ジャマイカ・キングストンの人気観光スポットおすすめ4選!ボブ・マーリー博物館も

2,418

views

0

レゲエの心地よいリズムが街角に流れるジャマイカの首都のキングストン。いかにも陽気に見える街ですが、キングストンには、ジャマイカの歴史や文化が詰まった観光スポットがたくさん。キングストンを知れば、ジャマイカのことがもっとよく分かるはず。この街で訪れるべきスポットを紹介しましょう。

ポート・ロイヤル(Port Royal)

ポート・ロイヤルは、イギリスがカリブ海でかき集めた財宝を蓄えていた港。ユニークなのはその集め方。地元の海賊を味方につけて、外国船を襲わせていたとか。そして、船に積んであった財宝はこの港で保管されることに。興味深い歴史ですが、カリブ海に海賊が実在していたこともちょっと驚き。

ジャマイカはかつてイギリスの植民地だった島。この港には、イギリスが防衛のために築いた砦が遺跡として残っています。壁から飛び出ている黒い筒状のものは大砲。遺跡のなかには、実際に使われていた大砲が、ごろごろあちこちに転がっています。

ポート・ロイヤルは2度大地震に襲われています。1度目は17世紀。このときに起きた津波で、ポート・ロイヤルは壊滅的な被害を受けることに。2度目は1907年。画像の建物は、そのときの地震で傾いて、下の部分が砂の地面に埋まってしまったそうです。ポート・ロイヤルを歩いていると、ジャマイカが辿った波乱万丈の歴史が伝わってきますね。

ポート・ロイヤル(Port Royal)
住所:
port Royal, Kingston
アクセス:
旧市街から車でおよそ30分
電話番号:
876 844 8928
開館時間:
9:00~16:45

スパニッシュタウン(Spanish Town)

イギリスの前にジャマイカを統治していた国がスペイン。スパニッシュタウンは、スペイン人によって建てられた建物が多く残っているエリア。当時のスペインをモデルにしているようです。確かに、コロニアル風というよりは、ヨーロピアン調のデザインが色濃く反映されていますね。スペイン南部でも見かけそうな光景。

スペイン人がこの地に入植したのは16世紀初頭。次いで、イギリス人もここを中心に街を拡大していきました。スパニッシュタウンはキングストンの前に首都が置かれていた場所。その名残は、画像の裁判所の建物にも見ることができますね。外壁のレンガの傷み具合が歴史を感じさせます。

こちらは赤いレンガ造りの外観がおしゃれな大聖堂。小ぶりですが、とても温かみのある建物です。こうした街並みを眺めていると、昔のジャマイカにタイムスリップした気持ちにひたれるでしょう。どことなく哀愁漂う街です。

スパニッシュタウン(Spanish Town)
住所:
Spanish Town, St. Catherine
アクセス:
キングストン旧市街から車でおよそ30分

ボブ・マーリー博物館(Bob Marley Museum)

レゲエはジャマイカの歴史や文化を知るうえで注目すべき芸術。起源はアメリカ南部の音楽のようですが、そこにアップテンポなリズムを付けてひとつのジャンルにまで高めたのがジャマイカ人。ボブ・マーリーはそうしたジャマイカ音楽の父と言える存在です。この博物館では、マーリーの生活や音楽活動の軌跡を知ることができます。

館内は写真撮影禁止。とはいえ、外には撮影スポットがたくさんあります。なかでも人気なのがマーリーの銅像。ギターを手にしたマーリーは、往年の雄姿をよくたたえています。

ボブ・マーリー博物館(Bob Marley Museum)
住所:
56 Hope Road Kingston 6
アクセス:
トラファルガー・パーク(Tragalgar Park)から徒歩およそ20分
電話番号:
876 927 9152
開館時間:
月曜日~金曜日9:30~16:00
休館日:
日曜日

ディボン・ハウス(Devon House)

国宝に指定されているこの建物は、ジャマイカ人の建築家ジョージ・スティーベルが自分の邸宅として建てた大豪邸。1881年の建造とは思えないモダンな外観が特徴。現在は博物館になっていて、なかを見学することができます。

こちらは豪華なベッドルーム。展示されている家具は19世紀~20世紀初頭のもの。当時のキングストンの上流階級の暮らしぶりがよく伝わってきます。内装は白で統一されたシンプルなデザイン。カリブ海のさわやかなイメージにぴったりです。

これは何でしょう?実は、ミシン!どう使うのかは定かではありませんが、これはこれで、当時最先端の機械だったもの。今ではこの博物館くらいでしか目にすることのできない、貴重なアンティーク家具です。

ディボン・ハウス(Devon House)
住所:
26 Hope Road
アクセス:
トラファルガー・パーク(Tragalgar Park)から徒歩およそ10分
電話番号:
876 922 1561
開館時間:
火曜日~木曜日10:00~16:30 金曜日10:00~16:00 土曜日10:00~15:00
休館日:
月曜日・日曜日・祝日

いかがでしたか?キングストンには、スペインやイギリス風の建物があちこちに点在しています。どこかヨーロッパの古い街を歩いているような、不思議な感覚を覚えることでしょう。また、レゲエ発祥の地であるこの街は、ジャマイカ国民にとって心の故郷のような存在でもあるのです。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • レゲエと楽しむジャマイカ料理と飲み物13選!ジャークチキン...

    ジャマイカといえばレゲエ!音楽のイメージが強い国ですよね。他にはコーヒーの王様ブルーマウンテンが栽培されるブルーマウンテン山脈があるのもこちら。今回はそんなジャマイカの料理や飲み物をご紹介いたします。

  • ジャマイカで人気の観光スポット楽しみ方徹底研究!カリブ海...

