宇都宮観光の人気スポット15選!ハズレなしのオススメ厳選まとめ

2,714

views

0

餃子の街として有名な宇都宮。しかし、宇都宮には餃子の他にも魅力あふれる観光スポットがたくさんあるんですよ。今回は宇都宮の観光スポットを15か所ご紹介します。宇都宮旅行の前に観光スポットをしっかりチェックしておきましょう!

宇都宮観光で人気のスポット:①うつのみやろまんちっく村

「うつのみやろまんちっく村」は、46万平方メートルという東京ドーム10個分もある広大な敷地を有する滞在体験型ファームパークです。豊かな自然の中にレストランや温泉、プールなど多くの施設があり、楽しい時間を過ごすことができます。また、農業体験やパン作り体験などのアクティビティまで、ファミリーでも楽しめる充実した施設が揃っています。
遊べる「ろまんちっく村」には、スパ施設「天然温泉・露天風呂 湯処あぐり」があり、自然を楽しみながら入る露天風呂でのんびりしたり、プール温浴ゾーン「アグリスパ」には、25メートル変形プールをはじめ、サウナや歩行浴、ジャグジーなどが揃っています。夏になると屋外プールもオープンし、子供から大人までたくさんの人で賑わいます。
また、凧揚げ・ボール遊びなどが思いっきり楽しめる鎧川沿いにある「にぎわい広場」、子供たちが遊具で遊べる屋外公園「ポケットパーク」などもあります。
季節の山野草や広葉樹林など自然いっぱいの「みのりの森」で、気持ちいい散歩を楽しんでみてはいかがでしょうか。
物販店「あおぞら館」でお土産探しも楽しそうですね。

うつのみやろまんちっく村
住所:
栃木県宇都宮市新里町丙254
営業時間:
8:30~18:00(あおぞら館)、10:00~18:00(レストラン施設)、10:00~21:00(温浴等施設)
アクセス:
東北自動車道宇都宮ICから車で5分
定休日:
第2火曜日(祝日の場合は翌日)、冬季には園内整備のための臨時休園あり
電話番号:
028-665-8800
料金:
入場無料(温泉、プール、宿泊施設、レストランは有料)

宇都宮観光で人気のスポット:②宇都宮美術館

「宇都宮美術館」は、宇都宮市制100周年記念事業の一環として、公園施設「うつのみや文化の森」とともに1997年にオープンしました。
美術館には国内外の20世紀以降の美術、デザインなどの作品を収集・展示しており、シャガールやマグリットなどの作品を常設展示しています。また宇都宮にゆかりのある美術作品も収集・公開しています。
年に3回入れ替えがあるコレクション展や、年に5~6回開催される企画展などで、収蔵されているもの以外の作品も紹介されています。そして講演会やワークショップ、自然観察会なども開催されているので、興味のある方はチェックしてみましょう。
そして館内にはレストランやショップも併設されていて、美術館を何倍も楽しいものにしてくれます。ミュージアムショップでは、おしゃれでユニークなデザインのアイテムが揃っているので、ぜひチェックしておきたいところ。そしてレストランでは、企画展ごとに特別メニューが楽しめるのもポイントです。
また周囲が約26ヘクタールという広大な森「うつのみや文化の森」という気閣施設に隣接しており、自然も一緒に楽しむことができます。遊歩道をゆっくり散歩したり、芝生広場でピクニックをしたり、家族連れにもおすすめのスポットです。

宇都宮美術館
住所:
栃木県宇都宮市長岡町1077
営業時間:
9:00~17:00(最終入館は16:30まで)
アクセス:
宇都宮駅から車で約20分
定休日:
月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)、祝日の翌日(土曜・日曜・祝日の場合は開館)
電話番号:
028-643-0100
料金:
一般310円、大学生・高校生210円、中学生・小学生100円

