ホーチミン女子旅を満喫するなら!おすすめ観光スポット15選♪

12,015

views

0

物価が安い東南アジアの中でも近年発展をみせています。もともとフランスの植民地だったこともあり、ヨーロッパ調の雰囲気や建物があちらこちらで見受けられます。そんなホーチミンの魅力をたっぷりとご紹介していきます!

1. タンディン教会(Tan Dinh Church)

ホーチミン市内にはいくつかの教会がありますが、ホーチミン3区のハイバーチュン(Hai Bà Trưng)通り沿いにひと際目を引くかわいい教会があります。1880年頃に建てられたとは思えないくらい現代らしい「タンディン教会」は、某テーマパークを思わせるようなピンクのかわいらしい教会でガイドブックにはあまり載っていないスポットなため、隠れた観光名所となっています。

観光地である中心地からバスで15分程のアクセスもしやすいところですが、フランスの植民地であった時代に作られたためヨーロッパを思わせるような教会内は、とても静かでホーチミンとは少し違う雰囲気なため洗礼された空間が広がります。

高い天井は開放感があり教会内柱から壁まで一面薄いピンクで統一され、細部までこわだり抜かれた作りはとても美しいです。正面にはキリスト像や諸々の装飾が色鮮やかに飾ってあります。さらに建物自体だけでもとてもすてきなのですが、それに加えてステンドグラスが繊細で光が窓から差し込んで美しくロマンチックな雰囲気を作り上げています。

ホーチミンでの観光名所の一つであるベンタイン市場から歩いて行けてることからSNSや、女子の間で近年話題になっています。観光客が集中していない今のうちに行かれることをおすすめします。

タンディン教会(Tan Dinh Church)
住所:
289 Hai Bà Trưng, Quận 3, TP.HCM
営業時間:
8:00~17:00
電話番号:
+84-28-3829-0093
アクセス:
タンディン市場より徒歩2分
定休日:
なし
    11:
00〜14:00は入れません。

2. メゾン・マルゥ(Mison・Marou)

2016年にサミュエル氏とヴィンセント氏という2人のフランス人が立ち上げたことでも話題のベトナムで大人気のチョコレート「メゾン・マルゥ」の店内にはガラス張りの工房が併設されており、実際にチョコレートを作っているところを見学しながら食べられる工房兼カフェ&ショップのチョコレートショップです。

チョコレート大国である祖国フランスのチョコレートをベトナムでも味わいたいと思い、二人でベトナム内を回り最高品質のカカオを探したと言われています。包装もかわいくお土産にも最適な板チョコが一番人気ですが、マルゥボンボンというアソートチョコレートが置いてあり、そちらも魅力的です。

カカオの香り広がる店内とチョコレートを使ったスイーツが並べられたショーケースは見ているだけでも食欲がそそられ、地元ホーチミンをはじめ日本人やフランス人など外国からいらっしゃった方も多く利用しています。

店内で召し上がる際は、ぜひチョコレートケーキやチョコレートドリンクなどのお土産として持ち帰れないものをいただいてみましょう。ベトナムの良質なカカオを使用したどれも濃厚でカカオの深みが広がる味わいで、一度食べたら忘れられないスイーツの数々です。

メゾン・マルゥ(Mison・Marou)
住所:
167-169 Calmette St, District 1, Ho Chi Minh
営業時間:
9:00~月-木 22:00 金-日 23:00
電話番号:
+84-87-300-5010
アクセス:
ベンタイン市場から徒歩5分
定休日:
なし

3. ベンタイン市場(CHO BEN THANH)

ホーチミン市中心のバスターミナルなどがあるところに位置します。観光名所でとしても代表的な最大の市場「ベンタイン市場」は、とにかく広く、伝統的な巨大建築物の中に食料品から生活用品、衣類にお土産までさまざまな物が並び、実に1500以上の店がひしめき合っています。ローカルフードが食べられる食堂も多いので地元の人たちでいつもにぎわっています。

観光客のほとんどがお土産を買うために足を運ぶところですが、すでに観光地化しているベンタイン市場より少々高めに値段設定されているので値段交渉が一つのポイントになります。かわいい雑貨が多いので、まとめて買うなどをして賢く東南アジアらしいお買い物をしてみましょう。

また、ベンタイン市場内は18:00頃になると徐々に閉め始める店が出てきます。それ以降の時間は市場の両脇に露店の屋台がズラリと並びナイトマーケットへと変化し、屋台でベトナムのB級グルメを楽しめます。お店の数も品ぞろえもとても多く、どのお店もおいしいのでおすすめです。路面の雑貨の屋台などもあるのでお土産探しもできますよ。

