ポルト観光はこうやって楽しむ!人気観光スポット&おすすめグルメまとめ8選

7,860

views

1

イベリア半島の西端、情熱の国スペインにちょこんとひっつくコバンザメのような形でその存在を保っている国、それがポルトガルである。その実態を知る日本人は意外と少なく、多くの人は世界史における大航海時代の知識を最後に時が止まっているという。ポルトガルという国を一言で表すのであれば「のんびり」という言葉がぴったりである。とりわけ第二の都市「ポルト」は、人間の脳細胞を腐敗させるほど強烈にのんびりした都市であったと筆者は記憶している。しかしながら飯もうまけりゃ酒もうまい。風情もあれば人も良い。そんな楽園都市「ポルト」

旧市街は世界遺産

ドウロ川沿いに立ち並ぶ橙色の屋根の密集地帯が旧市街である。川と青空と屋根のコントラストが絶妙だ。昼間の鮮やかな風景もさることながら、その夕景はそれを凌駕する美しさである。この風景を見ることができただけでも、ポルトにやってきた価値があるというものだ。

空中を飛び回るカモメたちの声、クレリゴスの塔から聞こえる鐘の音が、魔女の宅急便の世界のような情景を想像させてくれる。

市街は坂道だらけ

街の大部分は石畳の坂道で構成されており、歩き回るのにもなかなかの労力が必要である。ポルトを観光するには足腰の鍛錬が欠かせないだろう。

風情のある街並み

近代的な建物が少なく、築何年かもわからない趣深い建物が多いことも特徴的である。街並みはヨーロッパ各国のそれと近いものがあるが、なんだか雑然としていて薄汚れている。しかしその薄汚れている部分に味がある。長い歴史の賜物なのだろう。

サン・ベント駅(Estacao de Sao Bento)

サン・ベント・デ・アヴェ・マリア修道院の跡地に建築されたことから、この名前になったサン・ベント駅。ポルトの入口であるここは毎日たくさんの人でにぎわっています。鉄道の利用客が増えたことから、当時ポルト郊外にあったカンパニャン駅からさらに線路をのばして作られました。

「世界で最も美しい駅」のひとつに選ばれるだけあって、重厚な外観だけではなく内部も素晴らしいものとなっています。ポルトガルの建物を彩る特徴のひとつ、アズレージョと呼ばれる装飾タイルが約2万枚使われ、ポルトガルの歴史が垣間見られるシーンが描かれているのです。鉄道を利用しなくても、これを見るだけでも訪れる価値アリ!

サン・ベント駅(Estacao de Sao Bento)
住所:
Praca Almeida Garrett, Porto
電話番号:
(211)023 000
アクセス:
鉄道「サン・ベント(ESTACAO DE SAO BENTO)」駅

ボルサ宮(Palacio da Bolsa)

世界遺産「ポルト歴史地区」の構成遺産のひとつ。「宮」という名がついていますが宮殿ではなく、もとは証券取引所で現在も商工会議所が入っています。ちょっと意外ですね。「ボルサ」には「株」の意味があるのです。

スペインのグラナダにあるアルハンブラ宮殿を模したという「アラブの間」。これで本当に商工会議所…?まさに「宮殿」の名にふさわしい、素晴らしい空間ですね。

現在でもレセプションなどで使われているそうで、国内外の多くの人に利用されています。これは確かに宮殿での晩餐会を想起させる雰囲気。

全て完成するまで70年の歳月を要したという驚きのこの建物は、6人の建築家が手掛けたため、新古典様式、ネオパラディオ様式、トスカーナ建築などさまざまな建築様式を見ることができます。

ボルサ宮(Palacio da Bolsa)
住所:
Rua Ferreira Borges, 4050-253 Porto
電話番号:
(0223)399 000
開館時間:
9:00~18:30(11~3月は9:00~13:00、14:00~17:30)
料金:
大人7ユーロ、子供(12歳以下)4ユーロ、シニア:4ユーロ
アクセス:
鉄道「サン・ベント(ESTACAO DE SAO BENTO)」駅から徒歩10分

エンリケ航海王子広場(Praca Infante Dom Henrique)

ジョアン1世の三男(五男という説もある)エンリケは、「航海王子」という呼び名にふさわしく、大航海時代の足掛かりを作ったと言われる人物です。アフリカ西岸の探検に対して非常に熱心に取り組みました。

