”アフリカの奇跡”と呼ばれるルワンダ!在住者が語る、本当のいまの姿

8585

views

0

中央アフリカに位置する小さな国、ルワンダ。22年前のルワンダ大虐殺では100万人の犠牲を生み、国と人々が傷ついた国として有名です。 そんなルワンダが、現在悲しい過去から立ち上がり、奇跡の復興を遂げていたことをご存じですか?今回は、ルワンダの基本から驚きの事実までをご紹介します。 きっと実際に訪れてルワンダの奇跡を目の当たりにしたくなるはず!

ルワンダって・・・?

基本情報

ルワンダは中央アフリカに位置し、ウガンダ、コンゴ民主共和国、タンザニア、ブルンジに囲まれた小さな国です。
面積は日本の四国の1.4倍ほどですが、人口密度は実はアフリカでNo.1(約1200万人なので東京の人口と同じくらい)。

天候は乾季と雨期があり、1年を通して20℃前後と非常に暮らしやすい気候。意外ですよね。アフリカだからといって暑すぎるわけではないのです。
(しかし紫外線は日本の2倍なので日焼け対策は必須!!)

公用語は?

正式な公用語は英語ですが、国民全員に浸透している言語は母国語のキニヤルワンダ語。
広い広いアフリカの中で単一言語でコミュニケーションがとれるのは非常に珍しいこと。
国土の狭いルワンダならではの特徴でしょうか。

そんなルワンダ、実は数年前までの公用語はフランス語でした。政治的な理由により、短期間でフランス語圏から英語圏に変わる事も珍しいこと。
そのため周りのアフリカ諸国に比べて、まだまだ英語の浸透率は低いです。

そんなルワンダですが、有名な出来事といえば、わずか22年前に起こったルワンダ大虐殺。
映画「ホテルルワンダ」などで、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

ルワンダ大虐殺

1994年、ルワンダ大虐殺と呼ばれる紛争が起こります。
当時民族はツチ、フツ族と区別されており、フツ族出身の大統領が暗殺されたことをきっかけに、フツ族のツチ族虐殺が始まりました。

100日間で約100万人の人間が殺され、人口の3分の1が亡くなったと言われています。大人、子供関係なくツチ族と区別されていた人々が殺されていきました。当時の凶器は主にナタなどだったそう。

キガリ虐殺記念館

ルワンダにはジェノサイド関連の記念館が幾つか点在しますが、その中で一番有名なのが、「キガリ虐殺記念館」。
当時起こった出来事をそのままの形で保存していることが多く、それぞれの地域で何が起こっていたのか、当時の状況をよりリアルに感じる事が出来ます。

Kigali Genocide Memorial
住所:
Gisozi, Kigali, Rwanda
アクセス:
ニャブゴゴバスターミナルから最寄りのバス停まで10分。その後徒歩で約15分
定休日:
不定休(国民行事や祝日による)
電話番号:
250788303098
料金:
入場料は無料。館内撮影をする際は別途撮影料がかかります。
おススメの時期:
通年

治安も悪くない!

現在のルワンダ

ルワンダ経済は2000年以降GDPが毎年平均7〜8%アップしており、2015年には世界銀行が発表した『ビジネス環境ランキング』において、ルワンダはアフリカで上位にランクインしました。また、アフリカで最も安全な国ともいわれており、現在では経済・生活共に非常に安定しています。

夜間歩行も出来る治安の良さ

たった22年前に起きた大虐殺、しかし現在のルワンダは非常に落ち着きを取り戻しました。場所にもよりますが、夜に女性が一人で歩いても大丈夫。
これはアフリカの中ではとっても珍しいことです。
※スリなどの軽犯罪は残念ながら多いので気をつける必要があります。

とにかくきれいな街

ルワンダの首都キガリの様子。ゴミは落ちておらず道も舗装されています。
実はルワンダ人は、非常に綺麗好きなんです。日本人が持つアフリカのイメージとの大きなギャップに驚かされると思います。

月の最後の土曜日はウムガンダと呼ばれる国民奉仕の日があり、そこではコミュニティごとに清掃活動を行います。
街には至る所に黄色のベストを着た清掃員が居り、街を綺麗に保っています。

また、ルワンダではなんとビニール袋も禁止!!買い物は紙袋を使用します。

世界で最も安全に野生のゴリラがみれる

野生のマウンテンゴリラが見れるのは世界でわずか2カ所。
ウガンダのブウィンディ国立公園と、ウガンダ・コンゴ民主共和国・ルワンダの国境であるヴィルンガ火山群にのみ生息しています。野生のマウンテンゴリラは2012年でなんと残り880頭と発表されているほど、稀少な存在。ルワンダでのゴリラ見学は750USDくらいで出来ます。(日々変動)

