オーストラリア女子旅おすすめスポット15選!世界自然遺産や有名スポットも全部お届け!大自然と都市の魅力を一度に味わおう

2,930

views

0

オーストラリアを旅する目的は、大自然と触れ合うことができること。有名なグレート・バリア・リーフをはじめ、たくさんの世界遺産や有名観光スポットをご紹介します。オーストラリア大陸全てを網羅した女子旅。日本では体験できない、ダイナミックなオーストラリアの大自然が待っています。

シドニータワー(Sydney Tower)

オーストラリア・シドニーには、街を象徴するランドマークタワーがいくつかありますが、シドニータワー(Sydney Tower)もその中の一つです。地上250m、マッチ棒を垂直に立てたようなタワーの外観はひときわ目立ちシドニーで最も高い建物。

展望台からはオペラハウスやハーバーブリッジ、360度に広がるシドニーの華やかな街並みを見渡すことができ観光客にも人気です。チケット代には、展望デッキへの入場およびシドニーの魅力がわかる4Dシネマ鑑賞が含まれます。

シドニー港は世界三大美港の一つで、とても美しい港です。シドニーを訪れたなら観光スポットめぐりだけでなく、忘れてならないのがシドニー湾クルーズ(Sydney Harbour Cruise)。シドニー湾をめぐるクルーズは、ランチからディナー、サンセットなど目的別にさまざまなプランが用意されています。

シドニーの夜をゴージャスに楽しみたいなら豪華ディナークルーズを、景色もいいけどお料理もという「花よりだんご」タイプの女子ならランチクルーズがおすすめです。もっと気軽にリーズナブルに楽しむなら、ティーサービス付のクルーズもあるので事前チェックしてみるといいでしょう。

シドニータワー(Sydney Tower)
住所:
100 Market Street Sydney NSW 2000​​​
電話番号:
(02) 9265 9333
営業時間:
9:00~21:00(ただし時期によって若干変動あり)

ダーリングハーバー(Darling Harbour)

ダーリングハーバー(Darling Harbour)は、シドニーでも近年注目を集めているエリアでローカルにも人気です。ダーリングハーバーはもともと貿易で栄えていた港で造船所や倉庫が建ち並ぶエリアでしたが、1980年代頃から再開発がはじまり、現在では映画館、ショッピングモール、レストラン、バーが軒を連ねています。

このダーリングハーバーの一帯は一般車両は入ることができないので、のんびり過ごしたい女子にはおすすめです。天気がよければオープンカフェでお茶をしたり、ウィンドーショッピングや素敵なスポットを写真におさめるのもいいですね♪

ダーリングハーバー(Darling Harbour)
住所:
33 Wheat Road, Darling Harbour, NSW 2000
営業時間:
10:00~18:00
電話番号・営業時間は各店舗による

シーライフ・シドニー水族館(SEA LIFE Sydney Aquarium)

ダーリングハーバーのでの観光なら、シーライフ・シドニー水族館(SEA LIFE Sydney Aquarium)はいかがでしょう?水中トンネルを散策しながらサメやエイを間近で見ることができたり、あの有名なグレートバリアリーフに住む熱帯魚や日本でも珍しいジュゴンを見ることができます。

水族館というと子供っぽいイメージがありますが、シーライフ・シドニー水族館は大人も楽しめオーストラリアの海洋生物を垣間見ながら、日本とはスケールの違う大自然に触れることができるでしょう。室内なのでシドニーの暑さ・寒さも、つかの間しのぐこともできますよ。

シーライフ・シドニー水族館(SEA LIFE Sydney Aquarium)
住所:
1-5 Wheat Road Sydney NSW 2000
営業時間:
10:00~18:00
電話番号:
(02) 9333 9245

ボンダイ・ビーチ(Bondi Beach)

ボンダイ・ビーチ(Bondi Beach)は、シドニーが世界に誇る有名ビーチの一つ。国内外を問わず、映画やテレビ番組にも度々登場する美しいビーチです。このビーチでは年間を通じてさまざまなイベントが開催され、中でもシドニー中心部からボンダイ・ビーチまでのマラソン、「シティー・トゥー・サーフ(City to Surf)」へは多くのランナーが参加します。

美しいビーチの散策なら、タマラマ(Tamarama)、ブロンテ(Bronte)、クージー(Coogee)がおすすめです。また高級レストラン「ボンダイ・アイスバーグ・クラブ(Bondi Iceberg Club)」での食事もいかがですか?

