ポルトガルの宝石ポートワイン7選!ヴィンテージものから低価格なものまで!

17,994

views

0

「ポルトガルの宝石」とも称されるポートワイン。ポルトガルを語る上では欠かせない甘口の酒精強化ワインのことですが、具体的にどんな種類があるのかご存知ですか?ポートワインの味わいは甘みだけではなく、濃厚なコク、繊細な奥深さを感じるものまで多種多彩!今回はそんなポートワインの魅力についてご紹介します♪

①ポートワインとは?

ポルトガル独自のワインとして有名なポートワイン。
使用するブドウは毎年9月~10月に収穫し、その後機械で圧搾します。

まだ糖分が残っている段階で、アルコール度数77度のブランデーを加え酒精を強化!
ブランデーによってアルコールの発酵が止まり、しっかりと糖分を感じられる濃厚な味わいのポートワインが出来上がります。

②ルビーポート(Ruby Porto)

鮮やかなルビー色が特徴の赤ワイン系ポートワイン。
味わいは凝縮されたフルーティーさが存分に感じられる力強い印象です!

ルビーポートは工夫された熟成が施されています。
バルセイロという樽やステンレスタンクを使って熟成させ、酸素との接触を極限まで抑えることで、美しいルビー色を作り出しています。

③トゥニー・ポート(Tawny Porto)

褐色(トゥニー色)が特徴の赤ワイン系ポートワイン。
酸化熟成させて作られており熟成年数が長くなるにつれて、まろやかな味わいとなります。

トゥニー・ポートは10~14度ほどに冷やして飲むのがオススメ!
酸化に強いので、抜栓後1カ月は美味しく飲むことが出来ます♪

④ヴィンテージ・ポート(Vintage Porto)

ポートワインの中でも最高級のグレードのもの!
ブドウの品質が良い年の優れたワインだけが、ポートワイン・インスティテュートの承認を得られます。

最高の品質で作られたワインは美しい色とエレガントな味わい♪
生産から販売まで管理されているこだわりのポートワイン!是非一度は味わいたい逸品です。

⑤レイト・ボトルド・ヴィンテージ(Late-Bottled Vintage)

ヴィンテージの次にグレードが高いワイン♪
本格的な高級ポートワインを手軽に楽しめるので人気です!

品質が良い年のブドウを4~6年、樽の中で熟成させ、飲み頃になってから瓶詰します。
濃厚な凝縮感と深みを感じる贅沢な味わい!瓶内熟成期間が短く、生産のコストがかかっていないので、低価格で手に入れることが出来ます!

⑥コリェイタ(Colheita)

トゥニースタイルのポートワインで単一収穫年のワインから作られます。樽の中で長期熟成された後、飲む直前に瓶詰!抜栓してすぐに本格的な味わいを楽しめるのが魅力です♪

単一品種で作られるポートワインとして、とても評価が高いことでも有名なポートワインです。

⑦ホワイト・ポート(White Porto)

白ワインから作られるポートワインで、赤ワイン系と比べるとほどよい酸味が特徴です。

極力、酸化をさせないよう丁寧に熟成されており、本来の酸味が綺麗に残った上品な味わいとなります。食前酒として、6~10度に冷やして飲むのがオススメです♪

いかがでしたか?ポルトガルの代表酒であるポートワイン。どれも美味しそうですよね!
独自の製法から生まれる独特の甘味と繊細な味わいは、一度飲んだらやみつきになること間違いなし!旅行の際には、本場のポートワインを是非飲んでみてください♪

EGG415

コーヒーとワインと美味しいものが大好き♪世界のグルメ情報を中心にお届けします。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ポルトガルのおすすめお土産!人気のアイテムTOP15をご紹介!

    見どころの多いポルトガル観光の仕上げはお土産選び。お土産を何にしようかと頭を悩ませる人も多いのでは?今回はそんな人のために、ポルトガルらしさあふれるお土産の数々をご紹介しましょう。

  • リスボンのお土産!スーパーで買える外さない人気のお土産は...

    今注目を集めている旅行先の1つに「ポルトガル」があります。ユーラシア大陸の最西端に位置し、日本との交流は1543年にポルトガル人が種子島を訪れてからです。今回は、そんな日本ともなじみの深い国であるポルトガルの首都「リスボン」のスーパーで買えるお土産をご紹介いたします。

  • ポルトガル・リスボンが誇る2大市場でグルメ三昧!

