ボルネオ観光スポット7選!コタキナバルから行く自然満喫の旅

14,617

views

1

日本からは5時間半のフライトで到着するマレーシアにあるボルネオ島。世界で3番目に大きな島です。島内にはキナバル山や世界最大の花ラフレシアなどが見られ、家族旅行にもぴったりの観光地です。今回はボルネオ島ならではの自然を満喫するための見どころをご紹介します!温泉情報付きです!

①キナバル自然公園(Kinabalu Park)

2000年に世界遺産に登録された公園。
サバ州にある3つの山を含む広大な自然公園で、特にキナバル山は標高4,104mという高さ!登山をする人も多いんです。
キナバルとは中国語で「中国の未亡人」という意味で、中国の王子とその奥さんに係る伝統が残っているとか。

自然の中に遊歩道が造られ、全身で自然を感じることが出来ます。
野鳥もいるので、ぜひカメラを持参してくださいね!
6,000以上のマレーシアの植物を観察できますよ。

キナバル自然公園(Kinabalu Park)
住所:
Ranau, Sabah, Malaysia
営業時間:
7:00~18:00
アクセス:
パパルから車で2時間半
定休日:
なし
電話番号:
088-523-500
料金:
自然保護費RM15
おススメの時期:
7~10月

②ナバル村(Nabalu Village)

標高800mのところにある村。
しいたけのビニールハウス栽培がさかんで、ほかにもバナナ・パイナップル・生姜が特産物。
バナナだと20房で100円ほどで売ってます!
ボルネオの先住民であるカタザンドゥスン族が住む村ともされていて、お土産や民芸品が販売されています。
ツアーだと大体ここでトイレ休憩をしたり、食事をしたりしますね。
トイレは有料なので小銭を準備しておきましょう!

展望台があり、登ることもできます。
その横にはパイナップルの像があり、村のオブジェとされていますよ。

ナバル村の奥の行き止まりに公園があり、そこはキナバル山が見れるポイントとして有名。
行かれるなら朝10時までがおススメですよ!

ナバル村(Nabalu Village)
住所:
Pekan Nabalu, 89150 Ranau, Sabah, Malaysia
アクセス:
コタキナバルから車で1時間半
定休日:
なし
おススメの時期:
通年

③ビビアン・ラフレシア・ガーデン(Viviane Rafflesia Garden)

車道の脇にあるラフレシアの大きな花が描かれた看板があり、その看板の通り進んでいくとあります。
案内役の少年が立っていて、奥にあるラフレシアガーデンへと連れて行ってくれるんですよ。
ラフレシアに適した環境を作るために小動物に荒らされないよう、ネットが張ってあるんですって!

ラフレシアは開花している期間が短いので幻の花とも呼ばれます。
テレビや本で見るのと比べ物にならないぐらいの迫力で、なんだか食べられてしまいそう……。

開花した後に枯れるのではなく、その形のまま腐っていくので恐ろしく感じてしまうかもしれません。

ビビアン・ラフレシア・ガーデン(Viviane Rafflesia Garden)
住所:
Poring, 88000 Ranau, Sabah, Malaysia
営業時間:
7:00~17:00
アクセス:
ポーリン温泉から徒歩5分
定休日:
不定休
電話番号:
019-893-5751
料金:
RM30
おススメの時期:
通年

④クンダサン(Kundasang)

キナバル山の麓にある町で、キナバル自然公園に行く際には寄り道してみてくださいね!
たくさんの観光地があり、中でもクンダサン戦争記念碑は第二次世界大戦中、サンダカンからラナウまで「死の行進」により亡くなった方を慰霊するために建てられました。
クンダサン戦争記念碑の周りには4つの庭とプールがあり、さまざまな花が咲き誇っています。

大通り沿いにはラップに包まれた野菜がずらっと並んでいて、屋台の屋根から手作りのお菓子がぶらさがっていることも。
街の中央には広場があり、日曜日には市が開かれますよ。
マレーシアの人たちにとっては避暑地とされていて、周りには高級なリゾートホテルが立ち並んでいます。

クンダサン(Kundasang)
住所:
Kundasang, Sabah, Malaysia
営業時間:
6:00~22:00
アクセス:
キナバル自然公園から車で10分
定休日:
なし
おススメの時期:
通年

⑤ポーリン温泉(Poring Hot Spring)

キナバル自然公園にある温泉。
もともとは熱湯が噴出する恐ろしい場所と思われていましたが、太平洋戦争中に旧日本軍が開拓した温泉なんです。
施設は庭園風になっていて、有料の屋内個室風呂と無料の露天風呂と分かれています。

入る前にはお湯加減を調節して入ってくださいね!
地元の人たちも、よく入りに来られているそう。
水着を着て入り、数人と一緒に入れる大浴場や足湯もあります。
水着がなくてもレンタルがあるので大丈夫!

