ジャマイカ基本情報【交通手段編】

1,864

views

0

カリブ海に浮かぶジャマイカは青い空と海、まぶしいほどの白い砂が広がるビーチリゾートとして知られ、レゲエ発祥の地としても有名ですね。秋田県ほどの面積で、主な交通手段は車が中心です。そこで首都キングストンを中心に、主な移動手段についての情報を集めてみました。

首都キングストンの交通事情

首都キングストンの移動手段は市内を循環する路線バスと、地方へ行くミニバスやコースターと呼ばれている都市間バスがあります。バスの乗り方は後ろから乗車し、その際に運賃を支払うシステム。3つのバスについてそれぞれ特徴をご紹介します。

路線バス

キングストン市内の路線バスは平日が30分に1本、週末や祝祭日は1時間から1時間半に1本の割合。行先はLED表示で確認できますが、表示がない場合には運転手や乗客に尋ねましょう。朝夕は通勤と帰宅ラッシュで混雑するので、できればこの時間帯は避けた方が無難。

ミニバス

出典: pixabay.com

キングストンから郊外へ移動する場合、ワゴンのミニバスを利用するのが一般的。降車する時は「Driver Stop!」と叫べば停まってくれます。ただしこのミニバス、乗客がいっぱいになるまでは発車しません。時間が読めないのでご注意を。乗り心地も悪く定員オーバーは当たり前、窮屈な状態での移動になることも。

コースター

出典: photopin.com

ミニバスよりも大きなコースターは長距離を走るバスで、観光地のモンデゴ・ベイやオーチョ・リオス行きのバスも運行しています。目的地まで停車しないので、ミニバスに比べて早く移動することができますよ。事前にインターネットで予約も可能、ご予約はお早めに。

タクシーの場合

ジャマイカのタクシーには、一般のタクシーとJUTA(ジュタ)と呼ばれる観光客用のタクシーがあります。タクシーは赤いナンバープレートで、JUTAにはサイドドアにマークが。ダッシュボードかミラーの下に許可書をぶら下げているのも目印です。

一般のタクシーにはメーターがなくて運転手が独自で決めているので、高額な料金を請求される恐れも。しつこい勧誘には、はっきり「No Thank you!」と断りましょう。料金や安全性を考えてもJUTA(ジュタ)の方が安心です。料金の支払いはJA$(ジャマイカドル)が基本ですが、US$(アメリカドル)での支払いもOK。

その他にも、リーズナブルにキングストン市内を動きたい方におすすめなのが、相乗りのルートタクシー。こちらは決められたエリアを循環し、バスのように相乗りになっています。

レンタカー

レンタカーを利用する場合には、レンタル料と保険料、10%の税金がかかり、国際運転免許証の提示が必要です。観光局やレンタカー会社で大まかな地図を無料でもらえますよ。日本と同じ左側通行で、夜は場所によっては街灯がないので真っ暗になっていまいます。また、残念ながらジャマイカの運転マナーはいいとは言えません。そのため運転の際にはくれぐれもご注意を。

最後に

ジャマイカでの交通手段についてご紹介しました。キングストンからモンデゴ・ベイやネグリル、オーチョ・リオスなどの観光地は離れています。バス移動の際、スリやひったくりなどの被害もあるので、乗車したら眠ってしまわないように注意しましょう。

umi

北海道在住の旅行大好きな30代女子です。
旅行では主に世界遺産や絶景スポット巡りをしています(*^_^*)
もちろん、ご当地グルメもはずせないポイントのひとつ♪
その中でもわたしのおススメなトコをアップしていきます☆

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ジャマイカで人気の観光スポット楽しみ方徹底研究!カリブ海...

    燦々と照りつける太陽にコバルトブルーの海に24時間どこからともなく聞こえてくるレゲエ…異国情緒あふれるカリブ海ならではのゆったりとした雰囲気がそこには存在します。そんなジャマイカの魅力を都市ごとに紹介しちゃいます!

  • レゲエと楽しむジャマイカ料理と飲み物13選!ジャークチキン...

    ジャマイカといえばレゲエ!音楽のイメージが強い国ですよね。他にはコーヒーの王様ブルーマウンテンが栽培されるブルーマウンテン山脈があるのもこちら。今回はそんなジャマイカの料理や飲み物をご紹介いたします。

  • ジャマイカ・キングストンの人気観光スポットおすすめ4選!...

    レゲエの心地よいリズムが街角に流れるジャマイカの首都のキングストン。いかにも陽気に見える街ですが、キングストンには、ジャマイカの歴史や文化が詰まった観光スポットがたくさん。キングストンを知れば、ジャマイカのことがもっとよく分かるはず。この街で訪れるべきスポットを紹介しましょう。

  • ジャマイカ基本情報【交通手段編】

    カリブ海に浮かぶジャマイカは青い空と海、まぶしいほどの白い砂が広がるビーチリゾートとして知られ、レゲエ発祥の地としても有名ですね。秋田県ほどの面積で、主な交通手段は車が中心です。そこで首都キングストンを中心に、主な移動手段についての情報を集めてみました。

  • ジャマイカ基本情報 【治安・情勢編】

    ジャマイカはカリブ海に浮かぶ島。レゲエの神様ボブ・マーリー、そして真っ白な砂浜が続くビーチリゾートなどで知られていますね。ここでは、そんなジャマイカの治安と訪れる際に気を付けたいことについてまとめてみました。この記事を参考に、楽しい旅にしてください!