    テージョ川の広大な河口に位置するリスボン。中世の街並みを路面電車が走り抜ける光景は、どこかノスタルジックな雰囲気が漂っています。リスボンのもうひとつの顔は、ヨーロッパでも指折りの食の都であること。そんなリスボンにあって、美食やグルメが楽しめる市場を2つご紹介しましょう。

  • ポルトガル・リスボンのスーパー&専門店で爆買せよ!ショップ4選

    ポルトガルの首都リスボンは、ついつい爆買いしてしまいそうな魅力的なお店がたくさんあります!自分用に、帰りを待っているあの人に、素敵なお土産をたくさん買って帰りませんか?今回はリスボンでショッピングが楽しめる4つのショップをご紹介します♪

  • ポルトガル・リスボンのお洒落な人気お土産ショップおすすめ4選

    近年、旅行先としてポルトガルを選ぶ人が増えています。今回はポルトガルを代表するお土産と共に、首都リスボンにあるおすすめのお土産屋さんをご紹介します♪ポルトガルへご旅行の予定がある方は、ぜひ参考にしてみてください♪

  • ポルトガル各地の名産ポルトガルワインとワイナリーおすすめ7選

    ヨーロッパの中でも、最もワイン生産の歴史が深いポルトガル。古くから培われてきた伝統的な味わいは世界的にも高い人気を誇っています。甘味が特徴のポートワインの生産でも有名なポルトガルですが、他にも味わい深いワインがたくさんあります!今回は、ワイン好きなら事前に知っておきたい、おすすめのポルトガルワインをご紹介します!

このエリアの新着記事
  • ポルトガルは世界遺産の宝庫!必ず行くべき観光スポット15選

    ポルトガルは大航海時代、世界の中心となってヨーロッパを貿易で栄えた国。その時代が色濃く残る文化遺産はどれもこれもが歴史を動かした小さな国の誇りです。1つの自然遺産を含めたポルトガルの世界遺産15選をご紹介します。

  • ポルトガル基本情報 【言語・お役立ち会話編】英語が通じない...

    ユーラシア大陸の一番西にあるポルトガル。種子島の鉄砲伝来やザビエルなど日本の歴史とも深いかかわりがある国です。最近では、サッカー強豪国としても有名ですよね。そんなポルトガルの言語事情についてまとめてみました。

  • ポルトガルのおすすめお土産!人気のアイテムTOP15をご紹介!

    見どころの多いポルトガル観光の仕上げはお土産選び。お土産を何にしようかと頭を悩ませる人も多いのでは?今回はそんな人のために、ポルトガルらしさあふれるお土産の数々をご紹介しましょう。

  • ポルト観光はこうやって楽しむ!観光スポット&グルメまとめ

    イベリア半島の西端、情熱の国スペインにちょこんとひっつくコバンザメのような形でその存在を保っている国、それがポルトガルである。その実態を知る日本人は意外と少なく、多くの人は世界史における大航海時代の知識を最後に時が止まっているという。ポルトガルという国を一言で表すのであれば「のんびり」という言葉がぴったりである。とりわけ第二の都市「ポルト」は、人間の脳細胞を腐敗させるほど強烈にのんびりした都市であったと筆者は記憶している。しかしながら飯もうまけりゃ酒もうまい。風情もあれば人も良い。そんな楽園都市「ポルト」

  • リスボンのお土産!スーパーで買える外さない人気のお土産は...

    今注目を集めている旅行先の1つに「ポルトガル」があります。ユーラシア大陸の最西端に位置し、日本との交流は1543年にポルトガル人が種子島を訪れてからです。今回は、そんな日本ともなじみの深い国であるポルトガルの首都「リスボン」のスーパーで買えるお土産をご紹介いたします。

  • ポルトガル基本情報 【お金編】

    ポルトガルは物価も安く、観光に適したおすすめの国。本記事ではポルトガルの通貨や両替え、チップといったお金に関する情報をまとめてみました。この記事を参考に、楽しいポルトガルの旅にしてください!

  • ポルトガル基本情報 【治安・情勢編】

    ポルトガルは物価が安く、食べ物もおいしい観光におすすめの国です。ヨーロッパの国の中では比較的治安も良いのですが、旅の基本的ルールは守りましょう。ここではポルトガルを旅行する際に注意したいことをまとめてみました。

  • ポルトガル基本情報 【交通手段編】

    ポルトガルはバス網や鉄道網が発達していて、都市間の移動が容易にできます。首都リスボン市内を移動するのなら地下鉄や市電がおすすめ。本記事ではポルトガルの交通手段について紹介しましょう。

  • ポルトガル基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    ポルトガルの祝祭日はキリスト教に基づいたものが多くあります。陽気なポルトガルの人々は祝祭日を盛大に祝います。本記事ではポルトガルの祝祭日とビジネスアワーについて紹介しましょう。

  • ポルトガル基本情報 【気候・服装編】

    ポルトガルはリベリア半島にある歴史のある国。日本からも観光客が訪れる人気の国のひとつです。一年を通じて温暖でとても過ごしやすいのが特徴です。ここではポルトガルの気候や服装について紹介しましょう。

このエリアの人気記事