足湯だけでも無料なので入っていってみてください!
足の裏がツルツルになり、疲れた足が癒されますよ。

ポーリン温泉(Poring Hot Spring)
住所:
89300 Ranau, Sabah, Malaysia
営業時間:
7:00~18:00
アクセス:
コナキタバルから車で2時間
定休日:
なし
電話番号:
088-879-248
料金:
無料
    室内は1時間RM15(スタンダード)1時間RM20(デラックス)
    ウォータースライダー1時間RM3
おススメの時期:
通年

⑥キャノピーウォーク(Canopy Walkway)

熱帯雨林の森の中にあるつり橋。
地上41m、長さ157mで渡っていると野鳥たちの鳴き声が聴こえてきます。
もとは森林研究のために設置されていたみたいですが、今は森の中のアトラクションになっていますね。
つり橋の途中には係員さんがいて、歩き方のコツを伝授してくれるとか。
怖くても大人の肩ほどあるネットで防御されているので、ぜひ挑戦してみてください!

ツアーでガイド付きの場合、個人だと気づかないようなことも教えてくれます。
つり橋からの眺めは最高で、空中からジャングルを見れるなんて滅多にないですよ!
キャノピーウォークまでは山道を15分ぐらい歩くため、歩きやすい靴がいいです。

キャノピーウォーク(Canopy Walk)
住所:
K.P.Poring Ranau, Kota Kinabalu
営業時間:
8:00~16:00
アクセス:
ポーリン温泉から徒歩20分
定休日:
なし
電話番号:
088-879-248
料金:
大人RM5 子供(18歳未満)RM2.5
おススメの時期:
通年

⑦キナバル山植物園(Mt. Kinabalu Botanical Garden)

ボルネオ島ならではの約1,000種類のラン、食虫植物などを見ることができます。
遊歩道を歩きながら植物を見てまわり、説明が書いてあるパネルが植物のそばにあります。
それぞれ
・赤……キナバル固有種
・緑……蘭
・青……薬草
・黒……一般的な植物
と分けられているんですよ!

キナバル山植物園は世界で一番蘭の種類が多いことで有名!
また食虫植物の「うつぼかずら」は虫を匂いで誘って食べちゃいます。
毎日キナバル自然公園のビジターセンター前で午前11時に集合すると、ガイドウォーク&植物園を案内してもらえるので参加してみてください!(1人 料金RM8 英語のみ)

キナバル山植物園(Mt. Kinabalu Botanical Garden)
住所:
Ranau, Sabah, Malaysia
営業時間:
9:00~13:00
14:
00~16:00(最終入場15:40)
アクセス:
コナキタバルから車で1時間10分
定休日:
なし
電話番号:
088-889-066
料金:
RM5
おススメの時期:
通年

終わりに……

ボルネオ島には広大な公園から、あのラフレシアが見れるところまでさまざま!
ラフレシアなんて日本で見ることはないですから、あの迫力をぜひ生で味わってください。
大人の肩ほどの幅しかないつり橋は、恐怖を味わいながらの経験なので思い出になるのは間違いなしです!

maporinn

海外旅行、国内旅行どちらも大好き!一人でふらっと海外に行けたらいくことも。
英語が好きでイギリスには留学経験もあり。
色々な国に行って見たいです!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • マレーシアを訪れたら買って帰りたいお土産15選!!リピータ...

    初めてマレーシアを訪れる方におすすめのお土産は、マンゴーグミやお茶。ばらまき用にちょうどいいので、リピーターの方からも人気があります。「定番とは違ったお土産を買いたい」という方には、マレーシアブランドがおすすめ!!今回は、マレーシアを訪れたら立ち寄りたいお土産店15選をご紹介します。

  • 迷ったらこれ! マレーシア定番おみやげ5選

    お土産選びは旅の醍醐味のひとつ。今回はマレーシアの旅の記念に素敵なおみやげをということで定番の名産品や物産をご紹介します。

  • マレーシアのパラダイス!ティオマン島が今熱い!

    マレーシアにあるランカウイ島は有名で、日本人が多いのも特徴のひとつ。できれば日本人の少ない、綺麗なビーチでゆっくりしたいという方もいらっしゃるかと思います。今回は、まだあまり知名度の高くないティオマン島をご紹介します。

  • マレーシア観光で絶対外せない人気スポットおすすめ15選!か...

