飛行機は好きですか?エコノミークラスでも快適に過ごしちゃう方法

6764

views

0

旅費節約のために飛行機のクラスをエコノミーにするというのは最早当然。 でも海外などの長距離フライトではあの狭さはちょっと苦痛…ですよね。 そこで少しでも機内を快適に過ごせるワザのご紹介をします。

座席は必ず自身で指定

基本中の基本ですね。
座席は窓側・通路側の二種類だけではありません、前方席を選ぶか後方席を選ぶかによってもその快適度は変わってきます。
席を選ぶ際のポイント、そのメリットとデメリットを考えてみましょう!

窓際の座席のメリット

・離陸時、着陸時に景色が堪能できる。
離陸時着陸時以外にも美しい朝焼けや夕焼けを見られます。

・壁にもたれかかって眠る事が出来る。
通路側だと人の行き来の物音で眠りを妨害されがちですが、窓側の方が壁にもたれかかれるのでゆっくり眠りたいのであれば窓側がおススメです。

窓際の座席のデメリット

・トイレで席を立ちにくい
隣席が家族友人であれば気を使わなくて済むものの、知らない人の場合はいちいちお願いするのに気を使いますよね。

・降りるとき荷物の取り出しが面倒
降りるときは当然通路側の人から席を立ちます。その段階で人の流れが出来上がってしまうので流れを見計らって荷物を取り出すという時、急がなければ!と焦ってしまいがち。

通路側の座席のメリット

・トイレに立つときに気を使わない
通路側一番のメリットといえばこれではないでしょうか。いちいち隣の人に気を使わずとも好きなときに席を立てるのは結構重要ですよね。

・荷物を出しやすい
席を立ったり座ったりが自由に出来るという事で飛行中でも何度も物を出し入れする人にはおススメです。

通路側の座席のデメリット

・窓側とは逆に寝にくい
通路を頻繁に人が行き来するので安眠したい!という方には向かないかもしれません。席自体も窓側と違って壁なども無く、もたれられない為寝づらいです。

・トイレに行く人のために席を何度も立たなくてはいけない
長距離航路にもなればトイレに行く回数も増えるもの。それは自分だけでなくその隣の人も同じこと。
もしもトイレの近い人が隣にいた場合は、何度も何度も立って譲るを繰り返さねばならないので落ち着いてもいられないということが考えられます。

前方の席のメリット

・機内食が選べる!
機内食の持込数は決まっています。そして配られるのも前方席から…となれば通常食事は二種類程度から選択することになっていますから必然的に後方だと片方が品切れに、なんてことがあり得るわけなんです。

・乗り降りしやすい
当たり前ですが入り口に近いですから乗るとき降りるときがスムーズにできるのも特徴です。

前方の席のデメリット

・大抵はアップグレード席
前方の席は揺れも少なくゆったりとした作りになっているので、座るためには追加料金がかかる可能性も。また、最初からビジネスクラスやファーストクラスの指定となっている場合もあります。

・人気の席=人も多い
前方が過ごしやすいというのは割合一般的なので自然と前方に人気が集中します。
そのため後方席よりも密度が高く、却って身動きがとりにくくなることも!

後方の席のメリット

・優先搭乗できることも!
子供連れや妊婦の方が優先搭乗できるのは勿論ですが、実は後方席においても搭乗時優先的に案内されることがあるんです。早めに乗り込めば後ろに人を待たせることなく手荷物を棚に入れたりできるのは少しストレスが軽くなりますよね。

・景色が綺麗に見える
羽根が邪魔にならない位置の後方であれば窓いっぱいに空からの景色を楽しめます。空の旅の醍醐味といっても過言ではないので、旅の気分を盛り上げたい人には良いかもしれませんね。

後方の席のデメリット

・エンジン音が大きい
主翼より後方の席はそのエンジン音の影響をもろに受けるので、その騒音がうるさく感じる場合も。

・後方揺れる
一般的に後方の席は前方の席よりもゆれが大きいといわれています。神経質な人にはその揺れを不快に感じるかもしれません。

旅行の予約をする際に意外と忘れがちな座席の指定。
細かな指定は出来ない場合もありますが、窓側か通路側かという希望は反映してもらえることも多いので一度航空会社に尋ねてみましょう。