宇都宮観光で人気のスポット:③宇都宮動物園

「宇都宮動物園」は、動物たちとふれあうことができるコーナーが人気の動物テーマパークです。動物たちとに来園者との距離が近く、実物の動物とのふれあいを通し、動物との付き合い方にもルールがあるということを子供たちに伝えていくという教育に力を入れています。図鑑を見ただけではわからない、動物の大きさやにおいなどを実際に見て触って、温かさも感じられるのが楽しいですね。
4.9ヘクタールの敷地に猛獣類、草食類、猿類、昆虫、小獣類の動物たちがお出迎えしてくれ、動物とたくさん触れ合えるコーナーがあり、エサをやる体験や、飼育体験、イヌのショー、イヌのしつけ教室など、定期的に様々なイベントも開催されています。
園内には遊園地も併設されており、観覧車やジェットコースター、ゴーカート、ボートなど多くの遊具が常設され、夏にはプール、冬にはマスの釣り堀が開催され、動物園と遊びの両方が満喫できます。親子連れで楽しめ、勉強にもなる魅力的な動物園ですね。

宇都宮動物園
住所:
栃木県宇都宮市上金井町552-2
営業時間:
9:00~17:00 (3月〜12月)、9:30~16:30(1月中旬~2月末)
アクセス:
東北自動車道宇都宮インターから車で約5分
定休日:
年中無休
電話番号:
028-665-4255
料金:
大人1200円、小人600円(動物園・遊園地)、大人700円、小人350円(プール(小人2才以上))、大人1400円、小人700円(動物園・遊園地・プール)

宇都宮観光で人気のスポット:④餃子像

宇都宮と言えば何といっても有名なのが餃子。そんな餃子の街である宇都宮市のシンボルで、地元PRのために作られたのが「餃子像」です。1994年に町おこし企画の中で作られ、今も宇都宮駅西口のバス乗り場に設置されています。
餃子像は現代美術家の西松鉱二氏が制作しました。高さ1.6メートル、重さ1.7トン、地元の大谷石を使い、「餃子の皮で包まれたビーナス」をイメージして作られたそうです。宇都宮市商業観光課の担当職員の友人が無償で彫刻したのだそうです。
過去には駅前整備工事のため、JR宇都宮駅東口の歩行者広場から現在の西口に移転する際、クレーンで5センチほど持ち上げたところ、バランスを崩して土台が地面に落下し。反動で像が前方に倒れてしまったという痛い過去があります。その後修復され、西口ペデストリアンデッキ下に設置されるも、場所が分かりずらいため再度移転計画が行われ、現在設置されている2階のデッキ上へと落ち着いたという波乱の歴史があります。
駅前に餃子像があるなんて、さすが一世帯あたりの餃子消費量が日本一の宇都宮ですね。

餃子像
住所:
栃木県宇都宮市JR宇都宮駅西口
営業時間:
自由観覧
アクセス:
宇都宮駅西口から徒歩約2分
定休日:
年中無休
電話番号:
028-632-2445
料金:
無料

宇都宮観光で人気のスポット:⑤旧篠原家住宅

「旧篠原家住宅」は明治時代の豪商であった篠原家の旧家で、1997年から一般公開されています。
「旧篠原家住宅」は、宇都宮市を代表する旧家の1つに数えられ、江戸時代から醤油醸造業や肥料商を営む豪商でした。現在の住宅は、明治28(1895)年に建てられたものです。その後戦災により母屋と石倉の3棟を残して、醤油醸造蔵や米倉などの建物はすべて焼失してしまいました。
建物は黒漆喰や地元の大谷石を使った外壁や、商家だったことを思わせる店先の大きな格子と100坪という規模の大きさが風格を感じさせ、JR宇都宮駅前の歴史的シンボルになっています。
「旧篠原家住宅」は、明治時代の豪商の生活を今日に伝える貴重な建造物として、宇都宮市指定有形文化財、国指定重要文化財に指定されており、歴史的価値のある建物です。平成8年2月に宇都宮市に寄贈され、修復・復元され一般公開が行われています。内部も見学できるので、訪れたらぜひ見学してみてください。

