ルワンダ基本情報【交通手段編】

2,616

views

0

ルワンダに鉄道はありませんので、バスやバイクタクシーが便利です。バスにもたくさんの種類があるので、どれに乗ればいいか迷いそうですね。今回はお得に役立つルワンダの交通情報についてご紹介します!

ルワンダのキガリ国際空港に到着!首都キガリに行くには?

ヨーロッパやアジア経由の飛行機でルワンダのキガリ国際空港に到着!首都キガリに行くには宿泊ホテルが手配しているバスに乗るか、空港にあるタクシー手配ブースで自分で手配しなければなりません。首都キガリまでは約15分、日本円で約1,400円で行けるそうです。

キガリ以外の都市に楽に行くには?

キガリ国際空港からの国内線がありますよ。湖畔のリゾート地ギセニに行く場合は飛行機で約35分。現地でゆっくりしたいときは飛行機をおススメします。

近距離の移動手段はたくさん!ぼったくりは心配しなくてOK!

公共交通機関はバイクタクシー、高速バス、マイクロバス、市街地バスが一般的です。ぼったくりは余程の事がない限りありません。またルワンダは公用語が英語なので、わからないことがあったらドライバーさんに思い切って聞いてみましょう!

バイクタクシーの利用方法

キガリ市内をたくさん走っているバイクタクシーは、手をあげたら止まってくれます。キガリ市内であれば、料金は日本円で約150円程でおさまるみたいです。乗車時はフルフェイスヘルメットを貸してくれ、大きめの荷物は後ろに積んで運転してくれます。

高速バスで都市間を移動

出典: ubukungu.rw

キガリと国内の主要都市を結ぶ高速バス。キガリからギセニまで約4時間、運賃は日本円で約350円と格安。会社によってシートのキレイさや運転の質が違うため、できれば下調べしましょう。

マイクロバス「マタツ」は危ない?

近隣国境とのルートもある、値段が安価な「マタツ」と呼ばれるマイクロバス。乗り合いバスのため、高速バスと比べて倍の時間がかかることもあります。また「マタツ」は座席は狭かったり、シートが壊れていたり、タイヤの空気が不十分なことも…。運転も荒いことが多いため、あまり乗車はおススメできません。

キガリ市内を走る市街地バス

キガリには市内を走るきれいな市街地バスもありますよ。バス停には電光掲示板もあり、wifiを使える車両もあるそうです。

国際免許がある方はレンタカーを使っても

出典: tohoza.com

キガリ市内にはレンタカー会社「europcar」があり、空港からの送迎もありますよ。スタンダードカーの一泊二日の料金は日本円で約1,200円程。ガソリン満タンでの返却が必須!車は右側通行で、左ハンドルなので慎重に運転しましょう。

歩いていても注意?交通マナーの注意事項

運転技術は日本と比べてあまりよくありません。渋滞は少ないですが、道路を渡る時は注意!運転する場合は人や周囲の車をよく見ましょう。急に人が飛び出てきたり、信号無視の車やバイクがいるかもしれませんので、慎重に運転してください。

まとめ

出典: www.jalan.net

交通手段を格安で済ますか、ちょっとお金をかけるかはあなた次第。あなただけのステキなルワンダ旅行にしましょう。※レートは2017.10.12現在のものを参照にしています。

umi

北海道在住の旅行大好きな30代女子です。
旅行では主に世界遺産や絶景スポット巡りをしています(*^_^*)
もちろん、ご当地グルメもはずせないポイントのひとつ♪
その中でもわたしのおススメなトコをアップしていきます☆

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ”アフリカの奇跡”と呼ばれるルワンダ!在住者が語る、本当の...

    中央アフリカに位置する小さな国、ルワンダ。22年前のルワンダ大虐殺では100万人の犠牲を生み、国と人々が傷ついた国として有名です。 そんなルワンダが、現在悲しい過去から立ち上がり、奇跡の復興を遂げていたことをご存じですか?今回は、ルワンダの基本から驚きの事実までをご紹介します。 きっと実際に訪れてルワンダの奇跡を目の当たりにしたくなるはず!

  • ルワンダの首都キガリで行くべき観光スポット5選!サファリ...

    ルワンダと聞くとどんなイメージを持ちますか?コーヒーも有名ですが、歴史的背景としては民族紛争の悲しい出来事が記憶に新しい国です。国民のまじめさにより、今急成長している国として注目。観光を通して、歴史や文化を体感できるチャンスです。アフリカへ行くなら是非キガリに立ち寄ってみては?!

  • ルワンダ基本情報 【気候・服装編】

    アフリカで最も人口密度の高い国、ルワンダ共和国。ゴリラトレッキングができる ヴォルカン国立公園が有名な観光地となっています。また「千の丘の国」と呼ばれる程、国中が起伏に富んでおり、美しい景観も見どころ。今回はそんなルワンダの気候や、訪れる際の服装についてご紹介します。

  • ルワンダのサファリ!アカゲラ国立公園で生きる野生動物&お...

