オーストラリアのオーガニックコスメおすすめ13選!お土産にも喜ばれること間違いなし

83,581

views

0

オーガニック先進国と言われているオーストラリアにはメイド・イン・オーストラリアのオーガニックコスメが沢山あります。地元のオーガニックショップに行けば基礎化粧品から食料品までオーガニックがよりどりみどり。数ある製品の中から現地在住者が実際に使ってみたオーガニックコスメをご紹介します。

ナチュラル・インスティンクト (Natural Instinct)

オーストラリアのオーガニックコスメブランドの代表格でもあるこのブランド。
安価で幅広い品揃えのナチュラル・インスティンクトです。
健康意識の高いオージーたちにも大人気。
製品はすべて国内で製造されており、成分も徹底してエコ。
動物実験もゼロ、アレルギー誘発成分も一切入っていないので安心です。

デオドラント、日焼け止めなど、頭の先からつま先まで必要なものは全部揃えられます。
オーガニックショップだけでなく薬局などで購入できるのも嬉しいですね。

おすすめ商品はReplenishing Cream Cleanser。
クリーム状の洗顔料で自然な洗い心地が魅力的です。

スキン (Sukin)

オーガニックの先進国でもあるオーストラリアにて高い人気を博しているスキン (Sukin)。
数あるオーガニックコスメブランドの中でもその売り上げはNo.1だそう。
パッケージもなんとリサイクル可能。
特にこのブランドではヘアケアアイテムが人気です。

125mlの化粧水が$9.95と、前出のナチュラル・インスティンクトと同じような価格帯&品揃え。
お店でどちらを買おうか迷ったことのある方もいるのでは?
余分なものが入っていないせいか、全体にさらりと淡白な使い心地です。

赤ちゃんでも使えるボディウォッシュやシャンプー・コンディショナーなども販売しています。
日本では購入できるところが少なく割高なので旅行の際に手に入れましょう。

スプリングフィールズ (Springfields)

1990年にジョンとジュリアン夫妻によって創設されたこのブランド。
アロマテラピーに精通する二人のもとの開発なので香りはもちろん抜群。
植物原料を使用しており、色や香りはすべて天然成分。
もちろんアルコールや動物由来成分も含まれていないので安心して使える製品です。

スキンケア製品はラベンダー、ローズ、ネロリの3つの香りから選べます。
リラックスにはラベンダー、お肌の活性化にはローズ、明るい素肌にはネロリがオススメです。
化粧水135mlが$22.95~。

リップマッサージに使うリップオイルも人気があります。
オイル類はベタつきがなくとても使いやすいと定評。

エイキン (A'kin)

100%オーストラリア製、手摘みの原料を使ったオーガニックコスメです。
1997年にニューサウスウェールズ州で設立されました。
スキンケア・ヘアケア用品を主に商品を展開しています。
同じシャンプーやコンディショナーひとつをとっても、様々な植物成分のランナップがあり選ぶのに迷ってしまうほど。
おしゃれなパッケージも魅力的。

20年以上の歴史があり、会社のモットーは自然との共存。
化粧水225ml、$29.95~。
少し価格帯は高めの設定となっています。

ドラッグストアに売っているので事前にステイ先の近くの薬局で取り扱いがあるか調べておきましょう。

マイエッセンス (Miessence)

「科学と自然からの、最高の製品」を合言葉に、1992年に立ち上げられたマイエッセンス。
葉っぱがプリントされた愛らしいパッケージが目印です。

基礎化粧品のみならず、コスメティックのラインナップも幅広くあります。
毎日お化粧をしなければいけない女性たちの強い味方ですね。
有害な色素は一切含まれていないので安心して使えます。

オーストラリア全土で幅広く認知され、その人気は海を越えて日本でも急上昇中。
30ml ローズミスト$18.75~。

実は日本からでも買えるので、下記のリンクをチェックしてみてください。
商品に関する詳しい情報や知識も得られることができますよ。

http://www.miorganicjapan.com/index.htm

コーラ (Kora)