服装は伸縮性のあるゆったりしたものを

長時間ものフライトともなれば、自分の着ている服ですら窮屈に感じるものですよね。
そういう場合は伸縮性にとんだ衣類やゆったりとした作りの服装を選びましょう。
できれば足元が冷えがちなスカートなどよりパンツスタイルをおすすめします。

そして靴を履き替えることも快適さを得る一つの手段です。ただスリッパなどは意外とかさばるので、もこもこの厚手の靴下をスリッパの代わりに持ち込み、履きかえるというのも手ですよ。

機内の乾燥対策

飛行機内の湿度はとても低く、なんと20%前後なのだとか。
いっそのことノーメイクで過ごし、化粧水や乳液などをこまめに塗り肌の潤いを保ちましょう。
液体の持ち込みは制限されますので、100ml以下の透明なボトルに移し変えたものを持参してくださいね。

あとはマスク。マスクをすれば乾燥対策にもなりますし、最近では濡れマスクのような乾燥対策に特化したものも扱われています。
また、普通のマスクでも普段の自分のお気に入りの香りを吹き付けておけば、窮屈な機内でも少しだけリラックス効果が得られるかもしれません。

最終手段は眠る!

最終的には眠ってしまうというのが一番の解決策!
ただし、変な体勢で寝てしまうと起きた後に却って疲れてしまう、なんてことも…。
そういう場合に必要なグッズとして一番にネックピローは必携アイテムだといえます。
今では当たり前となったネックピローですが、旅行の際にこれがあるのとないのとでは眠るときの快適さが断然違ってきます。まだお手元にないという方、是非お試しください!

それに加えてアイピローや目の蒸気アイマスクはおすすめ。さらに雑音対策として耳栓もお役立ちアイテムといえるでしょう。多くの人が集まる空間ですので、やはり他人の雑音やちょっとした光の刺激等は自分が考えるよりもストレスになるものです。

とかこ

30代主婦。寺社仏閣など歴史ある建物を見ること、そしてご当地のおいしいものを食べる事が好きです。

この記事を読んだあなたにオススメの記事

  • アフリカの治安の悪い危険都市10選

    交通手段が発達し、以前より簡単に旅に出ることが出来るようになった現代ですが、それでも訪れたくはない場所があります。それはズバリ危険な都市。ヨハネスブルグやナイロビなど、一般的に危険なイメージのアフリカですが、実際のところ、どこが危険な都市なのでしょう?今回は行ってはいけないアフリカの危険都市TOP10をご紹介します。

  • 飛行機は好きですか?エコノミークラスでも快適に過ごしちゃ...

    旅費節約のために飛行機のクラスをエコノミーにするというのは最早当然。 でも海外などの長距離フライトではあの狭さはちょっと苦痛…ですよね。 そこで少しでも機内を快適に過ごせるワザのご紹介をします。

  • 苦痛な移動時間も快適に!旅行に便利なお助けグッズ紹介!

    楽しい楽しい旅行。しかし移動時間で疲れることはありませんか?そんな移動時間を快適に過ごすためのグッズをご紹介いたします。 お助けアイテムによってより最高の旅ができるかもしれません!

  • なんと無料!! トランジットで市内観光ツアーに参加できる空港...

    空港で乗り継ぎをする際、次の飛行機までかなり時間が空いてしまうことがありますよね。 そんな時、ビザなしでも乗り継ぎ空港から市内観光ツアーに参加できる空港をご存知でしたか? しかも、なんとツアー参加日は無料! 入国審査を受けずに入国できるので、数時間余裕があれば参加できるのです。 これなら空港内で暇つぶしすることなく、トランジットですらも楽しめますね!

  • 旅行中は食べても太らない!その理由と太らない方法

    旅行中に食べすぎて困った!ということはありませんか? 実は、旅行中は自律神経の働きや、運動量の多さから太りにくい身体になっているので、ダイエット中でも、たくさん食べられるチャンスかもしれない!?という説があるのです。

  • 【ヨーロッパ】海外ウエディングスポットおすすめ3選!お城...

    海外での挙式となると、費用がかなり高額だと思っている方も多くいらっしゃいます。実は、親族の方の渡航費などを合わせても、日本でするより安いケースも多いことをご存知でしたか?それだけ日本の冠婚葬祭の費用は高く、海外挙式はリーズナブルなところも多いのです。これから挙式を行う方は是非、海外ウエディングも参考にしてみてくださいね。