旧篠原家住宅
住所:
栃木県宇都宮市今泉1丁目4-33
営業時間:
9:00~17:00(最終入館は16:30まで)
アクセス:
宇都宮駅下車西口から徒歩約3分
定休日:
月曜日(この日が休日の場合はその翌日)、祝日の翌日(土・日・祝日の場合は開館)、 年末年始(12月29日~1月3日)
電話番号:
028-624-2200
料金:
一般100円、中学生・小学生50円※市内に在住、または市内の学校に通学している高校生以下は無料

宇都宮観光で人気のスポット:⑥八幡山公園

「八幡山公園」は市街地の中心にありながら自然の中に桜やツツジが楽しめる公園や遊戯施設、宇都宮タワー、動物舎などがある、家族で楽しめる公園です。
丘陵地を生かした場所には桜が800本、ツツジは700株が植えられており、人気の花見の名所として毎年多くの来場者で賑わっています。
そして市内を一望できる宇都宮タワー、大型遊戯施設やゴーカートがある「アドベンチャーU」、ウサギやタンチョウなどがいる動物舎など、子供から大人までが楽しめます。
特に個性的な遊具が多く集まる「アドベンチャーU」は子供たちに大人気。代表的な遊具にはレール式ターザンロープ、ローラーとグリッサンドふたつの滑り台とそれを繋ぐ回廊があります。
一般的なターザンロープはあくまで滑って終わりですが、こちらのターザンロープはぐるりと周回して元のところに戻ってくるまでが1回となり満足感があります。
また、同様に人気なのが王道ともいえる滑り台。傾斜がゆるく小さな子供でも安心して滑ることができるローラー滑り台と、爽快な滑りが楽しめるグリッサンド滑り台という2種類あるロングスライダー。
自然の中で季節のお花見や、冒険心をかきたてる造りの遊具など、子供たちと一日中遊ぶことができる公園です。

八幡山公園
住所:
宇都宮市塙田5丁目2-70
営業時間:
入園自由
アクセス:
「県庁前」バス停下車、徒歩約15分
定休日:
年中無休
電話番号:
028-624-0642
料金:
入園無料

宇都宮観光で人気のスポット:⑦宇都宮タワー

「宇都宮タワー」は八幡山公園内にある電波塔で、タワーの高さは89メートルですが、標高158メートルの場所にあるので眺めがよく、宇都宮市、日光、那須の山々、遠くには富士山まで360度の素晴らしい眺望が楽しめます。

以前宇都宮市は東京タワーから送られる電波を受信していましたが、東北新幹線が開業することとなり、受信障害が発生する恐れがあったため、中継局が必要となり、宇都宮タワーが落成されました。
宇都宮タワーは地上30メートル部分に展望台が設けられています。展望台がある電波塔は全国でも珍しく、スカイツリー、東京タワー、さっぽろテレビ塔、名古屋テレビ塔の4か所のみに展望台が設置されています。以前八幡山公園に電波塔を建設できず、やもなく展望台の付属としてアンテナを設置したという経緯があるそうですよ。しかしそのおかげで現在でも宇都宮市のシンボルとして市民に愛される存在であり続けているのでしょうね。
地上30メートル地点の展望台へ昇るエレベーターはシースルーエレベーターで、「クリスタルエレベーター」と呼ばれています。30メートル地点を上下するわけですから結構スリルがありますね。

宇都宮タワー
住所:
栃木県宇都宮市塙田5丁目2-70八幡山公園内
営業時間:
9:00~16:30
アクセス:
「県庁前」バス停下車、徒歩約15分
定休日:
月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)、祝日の翌日(土日を除く)、年末年始(12月29日~1月3日)電話番号:028-632-2529(公園緑地課公園管理グループ)
料金:
大人(高校生以上)190円、中学生・小学生90円※市内に在住、または市内の学校に通学している高校生以下は無料

宇都宮観光で人気のスポット:⑧栃木県子ども総合科学館

「栃木県子ども総合科学館」は、遠くからでもよく見えるH2ロケットが目印の科学館で、子供の科学へ興味を持つように工夫された展示物が230点もあります。体を動かしたり、クイズに答えたりしながら好奇心を刺激し、展示やプログラムで子供の発育を促すことなどを目的とし、楽しみながら科学を学ぶことができる科学館です。
見るだけではなく体験型の展示が多く、サイエンスショーや実験ショーなどを通して、見て、触れて、感じて科学を学ぶことができます。時間が決まっているので、事前にチェックしておくことをおすすめします。
屋上には県内最大の望遠鏡が設置された天文台では、公開日や「星を見る会」に双眼鏡を利用して星空を見ることができます。一緒に屋上にあるプラネタリウムを見ると、さらに星に詳しくなれますよ。
広大な敷地には、自然いっぱいの風の広場、ミニ機関車に乗れる乗り物広場、遊具で遊べる冒険広場などがあり、家族連れにはオススメ!