オーストラリア出身のスーパーモデルといえばミランダ・カー。
そんな彼女がイメージキャラクターを務めるオーガニックコスメ「コーラ」。
オーガニックにこだわりのある彼女がプロデュースも行い、自身でも愛用中。

彼女のようになれるなら是非とも使いたい1品。
65mlバランシング・ローズミスト$39.95~。

他のオーガニックコスメと比べて少しお値段は張りますが、その価値は充分にあり。
ドラッグストアでも気軽にゲットすることができます。
ただし取り扱い店は要チェックしてから探しましょう。

オーストラリアン・ブッシュフラワー・エッセンス (Australian Bush Flower Essence)

創業者のイアン・ホワイト氏は幼少期に植物の専門家である母と祖母に連れられ、よく潅木散策へ行っていたそう。
そんなバックグラウンドが手伝い、オーストラリア原生の植物に深い理解と知識を持った経緯があります。

自然のフラワーエッセンスのパイオニアであるオーストラリアン・ブッシュフラワー・エッセンスが作ったスキンケア製品、ラブシステムシリーズはオーストラリアのエキゾチックな花の香りが魅力的です。
独特のボタニカルな香りでリラックスできます。
スキンミスト50ml、$18.85~。

フラワーエッセンスは万能で、舌に垂らしたり飲み物にも混ぜれるというからびっくり!
その他お風呂に入れたり部屋にスプレーしたりしてもよし。
さらにはマッサージオイルに混ぜたり赤ちゃんの体につけてもいいんだとか。
これだけ使い道があればあっという間になくなってしまいそうですね。

ムーグー (Moogoo)

ムーグーはアトピーなどのアレルギーによるトラブルに悩む人のために作られたナチュラルなスキンケア製品です。
元は創始者が自身の家族の肌トラブルを解決するために、酪農場で使用していたクリームを使ったのがきっかけだそう。
そのクリームとはなんと牛の乳房の治癒用バストクリーム。
肌の修復成分に富んでいるんだとか。
石油由来成分、化学物質は一切使用していません。

牛のミルクを使用した肌に優しい使い心地が特徴。
保湿クリーム75g、$13.50~。

ハンドクリームは赤ちゃんにも使えるほどお肌にやさしいので安心です。
薬局にもおいているので是非探してみましょう。

ジュリーク(Jurlique)

ジュリーク(Jurlique)は1985年に誕生したオーストラリアきっての人気コスメブランドです。Jürgen Klein氏と奥様のUlrikeさんが二人三脚で立ち上げたブランドは、2人の名前からそれぞれ「Jür」と「lrike」をとって付けられたなんとも愛に溢れたもの。2人の愛はジュリーク製品の中にもたっぷり詰まっており、シンプルなパッケージから受ける印象そのままに、全てのアイテムは混じりっけなしの自然派由来のもので、現在世界20か国近くに進出し、多くのファンを獲得しております。日本でも2011年よりポーラグループの傘下に入り、百貨店やインターネット通販などでもおなじみになりました。

上の商品はジュリークのスキンケアラインです。パッケージにそれぞれ香りを表すお花の写真等が載っているので、英語がわからない方も選びやすいでしょう。
「どれを選んだら良いかわからない!」「肌に付ける物なので、出来るだけ自分の肌に合ったものを選びたい!」という方は、インターネット公式HPに日本語版があるので、事前にこちらをチェックして、ご自身に合いそうな製品をメモしておくのもよいかもしれません。本国オーストラリアではスキンケア以外にも、ヘアケア製品やアロマテラピー関連商品も豊富にありますよ!シャンプー・リンスやハンドケアアイテムなどは男性へのプレゼントにもオススメです。

トリロジー(Trilogy)

ローズヒップを思わせるショッピングピンクがワンポイントのロゴがトレードマークの「トリロジー」は「Trilogy」と綴ります。
オゾン層の破壊によって強力な紫外線が降り注ぐオセアニアの気候に負けない肌作りの実現の為に、オーストラリアのお隣ニュージーランドの首都ウェリントンで創設されたブランドは、オーストラリアの女の子にもいまや定番中の定番のオーガニックブランド。
特に有名なアンチエイジング効果抜群のローズヒップ由来のスキンケアラインはなんとニュージーランドでは22秒に1本売れているのだとか!
日本でもインターネット通販などを中心に購入可能ですが、まだまだ販売先が少ないので是非オーストラリアに行ったらまとめてチェックしてみてはいかがでしょうか?

