意外と穴場!ポルトガル第二の都市「ポルト」でのんびり観光しよう

860

views

1

イベリア半島の西端、情熱の国スペインにちょこんとひっつくコバンザメのような形でその存在を保っている国、それがポルトガルである。その実態を知る日本人は意外と少なく、多くの人は世界史における大航海時代の知識を最後に時が止まっているという。ポルトガルという国を一言で表すのであれば「のんびり」という言葉がぴったりである。とりわけ第二の都市「ポルト」は、人間の脳細胞を腐敗させるほど強烈にのんびりした都市であったと筆者は記憶している。しかしながら飯もうまけりゃ酒もうまい。風情もあれば人も良い。そんな楽園都市「ポルト」

旧市街は世界遺産

ドウロ川沿いに立ち並ぶ橙色の屋根の密集地帯が旧市街である。川と青空と屋根のコントラストが絶妙だ。昼間の鮮やかな風景もさることながら、その夕景はそれを凌駕する美しさである。この風景を見ることができただけでも、ポルトにやってきた価値があるというものだ。

空中を飛び回るカモメたちの声、クレリゴスの塔から聞こえる鐘の音が、魔女の宅急便の世界のような情景を想像させてくれる。

市街は坂道だらけ

街の大部分は石畳の坂道で構成されており、歩き回るのにもなかなかの労力が必要である。ポルトを観光するには足腰の鍛錬が欠かせないだろう。

風情のある街並み

近代的な建物が少なく、築何年かもわからない趣深い建物が多いことも特徴的である。街並みはヨーロッパ各国のそれと近いものがあるが、なんだか雑然としていて薄汚れている。しかしその薄汚れている部分に味がある。長い歴史の賜物なのだろう。

ポルトのグルメは日本人にぴったり

やっぱりお酒!

なにはともあれ筆者が是非ともお勧めしたいのはポルトのビール「SUPER BOCK」である。爽やかでフルーティな味わいは、ビールが苦手な女性でも飲みやすいと評判のようである。

お次はやはりポートワインだ。世界的に有名なポルトガルのワイン、ポートワインは甘味溢れる芳醇で濃厚な味わいが特徴的である。筆者は飲みやすいがゆえにごくごく飲んでしまい、酩酊した状態で観光することを余儀なくされてしまうほどであった。特にポルトの台所「ボリャオン市場」にあるワインバーで飲んだワインが印象的であった。

新鮮な海の幸

ポルトにやってきたら一目散にこの料理を食べて欲しい。「バカリャウコロッケ」といって、タラのすり身が練りこまれていて、通常のコロッケよりやや弾力があり、タラの風味がよく効いている。ビールのアテに最適である。

その他にも海鮮を生かした料理の数々は、味付けがあっさりめな事もあり日本人もなじみやすい。ただしいずれの料理も日本における一般的な量の概念を凌駕しており、どれもこれも一人で食べれたものではない。しかしご安心を。基本的にはほとんどハーフサイズで注文することができる。料金も半額である。胃の容量に一抹の翳りある旅行者にも良心的な設定である。

ボリャオン市場
住所:
Rua Formosa, 4000-214 Porto
営業時間:
7:00~17:00
アクセス:
メトロBolhão駅降りてすぐ
(営業時間:
土曜日は13:00まで、日曜祝日は休み。)
海鮮からワインバー、花屋などが軒を連ね、特に午前中は活気がある。

1日の締めはドンルイス橋から

ドウロ川に架けられたどでかい橋がある。「ドン・ルイス1世橋」である。名前の由来は想像に難くないので割愛とするが、冒頭で紹介した旧市街を望む景色はここから望むことができる。一通り観光をした後の、ここから見る夕日はたまらなく綺麗だ。

ポルトは穴場観光都市

以上、ポルトをざっと紹介させていただいたわけであるが、まだまだ見所は多い。旧市街の対岸では数多ワイナリーが立ち並び、ワインの試飲ツアーを楽しむことができる。さらには世界一美しい本屋と言われる「レロ・イ・イルマオン」も必見だ。グルメだってまだまだおいしいものがたくさんあるし、旧市街対岸のドウロ川沿いの飲食店はどれもハズレはない。
サッカーチームFCポルトの試合を見に行くのも良いだろう。
兎にも角にも、ポルトには楽しいことがいっぱいである。だからと言って巨大観光都市のような騒々しさもなければ、商売気も少ない。著しくのんびりとした雰囲気は、日常の一切を忘れ去り、永住してしまいたくなるほどの心地よさだ。
パリやロンドンなどの有名どころに勝るとも劣らない魅力的な都市である。

Taroemon

たろゑもんとは、世間から見ればただの旅好きの青年である。しかしながら本人は、少なからず自らを「全日本生ハム同好会理事長」だと称している。ブログも書いているのでぜひ愚民の駄文を読んでください。

この記事を読んだあなたにオススメの記事

  • 暑さも吹っ飛ぶポルトガルのアグエダの傘の道に行きたい!