ルワンダでは毎年9月、野生のマウンテンゴリラが生息するヴォルカン国立公園の麓でゴリラのネーミングセレモニーが行われており、国をあげてゴリラの保護と観光業を盛り上げています。

ヴォルカン国立公園(Volcanoes National Park)
住所:
North-Kivu, コンゴ民主共和国
料金:
約USD750(日々変動します)
※要予約。1日に40名しか山に入れません。
電話:
+250 252 573 396

ルワンダコーヒー

ルワンダの主要農産物の1つはなんといってもコーヒー!!
総輸出額の約25パーセントを占めています。
日本での知名度はまだ低いですが、最高品質の「スペシャルティーコーヒー」の産地として注目を浴びています。「千の丘の国」と呼ばれる起伏のある土地や雨量などの環境が、コーヒー栽培の立地に適しているのです。

いかがでしたか?
『アフリカの奇跡』と呼ばれるルワンダの現在がおわかり頂けたでしょうか?
国土も小さく、他のアフリカ諸国と比べて目立った見所はないルワンダですが、『千の丘の国』と呼ばれるルワンダの景色、高い丘から見渡すルワンダの生きた緑と青い空は何にも代え難い魅力の1つです。
是非、この奇跡と大自然をを見に一度ルワンダに訪れてみてください。

この記事のライター

TapTrip公式Travelモデル Asuka

asuka

ルワンダの現在や、ルワンダの人々の暮らし、素晴らしい景色や大自然など、なかなか知る事の出来ないルワンダの魅力をお届けします!!

この記事を読んだあなたにオススメの記事

  • ルワンダの首都キガリで行くべき観光スポット5選!サファリ...

    ルワンダと聞くとどんなイメージを持ちますか?コーヒーも有名ですが、歴史的背景としては民族紛争の悲しい出来事が記憶に新しい国です。国民のまじめさにより、今急成長している国として注目。観光を通して、歴史や文化を体感できるチャンスです。アフリカへ行くなら是非キガリに立ち寄ってみては?!

  • ルワンダ国内シェアNo.1の紅茶「ソルワテ茶」茶畑見学&飲み...

    アフリカ大陸ルワンダと聞いて何を思い浮かべますか?22年前の大虐殺、コーヒーの名産地、野生ゴリラの見学…?実は、有名なお茶の産地でもあります。ルワンダでお茶のシェアNo.1を誇る企業"Sorwathe"(ソルワテ)。今回は、そのソルワテのお茶が出来上がるまでの行程を見学でき、ソルワテ茶も飲み放題という知る人ぞ知るルワンダの穴場観光スポットをご紹介します

  • ルワンダのサファリ!アカゲラ国立公園で生きる野生動物&お...

    アフリカ大陸といえば、広大な大地にに暮らす野生動物たちが見物!ルワンダにも野生動物が暮らす国立公園があります!首都から日帰りでもいけるルワンダのサファリパークをご紹介します!

今週の人気記事

  • 色々訳があり!?日本のゼロ磁場にあるパワースポット5選

    日本はもちろん、世界中にパワースポットと呼ばれる場所はいくつもありますが、パワースポットとして成り立つのに「ゼロ磁場」という考え方があるのをご存知ですか?今回は癒しを求めて、不思議な力であふれているゼロ磁場にあるパワースポットをご紹介します!

  • 京都で占いするならココ!本当によく当たると評判のお店ベス...

    占い激戦区京都!本当によく当たると評判のお店で人生相談したいという人におすすめのお店をご紹介します。どのお店も口コミで大評判。あなたの人生の迷いもスパッと解決間違いなし!

  • 2人の夜が100倍楽しくなる!ニッポン東西南北の「すごいラブ...

    ジャグジー付、カラオケ付、映画見放題…そんなのは当たり前になってきた日本のラブホ業界には、続々新しいジャンルのラブホが登場しています。まるでリゾートホテルのようなラブホから、なんじゃこれ?!と疑ってしまうほどのラブホまで全国の面白おかしく変わった「すごいラブホ」を集めました!いざチェック!!

  • 福岡で本当に当たる占いはここだ!人気占い師紹介!

    みんな占いって好きですよね?悩んだ時や気になることがある時つい頼りたくなりますよね!占い師のところへ行ってみたことはありますか?実際にあって話してズバッと当てられたりするとビックリしますよね。でも当たる占い師ってわかりませんよね?そんな方のためにみんなの口コミや体験談を調べ、厳選してオススメの占い師を紹介します!福岡に行ったらこの方達のところへ行ってみてはいかがでしょうか?

  • 激安コスメがおすすめ・新大久保の人気韓国コスメショップを...

    日本国内でも韓流文化の根強い町・新大久保。韓流料理やアイドルグッズのお店など多々あります。その中でも韓流コスメショップが多いのも有名です。安くて種類も豊富な韓流コスメは日本人にも大人気。今回はそんな新大久保の人気韓国コスメショップを厳選紹介します。