    燦々と照りつける太陽にコバルトブルーの海に24時間どこからともなく聞こえてくるレゲエ…異国情緒あふれるカリブ海ならではのゆったりとした雰囲気がそこには存在します。そんなジャマイカの魅力を都市ごとに紹介しちゃいます!

  • ジャマイカ基本情報【気候・服装編】

    カリブ海の島国ジャマイカは、日本からは遠く離れていますが、アメリカやカナダではリゾート地として人気が高い場所です。レゲエ発祥の地、また陸上短距離界のスーパースターの母国としても有名ですね。ここではジャマイカの気候と、現地での服装についてご紹介します。

  • ジャマイカ基本情報【交通手段編】

    カリブ海に浮かぶジャマイカは青い空と海、まぶしいほどの白い砂が広がるビーチリゾートとして知られ、レゲエ発祥の地としても有名ですね。秋田県ほどの面積で、主な交通手段は車が中心です。そこで首都キングストンを中心に、主な移動手段についての情報を集めてみました。

  • ジャマイカ基本情報 【治安・情勢編】

    ジャマイカはカリブ海に浮かぶ島。レゲエの神様ボブ・マーリー、そして真っ白な砂浜が続くビーチリゾートなどで知られていますね。ここでは、そんなジャマイカの治安と訪れる際に気を付けたいことについてまとめてみました。この記事を参考に、楽しい旅にしてください!

  • ジャマイカ基本情報【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    カリブ海の島国ジャマイカは、イギリス連邦に属しているため、祝祭日もイギリスにならったものが多くなっています。せっかく行った現地で、お店がお休みで予定が狂ってしまわない様、事前に知っておきましょう。本記事では、ジャマイカ渡航前に知っておくべき祝祭日と、ビジネスアワーについてご紹介します。

このエリアの新着記事
  • ジャマイカ基本情報【時差・空港編】

    中南米のカリブ海に浮かぶジャマイカはレゲエの発祥地。陸上競技が強いことでも有名ですね。グリーンとイエロー、ブラックのジャマイカの国旗を見たことがある方も多いことでしょう。青い空と海、そして美しい自然に恵まれたリゾートアイランド、ジャマイカへのアクセスや時差についてご紹介します。

  • ジャマイカ基本情報【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    カリブ海の島国ジャマイカは、イギリス連邦に属しているため、祝祭日もイギリスにならったものが多くなっています。せっかく行った現地で、お店がお休みで予定が狂ってしまわない様、事前に知っておきましょう。本記事では、ジャマイカ渡航前に知っておくべき祝祭日と、ビジネスアワーについてご紹介します。

  • ジャマイカ基本情報【気候・服装編】

    カリブ海の島国ジャマイカは、日本からは遠く離れていますが、アメリカやカナダではリゾート地として人気が高い場所です。レゲエ発祥の地、また陸上短距離界のスーパースターの母国としても有名ですね。ここではジャマイカの気候と、現地での服装についてご紹介します。

  • ジャマイカ基本情報【交通手段編】

    カリブ海に浮かぶジャマイカは青い空と海、まぶしいほどの白い砂が広がるビーチリゾートとして知られ、レゲエ発祥の地としても有名ですね。秋田県ほどの面積で、主な交通手段は車が中心です。そこで首都キングストンを中心に、主な移動手段についての情報を集めてみました。

  • ジャマイカ基本情報 【ビザ・大使館・税関編】

    ジャマイカは、白いビーチとレゲエの国として知られています。ここではジャマイカを訪れる際のビザや入国手続き、通関、緊急連絡先などについてまとめてみました。この記事を参考に楽しい旅にしてください。

  • ジャマイカ基本情報 【治安・情勢編】

    ジャマイカはカリブ海に浮かぶ島。レゲエの神様ボブ・マーリー、そして真っ白な砂浜が続くビーチリゾートなどで知られていますね。ここでは、そんなジャマイカの治安と訪れる際に気を付けたいことについてまとめてみました。この記事を参考に、楽しい旅にしてください!

  • レゲエと楽しむジャマイカ料理と飲み物13選!ジャークチキン...

    ジャマイカといえばレゲエ!音楽のイメージが強い国ですよね。他にはコーヒーの王様ブルーマウンテンが栽培されるブルーマウンテン山脈があるのもこちら。今回はそんなジャマイカの料理や飲み物をご紹介いたします。

  • ジャマイカ・モンテゴ・ベイのおすすめレストラン!絶品ジャ...

    モンテゴ・ベイはジャマイカの西にあるビーチリゾート。穏やかな波の青い海が人気で、多くの観光客がバカンスを楽しんでいます。自然を満喫できるアクティビティーが充実しているので、1日遊べばお腹がすくのは当然!そこでモンテゴ・ベイにあるグルメスポットを紹介します。

  • ジャマイカのオチョ・リーオスおすすめレストラン!ジャマイ...

    海外を旅行するなら、その土地の料理が食べられるレストランで楽しいひとときを過ごしたいものです。ジャマイカでも有数のビーチリゾート地オチョ・リーオスにはジャマイカならではのスパイシーな料理が味わえるレストランがあちこちにあります。オチョ・リーオス滞在がいっそう思い出深いものになるレストランを2店紹介しましょう。

  • ジャマイカ観光エリア、オーチョ・リオス!自然が満喫できる...

    ジャマイカ観光の最大の魅力は、この島国をぐるっと取り囲むカリブ海。そんなジャマイカにあって、オーチョ・リオスはビーチと内陸地のふたつが見どころとなっている観光エリア。カリブ海ばかりが注目されますが、大自然が育むアウトドアレジャーも見逃すわけにはいきません。