栃木県子ども総合科学館
住所:
栃木県宇都宮市西川田町567番地
営業時間:
9:30~16:30(最終入館は16:00まで)
アクセス:
西川田駅から徒歩約19分
定休日:
月曜日(祝日・県民の日を除く)、第4木曜(3月、7月、8月及び祝日を除く)、祝日の翌日(土曜・日曜の場合を除く)、年末年始(12月28日~1月4日)、臨時休館日
電話番号:
028-659-5555
料金:
大人540円、小人210円(展示場)、大人210円、小人100円(プラネタリウム)

宇都宮観光で人気のスポット:⑨栃木県立美術館

「栃木県立美術館」は国内、国外の近代美術作品を展示している美術館です。常設展示の他に年に4、5回企画展も行っており、そのテーマが毎回ユニークなことで有名。ギャラリートークやワークショップも行われており、作品の理解を深めながら楽しむことができます。
日本においての公立近代現代美術の先駆けとして1972年に開館しました。栃木県と国内とフランス、ドイツ、イギリスなどの西欧近代現代美術を中心に、版画、写真、工芸品など約9000点収蔵しています。年間4~5回開催される企画展、年間4回テーマをそれぞれ設定するコレクション展、そして念4回行う展示替えを行うマイセン磁器展示室では、18世紀から20席までの日本有数のコレクション約100点を見ることができます。
栃木県立美術館では、作品をもっと楽しむために子供から大人までを対象に、様々なイベントやワークショップを開催しています。美術館の見どころ、美術館の不思議、楽しみ方など、楽しみながら美術館を探検する親子向けのイベントなどもりだくさん。

栃木県立美術館
住所:
栃木県宇都宮市桜4-2-7
営業時間:
9:30〜17:00 (最終入館は16:30まで)
アクセス:
宇都宮駅から徒歩約23分
定休日:
月曜日(祝日、振替休日は開館して火曜休館)、年末年始、展示替期間
電話番号:
028-621-3566
料金:
一般250円、大高生120円、中学生以下無料

宇都宮観光で人気のスポット:⑩大谷石採石場跡 大谷資料館

宇都宮の地下神殿とも呼ばれる「大谷石採掘場跡地」。深さ30メートル、広さ2万平方メートルにも及ぶ大谷石の地下採掘場跡です。
大谷石は江戸時代中頃から本格的に採掘がはじまり、大正8年の手堀り時代の掘り跡と、機械化された昭和34年以降の掘り跡が残され、その違いをそれぞれの岩肌で感じ取れるようになっています。現在は採掘場跡はライトアップされ幻想的な雰囲気。採掘場跡のあちらこちらに置かれたオブジェやアートも神秘的で、その光景がSNS映えすると話題になり、多くの人々が訪れています。
大谷石を掘り出しできた地下採掘場は、イベントやライブが開催できるステージがあり、バンドのPV撮影やコンサートに使用されたことも。映画やドラマのロケに使われることも多く、その様子の写真が展示されています。
大谷資料館には大谷石の説明、採掘方法や搬出方法、採掘中に使われていた道具などが展示されています。

大谷石採石場跡 大谷資料館
住所:
栃木県宇都宮市大谷町909
営業時間:
9:00〜17:00 (最終入館は16:30まで)
アクセス:
東北自動車道宇都宮インターから車で約12分
定休日:
年中無休※12月29日~1月1日は閉館、臨時休館あり
電話番号:
028-652-1232
料金:
大人700円、子供350円