ボンダイ・ビーチ(Bondi Beach)
住所:
Bondi Beach, Sydney

ボンダイ・アイスバーグ・クラブ(Bondi Iceberg Club)

ボンダイ・アイスバーグ・クラブは、ボンダイビーチの端にある古い歴史をもつビーチクラブ。世界で唯一の冬季スイミングクラブに認定されています。クラブ一番の魅力は海面と隣合ったインフィニティ―・プール(Infinity Pool)です。クラブ会員でなくても入場料を払えばプールを利用できるので、話題のスポットで羽をのばすのもいいですね。

またボンダイ・アイスバーグ・クラブでは、絶景を臨みながら食事もできます。おすすめは生牡蠣や大エビ、ホタテ、ムール貝等、新鮮なシーフードをグリルした「シーフードの盛り合わせ(Icebergs Seafood Platter For Two)」は絶品!仲間同士シェアをしながら、お気に入りのカクテルと共にどうぞ♪

ボンダイ・アイスバーグ・クラブ(Bondi Iceberg Club)
住所:
1 Notts Ave Bondi Beach NSW 2026
電話番号:
(02) 9130 3120
営業時間:
11:00~深夜まで(ただし土日曜は、9:00~)

ブルー・マウンテンズ国立公園(Blue Mountains National Park)

ブルー・マウンテンズ国立公園(Blue Mountains National Park)は、オーストラリアならではの大自然が満喫できる世界遺産にも登録された絶景の地。100万ヘクタールにも及ぶ国立公園には、巨木の森林、砂岩の岸壁、渓谷、滝など手つかずの自然を目の当たりにすることができます。

シドニーからは車で2時間程度なので、現地発のオプションツアーなどを利用するといいでしょう。時間に余裕があれば、3日間ほどゆっくり廻るのがおすすめ。山ガールにはうれしい、自然いっぱいのハイキングコースやブッシュウォーキングも楽しめます。絶景ポイントに立つ時、そこであなたは何を感じるのでしょう。

ブルー・マウンテンズ国立公園を訪れたなら、絶対行くべき観光スポットが「ジェノラン鍾乳洞(Jenolan Caves)」。鍾乳洞にはいくつか洞窟があり、個人的に自由な散策は残念ながらできません。公式ガイドが案内をしながら、ツアー客団体での見学となります。

言うまでもありませんが洞窟内は暗く滑りやすいので、ツアーに参加するのであれば履きなれたスニーカーのようなものがいいでしょう。参加するツアーによっては、入る洞窟が違うようなので事前にチェックをしておいた方がいいかも。

ブルー・マウンテンズ国立公園(Blue Mountains National Park)
電話番号:
(+61 2) 9995 6500【海外専用】

フランクランド諸島(Frankland Islands)

ケアンズから船で1時間程度。そこは手つかずの自然が残る、1日上陸100名限定の無人島「フランクランド諸島(Frankland Islands)」。1日100名限定なので、個人では行くことができないため、ツアー参加が必至となります。

フランクランド諸島の中でもノーマンビー島(Normanby Island)(※フランクランド島ともいう)は、地元でもあまり知られていないウミガメの産卵地。ここではシュノーケリングで、色鮮やかな熱帯魚や珊瑚を間近で観察するのがおすすめです。イソイソと移動したりすることもないので、のんびりゆったりと時間の経つまま過ごすのが醍醐味です。