トリロジーは日本でも最近雑誌などで取り上げられることが多いので、ご存知の方も多いかもしれません。上は定番のローズヒップオイル由来のアイテム類で、2002年のデビュー以来今でもナンバーワンヒット商品です。
「ローズヒップ」と聞くとフレーバーティーなどを思い出す方も多いのではないでしょうか?ローズヒップはワイルドローズの種から抽出されるもの。オメガ3・オメガ6といった必須脂肪酸、オメガ9(脂肪酸)、ベータカロテンが豊富に含まれていることで有名で、特に必須脂肪酸は体内で作りだすことが出来ない為、スキンケア用品などで取り入れるのはお肌の為にもとっても大切なんだとか!是非その効果をご体感ください。

ナティオ(NATIO)

ナティオ(NATIO)はオーストラリアの豊かな大地と、あたたかで穏やかなオーストラリア人の国民性によって育まれたメイド・イン・オーストラリアの自然派コスメです。
ラインナップは大きく「スキンケアライン」と「メイクアップライン」に分かれており、どちらも超優秀!日本でもじわじわ人気に火が付き始めているので、コスメマニアの方は既にチェック済みかもしれません。
上の写真はスキンケアラインの商品で、透明感あふれるパッケージが魅力的です。また、お値段も他の自然派コスメと比べてお手頃な物が多く、男性向けの商品が充実しているのもナティオの大きな魅力です。お土産にも選びやすいですね。

こちらはメイクアップラインの商品です。手前の目元や口元用のマルチパレット類は1000~2000円程度、中段・上段のポイントメイクアイテムやメイクアップツールは1000円以下の物も充実しており時期を問わずセール品もたくさんあるので、ついついお店を見つける度に立ち寄ってみたくなります。
真ん中のピンク色の不思議な形をした商品「Complexion Perfection Foundation Sponge」は、なんとファンデーション用のスポンジです。小鼻やおでこまわりなどにも使いやすい設計になっていて、お値段も500円ほどなのでお土産に大人気。まとめ買いする方も多いです。

イソップ(Aesop)

イソップ(Aesop)は上の写真をご覧になって「ロゴマークを見たことがある!」と思った方も多いのではないでしょうか!?
1987年にメルボルンで誕生した本ブランドは、上品な香りとスタイリッシュなパッケージが一世を風靡し、発売以来世界中に多くのファンを獲得してきました。
日本でも高級コスメとして愛用者が多く、あの新宿にある超一流ホテル「パークハイアット東京」のバスアメニティとしてもおなじみです。合成着色料・合成香料・鉱物油・動物性油といったものを一切使用していない為、肌トラブルが少ない点がバスアメニティとして採用されるに至った背景だそう。お土産に渡す際も安心ですね。

イソップは日本ではスキンケアラインが中心に展開されていますが、実は本国オーストラリアでは他にも魅力的なアイテムがたくさんラインナップされています。代表的な物がフレグランス関連商品。ボディーにまとうタイプも人気ですし、ルームフレグランスも上品な香りが人気でお土産にも渡しやすい一品です。
また「肌に直接付けるものは渡すのが不安…」という方には、ヘアケア商品が一押し。パッケージを開けるとシャキっと目が冷めそうな柑橘系の香りの物から、一日の疲れがすーっと取れるお花のアロマの物まで香りで選ぶのも楽しいですよ!リップバームやハンドクリームなどの持ち歩きアイテムもパッケージがカッコイイので是非チェックしてみてください。

ホホバカンパニー(The Jojoba Company)

