飛行機は好きですか?エコノミークラスでも快適に過ごしちゃう方法

18,089

views

0

旅費節約のために飛行機のクラスをエコノミーにするというのは最早当然。 でも海外などの長距離フライトではあの狭さはちょっと苦痛…ですよね。 そこで少しでも機内を快適に過ごせるワザのご紹介をします。

座席は必ず自身で指定

基本中の基本ですね。
座席は窓側・通路側の二種類だけではありません、前方席を選ぶか後方席を選ぶかによってもその快適度は変わってきます。
席を選ぶ際のポイント、そのメリットとデメリットを考えてみましょう!

窓際の座席のメリット

・離陸時、着陸時に景色が堪能できる。
離陸時着陸時以外にも美しい朝焼けや夕焼けを見られます。

・壁にもたれかかって眠る事が出来る。
通路側だと人の行き来の物音で眠りを妨害されがちですが、窓側の方が壁にもたれかかれるのでゆっくり眠りたいのであれば窓側がおススメです。

窓際の座席のデメリット

・トイレで席を立ちにくい
隣席が家族友人であれば気を使わなくて済むものの、知らない人の場合はいちいちお願いするのに気を使いますよね。

・降りるとき荷物の取り出しが面倒
降りるときは当然通路側の人から席を立ちます。その段階で人の流れが出来上がってしまうので流れを見計らって荷物を取り出すという時、急がなければ!と焦ってしまいがち。

通路側の座席のメリット

・トイレに立つときに気を使わない
通路側一番のメリットといえばこれではないでしょうか。いちいち隣の人に気を使わずとも好きなときに席を立てるのは結構重要ですよね。

・荷物を出しやすい
席を立ったり座ったりが自由に出来るという事で飛行中でも何度も物を出し入れする人にはおススメです。

通路側の座席のデメリット

・窓側とは逆に寝にくい
通路を頻繁に人が行き来するので安眠したい!という方には向かないかもしれません。席自体も窓側と違って壁なども無く、もたれられない為寝づらいです。

・トイレに行く人のために席を何度も立たなくてはいけない
長距離航路にもなればトイレに行く回数も増えるもの。それは自分だけでなくその隣の人も同じこと。
もしもトイレの近い人が隣にいた場合は、何度も何度も立って譲るを繰り返さねばならないので落ち着いてもいられないということが考えられます。

前方の席のメリット

・機内食が選べる!
機内食の持込数は決まっています。そして配られるのも前方席から…となれば通常食事は二種類程度から選択することになっていますから必然的に後方だと片方が品切れに、なんてことがあり得るわけなんです。

・乗り降りしやすい
当たり前ですが入り口に近いですから乗るとき降りるときがスムーズにできるのも特徴です。

前方の席のデメリット

・大抵はアップグレード席
前方の席は揺れも少なくゆったりとした作りになっているので、座るためには追加料金がかかる可能性も。また、最初からビジネスクラスやファーストクラスの指定となっている場合もあります。

・人気の席=人も多い
前方が過ごしやすいというのは割合一般的なので自然と前方に人気が集中します。
そのため後方席よりも密度が高く、却って身動きがとりにくくなることも!

後方の席のメリット

・優先搭乗できることも!
子供連れや妊婦の方が優先搭乗できるのは勿論ですが、実は後方席においても搭乗時優先的に案内されることがあるんです。早めに乗り込めば後ろに人を待たせることなく手荷物を棚に入れたりできるのは少しストレスが軽くなりますよね。

・景色が綺麗に見える
羽根が邪魔にならない位置の後方であれば窓いっぱいに空からの景色を楽しめます。空の旅の醍醐味といっても過言ではないので、旅の気分を盛り上げたい人には良いかもしれませんね。

後方の席のデメリット

・エンジン音が大きい
主翼より後方の席はそのエンジン音の影響をもろに受けるので、その騒音がうるさく感じる場合も。

・後方揺れる
一般的に後方の席は前方の席よりもゆれが大きいといわれています。神経質な人にはその揺れを不快に感じるかもしれません。

旅行の予約をする際に意外と忘れがちな座席の指定。
細かな指定は出来ない場合もありますが、窓側か通路側かという希望は反映してもらえることも多いので一度航空会社に尋ねてみましょう。

服装は伸縮性のあるゆったりしたものを

長時間ものフライトともなれば、自分の着ている服ですら窮屈に感じるものですよね。
そういう場合は伸縮性にとんだ衣類やゆったりとした作りの服装を選びましょう。
できれば足元が冷えがちなスカートなどよりパンツスタイルをおすすめします。

そして靴を履き替えることも快適さを得る一つの手段です。ただスリッパなどは意外とかさばるので、もこもこの厚手の靴下をスリッパの代わりに持ち込み、履きかえるというのも手ですよ。

機内の乾燥対策

飛行機内の湿度はとても低く、なんと20%前後なのだとか。
いっそのことノーメイクで過ごし、化粧水や乳液などをこまめに塗り肌の潤いを保ちましょう。
液体の持ち込みは制限されますので、100ml以下の透明なボトルに移し変えたものを持参してくださいね。

あとはマスク。マスクをすれば乾燥対策にもなりますし、最近では濡れマスクのような乾燥対策に特化したものも扱われています。
また、普通のマスクでも普段の自分のお気に入りの香りを吹き付けておけば、窮屈な機内でも少しだけリラックス効果が得られるかもしれません。

最終手段は眠る!