オーストラリアの大自然を満喫する上で、その中心となる街がケアンズ(Cairns)です。ケアンズはグレートバリアリーフの玄関口であり、熱帯雨林の村やフランクランド諸島へ行く拠点ともなっています。

観光だけではありません。バンジージャンプやラフティング、ハングライダーなどさまざまな種類のスポーツやアクティビティが盛んなのも有名です。オーストラリアの醍醐味はやはりその手つかずの大自然なので、ケアンズに滞在しながら各種オプションツアーやスポーツを楽しむのも他にはないユニークな女子旅です。

フランクランド諸島(Frankland Islands)
住所:
240 Severin St Parramatta Park, Queensland Australia 4870
電話番号:
(+61) 7-4033-0081

グレート・バリア・リーフ(Great Barrier Reef)

多くのダイバーの憧れの地、グレート・バリア・リーフ(Great Barrier Reef)。世界遺産にも登録され、巨大な珊瑚礁やかわいい熱帯魚、ナポレオンフィッシュやウミガメと出会える最高峰の地です。事前準備としてケアンズ・ビジター・センター(Cairns Visitor Centre)に立ち寄るのがおすすめ。ダイビングの講習や、さまざまなツアーに申し込むことができ要チェックです。

ダイビングもいいけれど、もっとスリリングな旅を味わいたい女子におすすめなのが、グレート・バリア・リーフ遊覧飛行。セスナ機から見下ろす絶景は遊覧飛行でしか味わえない、特別なもの。うれしい悲鳴は、帰国後の大切な思い出となるでしょう。

グレート・バリア・リーフで最も人気のある島、それがハミルトン島(Hamilton Island)。ハミルトン島からはハート型をしたサンゴ礁(Heart Reef)や、世界で最も美しい白砂のビーチ「ホワイト・ヘブン・ビーチ(White Heaven Beach)」にも近く、多くの旅行者が訪れる人気スポットです。

島内では名物のバギーでドライブしたり、マリンスポーツはもちろん、オーストラリアを代表するレストランやカジュアルなショップまで旅行者が遊び疲れるほどのアクティビティー満載です。ビーチフロントのビーチクラブでのんびりするのもいいでしょう。

グレート・バリア・リーフ(Great Barrier Reef)
住所:
クイーンズランド州沿岸の珊瑚海

キュランダ村(Kyuranda Village)

オーストラリア・クイーンズランド州北東部に広がる熱帯地域は、1億3000年前に形成された世界最古の熱帯雨林です。19世紀にはケアンズから約34kmに渡り鉄道が敷かれ、熱帯雨林の山奥にある小さな村・キュランダ村(Kyuranda Village)とを結び、錫鉱山へと食料が運ばれていたのだとか…。

現在ではこの鉄道はグレートバリアリーフを横目に、熱帯雨林や断崖の滝など、オーストラリアの大自然の模様を私たちに見せてくれます。世界遺産にも登録されているケアンズ~キュランダ間をぜひ女子旅の1ページに刻みませんか?

キュランダ村(Kyuranda Village)
住所:
Kuranda, Queensland, Australia

ジャーマンタッカー(German Tucker)

キュランダを訪れたらぜひ味わってほしいのが、ジャーマンタッカー(German Tucker)です。外のワゴン販売とレストラン店内の両方で味わうことができ、名物はドイツ仕込みのソーセージが美味しいと評判のホットドッグ。

多くのガイドブックにも紹介されていて、キュランダを訪れた人は必ず立ち寄るという名店です。2017年にはジャーマンタッカー同様のカフェが閉店してしまったため、現在はこのジャーマンタッカーのみが食事のできるスポットのようです。近くにはホームメイドのワゴンアイスクリーム屋さんもあるので覗いてみるといいでしょう。

ジャーマンタッカー(German Tucker)
住所:
PO Box 965, Kuranda, Queensland, Australia 4881
電話番号:
4093 7389

