ジャマイカで人気の観光スポット楽しみ方徹底研究!カリブ海の風に吹かれながら朝から晩までレゲエ三昧

5,864

views

0

燦々と照りつける太陽にコバルトブルーの海に24時間どこからともなく聞こえてくるレゲエ…異国情緒あふれるカリブ海ならではのゆったりとした雰囲気がそこには存在します。そんなジャマイカの魅力を都市ごとに紹介しちゃいます!

キングストン

立ち並ぶビルディング、素朴な家々、美しい公園、少し離れればコバルトブルーの海や背景に青々と茂る山々…。
政治や経済の中心でありながらシティライフとリゾートの雰囲気を同時に楽しむ事が出来る場所がジャマイカの首都「キングストン」です。

ボブ・マーリー博物館

まず行っておきたいのが、レゲエ・ファンならずとも訪れる超人気観光スポット「ボブ・マーリー博物館」。
レゲエの神様ボブ・マーリーが晩年の6年間を家族と共に過ごした家で、寝室やスタジオや遺品、写真が残っており約1時間のガイドツアーで見学することが出来ます。

レゲエの語源は「ぼろ、ぼろ布、口論」という意味を表すジャマイカ英語のスラング「レゲ・レゲ rege-rege」がレゲエ reggaeになったとされ1960年後半にジャマイカでうまれました。

1945年にイギリス人の父とジャマイカ人の母という混血で誕生したボブ・マーリーは12歳の時にキングストンのトレンチタウンに移り住み1965年に友人達と「ウェイラーズ」というバンドを結成します。
“黒人の団結と抵抗”のメッセージを込めた彼らの唄は黒人の若者の間で大ヒットしますが、白人の支配する社会システムの中で音楽を広めるのは至難の業でした。

ひとりの白人のおかげてメジャーアルバムを発売した彼らですが、親友たちは白人と迎合したくないがあまり脱退。
一人残ることを決意したボブは、次第に、人種は関係なく共に一致して生きるべきという“One Love”の精神を歌と共に伝えていくようになります。
世界的スターとなった彼は、混乱していたジャマイカの二つの政党を団結させるためコンサートを開き、党首を舞台で握手させた歴史的瞬間を経て、36歳という若さでこの世を去ります。
歌で世界を変えた男の人生をぜひ肌で感じてみてください!

ボブ・マーリー博物館(Bob Marley Museum)
住所:
56 Hope Road Kingston 6, Jamaica W.I.
営業時間:
9:30~16:00
アクセス:
ノーマン・マンレー国際空港から車で約30分。
定休日:
日曜日
電話番号:
+1 876-927-9152
料金:
大人US$20 4歳~12歳US$10

ブルーマウンテン

キングストン市内からブルーマウンテン山脈への道を車で約40分ほど走らせるとUCCのコーヒー農園が現れます!
そう…誰もが一度は聞いたことのあるコーヒーの王様「ブルーマウンテンコーヒー」がここで生産されています。

ブルーマウンテンと呼べるのはジャマイカ東側に連なる2256mのブルーマウンテン山脈の内側にあたる“ブルーマウンテンエリア”で栽培されたコーヒーだけです。
さらにその中でも一番品質の良いものを「ブルーマウンテンNo.1」次にNo.2,No.3と続き木製の樽に詰めて輸出されます。

植民地時代にイギリス総督の別宅だったという邸宅「クレイトンハウス」で室内の見学とコーヒーの試飲が出来ます。
敷地いっぱいに広がるコーヒーの木を眺め高級コーヒーを飲みながら贅沢なひと時を堪能しちゃいましょう。

UCCブルーマウンテンコーヒー・クレイトンエステート(Craighton Estate)
住所:
Irish Town, The Blue Mountains
営業時間:
9:00~17:00
アクセス:
キングストンの市街地から車で約40分~1時間。
定休日:
なし(要予約)
電話番号:
(1 876) 929-8490
料金:
JA$500

モンテゴ・ベイ

国内きってのリゾート地で北海岸の西寄りにあるジャマイカ第二の都市が「モンテゴベイ」。
地元の人たちはモンテゴベイのことをモーベイと呼んでいます。

ドクターズ・ケーブ・ビーチ

モンテゴベイの中でも人気ナンバー1のビーチが「ドクターズ・ケーブ・ビーチ」!
まるでソーダ色のような海に白い砂浜、青い海が一面に広がります。
有料プライベートビーチになっているので監視員もしっかりおり盗難の心配もなく安全。

海の目の前には豪華ホテルが立ち並びマリンアクティビティも充実。
スノーケリングやボートに乗ったり、海の真ん中に浮かんでいるトランポリンで寝転んだり飛び跳ねたりと1日遊んでも飽きません。
アナタの期待を裏切りませんよ!!!