    今アジアで最も注目度を増しているマレーシア。近年急成長を遂げ、世界中から観光客が訪れるほど人気を集めています。今回はクアラルンプールやコタキナバルを中心に、おすすめ観光スポットを厳選してご紹介していきます。

  • ボルネオ観光スポット7選!コタキナバルから行く自然満喫の旅

    日本からは5時間半のフライトで到着するマレーシアにあるボルネオ島。世界で3番目に大きな島です。島内にはキナバル山や世界最大の花ラフレシアなどが見られ、家族旅行にもぴったりの観光地です。今回はボルネオ島ならではの自然を満喫するための見どころをご紹介します!温泉情報付きです!

  • マレーシアペナン島でおすすめの人気ローカルフード8選!グ...

    優雅なレストランで素敵な夜景をみながら食べる食事もいいものですが、ペナン島に来たからには是非、熱気に包まれた屋台のローカルフードを食べに行きましょう!多国籍文化の交じり合うペナン島なだけにメニューも選り取りみどりです。屋台での注文方法、おすすめメニューをご紹介しますので、現地に行った時の参考にして頂けると嬉しいです。

このエリアの新着記事
  • 神秘の島国!マレーシアのランカウイ島で行くべき穴場ビーチ...

    周囲は100前後の島々が点在し、マレーシアのリゾート地として有名なランカウイ島。島々には伝説があり、自然美とゆったりとした砂浜は神秘の島国マレーシアを象徴しているといってもいいかもしれません。そこで、ランカウイでも人気のビーチエリアを紹介します。

  • マラッカで多彩なマレーシアグルメ&ニョニャ料理を味わい尽...

    マレーシアにあるマラッカは東南アジア圏に抱く印象とは異なり、ヨーロッパテイストの建物が並ぶ美しい街が魅力。ヨーロッパの植民地だった過去をもつマラッカは個性的な文化が残り、多彩なグルメが楽しめます。今回は人気店を4つピックアップしてご紹介します。

  • マレーシア・マラッカの便利なおすすめホテル4選!人気観光地...

    歴史の街、マラッカ。世界遺産にも登録されているこの場所に観光に来たからには、効率良くあちこち回りたいものですよね。そんなときにオススメの、観光地へ歩いてすぐ行けてしまう、便利な場所にあるホテルをご紹介します。

  • マレーシア観光で絶対外せない人気スポットおすすめ15選!か...

    今アジアで最も注目度を増しているマレーシア。近年急成長を遂げ、世界中から観光客が訪れるほど人気を集めています。今回はクアラルンプールやコタキナバルを中心に、おすすめ観光スポットを厳選してご紹介していきます。

  • マレーシアのおすすめホテル15選!親日の多文化国家!

    ルック・イーストという、日本人を手本とする教育を何十年に渡り行っているマレーシアは世界有数の親日国。日本から旅行や移住する方が多いことも特徴です。今回はそんなマレーシアのおすすめホテルをご紹介。

  • マレーシア・ペナンでローカル屋台料理!おすすめの屋台村4選

    ビーチリゾートのイメージが強いマレーシアのペナン島ですが、熱帯植物が生い茂る自然、世界遺産に登録されたエキゾチックな街並みのジョージタウン、バラエティに富んだグルメなど魅力あふれる島です。多文化が共存するマレーシアらしく、中華料理、インド料理、マレー料理や中華料理とマレー料理が組み合わさったニョニャ料理などを手軽な値段で楽しめます。今回はそんなグルメ天国ペナンでおすすめの食事処をご紹介します。

  • マレーシアのパラダイス!ティオマン島が今熱い!

    マレーシアにあるランカウイ島は有名で、日本人が多いのも特徴のひとつ。できれば日本人の少ない、綺麗なビーチでゆっくりしたいという方もいらっしゃるかと思います。今回は、まだあまり知名度の高くないティオマン島をご紹介します。

  • マレーシアペナン島でおすすめの人気ローカルフード8選!グ...

    優雅なレストランで素敵な夜景をみながら食べる食事もいいものですが、ペナン島に来たからには是非、熱気に包まれた屋台のローカルフードを食べに行きましょう!多国籍文化の交じり合うペナン島なだけにメニューも選り取りみどりです。屋台での注文方法、おすすめメニューをご紹介しますので、現地に行った時の参考にして頂けると嬉しいです。

  • エナジーチャージはここで! マレーシアのパワースポット6選

    訪れるだけで何か不思議な力が宿ったりリフレッシュされたりするパワースポット。マレーシアにも全土にパワースポットが点在しています。多民族国家として知られるマレーシア。イスラム教、仏教、ヒンドゥー教と宗教もさまざま。 今回は様々な神が集まるマレーシアのパワースポットをご紹介します。

  • 迷ったらこれ! マレーシア定番おみやげ5選

    お土産選びは旅の醍醐味のひとつ。今回はマレーシアの旅の記念に素敵なおみやげをということで定番の名産品や物産をご紹介します。

この記事のキーワード
このエリアの人気記事
新着記事