ローンパイン・コアラ・サンクチュアリー(LONE PINE KOALA SANCTUARY)

オーストラリアといえば、カンガルーやコアラなどのかわいい動物たち。ここローンパイン・コアラ・サンクチュアリー(LONE PINE KOALA SANCTUARY)はブリスベン(Brisbane)の中心部からわずか12kmの距離にある、世界最大の「コアラの楽園」です。

ここでは単なる動物の鑑賞に留まらず、コアラを抱っこしながら記念撮影をしてくれたり、カンガルーなどオーストラリア特有の野生動物と戯れることができます。園内には130頭ものコアラや、ウォンバット、カンガルー、ワラビーなど動物好き女子にはたまらないスポットです。

ローンパイン・コアラ・サンクチュアリー(LONE PINE KOALA SANCTUARY)
住所:
708 Jesmond Road, Fig Tree Pocket, Queensland, 4069, Australia
営業時間:
09:00~17:00
電話番号:
+ 617 3378 1366

ストーリー・ブリッジ(Story Bridge)

ブリスベンは、シドニー、メルボルンに次ぐオーストラリア第三の都市です。街並みは都会らしくモダンで活気があり、少し離れるとそこには大自然が広がる誰もが虜になってしまう美しい街。

ブリスベンの魅力を知るには、まずストーリー・ブリッジ(Story Bridge)に登るといいでしょう。美しい街並みを一望でき、日中だけでなくサンセットはまた格別です。時間の余裕があれば、ブリスベン川(Brisbane River)をカヤックで下るアトラクションもおすすめです。

ストーリー・ブリッジ(Story Bridge)
住所:
170 Main Street, Kangaroo Point QLD 4169, Australia
電話番号:
1300 254 627
営業時間は日によって違うので、電話にて要確認

ウルル・カタ・ジュタ国立公園 (Uluru-Kata Tjuta National Park)

ウルル・カタ・ジュタ国立公園 (Uluru-Kata Tjuta National Park)は、オーストラリアでも有数のアボリジニの聖地です。「ウルル」とはエアーズ・ロック(Ayers Rock)を指し、「カタ・ジュタ」はマウント・オルガ(Mount Olga)のことをいいます。

ウルルは周囲が9.4km、高さは340mもある一枚岩ですが、実は地上には全体の10分の1しか姿を現していないというから驚きです。国立公園内には、哺乳類・鳥類、レースモニター(Lace Monitor)という世界で2番目に大きいトカゲも生息する貴重なエリアとなっています。またウルルはアボリジニの聖域という理由から、エアーズロック登頂は2019年10月26日から禁止となる予定です。

ウルル・カタ・ジュタ国立公園 (Uluru-Kata Tjuta National Park)
住所:
Lasseter Highway Uluru NT 0872 AUSTRALIA
電話番号:
+61 8 8956 1128

エアーズ・ロック・リゾート(Ayers Rock Resort)

ウルル・カタ・ジュタ国立公園からほど近い場所に、エアーズ・ロック・リゾート(Ayers Rock Resort)があります。このリゾートには4つのホテルに2つのキャンプ場、さらにインフォメーションセンターやショッピングセンターまであります。

ショッピングセンター内にあるツーリストインフォーメーションセンターでは、エアーズロックの観光や、ヘリコプターによる遊覧飛行、さらにレンタカーなどの手配もでき、まさにショッピングだけではない砂漠のオアシスです。

エアーズ・ロック・リゾート(Ayers Rock Resort)
住所:
Voyages Indigenous Tourism Australia 179 Elizabeth Street, SYDNEY NSW 2000
電話番号:
+61 (02) 8296 8010
営業時間は施設により異なる

スカイポイント・オブザベーション・デッキ(Sky Point Observation Deck)

