カリブ海でトライしたいおすすめカリビアン料理10選!陽気な本場グルメをご堪能♪

15,440

views

0

常夏の陽気が1年を通して続くカリブ海。過ごしやすい気候とカリブ海の絶景を求めて、世界中から多くの観光客が押し寄せるエリアです。カリブ海を旅行するならこの地域で食べられている料理にも挑戦したいところ。レストランでメニュー表とにらめっこすることがないよう、おすすめのカリビアン料理を10品紹介しましょう。

グルーパー・フィンガーズ(Grouper fingers)

グルーパー・フィンガーズは、カリブ海諸国では外せない魚料理の定番。グルーパーとは大型の白身魚の名前です。ムニエルにしてもよし、バナナの皮で包んで蒸してもよし、煮込んでもよしと、万能な食材。手でつまんで食べられるフライが一般的な調理法のよう。さっぱりとした味わいが特徴ですが、お好みでタルタルソースやバーベキューソースをどうぞ。

ジャーク・チキン(Jerk chicken)

ジャークはカリブ料理でよく使われるソース。香辛料を効かせたスパイシーな風味で、隠し味にライムやレモンでほんのりと酸味がついています。これをチキンに塗ってこんがりグリルすると、香ばしさが増した格別のチキン料理のできあがり。チキンの脂身と絡むと絶品です。

ゴート・シチュー(Goat stew)

こちらはヤギのシチュー。ジャマイカを中心に広く食べられています。カリブ海は肉料理のバラエティーが豊富な地域。ヤギの肉も大人気です。場所によっては、ジャークやカレーパウダーで風味にアクセントをつけています。ヤギの肉は身が引き締まっていて、とてもあっさりした食感。レストランではライス付きが一般的。

バタード・キャラルー(Buttered Callaloo)

キャラルーはサトイモの1種。その葉っぱを、ほかの青菜や香味野菜と一緒に炒めたのがこの料理。ドミニカ共和国やトリニダード・トバゴでとくに人気。味はやはりスパイシー系。でも、風味付けにココナツミルクが入っているのでピリピリしません。むしろ、やさしい香りが漂ってきます。しゃきしゃきしている青菜なので、味だけでなく食感も楽しめるでしょう。

マサ・フリータ(Masa frita)

キューバ周辺国の伝統的な豚肉料理。豚肉を角切りにして、それを焼いたり揚げたりしただけのとてもシンプルな料理。熱の入れ加減がとても重要で、レストランならここがシェフの腕の見せどころ。味付けは基本的に塩ですが、お好みでライムを絞ると爽やかさが増します。から揚げ感覚でビールがグイグイ進みます。

ペッパーポット・シチュー(Pepper pot stew)

こちらもシチューですが、使われるのはもっぱら牛肉。カリブ海で広く食べられているメニューです。具材は家庭により様々。ジャガイモ、ココナッツ、ナス、カボチャ、トマト、パプリカなど何でもアリです。香辛料が効いているので、とてもスパイシーな風味。ときにはトウガラシをトッピングに使うことも。とにかくスタミナをつけたい人にとって、この料理はマストです。

コンク・フリッター(Conch fritter)

コンクとは巻貝の1種。きれいな貝殻はアクセサリーやインテリアの飾りとしても使われ、身のほうは食材になります。調理法はいろいろですが、よく見られるのはフライ。身が軟らかいのが特徴で、おかずにもお酒のおつまみにもぴったりのメニューと言えるでしょう。ソースはチリペッパーやニンニクをベースにしたものが一般的です。

プラタノ・フリート(Platano frito)

こちらはバナナフライ。カリブ海ではバナナを食材として使う国がたくさんあります。もっともお手軽に作れるのがこの料理。味付けもいろいろで、砂糖をまぶせばちょっとしたスイーツに。香辛料をかければお酒のおつまみにもなります。レストランなどでは、サラダの代わりに朝ごはんで食べる人も多いとか。とにかく庶民風の味を知りたいなら、この料理が最適です。

モンドンゴ(Mondongo)