東南アジアの中でもベトナム料理は比較的日本人の口に合うものが多いと言われていて、ここでもシーフードや野菜を使った炒め物が目につきます。日本のお祭りのように食べ歩きをしたり、空いているテーブルで食べたり、ベトナムのナイトライフを楽しむにはぴったりです。

ベンタイン市場(CHO BEN THANH)
住所:
Cho Ben Thanh, Ho Chi Minh Vietnam
営業時間:
7:00~19:00
電話番号:
+84-28-3829-9274
アクセス:
ベンタイン・バスターミナルの目の前
定休日:
なし
ナイトマーケット19:
00~24:00

4. オーダーメイド

ベトナムに来たら、オーダーメイドをしたいと人も多いのでは?自分がデザインした洋服を格安で作ってもらえるので、とてもお得。ドンコイ通りやパスター通りには日本語ができるスタッフが多いのでとても便利です。

ジャケットやコート、さらにはスーツなどを請け負ってくれるところもあり、料金は約3000円~とリーズナブル。人から頼まれたときは、あらかじめ寸法を測っておくようにしましょう。ベトナムの民族衣装のアオザイをオーダーメイドする方もけっこういるようです。旅行客向けの専門店もあるので、そういったところで相談してみるといいですよ。

ザッカ(Zakka)
住所:
73 Pasteur St. Dist.1. Ho Chi Minh
営業時間:
10:00~20:00
電話番号:
+84-08-3824-5345
アクセス:
ベンタイン市場より徒歩6分
定休日:
なし

「アオザイ」をオーダーメイドしなくとも一度は着てみたいというときは、レンタルがおすすめです。女性が一番美しく見える民族衣装として知られる「アオザイ」を着てホーチミン市内を散策してみるのも面白いですよ。撮影ができるスタジオもあるので旅の思い出に写真に残すのもいいですね。

「Miss Saigon STUDIO(ミス・サイゴン・スタジオ)」では、なんと約1,000着ものアオザイをそろえているそうです。お気に入りのアオザイを見つけて身にまとい、ぜひホーチミンの市内へ出かけてみてください。

ミス・サイゴン・スタジオ(Miss Saigon STUDIO)
住所:
94 Mac Thi Buoi (2th floor), District 1, Ho Chi Minh
営業時間:
8:00~22:30
電話番号:
+84-86-291-3585
アクセス:
ベンタイン市場より徒歩10分
定休日:
なし

5. ルージン(L’USINE)

ドンコイ通りにあるカフェ兼セレクトショップの「ルージン」、フランス語で工場という意味があり、実際1930年代頃に工場として使われていた建物をショップとしてリノベーションしたそうです。スタイリッシュでモダンな空間を演出する店内にはお洒落なファッションアイテム達がセンスよくディスプレイされていており、アンティーク調ミシン台などがディスプレイテーブルとして使用されていました。

洋服のほかにも持ち手部分がレザーになっているL’USINEのオリジナルのトートバッグや個性的なデザインの蝶ネクタイ、iPhoneケースなどのファッションアイテムから小物雑貨類まで幅広く取りそろえてあります。

常に20~30のベトナム人デザイナーのブランドを中心にしたファッションアイテムを扱っているそうで、中には日本ブランドの「KENZO」も取り扱っていました。さらにショップで商品を購入すると、コットン地のロゴ入りエコバッグに商品を入れてくれるというのもうれしいポイントです。

2階にはカフェも併設されているのでショッピング中の休暇としてご利用されるといいですよ。ランチメニューもあり、17:00まで食べられるので昼食が遅くなってしまったときなどに利用できます。 「L’USINE」はレロイ通りやレタントン通り店にも支店があります。それぞれ雰囲気が違うので、お時間があるときには訪ねてみてはいかがでしょう。

L’USINE(ルージン)
住所:
151/1 Dong Khoi , Dist1 , Ho Chi Minh
電話番号:
+84-8-6674-3565
アクセス:
ベンタイン市場より徒歩5分
定休日:
不定休

6. サデック・ディストリクト(SADEC DISTRICT)

ベトナムのオシャレさんに人気の「サデック・ディストリクト」という雑貨ショップ。人気雑誌のELLEなどのトレンド誌などの編集者達がプロデュースしているキッチン用品を扱っているショップだそう。以前はホーチミンでベトナムのオシャレに敏感な若者が集まるトレンドスポットとして注目を集めていた「3Aステーション」という場所にありましたが、インフラ整備の関係でおよそ3年で閉鎖してしまいました。この人気のショップもなくなってしまうかと思われましたが、オシャレスポットとしても大人気の2区に店舗があります。