オーストラリアで日本人も多く滞在している都市と言えば、ゴールド・コースト(Gold Coast)。そんなゴールド・コーストの魅力は、美しいビーチと白い砂浜です。代表的なビーチは「サーファーズ・パラダイス・ビーチ(Surfers Paradise Beach)」で、ローカルだけでなく世界中から多くの観光客が集まる中心スポットです。

そんなゴールド・コーストの街並みを全て見渡せるポイントが、スカイポイント・オブザベーション・デッキ(Sky Point Observation Deck)。オーストラリア唯一のビーチサイドにある展望台で、地上77階から見下ろす絶景は言葉になりません。日中だけでなくサンセットはまた格別なので、ゴールド・コーストを訪れたなら行くべきマストスポットです。

展望デッキには、同じく「SkyPoint Bistro+Bar」があります。ここでのおすすめは、ビュッフェスタイルの朝食。毎朝7:30から営業していて、コーヒーや紅茶、フレッシュな果物や焼きたてのパンやクロワッサンを思う存分味わうことができます。

何と言っても、目に映るのは360度に広がるゴールド・コーストの朝景色。金色に輝く太陽と、コバルトブルーの海に白い砂浜を眺めるだけでテンションは上がります。夜はバーとしても営業していて、クラブ音楽やカクテルも味わうことができるおすすめスポットです。

スカイポイント・オブザベーション・デッキ(Sky Point Observation Deck)
住所:
Level 77, Q1 Building 9 Hamilton Avenue, Surfers Paradise Queensland, 4217 Australia
電話番号:
+61 7 5582 2700
営業時間:
7:30~21:00(ただし金土曜は22:00まで)

ユーレカタワー(Eureka Tower)

ユーレカタワー(Eureka Tower)は、メルボルン(Melbourne)市内にある地上297m・88階建ての超高層ビルで南半球随一のタワーです。スカイデッキからは、メルボルン市街の素晴らしい景観を眺めることができ、側面にはり出したガラスキューブの中に入ると世界初のエッジ体験、スリル体験が味わえます。

スカイデッキは毎日10:00から夜22:00までの営業なので、いつもと違うメルボルン市街を眺めるなら夜がおすすめです。同じ階にあるキオスクでは軽食やドリンクの販売、さらに高級ビールやワインもあるのでロマンチックな景観はより一層輝くことでしょう。

ユーレカタワー(Eureka Tower)
住所:
Eureka Skydeck 88, 7 Riverside Quay, Southbank, Victoria, Australia, 3006
営業時間:
10:00~22:00
電話番号:
(03) 9693 8888

ホープトン・ティールーム(HOPETOUN TEA ROOMS)

メルボルンは世界でも住みやすい街として常に上位にランクし、オーストラリア国内でもカフェ発祥の地として知られています。観光の途中でほっと一息カフェめぐりをするなら、ホープトン・ティールーム(HOPETOUN TEA ROOMS)がおすすめです。

ローカルはもちろん観光客からも人気のティールームは、メルボルンでは珍しく行列のできるカフェなのだとか…。19世紀の創業以来、歴史あるティールームは内装もビクトリア調のままでおしゃれな雰囲気です。スイーツもどれも美味しそうで目移りしてしまいそうですが、ここはハイティー(High Tea)という予約制のアフターヌーンティーはいかがでしょう?ただし人気店の人気メニューなので、2ヵ月先まで予約でいっぱいなのだそうですが運が良ければぜひお試しあれ♪

ホープトン・ティールーム(HOPETOUN TEA ROOMS)
住所:
282 Collins Street, Melbourne, Australia
電話番号:
03 9650 2777
営業時間:
8:00~17:00(ただし日曜は9:00~)

ワイルドフラワー街道(Wild Flower Road)

西オーストラリア州には、野生の花々を巡るフラワー街道(Wild Flower Road)があります。その数なんと11街道で見られる花の種類や時期も異なり、日本では見られない花々ばかりです。