宇都宮観光で人気のスポット:⑪鬼怒グリーンパーク

「鬼怒グリーンパーク」は、鬼怒川河川敷にある「水とのふれあい」をテーマにした県営都市公園で、宝積寺エリアと白沢エリアの2エリアから成る公園です。
宝積寺エリアでは、水上アスレチックや水遊び広場を中心に、芝生広場や野球場、テニスコートがあります。中でも子供達に人気の水上アスレチックは、水の上にあるアスレチックを上手に渡って遊ぶアトラクションで、子供たちだけではなく、親子で遊ぶことができます。夏には水遊び広場のちびっこプールや急流くだりが無料で楽しめます。
右岸の白沢エリアには、パークゴルフ場、テニスコート、多目的広場など、運動公園が整備されています。鯨の形のアスレチックも無料で利用できるので、天気のいい日には自然を感じながらピクニック気分で楽しめるおすすめスポットです。
そして広大な花畑には、春には菜の花や桜、ポピー、秋にはコスモスが咲き乱れ、花の絨毯のような美しい景色が見られるでしょう。 7月下旬から8月にかけて、濃黄色の黄花コスモスが咲きます。

鬼怒グリーンパーク
住所:
栃木県塩谷郡高根沢町宝積寺86-1
営業時間:
8:00~18:00(4月~9月)、 8:00~17:00(10月~3月)
アクセス:
宝積寺駅から車で約15分
定休日:
無休
電話番号:
028-675-1909
料金:
無料

宇都宮観光で人気のスポット:⑫とちのきファミリーランド

「とちのきファミリーランド」は、栃木県総合運動公園の中にあるファミリー向けの遊園地です。絶叫系を求める人には不向きで、のんびり楽しみたい家族連れには楽しめます。三半規管が弱い大人同士にも向いています。
遊園地で忘れてはならないのがジェットコースター。新幹線E5系「はやぶさ」をイメージしたコースターで、池に向かって落ちていくような感覚でスリルいっぱいで、こちらの遊園地では絶叫系に入りますが、4才から乗れるので子供でも安心です。
バイキングのような乗り物の「スカイシップ」は、高さはそれほどありませんがほどよいスリルが感じられます。
とちの木ファミリーランドのシンボルとも言える「大観覧車」は、カラフルな外観が目を引きます。観覧車からは日光連山や筑波山まで眺められる360度の眺望が楽しめます。
その他にも豆汽車やサイクルモノレールなど13のアトラクションが楽しめます。週末には大道芸やご当地ヒーローショーなどが行われていて、子供たちに大人気!
入園無料で乗り物代金だけ支払うシステムなので、乗ってみたい乗り物だけ乗れて気軽に行くことが出来ますね。

とちのきファミリーランド
住所:
栃木県宇都宮市西川田町4-1-1
営業時間:
9:30~17:00(3月~10月)、10:00~16:30(11月~2月)
アクセス:
西川田駅から徒歩約11分
定休日:
火曜日(祝日の場合はその翌日)、水曜日(12月~2月/冬休み期間を除く)、年末年始 (12/29~1/1)、屋外施設のため、雨天や荒天の際は臨時休園
電話番号:
028-659-1332
料金:
入園無料、大人(高校生以上)2100円、子供(3歳~中学生)1600円(ワンデーパスバンド)

宇都宮観光で人気のスポット:⑬松が峰教会

「松が峰教会」は、1932年創立の国の登録有形文化財にも指定されている、近代ロマネスク様式を基調にした建築が特徴のカトリック教会です。外壁や祭壇などは宇都宮特産の大谷石が使われており、大谷石建築としては最大規模!夜になるとライトアップされているので、幻想的な雰囲気を味わえます。
松が峰教会は1888(明治21)年にパリ外国宣教会のカジャック神父によって建てられ、「宇都宮天主公教会」として川向町に創立されました。1895(明治28)年に現在の松が峰に移り130年を越える歴史があり、近代ロマネスク様式を基調にした建築様式です。特に注目すべきなのは双塔を持つ教会は日本では少ないということです。
教会内部にも大谷石が使われており、2階にある聖堂の壁は、旧帝国ホテルに用いられた大谷採石場から切り出されたものが使われています。
教会の内部や敷地内の見学も可能で、聖堂の中は厳格な雰囲気が漂っています。毎週日曜日10時からミサが行われていて誰でも参加することができますよ。

