世界で4か所だけ!ジュゴンを飼育しているジュゴンに会える水族館4つ

5,874

views

0

みなさん、ジュゴンという生き物をご存知でしょうか?物語や人魚のモデルになっている絶滅危惧種のジュゴンは現在、世界で4つの水族館のみで飼育されています。自然界にもその数は決して多くはありませんが、日本だと沖縄の海など綺麗な海に生息していることが多いそう。今回はそんなジュゴンを飼育している世界の4つの水族館を紹介します。

ジュゴンとは?

出典: www.ztv.co.jp

のんびりとした可愛い顔が印象的なジュゴン。かつては世界中の海で生息していたとされていますが、現在は生息海域も限られ、希少な存在に。

ジュゴン(Dugong dugon)は、カイギュウ目ジュゴン科ジュゴン属に分類される哺乳類。本種のみでジュゴン属を構成し、現生種では本種のみでジュゴン科を構成する。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%82%B4%E3%83%B3

西洋における人魚のモデルともなったとされています。下半身を見れば納得ですが、上半身が人というのはちょっと無理がある?

世界で4施設5頭のみ飼育されている

出典: agije.com

希少な存在であるジュゴンは昔から乱獲の被害にあっており、数が少なく人工飼育が難しいことから、現在は世界で4施設5頭のみ飼育されています。

古来よりその皮が重宝されており、人魚伝説と同じく肉は不老不死に、骨はお守りに、涙は恋愛成就に効果があるとされていました。もちろん、科学的根拠は一切ありません。

①日本・鳥羽水族館

日本国内最大の展示数を誇る鳥羽水族館は展示の斬新さから大人の来場者が圧倒的に多く、「質実剛健な水族館」とも評されています。

2011年には人工飼育世界記録を更新していたじゅんいちが33歳でなくなりましたが、現在はフィリピン政府から贈られた「セレナ」がいます。

施設にはジュゴンのグッズもあり、中でも最近発売した上記のオリジナルガチャはコップのふちにジュゴンが置けて可愛いもの。

鳥羽水族館
住所:
三重県鳥羽市鳥羽三丁目3番6号
営業時間:
9:00~17:00
※季節により営業時間変動
電話:
0599-25-2555
入館料:
大人・2,500円
休館日:
年中無休
アクセス:
JR・近鉄鳥羽駅から徒歩約10分

②シンガポール・アンダーウォーターワールド

83mのアクリルトンネルがここの大きな目玉。足元が動く歩道になっているので、長くても疲れないのも嬉しいですよね。

83mのアクアトンネルの終点がアンダーウォーターワールドのジュゴンのお家。この水族館にはピンクドルフィンなどの珍しい生き物が多いです。

シンガポール・アンダーウォーターワールド(Underwater World Singapore)
住所:
80 Siloso Road Sentosa Island Singapore 098969
営業時間:
10:00~17:00
※季節により営業時間変動
電話:
(65) 6275 0030
入館料:
大人・S$25.90
休館日:
年中無休
アクセス:
シンガポール・チャンギ国際空港から車で40分

③インドネシア・シーワールド

インドネシア内でも綺麗で比較的大きな水族館で、評判もいい観光地です。東南アジア2番目に大きな水族館で、インドネシア特有の魚を中心に約3万匹を飼育しています。

こちらもジュゴンが飼育されていますが、メインはサメで数もあまり居ないため、注目はされていない模様…。

インドネシア・シーワールド(Indonesia Sea World)
住所:
Taman Impian Jaya Ancol, Jl. Lodan Timur No. 7, Daerah Khusus Ibukota Jakarta, インドネシア
営業時間:
9:00~18:00
※季節により営業時間変動
電話:
+62 21 6452976
入館料:
大人・Rp 25.000,-
アクセス:
スカルノハッタ国際空港から車で31分

④オーストラリア・シドニー水族館

シドニー最大の水族館であるシドニー水族館は約11500匹の生き物を展示しています。オーストラリア固有の生き物も豊富に展示しているところも見所満載です。

120mのトンネルがある巨大水槽には最大の2匹が飼育されており、同じ水槽にはサメ、エイ、マンタなども一緒に飼育されています。

オーストラリア・シドニー水族館(SEA LIFE Sydney Aquarium)
住所:
1-5 Wheat Rd、Sydney NSW 2000、オーストラリア
営業時間:
9:30~18:00
※曜日により営業時間変動
電話:
+61 1800 199 657
入館料:
$119
休館日:
年中無休
アクセス:
シドニー空港から車で20分

いかがでしたでしょうか?今回はジュゴンがいる世界の4つの水族館を紹介しました。そのゆったりしてそうな顔の通り、動きものんびりしているジュゴンは見ていて癒されますよ。次回のお出かけの参考になれば幸いです。

hayame

南の国と夢の国が大好きな食いしん坊女子でございます。
みなさまにわかりやすく、面白い記事を提供して行けたらと思います。宜しくお願い致します。

この記事を読んだあなたにオススメの記事

  • スリル満点すぎでしょ!サメと泳げる世界の7スポット

    サメといえば映画「ジョーズ」に代表されるような恐ろしいイメージがありますが、そんなサメを間近で見たい、サメと一緒に泳ぎたいと思っている人も少なからずいるはず。今回はそんな人達のためにサメと泳げるオススメの7スポットをご紹介します。

  • 世界で4か所だけ!ジュゴンを飼育しているジュゴンに会える...

    みなさん、ジュゴンという生き物をご存知でしょうか?物語や人魚のモデルになっている絶滅危惧種のジュゴンは現在、世界で4つの水族館のみで飼育されています。自然界にもその数は決して多くはありませんが、日本だと沖縄の海など綺麗な海に生息していることが多いそう。今回はそんなジュゴンを飼育している世界の4つの水族館を紹介します。

  • 【関東】子どもとGO!家族で行きたいゴーカートが乗れる公園...

    小さなカートに乗って運転し、風を切って進む爽快な乗り物「ゴーカート」。主に遊園地や公園で体験できます。小さな子供には保護者方と、またカップルでも二人で一緒に楽しむ事ができるのも魅力の一つですね。今回は、気軽にゴーカートが楽しめる「公園・遊園地・サーキット場」を特集してみました。

  • 西日本で人気のバンジースポットおすすめ3選!スリルと絶景...

    バンジージャンプの起源が、ある村で行われていた「ナゴール」という通過儀礼であることをご存じの方もおられると思います。現在ではそのフォームの美しさなどを競うスポーツでもあるみたいですね。初めての方も勇気を出して飛び込んでみませんか?

  • 実はビール大国のメキシコ!色々な種類のビールを制覇しよう

    メキシコと言えばテキーラのイメージが強いですが、実は何を隠そうビールも有名なんです!日本で輸入第1位のビールをはじめ、広い国土に20種類以上の国産ビールがあります。今回はそんな現地で飲めば一味違う味のメキシコ産ビールを徹底的にご紹介!日本のビールだけで満足しているあなた!これを見なければビール通は語れませんよ!

  • ニャンとも可愛い!珍しいネコ科の動物に会える場所5選

    ネコが好きな方には朗報です。今回特集したのは可愛いネコの仲間達です。いくつ知っているでしょうか?トラ、ライオン、ヒョウ、まだまだありますよね。でも、私達が知らないネコ科の動物はとても多く存在します。それぞれに個性と魅力があり、その可愛い姿にきっと癒される事でしょう。しかもいまから挙げるネコ科の動物は、すべて日本の動物園で見ることができますよ。

今週の人気記事