ドクターズ・ケーブ・ビーチ(Doctor's Cave Beach)
住所:
Doctor's Cave Bathing Club White Sands Beach PO Montego Bay, Jamaica
営業時間:
0:00~24:00
アクセス:
ドナルド・サングスター空港から車で約7分、徒歩25分。
定休日:
なし
電話番号:
(876) 952-2566
料金:
大人US$6、子供(~12歳)US$3

ハーバーストリート クラフトマーケット

モンテゴベイのダウンタウンにあるハーバーストリートにはあらゆるジャマイカのお土産が終結した「クラフトマーケット」があります。
その規模は国内最大級!

敷地内には手作りの民芸品にTシャツ、アクセサリーやバック、海で活躍するパレオやジャマイカの国旗柄のお土産にボブ・マーリーグッズなどあらゆるものが売られています。
ディスプレイの仕方も面白く軒下につるされていたりお店の横の木に立てかけられていたり。
とてもカラフルでジャマイカらしい気取らない雰囲気が味わえます。

お店に座っている店員さんは笑顔でフレンドリーに話しかけてきます。
欲しいものが見つかったら値切るのもあり!
敷地内には警備員が常時いるので安心してじっくりジャマイカ土産を探しちゃいましょう。

ハーバーストリート クラフトマーケット(Harbour Street Craft Market)
住所:
Harbour Street, Montego Bay, Jamaica
営業時間:
7:00~19:00
アクセス:
サングスター国際空港から車で約10分。
定休日:
なし
電話番号:
(876) 952-4425(モンテゴベイ観光局)

オーチョ・リオス

モンテゴ・ベイの空港から東に約1時間半のところに位置しカリブ海クルーズの寄港地になっているのがジャマイカ第三の都市「オーチョ・リオス」です。
南国の花々が咲き乱れたくさんの自然に囲まれたリゾート地で海はもちろん様々なアクティビティを楽しむ事ができます。

ダンズ・リバー・フォール公園

ダンズ・リバー・フォール公園は森林でピクニックをしたりビーチで泳いだりすることが出来る総合自然公園。
中でも一番の名所が「ダンズリバーの滝登り」です!

なんと水しぶきに打たれながら180mの段上の滝を登っていくのです。
インストラクターの指導のもと皆で手を繋いで登る体験は一体感がうまれスリルと共に楽しく滝の上まで行くことが出来ます。

滝からのマイナスイオンをたっぷり浴びながら森林浴はいかがですか?
スリルと癒しを両方楽しめるダンズ・リバー・フォール!一度は訪れてみたいですね。

ダンズ・リバー・フォール公園(Dunn's River Fall and Park)
住所:
Ocho Rios, Jamaica, W.I.
営業時間:
8:30~16:00
アクセス:
サングスター国際空港から車で約1時間30分。
定休日:
なし
電話番号:
876-974-2857/ 5944/ 4767
料金:
大人US$20、子供US$12

いかがでしたか?
自由でのんびりした雰囲気を味わいたいアナタにぴったりの国がジャマイカ。
たくさんの自然と耳から離れないほどのレゲエ、そして暖かい人々が待っていますよ!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • レゲエと楽しむジャマイカ料理と飲み物13選!ジャークチキン...

    ジャマイカといえばレゲエ!音楽のイメージが強い国ですよね。他にはコーヒーの王様ブルーマウンテンが栽培されるブルーマウンテン山脈があるのもこちら。今回はそんなジャマイカの料理や飲み物をご紹介いたします。

  • ジャマイカ基本情報【気候・服装編】

    カリブ海の島国ジャマイカは、日本からは遠く離れていますが、アメリカやカナダではリゾート地として人気が高い場所です。レゲエ発祥の地、また陸上短距離界のスーパースターの母国としても有名ですね。ここではジャマイカの気候と、現地での服装についてご紹介します。

  • ジャマイカ・キングストンの人気観光スポットおすすめ4選!...

    レゲエの心地よいリズムが街角に流れるジャマイカの首都のキングストン。いかにも陽気に見える街ですが、キングストンには、ジャマイカの歴史や文化が詰まった観光スポットがたくさん。キングストンを知れば、ジャマイカのことがもっとよく分かるはず。この街で訪れるべきスポットを紹介しましょう。

  • ジャマイカ基本情報【交通手段編】

    カリブ海に浮かぶジャマイカは青い空と海、まぶしいほどの白い砂が広がるビーチリゾートとして知られ、レゲエ発祥の地としても有名ですね。秋田県ほどの面積で、主な交通手段は車が中心です。そこで首都キングストンを中心に、主な移動手段についての情報を集めてみました。

  • ジャマイカ基本情報 【治安・情勢編】

    ジャマイカはカリブ海に浮かぶ島。レゲエの神様ボブ・マーリー、そして真っ白な砂浜が続くビーチリゾートなどで知られていますね。ここでは、そんなジャマイカの治安と訪れる際に気を付けたいことについてまとめてみました。この記事を参考に、楽しい旅にしてください!