    アフリカ大陸といえば、広大な大地にに暮らす野生動物たちが見物!ルワンダにも野生動物が暮らす国立公園があります!首都から日帰りでもいけるルワンダのサファリパークをご紹介します!

  • アフリカ・ルワンダにはおしゃれカフェがたくんさん!居心地...

    アフリカ大陸にあるルワンダ。アフリカにカフェなんてあるの?!と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実はルワンダの首都キガリは洗練された街で、すてきなカフェがたくさん。しかも、ルワンダはコーヒーの名産国ということもあり、カフェで飲むコーヒーはとっても美味しいんです。ルワンダの首都キガリにあるアクセス良好のおしゃれカフェを紹介します!

  • ルワンダ国内シェアNo.1の紅茶「ソルワテ茶」茶畑見学&飲み...

    アフリカ大陸ルワンダと聞いて何を思い浮かべますか?22年前の大虐殺、コーヒーの名産地、野生ゴリラの見学…?実は、有名なお茶の産地でもあります。ルワンダでお茶のシェアNo.1を誇る企業"Sorwathe"(ソルワテ)。今回は、そのソルワテのお茶が出来上がるまでの行程を見学でき、ソルワテ茶も飲み放題という知る人ぞ知るルワンダの穴場観光スポットをご紹介します

このエリアの新着記事
  • ルワンダ基本情報 【気候・服装編】

    アフリカで最も人口密度の高い国、ルワンダ共和国。ゴリラトレッキングができる ヴォルカン国立公園が有名な観光地となっています。また「千の丘の国」と呼ばれる程、国中が起伏に富んでおり、美しい景観も見どころ。今回はそんなルワンダの気候や、訪れる際の服装についてご紹介します。

  • ”アフリカの奇跡”と呼ばれるルワンダ!在住者が語る、本当の...

    中央アフリカに位置する小さな国、ルワンダ。22年前のルワンダ大虐殺では100万人の犠牲を生み、国と人々が傷ついた国として有名です。 そんなルワンダが、現在悲しい過去から立ち上がり、奇跡の復興を遂げていたことをご存じですか?今回は、ルワンダの基本から驚きの事実までをご紹介します。 きっと実際に訪れてルワンダの奇跡を目の当たりにしたくなるはず!

  • ルワンダNPO団体の施設を見学!大虐殺で傷ついた女性たちを支...

    1994年に起こったルワンダ大虐殺。100万人の人々が亡くなったと言われています。国の大多数の男性が犠牲となり、生き残りの多くは女性だったそうです。そのためルワンダ国再建には、女性の力が必須でした。そこで今回は、虐殺で親や伴侶を失い、身寄りも職もなくした女性達を支援する団体”Women for Women International”が、ルワンダの東部県カヨンザ郡で運営する施設をご紹介します。

  • ルワンダのサファリ!アカゲラ国立公園で生きる野生動物&お...

    アフリカ大陸といえば、広大な大地にに暮らす野生動物たちが見物!ルワンダにも野生動物が暮らす国立公園があります!首都から日帰りでもいけるルワンダのサファリパークをご紹介します!

  • アフリカ・ルワンダにはおしゃれカフェがたくんさん!居心地...

    アフリカ大陸にあるルワンダ。アフリカにカフェなんてあるの?!と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実はルワンダの首都キガリは洗練された街で、すてきなカフェがたくさん。しかも、ルワンダはコーヒーの名産国ということもあり、カフェで飲むコーヒーはとっても美味しいんです。ルワンダの首都キガリにあるアクセス良好のおしゃれカフェを紹介します!

  • ルワンダ国内シェアNo.1の紅茶「ソルワテ茶」茶畑見学&飲み...

    アフリカ大陸ルワンダと聞いて何を思い浮かべますか?22年前の大虐殺、コーヒーの名産地、野生ゴリラの見学…?実は、有名なお茶の産地でもあります。ルワンダでお茶のシェアNo.1を誇る企業"Sorwathe"(ソルワテ)。今回は、そのソルワテのお茶が出来上がるまでの行程を見学でき、ソルワテ茶も飲み放題という知る人ぞ知るルワンダの穴場観光スポットをご紹介します

  • ルワンダの首都キガリで行くべき観光スポット5選!サファリ...

    ルワンダと聞くとどんなイメージを持ちますか?コーヒーも有名ですが、歴史的背景としては民族紛争の悲しい出来事が記憶に新しい国です。国民のまじめさにより、今急成長している国として注目。観光を通して、歴史や文化を体感できるチャンスです。アフリカへ行くなら是非キガリに立ち寄ってみては?!

新着記事