中でもおすすめ街道はパース(Perth)から北へ400kmのエリア、ムレワ(Mullewa)という小さな街まで続く「エバーラスティング街道(Everlastings Trail)」。その名の通り、ピンク・エバーラスティングが一面に広がるフラワーカーペットが最大の見どころです。またリース・フラワー(Wreath flower)という、ムレワ周辺のみで生息するワイルドフラワーは必見。この花を見るためだけに、ツアーに参加する人も多いのだそうです。

パースから東へウェーブロック(Wave Rock)までの約350kmのエリア、ウェーブロック街道(Wave Rock Trail)もおすすめです。このエリアはワイルドフラワーの宝庫で、多種多様な花々を見ることができます。

ウェーブロックへ繋がる、ブルース・ロック(Bruce Rock)やハイデン(Hyden)などの小さな街の郊外ではワイルドフラワーの代表格、レッド・レシュノルティア(Red lechenaultia)を見ることができます。真っ赤に染まった群生した光景は、圧巻です。

スワンバレー(Swan Valley)

スワンバレー(Swan Valley)は、西オーストラリア州に広がる歴史古いワインの産地です。スワン・バレー・フード・アンド・ワイン・トレイル(Swan Valley Food and Wine Trail)を巡りながら、オーストラリアの美味しいワインや食事をのんびりと味わうのも至福のひとときです。

現地ツアーに参加するのもいいでしょうし、土地勘があればレンタカーや自転車で巡るのもおすすめです。とにかく広大な大地を急ぎ足で廻るのではなく、ゆったりのんびりと気ままに巡るのがスワンバレーの醍醐味なので、お気に入りのワイナリーを探してみるのもいいですよ。

スワンバレー(Swan Valley)/Visitor Center
住所:
Guildford Courthouse, Cnr Meadow and Swan Streets, Guildford
営業時間:
09:00~16:00
電話番号:
08 9207 8899

シッテラ・ワイナリー(Sittella Winery)

スワンバレーでどのワインを味わおうか迷ったら、まずおすすめしたいのがシッテラ・ワイナリー(Sittella Winery)です。スワンバレーの中心にあり、肥沃な土壌と夏の暑さ、冬は湿潤な気候を経て育てられたブドウはとてもフルーティ。

ソーヴィニヨン・ブラン(Sauvignon Blanc)は、繊細な口当たりと風味豊かなクリアな飲み心地が特徴で日本人にも好まれる味に仕上がっています。また発泡酒ならシェニン・ブラン(Sparkling Chenin Blanc)がおすすめ。ほのかな酸味と甘みが相まって、絶妙なバランスの味わいに虜になりそうです。

シッテラ・ワイナリー(Sittella Winery)
住所:
100 Barrett Street, Herne Hill WA 6056
電話番号:
+61 (08) 9296 2600
営業時間:
10:00~11:30、12:00~16:00

シャーク湾(Shark Bay)

シャーク湾(Shark Bay)は、パースの北850kmに位置し島々が点在するエリアです。このエリアには、地球最古の生物「ストロマトライト(stromatolite)」という藻の一種やジュゴン、ザトウクジラ、ミドリウミガメなどが生息する貴重な保護区として世界遺産にも登録されています。

シャーク湾ほぼ一帯が水深10mの浅瀬なので、ストロマトライトを間近で観察することもできます。ストロマトライト近くには、人為的に傷つけられないよう人が歩けるような桟橋が作られているので干潮時は見ごろです。辺りの海水には通常の2倍近くもの塩分が含まれているということなので、自然の法則のまま生息する生き物を感じることでしょう。

シャーク湾を訪れたなら忘れていけないのが、シェル・ビーチ(Shell Beach)。その名のとおり、砂浜は白い貝殻で埋め尽くされた世界でも珍しいビーチです。約4000年も前から貝殻は堆積し、石灰岩となってはまた貝殻の層ができ、深いところでは10m・約110kmにも渡り続いています。

