワースポット「五色沼」が絶景!ハートの鯉も!

    福島県にある「五色沼」は、エメラルドグリーンやコバルトブルーに光輝く神秘的な水面が魅力的。季節や天候、時間によってさまざまな美しい姿をみせます。五色沼のひとつ毘沙門沼では、見ると幸せになれる「五色沼のハートの鯉」で話題にもなりました。ちょっとした観光なら毘沙門沼で楽しむのも楽しいですが、ハイキングで五つの沼を巡ることもできます。季節で変化する神秘的な福島県の沼「五色沼」

  • 福島の観光スポット「五色沼」は絶対行くべき絶景観光スポット!

    エメラルドグリーンやコバルトブルー、同じ青色でもさまざまな色味をもつ五色沼。さわやかな水の色に心もすっきり清涼感がただよいます。いくつかの沼で構成されている「五色沼湖沼群」。沼ごとの色合いの違いや、季節、天気、時間帯によっての色合いの変化を楽しめるとあって、人気の観光名所となっているんです!美しい色合いの湖沼群を写真とともにご紹介します♪

  • 福島で人気の絶品ご当地グルメ5選!B級グルメからラーメンに...

    旅行に行ったら是非味わいたいその土地ならではのご当地グルメ!今日は福島県のご当地グルメの中でも特に人気の5つを厳選してご紹介したいと思います。B級グルメからご当地ラーメン、スイーツやお土産にオススメのグルメなどもありますよ。あなたは福島でいくつ制覇できますか?!それでは早速ご覧ください。

  • 福島県ご当地ラーメン「喜多方ラーメン」のウマすぎるおすす...

    全国的にも有名な福岡県喜多方市の「喜多方ラーメン」。そのスープのベースは醤油だと思われがちですが、実はお店によっては味噌や塩などさまざまなんです。その個性豊かな喜多方ラーメンを提供している、オススメのお店を5店舗をご紹介いたします。

  • 実は餃子大国!福島「ふくしま餃子」おすすめ店5選

    餃子の町というと宇都宮が有名ではありますが、福島県にも「ふくしま餃子」という、円盤形で提供される一口サイズで野菜が中心のさっぱりしたご当地餃子があります。そして、ふくしま餃子の会という団体もあり餃子マップも作られているんです。今回はふくしま餃子の会加盟店からオススメのお店を5店舗ご紹介いたします。

この記事のキーワード
このエリアの人気記事
新着記事