ボルサ宮の前面にある広場に立つのが彼の功績を称えてつくられたエンリケ像です。遠く指差す先にはアフリカがあるのだとか。

エンリケ航海王子にはさまざまな伝説があり、一時期は神格化されるほどの勢いでしたが、近年はその真偽にいろいろと意見が出ているそうです。おもしろいものでは「航海王子という通称にもかかわらず、ひどい船酔いに悩まされ航海にはほとんど出ていない」という話もあります。

エンリケ航海王子広場(Praca Infante Dom Henrique)
住所:
Rua Ferreira Borges, Porto
アクセス:
鉄道「サン・ベント(ESTACAO DE SAO BENTO)」駅から徒歩10分

ポルト大聖堂(Sé do Porto)

12~13世紀に建造された、ポルト市内最古の教会であるポルト大聖堂。創建当時はロマネスク様式が採用されましたが、増改築が繰り返されたため回廊はゴシック様式、その他にもバロック様式に変更された部分が多々あり、さまざまな建築様式が楽しめます。

回廊で聖母マリアの一生を描いたアズレージョが見られます。ここを歩くだけで心が洗われるような気持ちになりますね。

大聖堂の内部。非常に精緻な装飾がほどこされた祭壇が高い天井まで続いています。中に入ると、キリスト教徒でなくても敬虔な気持ちにさせられます。

ポルト大聖堂(Sé do Porto)
住所:
Terreiro da Sé, 4050-573 Porto
電話番号:
(22)205 028
拝観時間:
9:00~12:00、14:30~19:00
アクセス:
鉄道「サン・ベント(ESTACAO DE SAO BENTO)」駅から徒歩5分

サン・フランシスコ教会(Igreja de Sao Francisco)

ボルサ宮の隣にそびえるバロック式教会のサン・フランシスコ教会。13世紀に建立され、14世紀に拡張、19世紀には残念ながら内戦によって焼失。内装の大部分がバロック様式で修復されています。

こちらは「エッサイの木」と呼ばれるキリストの家系図です。1番下にダビデの父エッサイが横たわり、ユダ王国の12人の王などが並べられ、1番上に幼子イエスを抱いたマリア。すべて木彫りという見事さに目を奪われます。

こちらは地下納骨堂です。下をのぞける窓からは修道士の遺骨が見えるのだとか。

サン・フランシスコ教会(Igreja de Sao Francisco)
住所:
Rua do Infante Dom Henrique, 4050-297 Porto
電話番号:
(0222)062 100
拝観時間:
11~2月9:00~17:30、3~6月・10月9:00~19:00、7~9月9:00~20:00
料金:
3.50ユーロ
アクセス:
鉄道「サン ベント(ESTACAO DE SAO BENTO)」駅から徒歩10分

クレリゴス教会と塔 (Igreja e Torre dos Clerigos)

18世紀創建のバロック建築教会であるクレリゴス教会。イタリア人建築家のニッコロ・ナッソーニによって建てられました。右奥に見えるのがクレリゴス教会の塔です。建設中はさまざまな課題や問題に見舞われ、完成したのは着工から約50年後のことでした。

内部は大理石の彫刻がとても美しく、階段をのぼって2階からもその全容を眺めることができるようになっています。

クレリゴス教会の塔は高さ76m。ポルトのシンボルであり、遠くからでもよく目立ちます。

らせん階段を上って頂上に達すると、眼下に見えるのは見事なオレンジ色の屋根の連なり!塔の高さももちろんですが、教会自体がポルト歴史地区を見渡せる丘の上に立っているため、市内を一望できるのです。ぜひ上ってみることをおすすめします!

クレリゴス教会と塔 (Igreja e Torre dos Clerigos)
住所:
R. de São Filipe de Nery, 4050-546 Porto
電話番号:
(22)200 1729
拝観時間:
9:00~19:00
大人:
教会は無料、塔は3ユーロ
アクセス:
鉄道「サン ベント(ESTACAO DE SAO BENTO)」駅から徒歩3分

ポルトのグルメは日本人にぴったり

やっぱりお酒!