周辺の街デナム(Denham)では、この貝殻を利用したブロックが街の至るところで建物の壁に利用されているようです。夏の暑さをしのぐ貝殻の壁はレストランや駅などでも見られ、なんともオーストラリアらしいユニークさがあります。

シャーク湾(Shark Bay)
住所:
65 Knight Terrace Denham WA 6537

ヒリアー湖(Lake Hillier)

オーストラリア南西部には、この世のものとは思えない自然界の不思議があります。それがヒリアー湖(Lake Hillier)です。この湖の何が不思議かと言うと、紛れもないその水質がピンク色をしています。

なぜ湖の色が鮮やかなピンク色なのかは、現在でも解明されていないのだとか…。こんなにもくっきりとしたピンク色なのに、人間や野生動物には影響がないというから不思議です。まさに人間の知識や想像をはるかに超える、自然界が作りだす産物といっても過言ではないでしょう。

ヒリアー湖など西オーストラリアを旅するなら、パースを起点とするといいでしょう。パースは世界屈指の美しい街としても知られ、動物園や水族館・植物園などが建ち並ぶ自然多く過ごしやすい街としても人気があります。

市内をのんびりピクニックしたり、スワン川(Swan River)をクルーズしたりと街の美しさや魅力を存分に味わうことができます。おしゃれな雰囲気をもっと感じたいなら、クルーズでフリーマントル(Fremantle)という小さな港町へ行ってみてはいかがでしょう?建物のほとんどがコロニアル調で異国情緒が漂い、可愛らしいカフェもたくさんあります。

ヒリアー湖(Lake Hillier)
住所:
Lake Hillier, Middle Island, WA
my4208lp

国内外を問わず、旅行が大好きです。海外を知り尽くしてこそ日本の魅力が高まると思うので、そんな記事をお届けできたらな、、、と思います。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • オーストラリアのオーガニックコスメおすすめ13選!お土産に...

    オーガニック先進国と言われているオーストラリアにはメイド・イン・オーストラリアのオーガニックコスメが沢山あります。地元のオーガニックショップに行けば基礎化粧品から食料品までオーガニックがよりどりみどり。数ある製品の中から現地在住者が実際に使ってみたオーガニックコスメをご紹介します。

  • オーストラリアで拝める!キュートな動物を一挙まとめ

    南半球にあるオーストラリアでは、日本ではめったに触れ合うことが出来ない動物たちが沢山います。 動物との触れ合いは大手旅行会社ではわざわざツアーが組まれるほどの人気! おなじみのあの動物から、「え?こんな動物がいるの!?」という珍しい動物まで、オーストラリアならではの動物を見てみましょう!

  • 極上の一時を過ごす! ヘイマン島完全ガイド in オーストラリア

    世界遺産グレートバリアリーフの中心にして、ひとつの島がひとつのホテルの宿泊客だけのものという贅沢なリゾート・アイランドがあります。その名はヘイマン島。今回はこの珊瑚礁に囲まれた美しく小さな島で過ごす極上のバカンスをご紹介します。

  • オーストラリアのお土産人気15選!ばらまきに定番のグミやチ...

    人気観光地オーストラリア。お土産の種類が多くて悩んでしまいませんか。ここではお土産選びに時間を掛けたくない人にぴったりなアイテムをご紹介。オーストラリアへ旅行に行く前にぜひチェックしてみてください。

  • ハミルトン島の美味しいグルメスポット特集!

    世界遺産であるグレートバリアリーフに囲まれた島、ハミルトン島。ここは美しいビーチや珊瑚礁で有名で、世界中からたくさんの観光客がやってきます。今回は、この島の完全攻略ガイド、グルメにフォーカスを当ててご紹介します。

  • スーパーで気軽に買えちゃう!オーストラリアのおすすめ土産6選

    お土産を買うならまとめ買いできて安いスーパーマーケットに行くのが一番!スーパーで気軽に買えるおすすめオーストラリア土産を色々ご紹介しちゃいます。

このエリアの新着記事
  • グレート・バリア・リーフでできるアクティビティ情報!自然...