アジアの国々から厳選された雑貨アイテムがそろうオシャレショップとして人気を集めていて、ベトナムを始めとする、ミャンマーやタイ、カンボジアなど東南各国の雑貨がセレクトされています。どれもシンプルではあるが個性的でオシャレですてきな食卓を演出してくれるテーブルウエアの数々がそろっています。

こちらでは、日本人にも人気の「アマイ(amai)」というベトナム発のテーブルウエアブランドを扱っています。色使いと柔らかくカラフルでいびつな形のデザインがとてもかわいい、北ヨーロッパ出身のオーナーのこだわりが詰まった食器もそろっているのでぜひチェックしてみてください。

SADEC DISTRICT(サデック・ディストリクト)
住所:
63 Xuan Thuy street,Thao Dien ward,District 2,Ho Chi Minh city,Vietnam
営業時間:
9:00~19:00
電話番号:
+84-8-3898-9567
アクセス:
ベンタイン市場より車で15分
定休日:
不定休

7. ハー・フーン(Ha Phuong)

ベトナム土産の定番といえば刺繍小物。女子に喜ばれるお土産の一つで、あちらこちらに刺繍小物が売ってあり、中でも特に喜ばれるのが「ランジェリーポーチ」です。パンツや靴下がかわいく刺繍されているカラフルな巾着袋タイプは持ち帰るにもかさばらないので、お土産としてとてもおすすめです。旅行やスポーツジムに行くときなどにとても重宝するので、いくつあってもうれしいですね。

巾着タイプのほかにもファスナーがついたタイプもあります。プチプラなのでまとめて買って帰りたい一つです。ベンタイン市場なら安く買えますが、質を求めるなら専門店で購入するのが安心です。

刺繍のきれいさと細やかさに定評があり、質の高い刺繍小物がそろうと言われる「ハー・フーン」をご紹介します。店内にはホームリネンやリネンウェア、そしてお土産にぴったりの小物類までズラリと並び、子供服も作られています。ランジェリーポーチが一番人気とのことですが、さらに根強い人気があるのがアルファベット刺繍の巾着袋で、こちらもとてもかわいいのでおすすめです。

オーダーメイドのデザインも承っているそうで、オーナーのハン(Hang)さんは英語が堪能、日本語も少し話すことができるのでデザインを持ち込んで好きなデザインのポーチやリネングッズを作ってもらうのも良さそうですね。

Ha Phuong (ハー・フーン)
住所:
89 Le Thanh Ton , District1 , HCMC
営業時間:
8:00~19:00
電話番号:
+84-8-3824-5754
アクセス:
ベンタイン市場より徒歩5分
定休日:
なし

8. ココイス(kokois)

欧米人が多く住んでいる高級住宅地であるホーチミンの2区にある人気のカフェ&レストラン「ココイス」。倉庫をリノベーションしたモダンな雰囲気のある店内には、カフェのほかにコンセプトショップが併設されている複合施設のような空間です。

倉庫の特徴を存分に生かした高い天井、そして自然光が差し込む広々とした開放感がある店内は、1階がカフェ&レストランになっていて、自家製のケーキやヘルシーなスムージーなどの種類が豊富。のんびりとしていてとても居心地がいいカフェです。

モーニングタイムから夜のバーラウンジまで、1日を通して時間別に来られる方のニーズに合わせた品はどれも素材にこだわったものばかり。フレンチベースにアレンジされた料理が好評で客足の絶えないお店になっています。オープンエリアのカフェスペースやその先に続くガーデンなど、ナチュラルさとモダンが融合している絶妙なセンスがお店の良さを引き立てています。

2階にあるコンセプトショップには、ベトナムを始めとする世界各国から選び抜かれたアイテムが並んでいます。3カ月ごとに商品は入れ替わり、常に新しいものが並び続けるので気に入ったものがあったらいい出会いだと思って購入されることをおすすめします。

ココイス(kokois)
住所:
24 Thao Dien Ho Chi Minh City, Ho Chi Minh, Viet Nam
営業時間:
8:00~平日 22:00 土日 22:30
電話番号:
+84-901-444-840
アクセス:
ベンタイン市場より車で20分
定休日:
月曜

9. ラ・メゾン・ド・ラポティケア(La Maison de L’apothiquaire)

東南アジアと言ったら格安のスパやエステ、ホーチミンにせっかく来たなら安いマッサージを毎日受けたいという女性も多いはず。スパが安いからこそ少しぜいたくして普段できないような体験をしてみるのはいかがでしょうか。

ホーチミンの3区のスパ「ラ・メゾン・ド・ラポティケア」はプール付きのスパで、路地に一歩入った先に広がるコロニアル建築の建物はヨーロッパを思わせるような作りがとてもすてきです。そんな建物の中をスパに改装しているので、フランスにいるかのような気分になれるフレンチスパです。