  • 【ジャマイカ】モンテゴ・ベイのおすすめホテル!カリブ海で...

    レゲエの国ジャマイカ。そんなアップテンポで陽気な音楽がぴったりのお国柄とは対照的にカリブ海のビーチリゾートではゆったりとした時間が流れています。とくに注目のエリアはモンテゴ・ベイ。リラックスモード全開でのんびりとカリブ海の魅力が満喫できるホテルばかり。今回は厳選した二つのスパリゾートホテルを紹介しましょう。

このエリアの新着記事
  • ジャマイカ基本情報【時差・空港編】

    中南米のカリブ海に浮かぶジャマイカはレゲエの発祥地。陸上競技が強いことでも有名ですね。グリーンとイエロー、ブラックのジャマイカの国旗を見たことがある方も多いことでしょう。青い空と海、そして美しい自然に恵まれたリゾートアイランド、ジャマイカへのアクセスや時差についてご紹介します。

  • ジャマイカ基本情報【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    カリブ海の島国ジャマイカは、イギリス連邦に属しているため、祝祭日もイギリスにならったものが多くなっています。せっかく行った現地で、お店がお休みで予定が狂ってしまわない様、事前に知っておきましょう。本記事では、ジャマイカ渡航前に知っておくべき祝祭日と、ビジネスアワーについてご紹介します。

  • ジャマイカ基本情報【気候・服装編】

    カリブ海の島国ジャマイカは、日本からは遠く離れていますが、アメリカやカナダではリゾート地として人気が高い場所です。レゲエ発祥の地、また陸上短距離界のスーパースターの母国としても有名ですね。ここではジャマイカの気候と、現地での服装についてご紹介します。

  • ジャマイカ基本情報 【ビザ・大使館・税関編】

    ジャマイカは、白いビーチとレゲエの国として知られています。ここではジャマイカを訪れる際のビザや入国手続き、通関、緊急連絡先などについてまとめてみました。この記事を参考に楽しい旅にしてください。

  • ジャマイカ基本情報 【治安・情勢編】

    ジャマイカはカリブ海に浮かぶ島。レゲエの神様ボブ・マーリー、そして真っ白な砂浜が続くビーチリゾートなどで知られていますね。ここでは、そんなジャマイカの治安と訪れる際に気を付けたいことについてまとめてみました。この記事を参考に、楽しい旅にしてください!

  • ジャマイカ・キングストンの人気観光スポットおすすめ4選!...

    レゲエの心地よいリズムが街角に流れるジャマイカの首都のキングストン。いかにも陽気に見える街ですが、キングストンには、ジャマイカの歴史や文化が詰まった観光スポットがたくさん。キングストンを知れば、ジャマイカのことがもっとよく分かるはず。この街で訪れるべきスポットを紹介しましょう。

  • レゲエと楽しむジャマイカ料理と飲み物13選!ジャークチキン...

    ジャマイカといえばレゲエ!音楽のイメージが強い国ですよね。他にはコーヒーの王様ブルーマウンテンが栽培されるブルーマウンテン山脈があるのもこちら。今回はそんなジャマイカの料理や飲み物をご紹介いたします。

  • ジャマイカ・モンテゴ・ベイのおすすめレストラン!絶品ジャ...

    モンテゴ・ベイはジャマイカの西にあるビーチリゾート。穏やかな波の青い海が人気で、多くの観光客がバカンスを楽しんでいます。自然を満喫できるアクティビティーが充実しているので、1日遊べばお腹がすくのは当然!そこでモンテゴ・ベイにあるグルメスポットを紹介します。

  • ジャマイカのオチョ・リーオスおすすめレストラン!ジャマイ...

    海外を旅行するなら、その土地の料理が食べられるレストランで楽しいひとときを過ごしたいものです。ジャマイカでも有数のビーチリゾート地オチョ・リーオスにはジャマイカならではのスパイシーな料理が味わえるレストランがあちこちにあります。オチョ・リーオス滞在がいっそう思い出深いものになるレストランを2店紹介しましょう。

  • ジャマイカ観光エリア、オーチョ・リオス!自然が満喫できる...

    ジャマイカ観光の最大の魅力は、この島国をぐるっと取り囲むカリブ海。そんなジャマイカにあって、オーチョ・リオスはビーチと内陸地のふたつが見どころとなっている観光エリア。カリブ海ばかりが注目されますが、大自然が育むアウトドアレジャーも見逃すわけにはいきません。

新着記事