松が峰教会
住所:
栃木県宇都宮市松が峰1-1-5
営業時間:
8:30~20:00(曜日により変更あり)
アクセス:
東武宇都宮駅から徒歩5分
定休日:
無休(日によって変動あり)
電話番号:
028-635-0405
料金:
無料

宇都宮観光で人気のスポット:⑭宇都宮城址公園

平成19年に宇都宮城を一部復元し、本丸跡地を公園としてオープンした「宇都宮城址公園」。清明台や富士見櫓はどちらも自由に建物の中に入って見学することができ、2階部分は毎月第3日曜日に見学することができます。
公園の南側には二の丸と三の丸とつないでいたとされる土橋の石垣が復元されています。実際の土橋の石垣は地下に埋められているため見ることはできませんが、二の丸と三の丸の位置関係などを想像することもできますね。
土塁の中には、宇都宮城の歴史に関する資料を見ることができる「宇都宮城もの知り館」があり、宇都宮城と城下町の模型が展示されているので、在りし日の宇都宮城を想像してみるのも楽しいのでは。また、市内の観光案内や街歩きに便利な情報が得られる「まちあるき情報館」も見逃せません。
公園内には4種類の桜(河津桜、大山桜、ソメイヨシノ、しだれ桜)が植えられていて、それぞれ咲く時期が異なるので長く桜を楽しむことができる、桜の名所としても有名です。

宇都宮城址公園
住所:
栃木県宇都宮市本丸町旭1丁目地内
営業時間:
入園自由(櫓などの歴史建築物と展示施設は9:00~19:00)
アクセス:
「馬場町」バス停下車、徒歩約10分
定休日:
櫓などの歴史建築物と展示施設は年末年始休み
電話番号:
028-632-2529
料金:
入園無料

宇都宮観光で人気のスポット:⑮宇都宮城ものしり館

宇都宮城址公園内の復元された本丸土塁内部に「宇都宮城ものしり館」があります。こぢんまりとしたスペースですが、宇都宮城の歴史がぎゅっと詰まった資料館です。

築城は平安中期ということなので、歴代城主の名前がずらりと並んで記載されているのも納得です。復元工事中に発掘された出土品も貴重な資料として興味がわきます。
館内には宇都宮城の復元模型や本丸の復元模型が展示されています。明治初頭の戊辰戦争の際に焼失しましたが、江戸末期の宇都宮城をほぼ再現されているとのこと。宇都宮城は平城で、外敵からの守りを強固にし、徳川将軍の日光東照宮参拝の際に将軍が宿泊する場所で、あるため、将軍が滞在する本丸を守っていたこともうかがえます。
館内にはボランティアガイドさんが常駐されていて、説明を聞くこともできます。
入館は無料で、誰でも気軽に入ることができます。ここで宇都宮城の歴史を学んでから公園内を散策してみると、より楽しめるかも知れませんね。

宇都宮城ものしり館
住所:
栃木県宇都宮市本丸町1-15
営業時間:
9:00~19:00(最終入館は18:30まで)
アクセス:
東武宇都宮駅から徒歩約10分
定休日:
年末年始(12月29日~1月3日)、メンテナンスによる臨時休館有
電話番号:
028-638-9390
料金:
無料

いかがでしたか?餃子のイメージが強い宇都宮ですが、大谷石採石場跡のような幻想的な場所からとちのきファミリーランドのような地方遊園地まで、さまざまな観光スポットがあります。お気に入りの旅先を見つけて楽しい宇都宮旅行にしてくださいね。

umi

北海道在住の旅行大好きな30代女子です。
旅行では主に世界遺産や絶景スポット巡りをしています(*^_^*)
もちろん、ご当地グルメもはずせないポイントのひとつ♪
その中でもわたしのおススメなトコをアップしていきます☆

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
この記事のキーワード
このエリアの人気記事