最終的には眠ってしまうというのが一番の解決策!
ただし、変な体勢で寝てしまうと起きた後に却って疲れてしまう、なんてことも…。
そういう場合に必要なグッズとして一番にネックピローは必携アイテムだといえます。
今では当たり前となったネックピローですが、旅行の際にこれがあるのとないのとでは眠るときの快適さが断然違ってきます。まだお手元にないという方、是非お試しください!

それに加えてアイピローや目の蒸気アイマスクはおすすめ。さらに雑音対策として耳栓もお役立ちアイテムといえるでしょう。多くの人が集まる空間ですので、やはり他人の雑音やちょっとした光の刺激等は自分が考えるよりもストレスになるものです。

アルコールは摂り過ぎない

アルコールで眠るという手も勿論ありですが、飲みすぎては着いた先で二日酔い…なんて自体に陥ることも。ましてアルコールの力を借りての睡眠は浅いうえに、トイレが近くなるという欠点もあるんです。
飲むのだとすれば1杯程度にとどめましょう。そのくらいであればリラックス効果が期待できるそうです。

機内アップグレードを利用!

LCC系の航空会社など、航空会社によっては機内でアップグレードすることが可能って知っていますか?
格安航空会社はその料金の安さから空席が出ることを非常に嫌います。
当日ハイクラスシートに残席がある場合に限られるのですが、事前にビジネスなどのシートを予約した場合よりも機内でお得にアップグレードができちゃうんですよ。

各航空会社に座席のアップグレードサービスについての案内がされていると思いますので是非一度ご確認ください。

耳が痛い!そんなときの対処も知っておこう

・離陸着陸時には耳栓をする
飛行機搭乗時専用の耳栓が売られているのでそれを着用する

・あくびをする
実際にあくびがでなくても大丈夫です。あくびの要領で口を大きく開けて息を吸いましょう。このとき耳に意識を集中させると成功しやすいですよ。

・水やつばを飲み込む
耳管が開きやすくなり、耳抜きと同様の効果が得られます。

・小さい子供にはミルクやジュースを飲ませる
水やつばを飲み込むのと同じ要領ですが、お子様には大人がこまめに飲ませてあげることが必要です。

意外な事実?機内食だって選ぶコツがある!

機内食は苦手…という方いませんか?でもせっかくの飛行機での旅、少しでもおいしいものを食べたいですよね。
そこでちょっとしたコツ!『機内食はご当地メニューを選ぼう!』です。

機内食は大抵は出発する国で作られています。そのため、その国の得意料理が含まれるメニューのほうがおいしくいただけるということなんです。たとえば日本発の便であれば和食メニュー、欧米発であれば洋食メニューというように出発地に合わせて選択するというのがポイントなんですよ。

少しの工夫で快適な空の旅を!

エコノミークラスだから狭くて快適に過ごすのは無理…と諦めるその前に!ちょっとだけ工夫してリラックスできる空間に変えてみませんか?

とかこ

30代主婦。寺社仏閣など歴史ある建物を見ること、そしてご当地のおいしいものを食べる事が好きです。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 驚異の7つ星&6つ星ホテル!!世界の豪華すぎるホテル究極の4...

    世界基準の星の数は5つ星が最高ランクなのですが世界には、更にその上の6つ星、7つ星を語るホテルがあります。各国の国賓クラスのゲスト御用達の世界最高レベルを自負するホテルの数々。一生に一度、泊まれる機会があるなら泊まってみたいですね。今回は、その5つ星以上と言われるホテルを紹介したいと思います。

  • こ...ここまで進化してるとは!東西「すごいカラオケ」対決!...

    ただ歌うだけの時代は終わりました!そう、現在のカラオケは世界観を持った「すごいカラオケルーム」が存在します。雰囲気を楽しみながら歌えばストレス解消!皆でワイワイ!いつものカラオケが2倍…いや3倍楽しくなっちゃいます。今回は東の東京、西の大阪のおすすめ各5ルーム、計10ルームのすごいカラオケを一挙大公開!

  • 本人に会えるかも?!芸能人の家族が経営する飲食店

    雲の上のような存在の芸能人。そんな芸能人を身近に感じられる場所があるんです。それは、家族が経営する飲食店!あの芸能人も食べた味をあなたも味わってみませんか?テレビではわからない意外な一面も家族から話が聞けるかも??

  • 世界のビルズ【オーストラリア・日本・ハワイ】なぜ世界一の...