ナチュラルな雰囲気が胸キュン必至のホホバカンパニー。日本でも愛用者が増えている人気スキンケアメーカーです。現地では「The Jojoba Company」と綴られる企業は、2008年に創立されたもので、ブランド名からお察しの通り「ホホバ(Jojoba)」への並々ならぬ想いが詰まっています。創業者のIan Turner氏はなんとオーストラリアにおけるホホバ生産者の先駆者。お父さんの背中を見て育った娘さんのVicki さんが、お父さんのホホバへの情熱とその効能の高さに感銘を受け、二人三脚でスキンケア商品開発を進め、世界中にファンを持つまでに会社を成長させてきました。

ご紹介したアイテムはゴーバイタ (Go Vita)で買えますよ!

様々な特徴を持つオーガニックコスメブランドを紹介しました。
その中でも気になるブランドや商品はありましたでしょうか?

答えがYESのあなたに朗報です!

ご紹介した製品はオーガニックショップの「ゴーバイタ」で購入することができます。
ゴーバイタでは毎月第一火曜日、会員向けに全品21%オフの大セールが行われています。
年会費無料で誰でも会員になることができます。

オーガニックコスメ以外にもベイビー用品、食料品、サプリメント、アロマオイル、歯磨き粉、日焼け・虫除けなどあらゆるオーガニック製品を取り扱っています。
今の時代だからこそ注目されているオーガニック製品、是非先進国のオーストラリアで買いましょう。
もらって困ったり嬉しくない人はいないはず。

ケアンズにはアールビル、ケアンズシティー、スミスフィールドにあります。
市内から一番アクセスしやすいのは、ケアンズセントラル・ショッピングセンターの斜向かいにあるケアンズシティー店です。

散財しすぎないように注意してくださいね。

ゴーバイタ (Go Vita)
住所:
48 Aplin street, Cairns QLD 4870
電話番号:
07-4031-0018
営業時間:
月~金曜日 9am-5:30pm 土曜日 9am~4pm
定休日:
日曜日
アクセス:
Aplin streetとMcLeod streetのコーナー

以上、お土産にしてうれしいオーストラリアが誇るオーガニックコスメでした。

美を極めたい方やロハス志向の方たちは是非チェックしてみてください。

yasueleo

オーストラリア・ケアンズ在住のライターママです。ローカルネタをガンガン発信します。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • オーストラリアのオーガニックコスメおすすめ13選!お土産に...

    オーガニック先進国と言われているオーストラリアにはメイド・イン・オーストラリアのオーガニックコスメが沢山あります。地元のオーガニックショップに行けば基礎化粧品から食料品までオーガニックがよりどりみどり。数ある製品の中から現地在住者が実際に使ってみたオーガニックコスメをご紹介します。

  • オーストラリアで拝める!キュートな動物を一挙まとめ

    南半球にあるオーストラリアでは、日本ではめったに触れ合うことが出来ない動物たちが沢山います。 動物との触れ合いは大手旅行会社ではわざわざツアーが組まれるほどの人気! おなじみのあの動物から、「え?こんな動物がいるの!?」という珍しい動物まで、オーストラリアならではの動物を見てみましょう!

  • 極上の一時を過ごす! ヘイマン島完全ガイド in オーストラリア

    世界遺産グレートバリアリーフの中心にして、ひとつの島がひとつのホテルの宿泊客だけのものという贅沢なリゾート・アイランドがあります。その名はヘイマン島。今回はこの珊瑚礁に囲まれた美しく小さな島で過ごす極上のバカンスをご紹介します。

  • ハミルトン島の美味しいグルメスポット特集!

    世界遺産であるグレートバリアリーフに囲まれた島、ハミルトン島。ここは美しいビーチや珊瑚礁で有名で、世界中からたくさんの観光客がやってきます。今回は、この島の完全攻略ガイド、グルメにフォーカスを当ててご紹介します。

  • スーパーで気軽に買えちゃう!オーストラリアのおすすめ土産6選

    お土産を買うならまとめ買いできて安いスーパーマーケットに行くのが一番!スーパーで気軽に買えるおすすめオーストラリア土産を色々ご紹介しちゃいます。

  • オーストラリア基本情報 【トイレ編】

    外出先でも比較的自由に使える日本に比べ、外国でのトイレ事情はなかなか不便なもの……。日本からもたくさんの旅行者が訪れているオーストラリアのトイレ事情はどうなのでしょうか?