なにはともあれ筆者が是非ともお勧めしたいのはポルトのビール「SUPER BOCK」である。爽やかでフルーティな味わいは、ビールが苦手な女性でも飲みやすいと評判のようである。

お次はやはりポートワインだ。世界的に有名なポルトガルのワイン、ポートワインは甘味溢れる芳醇で濃厚な味わいが特徴的である。筆者は飲みやすいがゆえにごくごく飲んでしまい、酩酊した状態で観光することを余儀なくされてしまうほどであった。特にポルトの台所「ボリャオン市場」にあるワインバーで飲んだワインが印象的であった。

新鮮な海の幸

ポルトにやってきたら一目散にこの料理を食べて欲しい。「バカリャウコロッケ」といって、タラのすり身が練りこまれていて、通常のコロッケよりやや弾力があり、タラの風味がよく効いている。ビールのアテに最適である。

その他にも海鮮を生かした料理の数々は、味付けがあっさりめな事もあり日本人もなじみやすい。ただしいずれの料理も日本における一般的な量の概念を凌駕しており、どれもこれも一人で食べれたものではない。しかしご安心を。基本的にはほとんどハーフサイズで注文することができる。料金も半額である。胃の容量に一抹の翳りある旅行者にも良心的な設定である。

ボリャオン市場
住所:
Rua Formosa, 4000-214 Porto
営業時間:
7:00~17:00
アクセス:
メトロBolhão駅降りてすぐ
(営業時間:
土曜日は13:00まで、日曜祝日は休み。)
海鮮からワインバー、花屋などが軒を連ね、特に午前中は活気がある。

1日の締めはドンルイス橋(Ponte Dom Luís I)から

ドウロ川に架けられたどでかい橋がある。「ドン・ルイス1世橋」である。名前の由来は想像に難くないので割愛とするが、冒頭で紹介した旧市街を望む景色はここから望むことができる。一通り観光をした後の、ここから見る夕日はたまらなく綺麗だ。

ポルトは穴場観光都市

以上、ポルトをざっと紹介させていただいたわけであるが、まだまだ見所は多い。旧市街の対岸では数多ワイナリーが立ち並び、ワインの試飲ツアーを楽しむことができる。さらには世界一美しい本屋と言われる「レロ・イ・イルマオン」も必見だ。グルメだってまだまだおいしいものがたくさんあるし、旧市街対岸のドウロ川沿いの飲食店はどれもハズレはない。
サッカーチームFCポルトの試合を見に行くのも良いだろう。
兎にも角にも、ポルトには楽しいことがいっぱいである。だからと言って巨大観光都市のような騒々しさもなければ、商売気も少ない。著しくのんびりとした雰囲気は、日常の一切を忘れ去り、永住してしまいたくなるほどの心地よさだ。
パリやロンドンなどの有名どころに勝るとも劣らない魅力的な都市である。

Taroemon

たろゑもんとは、世間から見ればただの旅好きの青年である。しかしながら本人は、少なからず自らを「全日本生ハム同好会理事長」だと称している。ブログも書いているのでぜひ愚民の駄文を読んでください。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ポルトガルのおすすめお土産15選!人気の雑貨や、お菓子など...

    見どころの多いポルトガル観光の仕上げはお土産選び。お土産を何にしようかと頭を悩ませる人も多いのでは?今回はそんな人のために、ポルトガルらしさあふれるお土産の数々をご紹介しましょう。

  • リスボンの人気お土産はこれ!スーパーで買えるおすすめのお...

    今注目を集めている旅行先の1つに「ポルトガル」があります。ユーラシア大陸の最西端に位置し、日本との交流は1543年にポルトガル人が種子島を訪れてからです。今回は、そんな日本ともなじみの深い国であるポルトガルの首都「リスボン」のスーパーで買えるお土産をご紹介いたします。

  • ポルトガルの宝石ポートワイン7選!ヴィンテージものから低...

    「ポルトガルの宝石」とも称されるポートワイン。ポルトガルを語る上では欠かせない甘口の酒精強化ワインのことですが、具体的にどんな種類があるのかご存知ですか?ポートワインの味わいは甘みだけではなく、濃厚なコク、繊細な奥深さを感じるものまで多種多彩!今回はそんなポートワインの魅力についてご紹介します♪

  • ポルトガル・リスボンが誇る2大市場でグルメ三昧!

    テージョ川の広大な河口に位置するリスボン。中世の街並みを路面電車が走り抜ける光景は、どこかノスタルジックな雰囲気が漂っています。リスボンのもうひとつの顔は、ヨーロッパでも指折りの食の都であること。そんなリスボンにあって、美食やグルメが楽しめる市場を2つご紹介しましょう。

  • ポルトガル・リスボンのスーパー&専門店で爆買せよ!ショップ4選

    ポルトガルの首都リスボンは、ついつい爆買いしてしまいそうな魅力的なお店がたくさんあります!自分用に、帰りを待っているあの人に、素敵なお土産をたくさん買って帰りませんか?今回はリスボンでショッピングが楽しめる4つのショップをご紹介します♪

  • ポルトガル・リスボンのお洒落な人気お土産ショップおすすめ4選

    近年、旅行先としてポルトガルを選ぶ人が増えています。今回はポルトガルを代表するお土産と共に、首都リスボンにあるおすすめのお土産屋さんをご紹介します♪ポルトガルへご旅行の予定がある方は、ぜひ参考にしてみてください♪

このエリアの新着記事
  • 【コインブラ】長い歴史と学生の活気溢れる街!ポルトガル名...