    オーストラリアの中でも特に人気の高いグレート・バリア・リーフ。美しい海の景色を楽しめるスポットがたくさんありますよね。今回はそんなスポットとグレート・バリア・リーフを満喫できる楽しみ方をご紹介します。

  • これぞ秘境!タスマニア「ベイ・オブ・ファイヤーズ」って?

    知る人ぞ知るスポット「ベイ・オブ・ファイヤーズ」とは、”世界で2番目に素晴らしいビーチ”にも選ばれたオーストラリアのタスマニア島にある秘境なんです。長い間手つかずのエリアで、自分だけのビーチを独り占め?!誰にも邪魔されない贅沢なひと時を過ごせる最高の場所へ癒されに訪れませんか?

  • オーストラリア・ハミルントン島のアクティビティをご紹介!

    オーストラリア・グレートバリアリーフの真ん中に位置するハミルトン島は、ロマンティックなホワイトヘヴンビーチやハートリーフにも近く、オーストラリアの魅力がギュッと詰まっています。そんなハミルトン島でおすすめのアクティビティをご紹介します!

  • オーストラリア一人旅おすすめ観光スポット15選!団体旅行で...

    オーストラリアの魅力は大都市と大自然が共存しているところ。そんなオーストラリアを一人で旅するとしたらどこへ行きたいですか?今回はそんなあなたに贈るオーストラリア一人旅、大陸全土にまたがるおすすめスポットを、そして団体旅行では決して行けない観光名所やオーストラリアの魅力をご紹介します。

  • ハミルントン島のバカンスを楽しくするレストラン&ショップ...

    バカンスは好きなことをしてアクティブに過ごしましょう!お食事やショッピングにも手抜きはできません。人気のハミルトン島でおすすめしたいレストラン&ショップをご紹介します!

  • 絶景すぎる! ハミルトン島でしたいアクティビティまとめ!

    世界遺産であるグレートバリアリーフに囲まれ、美しい珊瑚礁やビーチで有名なハミルトン島はとても自然豊かな島。今回は、ハミルトン島の美しい自然を思いっきり満喫できるおすすめのアクティビティをご紹介します。

  • 【オーストラリア】エアーズ・ロック・リゾートの快適ホテル...

    「世界の中心で愛を叫ぶ」の舞台としても有名なエアーズロック。”地球のへそ”とも呼ばれるエアーズロック周辺には4つのホテルが存在します。おそらく一生に何度も訪れる事は出来ないであろうエアーズロックを訪れる際は、ぜひこちらを参考にホテル選びをして頂ければ幸いです。

  • オーストラリア・グレートバリアリーフに浮かぶ極上バカンス...

    美しいサンゴ礁で知られるオーストラリアのグレートバリアリーフは、日本からのアクセスもよい人気の旅行先ですね。透明な海に点々と浮かぶ極上のバカンスリゾートで贅沢な時間を楽しみませんか?マリンスポーツ好きのカップルにもおすすめの、ロマンティックなリゾートをご紹介します!

  • オーストラリア世界遺産ヒンターランド完全ガイド!ゴールド...

    オーストラリアのクイーンズランド州にある大自然が魅力のヒンターランドには、息をのむほどの大自然が広がっています。世界遺産の国立公園もあり、日本では見ることのできない絶景を楽しむのならヒンターランドがおすすめですよ。

  • ハミルトン島の美味しいグルメスポット特集!

    世界遺産であるグレートバリアリーフに囲まれた島、ハミルトン島。ここは美しいビーチや珊瑚礁で有名で、世界中からたくさんの観光客がやってきます。今回は、この島の完全攻略ガイド、グルメにフォーカスを当ててご紹介します。

この記事のキーワード
このエリアの人気記事
新着記事