  • ジャマイカ基本情報【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    カリブ海の島国ジャマイカは、イギリス連邦に属しているため、祝祭日もイギリスにならったものが多くなっています。せっかく行った現地で、お店がお休みで予定が狂ってしまわない様、事前に知っておきましょう。本記事では、ジャマイカ渡航前に知っておくべき祝祭日と、ビジネスアワーについてご紹介します。

このエリアの新着記事
  • ジャマイカ基本情報【時差・空港編】

    中南米のカリブ海に浮かぶジャマイカはレゲエの発祥地。陸上競技が強いことでも有名ですね。グリーンとイエロー、ブラックのジャマイカの国旗を見たことがある方も多いことでしょう。青い空と海、そして美しい自然に恵まれたリゾートアイランド、ジャマイカへのアクセスや時差についてご紹介します。

  • ジャマイカ基本情報【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    カリブ海の島国ジャマイカは、イギリス連邦に属しているため、祝祭日もイギリスにならったものが多くなっています。せっかく行った現地で、お店がお休みで予定が狂ってしまわない様、事前に知っておきましょう。本記事では、ジャマイカ渡航前に知っておくべき祝祭日と、ビジネスアワーについてご紹介します。

  • ジャマイカ基本情報【気候・服装編】

    カリブ海の島国ジャマイカは、日本からは遠く離れていますが、アメリカやカナダではリゾート地として人気が高い場所です。レゲエ発祥の地、また陸上短距離界のスーパースターの母国としても有名ですね。ここではジャマイカの気候と、現地での服装についてご紹介します。

  • ジャマイカ基本情報【交通手段編】

    カリブ海に浮かぶジャマイカは青い空と海、まぶしいほどの白い砂が広がるビーチリゾートとして知られ、レゲエ発祥の地としても有名ですね。秋田県ほどの面積で、主な交通手段は車が中心です。そこで首都キングストンを中心に、主な移動手段についての情報を集めてみました。

  • ジャマイカ基本情報 【ビザ・大使館・税関編】

    ジャマイカは、白いビーチとレゲエの国として知られています。ここではジャマイカを訪れる際のビザや入国手続き、通関、緊急連絡先などについてまとめてみました。この記事を参考に楽しい旅にしてください。

  • ジャマイカ基本情報 【治安・情勢編】

    ジャマイカはカリブ海に浮かぶ島。レゲエの神様ボブ・マーリー、そして真っ白な砂浜が続くビーチリゾートなどで知られていますね。ここでは、そんなジャマイカの治安と訪れる際に気を付けたいことについてまとめてみました。この記事を参考に、楽しい旅にしてください!

  • ジャマイカ・キングストンの人気観光スポットおすすめ4選!...

    レゲエの心地よいリズムが街角に流れるジャマイカの首都のキングストン。いかにも陽気に見える街ですが、キングストンには、ジャマイカの歴史や文化が詰まった観光スポットがたくさん。キングストンを知れば、ジャマイカのことがもっとよく分かるはず。この街で訪れるべきスポットを紹介しましょう。

  • レゲエと楽しむジャマイカ料理と飲み物13選!ジャークチキン...

    ジャマイカといえばレゲエ!音楽のイメージが強い国ですよね。他にはコーヒーの王様ブルーマウンテンが栽培されるブルーマウンテン山脈があるのもこちら。今回はそんなジャマイカの料理や飲み物をご紹介いたします。

  • ジャマイカ・モンテゴ・ベイのおすすめレストラン!絶品ジャ...

    モンテゴ・ベイはジャマイカの西にあるビーチリゾート。穏やかな波の青い海が人気で、多くの観光客がバカンスを楽しんでいます。自然を満喫できるアクティビティーが充実しているので、1日遊べばお腹がすくのは当然!そこでモンテゴ・ベイにあるグルメスポットを紹介します。

  • ジャマイカのオチョ・リーオスおすすめレストラン!ジャマイ...

    海外を旅行するなら、その土地の料理が食べられるレストランで楽しいひとときを過ごしたいものです。ジャマイカでも有数のビーチリゾート地オチョ・リーオスにはジャマイカならではのスパイシーな料理が味わえるレストランがあちこちにあります。オチョ・リーオス滞在がいっそう思い出深いものになるレストランを2店紹介しましょう。