ルワンダのサファリ!アカゲラ国立公園で生きる野生動物&おすすめロッジご紹介

3,051

views

0

アフリカ大陸といえば、広大な大地にに暮らす野生動物たちが見物!ルワンダにも野生動物が暮らす国立公園があります!首都から日帰りでもいけるルワンダのサファリパークをご紹介します!

アカゲラ国立公園

ルワンダ東部カヨンザ郡にあるのがアカゲラ国立公園です。アフリカ大陸の各国にある国立公園は、その広大さからなかなか訪れにくい…見学するのに時間がかかり出費もかさむ…そんなこともあるそうです。しかし!ルワンダは国土の小さい国なので、野生動物が住む国立公園へ日帰りが可能!首都キガリから車で約3時間弱で行くことができます。国立公園の中には宿泊施設があるため宿泊も可能です!公園内の移動は四駆車が必須。幾つかのツアー会社があるので、四駆車をレンタルして見学します。公園内の入園料は1人30USD。車代金が1日約150〜200USDなので、車代を複数人で割ると1人分お安くなります。

どんな動物が見れるの?

アカゲラ国立公園に生息する動物は、主に草食動物としてアンテロープ、ゾウ、キリン、バファロー、シマウマ、カバなどがおり、肉食動物ではヒョウ、ワニなどが生息しています。

一時期ライオンは園から姿を消していた時期があったのですが、なんと昨年(2016年)の9月に改めて輸入され、アカゲラ公園に再び放たれました!しかし、その数はわずか9頭。野生のライオンが見られたなら非常にラッキーです。また鳥類の生息地としても知られており、年間で500種類以上の鳥類を観察することが可能です。

Akagera National Park (アカゲラ国立公園)
住所:
Rwanda, Kayonza
アクセス:
首都キガリから車で3時間弱

ゆっくりしたい人へ!アカゲラ公園内のオススメ宿泊施設!

Ruzizi Tented Lodge

日帰りの観光が可能なアカゲラ国立公園は宿泊もとってもオススメです!国立公園内に幾つか宿泊施設があり、野生動物に囲まれて素敵なひと時を過ごせるんです!中でもオススメはルジジテントロッジ!コテージのような外観で、まるでテーマパークのアトラクションのような世界観です!宿泊場所はなんとテント!しかし、内装はとってもお洒落!夜は猿がテントの上を走り回る足音やカバの泣き声に包まれながら眠ることができます。宿泊費用は2食込みで200USD前後。季節によって異なるので、問い合わせの際に確認しましょう。

ロッジ内を猿たちが走りまわる姿を見れる!

ルジジテントロッジはの魅力は、なんといってもその立地!アカゲラ公園内に位置しているため、ロッジ内で野生の猿やカバ、野鳥などと遭遇することもあります!

湖を一望しながらの食事ができる!

食事場所は湖上に造られたウッドデッキ!夕食時には電気を使用せず、焚き火で明かりを灯し、幻想的な雰囲気の中で食事ができます。朝食は、青い空と白い雲、そして見渡す限りの湖というロケーションの中でいただけます!アフリカの大自然を目の当たりにし、ゆっくりとした時間を過ごせること間違いなし!

Ruzizi Tented Lodge (ルジジテントロッジ)
電話番号:
+250 (0) 787 11 33 00
料金:
アカゲラ国立公園への入園料が必要

いかがでしたか?ルワンダの国立公園をご紹介しました!ルワンダ東部県の観光地といえば、野生動物の見学ができるアカゲラ国立公園!アクセスもしやすい立地なので、ルワンダへ起こしの際は是非訪れてみてください!

asuka

ルワンダの現在や、ルワンダの人々の暮らし、素晴らしい景色や大自然など、なかなか知る事の出来ないルワンダの魅力をお届けします!!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ”アフリカの奇跡”と呼ばれるルワンダ!在住者が語る、本当の...

    中央アフリカに位置する小さな国、ルワンダ。22年前のルワンダ大虐殺では100万人の犠牲を生み、国と人々が傷ついた国として有名です。 そんなルワンダが、現在悲しい過去から立ち上がり、奇跡の復興を遂げていたことをご存じですか?今回は、ルワンダの基本から驚きの事実までをご紹介します。 きっと実際に訪れてルワンダの奇跡を目の当たりにしたくなるはず!

  • ルワンダの首都キガリで行くべき観光スポット5選!サファリ...

    ルワンダと聞くとどんなイメージを持ちますか?コーヒーも有名ですが、歴史的背景としては民族紛争の悲しい出来事が記憶に新しい国です。国民のまじめさにより、今急成長している国として注目。観光を通して、歴史や文化を体感できるチャンスです。アフリカへ行くなら是非キガリに立ち寄ってみては?!