このエリアの新着記事
  • オーストラリア世界遺産ヒンターランド完全ガイド!ゴールド...

    オーストラリアのクイーンズランド州にある大自然が魅力のヒンターランドには、息をのむほどの大自然が広がっています。世界遺産の国立公園もあり、日本では見ることのできない絶景を楽しむのならヒンターランドがおすすめですよ。

  • ハミルトン島の美味しいグルメスポット特集!

    世界遺産であるグレートバリアリーフに囲まれた島、ハミルトン島。ここは美しいビーチや珊瑚礁で有名で、世界中からたくさんの観光客がやってきます。今回は、この島の完全攻略ガイド、グルメにフォーカスを当ててご紹介します。

  • 極上の一時を過ごす! ヘイマン島完全ガイド in オーストラリア

    世界遺産グレートバリアリーフの中心にして、ひとつの島がひとつのホテルの宿泊客だけのものという贅沢なリゾート・アイランドがあります。その名はヘイマン島。今回はこの珊瑚礁に囲まれた美しく小さな島で過ごす極上のバカンスをご紹介します。

  • オーストラリアのお土産人気15選!ばらまきに定番のグミやチ...

    人気観光地オーストラリア。お土産の種類が多くて悩んでしまいませんか。ここではお土産選びに時間を掛けたくない人にぴったりなアイテムをご紹介。オーストラリアへ旅行に行く前にぜひチェックしてみてください。

  • 【オーストラリア】3大人気都市!エリア別のおすすめ人気ホ...

    シドニー・ケアンズ・ゴールドコーストのおすすめホテル15選!旅行先としても留学先としても絶大な人気を誇るオーストラリア。日本との時差も1時間しかないところも魅力ですよね!今回は人気都市別、オーストラリアのおすすめホテルを15軒ピックアップしてみました。

  • ケアンズにあるシーフード料理が美味しいおすすめ店5選

    自然に囲まれた町、ケアンズ。美しいビーチが人気で、世界中から多くの観光客がビーチ目当てで訪れます。今回は、そんなケアンズにある美味しいシーフードレストランのお店を紹介したいと思います。日本人もよく食べるシーフード。日本人の馴染みのたたきや天ぷら料理があるお店もありますよ!

  • ケアンズ・地元で人気のローカルカフェ4選

    オーストラリア北東にあるケアンズ。大自然に囲まれた土地で、世界最大の珊瑚礁地帯、美しいグレートバリアリーフがあることから、多くの観光客が訪れる町です。今回は、そんなケアンズにある人気のカフェを紹介したいと思います。

  • ハミルントン島に行ったら泊まろう!人気ホテル5選

    世界遺産のグレートバリアリーフに囲まれた島、ハミルントン島。ケアンズからも近く、美しいビーチがあるリゾート地で、ウォータースポーツを自由に楽しむことができます。今回は、そんなハミルントン島にある、人気のホテルを紹介したいと思います。

  • メルボルンおすすめランチ&人気ショッピングスポットまとめ...

    オーストラリア・メルボルンでのんびり街歩きをしてみましょう。各スポットへはトラムで移動しながら、美しい緑にあふれたメルボルンをグルメやショッピングも網羅して巡るおすすめプランをご紹介します。

  • ケアンズから行く珊瑚礁の小さな島 グリーン島徹底ガイド!

    世界で一番大きな珊瑚礁群であり世界自然遺産にも登録されているグレートバリアリーフ。今回はそこにぽつんと浮かぶグリーン島をご紹介します。別名「緑の宝石」と呼ばれ自然豊かなリゾート・アイランドとして注目されているグリーン島を120%楽しんでみましょう。

このエリアの人気記事