モンドンゴとはドミニカ共和国一帯の定番料理でモツの煮込みのこと。牛が一般的ですが、豚を使うところもあります。ソースはシンプルなトマトベース。とはいえ、トウガラシやコショウなどで味付けされているので、風味豊かに仕上がっています。具材はジャガイモ、トウモロコシ、バナナなど、人それぞれお好みのものを入れるようです。

ブーダン(Boudin)

アンティル諸島に行くならぜひ試したいソーセージ。ブタの血が混じっているのでこんな色をしています。スライスにしてサラミのような形で食べることが多いようですが、煮込みやグリルでもおいしくいただけます。塩気が抑えられているので舌触りはあっさり。おつまみとしてお酒と一緒に味わいたい1品。

モロ(Moro)

キューバの国民食とも言える米料理。お赤飯のように見えますが、モチモチではなくてパラパラ系。黒豆と一緒に炊いたもので、これを主食に肉や野菜がおかずとして食卓に並びます。ほんのりと塩気があり、油っこい料理と相性が抜群。

いかがでしたか?カリブ海は多種多様な民族と国が混在している地域。どの料理も国境を越えて食べられているので、味付けや具材にはもっとバリエーションがあります。同じメニューを国ごとで食べ比べてみるのも面白いかもしれませんね。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 驚異の7つ星&6つ星ホテル!!世界の豪華すぎるホテル究極の4...

    世界基準の星の数は5つ星が最高ランクなのですが世界には、更にその上の6つ星、7つ星を語るホテルがあります。各国の国賓クラスのゲスト御用達の世界最高レベルを自負するホテルの数々。一生に一度、泊まれる機会があるなら泊まってみたいですね。今回は、その5つ星以上と言われるホテルを紹介したいと思います。

  • こ...ここまで進化してるとは!東西「すごいカラオケ」対決!...

    ただ歌うだけの時代は終わりました!そう、現在のカラオケは世界観を持った「すごいカラオケルーム」が存在します。雰囲気を楽しみながら歌えばストレス解消!皆でワイワイ!いつものカラオケが2倍…いや3倍楽しくなっちゃいます。今回は東の東京、西の大阪のおすすめ各5ルーム、計10ルームのすごいカラオケを一挙大公開!

  • 本人に会えるかも?!芸能人の家族が経営する飲食店

    雲の上のような存在の芸能人。そんな芸能人を身近に感じられる場所があるんです。それは、家族が経営する飲食店!あの芸能人も食べた味をあなたも味わってみませんか?テレビではわからない意外な一面も家族から話が聞けるかも??

  • スリル満点すぎでしょ!サメと泳げる世界の7スポット

    サメといえば映画「ジョーズ」に代表されるような恐ろしいイメージがありますが、そんなサメを間近で見たい、サメと一緒に泳ぎたいと思っている人も少なからずいるはず。今回はそんな人達のためにサメと泳げるオススメの7スポットをご紹介します。

  • 世界のビルズ【オーストラリア・日本・ハワイ】なぜ世界一の...

    日本でもお馴染みの「世界一の朝食」と言われるbills(ビルズ)がハワイにもオープンしました! ハワイのビルズは日本と何が違うの?そもそもなぜビルズは世界一の朝食を称えられているのか?そんなビルズについて徹底的にご紹介します!

  • 謎に包まれた日本の中の外国~在日米軍基地の秘密に迫る~

    日本には全国各地に米軍基地があります。基地内の住所はアメリカだとか、入る時にはパスポートが必要だとか聞いたことありますよね。肝心の基地内は一体何があると思いますか?今回は米軍基地の中にあるものや一般人が基地に入る方法などをまとめました。

このエリアの新着記事
  • 高所恐怖症の人は無理?世界の足がすくむほど高い絶景スポッ...

    世界にはとても高い場所にあるアクティビティや展望台が多く存在します。どうしてそんなに高い場所に?と思う人もいるかもしれません。しかし、高所から見下ろす景色は普段見ることはできない絶景でもあるのです。今回は絶景を見ることができるとても高いスポットを3カ所ご紹介します。

  • ジンベイザメと泳げる世界の海4選!オーストラリアやメキシ...