  • ルワンダ基本情報 【気候・服装編】

    アフリカで最も人口密度の高い国、ルワンダ共和国。ゴリラトレッキングができる ヴォルカン国立公園が有名な観光地となっています。また「千の丘の国」と呼ばれる程、国中が起伏に富んでおり、美しい景観も見どころ。今回はそんなルワンダの気候や、訪れる際の服装についてご紹介します。

  • ルワンダ基本情報【交通手段編】

    ルワンダに鉄道はありませんので、バスやバイクタクシーが便利です。バスにもたくさんの種類があるので、どれに乗ればいいか迷いそうですね。今回はお得に役立つルワンダの交通情報についてご紹介します!

  • アフリカ・ルワンダにはおしゃれカフェがたくんさん!居心地...

    アフリカ大陸にあるルワンダ。アフリカにカフェなんてあるの?!と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実はルワンダの首都キガリは洗練された街で、すてきなカフェがたくさん。しかも、ルワンダはコーヒーの名産国ということもあり、カフェで飲むコーヒーはとっても美味しいんです。ルワンダの首都キガリにあるアクセス良好のおしゃれカフェを紹介します!

  • ルワンダ国内シェアNo.1の紅茶「ソルワテ茶」茶畑見学&飲み...

    アフリカ大陸ルワンダと聞いて何を思い浮かべますか?22年前の大虐殺、コーヒーの名産地、野生ゴリラの見学…?実は、有名なお茶の産地でもあります。ルワンダでお茶のシェアNo.1を誇る企業"Sorwathe"(ソルワテ)。今回は、そのソルワテのお茶が出来上がるまでの行程を見学でき、ソルワテ茶も飲み放題という知る人ぞ知るルワンダの穴場観光スポットをご紹介します

このエリアの新着記事
  • ルワンダ基本情報【交通手段編】

    ルワンダに鉄道はありませんので、バスやバイクタクシーが便利です。バスにもたくさんの種類があるので、どれに乗ればいいか迷いそうですね。今回はお得に役立つルワンダの交通情報についてご紹介します!

  • ルワンダ基本情報 【気候・服装編】

    アフリカで最も人口密度の高い国、ルワンダ共和国。ゴリラトレッキングができる ヴォルカン国立公園が有名な観光地となっています。また「千の丘の国」と呼ばれる程、国中が起伏に富んでおり、美しい景観も見どころ。今回はそんなルワンダの気候や、訪れる際の服装についてご紹介します。

  • ”アフリカの奇跡”と呼ばれるルワンダ!在住者が語る、本当の...

    中央アフリカに位置する小さな国、ルワンダ。22年前のルワンダ大虐殺では100万人の犠牲を生み、国と人々が傷ついた国として有名です。 そんなルワンダが、現在悲しい過去から立ち上がり、奇跡の復興を遂げていたことをご存じですか?今回は、ルワンダの基本から驚きの事実までをご紹介します。 きっと実際に訪れてルワンダの奇跡を目の当たりにしたくなるはず!

  • ルワンダNPO団体の施設を見学!大虐殺で傷ついた女性たちを支...

    1994年に起こったルワンダ大虐殺。100万人の人々が亡くなったと言われています。国の大多数の男性が犠牲となり、生き残りの多くは女性だったそうです。そのためルワンダ国再建には、女性の力が必須でした。そこで今回は、虐殺で親や伴侶を失い、身寄りも職もなくした女性達を支援する団体”Women for Women International”が、ルワンダの東部県カヨンザ郡で運営する施設をご紹介します。

  • アフリカ・ルワンダにはおしゃれカフェがたくんさん!居心地...

    アフリカ大陸にあるルワンダ。アフリカにカフェなんてあるの?!と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実はルワンダの首都キガリは洗練された街で、すてきなカフェがたくさん。しかも、ルワンダはコーヒーの名産国ということもあり、カフェで飲むコーヒーはとっても美味しいんです。ルワンダの首都キガリにあるアクセス良好のおしゃれカフェを紹介します!

  • ルワンダ国内シェアNo.1の紅茶「ソルワテ茶」茶畑見学&飲み...

    アフリカ大陸ルワンダと聞いて何を思い浮かべますか?22年前の大虐殺、コーヒーの名産地、野生ゴリラの見学…?実は、有名なお茶の産地でもあります。ルワンダでお茶のシェアNo.1を誇る企業"Sorwathe"(ソルワテ)。今回は、そのソルワテのお茶が出来上がるまでの行程を見学でき、ソルワテ茶も飲み放題という知る人ぞ知るルワンダの穴場観光スポットをご紹介します

  • ルワンダの首都キガリで行くべき観光スポット5選!サファリ...

    ルワンダと聞くとどんなイメージを持ちますか?コーヒーも有名ですが、歴史的背景としては民族紛争の悲しい出来事が記憶に新しい国です。国民のまじめさにより、今急成長している国として注目。観光を通して、歴史や文化を体感できるチャンスです。アフリカへ行くなら是非キガリに立ち寄ってみては?!

新着記事