    ポルトガルのアグエダの傘の道をご存知でしょうか?頭上一面に色とりどりの傘が埋め尽くす道はアグエダの街の観光名所でもあります。毎年7月から「アートフェスティバル」にて期間限定で行われるアグエダの傘の道は見るものを魅了する美しさです。今回はそんなアグエダの傘の道を紹介します。

  • ポルトガル・リスボンのベレン地区で行くべき観光スポット「3...

    ポルトガルの首都、リスボンには歴史的建築物が数多くありますが、中でもベレン地区にある世界遺産のジェロニモス修道院とべレンの塔は大変人気のあるスポットなんです。今回はその2か所と世界遺産でなくともぜひ知っておいてほしい大航海時代の記念碑、発見のモニュメントをご紹介します。

  • 意外と穴場!ポルトガル第二の都市「ポルト」でのんびり観光...

    イベリア半島の西端、情熱の国スペインにちょこんとひっつくコバンザメのような形でその存在を保っている国、それがポルトガルである。その実態を知る日本人は意外と少なく、多くの人は世界史における大航海時代の知識を最後に時が止まっているという。ポルトガルという国を一言で表すのであれば「のんびり」という言葉がぴったりである。とりわけ第二の都市「ポルト」は、人間の脳細胞を腐敗させるほど強烈にのんびりした都市であったと筆者は記憶している。しかしながら飯もうまけりゃ酒もうまい。風情もあれば人も良い。そんな楽園都市「ポルト」

  • ポルトガル・リスボンの人気美術館おすすめ2選!日本文化と...

    ポルトガル旅行で、美術館巡りをしませんか?ポルトガルの最大都市リスボンでは、貴重な作品が見られる国立古美術館と、個人のコレクションを集めたグルベンキアン美術館があります。日本では見ることのできない美術品の数々は一見の価値あり。素晴らしい作品に出会えるチャンスをぜひお見逃しなく!

  • 素朴でキュートなポルトガル!魅惑の観光スポット5選

    ポルトガルと聞いて思い浮かべるところはどこですか? 実は世界遺産なども多数にあり、昔からの素朴で優しい街並みが多くのこっているのです♪ また世界中で愛されているイベントも☆ ポルトガルの魅力をお伝えします!!

  • ポルトガル・リスボンの下町アルファマ!人気観光スポットお...

    アルファマは1755年のリスボン大震災を奇跡的に免れたサン・ジョルジェ城を中心とした地域です。そのため、リスボンで最も古い下町の風景が現在でも残っています。坂道が多く、迷路のような路地、曲がりくねった階段、白い壁にオレンジ色の屋根の家など童話に出てきそうな美しい街並みはどこか懐かしく、訪れた人々に安らぎを与えてくれます。

今週の人気記事

  • 2人の夜が100倍楽しくなる!ニッポン東西南北の「すごいラブ...

    ジャグジー付、カラオケ付、映画見放題…そんなのは当たり前になってきた日本のラブホ業界には、続々新しいジャンルのラブホが登場しています。まるでリゾートホテルのようなラブホから、なんじゃこれ?!と疑ってしまうほどのラブホまで全国の面白おかしく変わった「すごいラブホ」を集めました!いざチェック!!

  • 京都で占いするならココ!本当によく当たると評判のお店ベス...

    占い激戦区京都!本当によく当たると評判のお店で人生相談したいという人におすすめのお店をご紹介します。どのお店も口コミで大評判。あなたの人生の迷いもスパッと解決間違いなし!

  • 福岡で本当に当たる占いはここだ!人気占い師紹介!

    みんな占いって好きですよね?悩んだ時や気になることがある時つい頼りたくなりますよね!占い師のところへ行ってみたことはありますか?実際にあって話してズバッと当てられたりするとビックリしますよね。でも当たる占い師ってわかりませんよね?そんな方のためにみんなの口コミや体験談を調べ、厳選してオススメの占い師を紹介します!福岡に行ったらこの方達のところへ行ってみてはいかがでしょうか?

  • 驚異の的中率にドキッ!大阪で当たると人気の占いまとめ

    よりよい未来へとアドバイスをくれる、占い。元気が出ない時や、人生に迷った時に占い師に見てもらいたいという人は少なくないでしょう。同じ時間とお金をかけるなら、思わず「当たってる!」とうならせてくれる占いが良いですよね。 そこで、大阪で当たると人気の占いスポットをまとめてみました。

  • 激安コスメがおすすめ・新大久保の人気韓国コスメショップを...

    日本国内でも韓流文化の根強い町・新大久保。韓流料理やアイドルグッズのお店など多々あります。その中でも韓流コスメショップが多いのも有名です。安くて種類も豊富な韓流コスメは日本人にも大人気。今回はそんな新大久保の人気韓国コスメショップを厳選紹介します。