    ポルトガル第3の街コインブラ(Coimbra)は、ヨーロッパ屈指の歴史を持つコインブラ大学を中心として栄えた、長い歴史を持つ街として知られています。コインブラ大学と共に世界遺産として登録されているアルタ地区とソフィア地区は価値のある歴史的建造物があることでも有名です。建築や歴史に興味のある方には特におすすめのコインブラで必ず訪ねたい観光スポットをご紹介します!

  • リスボンの人気おすすめホテル15選!ポルトガル観光の拠点に...

    ポルトガルの首都、リスボン。長い歴史を持つこちらの町には、たくさんの観光スポットがあります。歴史的観光名所を訪れる観光客も多く、市内にはたくさんのホテルもあります。今回は、リスボン市内にあるおすすめホテルを紹介したいと思います。

  • ポルトガル・リスボンへ行くなら!伝統歌謡ファドを聞きなが...

    ポルトガル大衆文化から生まれたファドは土地に根ざした伝統歌謡。人生を歌った哀愁のあるファド鑑賞はポルトガル旅行の醍醐味と言っても過言ではないでしょう。ポルトガルの首都リスボンで、ファドを楽しみながらお食事のできるお店をご紹介します。

  • ポルトガルは世界遺産の宝庫!必ず行くべき、おすすめの観光...

    ポルトガルは大航海時代、世界の中心となってヨーロッパを貿易で栄えた国。その時代が色濃く残る文化遺産はどれもこれもが歴史を動かした小さな国の誇りです。1つの自然遺産を含めたポルトガルの世界遺産17選をご紹介します。

  • ポルトガル・リスボンのスーパー&専門店で爆買せよ!ショップ4選

    ポルトガルの首都リスボンは、ついつい爆買いしてしまいそうな魅力的なお店がたくさんあります!自分用に、帰りを待っているあの人に、素敵なお土産をたくさん買って帰りませんか?今回はリスボンでショッピングが楽しめる4つのショップをご紹介します♪

  • ポルトガル・リスボンが誇る2大市場でグルメ三昧!

    テージョ川の広大な河口に位置するリスボン。中世の街並みを路面電車が走り抜ける光景は、どこかノスタルジックな雰囲気が漂っています。リスボンのもうひとつの顔は、ヨーロッパでも指折りの食の都であること。そんなリスボンにあって、美食やグルメが楽しめる市場を2つご紹介しましょう。

  • ポルトガルのおすすめお土産15選!人気の雑貨や、お菓子など...

    見どころの多いポルトガル観光の仕上げはお土産選び。お土産を何にしようかと頭を悩ませる人も多いのでは?今回はそんな人のために、ポルトガルらしさあふれるお土産の数々をご紹介しましょう。

  • ポルトガル・リスボン近郊の人気観光スポットおすすめ21選!

    ポルトガルの観光といえば、首都リスボンを訪れることが多いと思いますが、リスボン近郊にも見逃せないスポットがいくつもあるのです!今回はその中から厳選して21のオススメ観光スポットをご紹介したいと思います。

  • リスボンの人気お土産はこれ!スーパーで買えるおすすめのお...

    今注目を集めている旅行先の1つに「ポルトガル」があります。ユーラシア大陸の最西端に位置し、日本との交流は1543年にポルトガル人が種子島を訪れてからです。今回は、そんな日本ともなじみの深い国であるポルトガルの首都「リスボン」のスーパーで買えるお土産をご紹介いたします。

  • ポルトで人気のお土産をゲット!おすすめ雑貨ショップ5選!

    ポルトガルの第二の首都、ポルトは、昔からワインの貿易港として栄えてきました。そんなポルトには、素敵な小物やお土産が手に入るお店がたくさんあります。今回は、ポルトに行ったらぜひ立ち寄っていただきたいお店とオススメお土産グッズを紹介します。

このエリアの人気記事
新着記事