    一度は考えたことありませんか?「ジンベイザメと泳ぎたい」!!そんなあなたの夢を叶える事が出来る場所が世界に存在します!!世界一大きい魚ジンベイザメは最大全長20mにもなり顔部分は約1.6mもあるんです。白い斑点が特徴的で温厚でおとなしく水泳速度もゆっくり。そんな彼らと一緒に泳げる美しい海を調べちゃいました!にいざチェック!!!

  • かわいすぎる切手特集・世界中から集めた切手たち!コレクタ...

    手紙やはがきを出す時に使用する切手。昔からコレクターが存在し、趣味の域を超える恐ろしい金額のプレミア切手も存在します。切手は日本のみならず、世界中で愛されている身近なアイテム。今回はそんな世界中の可愛い切手を探してみました!

  • 海外ミュージックフェスまとめ!ウルトラ・トゥモローランド...

    今や全国各地で催されるフェスに一度行ったら、その臨場感にすっかり虜になってしまう人も多いのでは!?フェスの醍醐味は国内だけではありません!いつかは世界に飛び出してフェスに参加したいものです!今回は世界各国の絶対行きたくなるフェスをご紹介します!

  • H.I.S.が発表した、東南アジアビーチランキングを大チェック!!

    海外の格安航空券を扱っているイメージが強い旅行会社H.I.S.が2015年に調査した、行ってみたい東南アジアのビーチリゾートランキングが発表されました。ベストシーズンが日本とは異なるビーチもあるので、まだまだ夏を満喫したいあなたにおすすめです。

  • 大手チェーンのサードウェーブコーヒー特集

    第三の波(サードウェーブ)はブルーボトルコーヒーの登場により引き起こされました。コーヒーは年々進化し続ける市場であり、そのトレンドはフレンチプレス式のコーヒーから上質なドリップコーヒーへと移りつつあります。今回はコーヒーチェーン大手の「スターバックス、ドトール、UCC」が展開するサードウェーブコーヒー店を特集します。

  • まるで夢のよう!死ぬまでに見たい世界のピンクビーチ

    「ピンクビーチ」を知っていますか?世界に極少数しかない桃色のビーチは夢を見ている様な現像的な光景です。今回は世界のピンクビーチを紹介いたします!

  • 絶景の思い出写真を!海外ウェディングフォトスポットまとめ

    最近流行りの、ウエディングフォト。 結婚の記念にハネムーンを兼ねて海外へ撮影に行く方も増えているようですね。 一生に一度の記念なので、普段中々行く事の出来ない所へ思い切って足を伸ばしてみるのもいいかも。 国内では見る事の出来ない絶景スポットで撮る写真は、一生の思い出になる事間違いなし! 今回は定番のビーチフォトなどは除き、人と被らない、あまり見た事のないフォトスポットを厳選してみました。 これから結婚式を挙げる予定の方も、結婚式は終わったけれど結婚記念日に…という方も、是非参考にしてみて下さいね

  • 世界の美しすぎる個人美術館まとめ3選!観光ついでに行く価値...

    作品数が膨大だったり大きな作品を発表したりするアーティストには、その人の作品だけを展示した個人美術館が設立されます。アーティスト本人の理想の世界を具体化したスポットでもあるため、特にアート好きの人々にとっては人気観光地としても知られてきました。今回は各地で鑑賞できる人気アーティストの個人美術館をご紹介しましょう。

  • H.I.S.が発表した結婚式に人気な絶景のウエディングランキング

    人生の一大イベントである「結婚」。純白のウェディングドレスをまとえる結婚式は女性の憧れで、さらには海外の絶景スポットで式を挙げられたなら最高な喜びと幸せを感じられそうですよね。そんな夢を持つ人にぴったりな、大手旅行会社のH.I.S.発表の「結婚式をしたい絶景ランキング」!TOP10でお届けいたします。

このエリアの人気記事
新着記事