暑さも吹っ飛ぶポルトガルのアグエダの傘の道に行きたい!

2900

views

0

ポルトガルのアグエダの傘の道をご存知でしょうか?頭上一面に色とりどりの傘が埋め尽くす道はアグエダの街の観光名所でもあります。毎年7月から「アートフェスティバル」にて期間限定で行われるアグエダの傘の道は見るものを魅了する美しさです。今回はそんなアグエダの傘の道を紹介します。

首都からほど遠い無名の街アグエダ

ポルトガルの首都リスボンから車で3時間近くかかる街です。川が流れるのどかで良い街ではありますが、ほとんど無名の街でした。

そんな街で2012年から開催されている「Agitagueda Art Festival」は世界中の人たちから注目を集めています。

どこにでもある材料でつくる絶景

頭上を埋め尽くす傘かさカサ!歴史の浅いイベントではありますが、そのインパクトの高さはこの街を有名にするには十分な美しさです。

出典: avax.news

アグエダの街の至る所で行われるこの「アグエダの傘の道」はポルトガルだけではなく今では世界各地から観光客が押し寄せる人気のスポットです。

ポルトガルの雨対策?

雨が多く、気候も穏やかな国であるポルトガルの人に傘は必需品。夏は日差しもあることから熱中症対策にもなりますね。

首都リスボン(北緯38度46分)の気候は、年平均気温が21℃、1月の平均気温が11.2℃、7月は22.8℃。年降水量は706mmである。冬季の雨量は100mm程度だが、夏季は数mmにとどまる。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%83%88%E3%82%AC%E3%83%AB#.E6.B0.97.E5.80.99

元々カラフル趣向なポルトガル

出典: t-nurikae.com

もともとカラフルな色使いや好きなポルトガルの人々からしたらこの「アグエダの傘の道」が生まれたのも必然的なのかもしれません。

アグエダの傘の道(Agitagueda)
住所:
ポルトガル 〒3750 アグエダ
※「Agitagueda Art Festival」は毎年7月開催(2015年は6日〜24日)
アクセス:
首都リスボンから車で約2時間半

じつは日本にも?

出典: ameblo.jp

実は日本でも傘の道を楽しめるスポットがあります。おそらく日本初?となるこのスポットは・・・

なんと!長崎ハウステンボス!さすが、ポルトガルと縁の深い長崎です。
行った際は是非探してみてくださいね!

ハウステンボス
住所:
〒859-3243 長崎県佐世保市ハウステンボス町1-1
営業時間:
10:00~22:00
※季節により営業時間変動
電話:
0570-064-110
アクセス:
長崎空港からバスで約50分
入園料:
大人(1日)6,400円

いかがでしたか?目にも鮮やかなアグエダの傘の道。開催は7月ですので、暑い空気もこれを見たらスッと覚めるのではないでしょうか?カメラ趣味の人にも嬉しい素敵なスポットですよね!次回のおでかけの参考になれば幸いです。

hayame

南の国と夢の国が大好きな食いしん坊女子でございます。
みなさまにわかりやすく、面白い記事を提供して行けたらと思います。宜しくお願い致します。

この記事を読んだあなたにオススメの記事

  • 暑さも吹っ飛ぶポルトガルのアグエダの傘の道に行きたい!

    ポルトガルのアグエダの傘の道をご存知でしょうか?頭上一面に色とりどりの傘が埋め尽くす道はアグエダの街の観光名所でもあります。毎年7月から「アートフェスティバル」にて期間限定で行われるアグエダの傘の道は見るものを魅了する美しさです。今回はそんなアグエダの傘の道を紹介します。

  • ポルトガルの首都で絶景を!リスボンのベストビュースポット5選

    白壁に赤レンガの屋根が映える街リスボン。ポルトガルの首都であるこの都市は、美しい街並みで有名です。今回はそんな素敵な街を一望できる絶景スポットをご紹介していきます!

  • ポルトガル・リスボンのベレン地区で行くべき観光スポット「3...

    ポルトガルの首都、リスボンには歴史的建築物が数多くありますが、中でもベレン地区にある世界遺産のジェロニモス修道院とべレンの塔は大変人気のあるスポットなんです。今回はその2か所と世界遺産でなくともぜひ知っておいてほしい大航海時代の記念碑、発見のモニュメントをご紹介します。

  • 意外と穴場!ポルトガル第二の都市「ポルト」でのんびり観光...

    イベリア半島の西端、情熱の国スペインにちょこんとひっつくコバンザメのような形でその存在を保っている国、それがポルトガルである。その実態を知る日本人は意外と少なく、多くの人は世界史における大航海時代の知識を最後に時が止まっているという。ポルトガルという国を一言で表すのであれば「のんびり」という言葉がぴったりである。とりわけ第二の都市「ポルト」は、人間の脳細胞を腐敗させるほど強烈にのんびりした都市であったと筆者は記憶している。しかしながら飯もうまけりゃ酒もうまい。風情もあれば人も良い。そんな楽園都市「ポルト」

  • ポルトガル・リスボンの人気美術館おすすめ2選!日本文化と...

    ポルトガル旅行で、美術館巡りをしませんか?ポルトガルの最大都市リスボンでは、貴重な作品が見られる国立古美術館と、個人のコレクションを集めたグルベンキアン美術館があります。日本では見ることのできない美術品の数々は一見の価値あり。素晴らしい作品に出会えるチャンスをぜひお見逃しなく!

  • 素朴でキュートなポルトガル!魅惑の観光スポット5選

    ポルトガルと聞いて思い浮かべるところはどこですか? 実は世界遺産なども多数にあり、昔からの素朴で優しい街並みが多くのこっているのです♪ また世界中で愛されているイベントも☆ ポルトガルの魅力をお伝えします!!