    日本でもお馴染みの「世界一の朝食」と言われるbills(ビルズ)がハワイにもオープンしました! ハワイのビルズは日本と何が違うの?そもそもなぜビルズは世界一の朝食を称えられているのか?そんなビルズについて徹底的にご紹介します!

  • お土産におすすめなドイツステーショナリー紹介!身近な文房...

    ちょっとおしゃれな文房具は持っているだけでも気分の上がるもの。更に使い心地も良かったら言う事なしですよね!そんなあなたのお気に入り文房具、実はドイツブランドかもしれません。デザイン美と機能性を兼ね備えたドイツの文房具をまとめてご紹介します☆

  • スリル満点すぎでしょ!サメと泳げる世界の7スポット

    サメといえば映画「ジョーズ」に代表されるような恐ろしいイメージがありますが、そんなサメを間近で見たい、サメと一緒に泳ぎたいと思っている人も少なからずいるはず。今回はそんな人達のためにサメと泳げるオススメの7スポットをご紹介します。

このエリアの新着記事
  • お土産におすすめ!ハワイ・スペイン・韓国で人気のリップク...

    軽くてかさばらず値段も手頃なことから、お土産として重宝されているリップクリーム。海外には天然成分にこだわったリップクリームからパッケージにこだわりのあるものまで多種多様。今回は自分用にはもちろん、お土産用にも喜ばれること間違いなしの機能的でオシャレなリップクリームを3つご紹介します!

  • スター・ウォーズシリーズロケ地まとめ(最新作情報あり!)

    架空の宇宙を舞台にしたスターウォーズも、もちろん様々なロケーション撮影があってこそ成り立っている世界観です。「本当にこんな場所あるの!?」という名所が目白押し!スターウォーズの世界を覗いてみましょう!

  • 有名人がプロデュース!一度は行ってみたいラーメン店特集!!

    テレビに出演する有名人の方が、アパレルや飲食店をプロデュース・経営することが増えてきていますね。 今回はその中でも、ラーメン店に焦点をあててご紹介いたします!

  • 【世界各国】海外のトイザらス5選!本国アメリカからサウジア...

    おもちゃ屋といえばトイザらス!広い店内に整然と並んだおもちゃは大人でもテンションが上がってしまいますよね。ところで、他の国のトイザらスってどんな感じか知っていますか?アジア、アメリカ、ヨーロッパ、あの国この国のトイザらス!知っているようで知らない海外のトイザらス巡りへ旅立ってみましょう。

  • スケール段違い!全てがBIGなアメリカのスーパーマーケット事情

    日本のスーパーはその殆どが身近な行きやすいところにあり、会社帰りなどに食材を買い足します。 アメリカにももちろんスーパーはありますが、その大きさたるや近年人気のコストコを見てわかる様にかなりのビッグ! 広大な土地があるアメリカならではです。今回はそんなアメリカのスーパーマーケット事情を紹介致します。

  • 【千葉・滋賀・沖縄】嵐もハマった!「スモウチューブ」を体...

    とってもエキサイティングなマリンスポーツ「スモウチューブ」をご存知ですか?身体にまとった大きな浮き具は、まるでお相撲さんの様です。これがとっても面白いんです。不格好な姿で、必死にしがみつく光景は見ている方も楽しめちゃう!そんな「スモウチューブ」の魅力と体験できる場所を特集したいと思います。

  • ドラゴンクエスト祝30周年!ファン必見ドラクエスポットまとめ

    1986年に中世ヨーロッパの騎士がテーマのファミコンゲームソフトとして第1弾を発売し、爆発的な大ヒットを記録した「ドラゴンクエスト」。その後シリーズ作品を発売しても勢いは衰えることがなく、30年経った今では日本のゲームを代表する作品に。そんな大人気のドラクエの世界観を見事に再現したお店3軒をご紹介します!

  • インテリアとしても活躍!日本で手軽に買える南国の観葉植物8選

    海外に行くとそこにたくさん生えている植物が目につき、旅の思い出として記憶に刻まれます。そんな植物を日本の園芸店で見かけたら、思わず手が伸びてしまうのです。部屋に飾って、旅を思い出しながら育成を楽しみましょう。

  • H.I.S.発表!海外で食べたい肉グルメランキングTOP10

    肉好きにおすすめするグルメランキング。日本の肉料理もおいしいのですが、世界にはそれに勝るとも劣らない肉料理がたくさん!旅行会社HISがそんな肉グルメのランキングを発表しました。2015年11月に行われたアンケートを基にしたこの結果。チェックしてから現地へGOしましょう!

  • 北欧オーロラ鑑賞旅行で楽しみたいスノーアクティビティ5選!...

    冬に北欧に行くならやっぱりオーロラを見たいですよね。オーロラが見えるのは夜なので、それまではぜひスノーアクティビティを楽しみましょう。今回は北欧で人気のスノーアクティビティをご紹介します。

このエリアの人気記事
新着記事