マッサージに使うオイルは素材にこだわり、自社製のフランス政府認定のオーガニック製品を使用していて、一部はフランスから輸入しているとのこと。フランスの伝統的なハーブ療法を用いたマッサージは、60分で900,000ドン(約5000円弱)くらいからでラグジュアリーな雰囲気があるのに価格はリーズナブルで良心的です。また、2人で受けるカップルコースなどもあるので友達同士で受けられるのもいいですね。

スパ後、プールの利用が可能。コースによってはホテルまでの送迎サービスを利用できたりするので、予約の際にお店に聞いてみるとよいかも。時間に余裕があれば一日のんびりと優雅な時間を過ごせるので一度試してみてはいかがでしょうか。

ラ・メゾン・ド・ラポティケア(La Maison de L’apothiquaire)
住所:
64A Truong Dinh St. Dist.3. Ho Chi Minh
営業時間:
8:30~20:00
電話番号:
+84-8-393-5181
アクセス:
ベンタイン市場より車で10分
定休日:
不定休

10. ベトナム産バッグ

こちらもオシャレスポットである2区のゴークアンフイ通りにあるカゴバッグ専門店「ハンスリー」。ここではベトナムのい草(シーグラス)に日本の素材を取り入れて作られた高品質のカゴバッグが欧米人を中心に現地民にも人気を集めています。

カゴバッグのほかにプラカゴや、バッグに付けるとかわいいチャームなども好評です。洗練されたデザインと共に人気なのが、カゴバッグに付いている「Vietnam」と「Japan」の頭文字をとった『 VJ 』のとてもかわいオリジナルピンバッジ。このピンバッチはプラカゴにもついています。

hansry(ハンスリー)
住所:
55 Ngo Quang Huy , District2 , Ho Chi Minh
営業時間:
12:00~18:00
電話番号:
+84-96-559-4580
アクセス:
ベンタイン市場より車で15分
定休日:
月曜

11. ザ・ハウス・オブ・サイゴン(THE HOUSE OF SAIGON)

ベトナムで人気のカゴバッグや刺繍小物などを中心に食品&美容雑貨を取りそろえた幅広いアイテムを扱うセレクトショップ「ザ・ハウス・オブ・サイゴン」。はやりの雑貨から伝統的なデザインまでさまざまなものが並び、それらは職人の腕の良さが感じられる長年愛用できる質の良いものばかりです。

ベンタイン市場より徒歩3分のアクセスの良さから多くの観光客が足を運ぶスポットとなっています。シンプルなデザインの多いザ・ハウス・オブ・サイゴンの商品は洗練されたものが多く、伝統の良さを現代的なデザインで表現していてとてもオシャレです。

ベトナムと首都ハノイから車で30分ほどのところに位置するバッチャン村で作られたバッチャン焼き。かつて皇族も使われていて、中国への朝貢として使用していたベトナムを誇ると陶磁器です。落ち着いた色使いのバッチャン焼きは、デザインはもちろんのことお茶碗や湯飲み、平皿、醤油さし、とっくりなど日本の食卓にも並べられてるものばかりなのでお土産として人気があります。

幸運を意味する金魚やトンボなどのデザインがあしらわれているものが多いのもベトナムの伝統的な特徴です。ほかにもかわいい瓶に入った塩コショウなどの食品やアロマオイルやハンドソープなどの美容用品もおすすめです。

THE HOUSE OF SAIGON(ザ・ハウス・オブ・サイゴン)
住所:
258 Le Thanh Ton , Dist1 , Ho Chi Minh
営業時間:
9:00~21:00
電話番号:
+84-8-3520-8179
アクセス:
ベンタイン市場より徒歩3分
定休日:
不定休

12. ホテル・デ・ザール・サイゴン Mギャラリー(Hotel des Arts Saigon MGallery Collection)

物価の安いベトナム、ホテルくらいはちょっとぜいたくにラグジュアリーなホテルに泊まるのもいいですよね。2015年にオープンした観光の中心地に位置する5つ星のブティックホテル「ホテル・デ・ザール・サイゴン Mギャラリー」は、インドシナの各国とフランスからインスピレーションを受け、インドシナフレンチというコンセプトで作られたホテルです。

全部で168室ある客室は、白を基調にしたクラシックさとモダンが融合したフレンチテイストでオシャレな空間を演出しています。品の良いインテリアと猫足のバスタブが映画のヒロインになった気分にさせてくれます。

ホテルにはホーチミンのトップレベルのスパ「ラ スパ デザルティスト」やフィットネスセンターも完備。メインダイニングの「サイゴン キッチン」のランチビュッフェは宿泊者以外でも利用が可能で、料理の豪華さから人気を集めています。

ホテルの最上階にあるルーフトップは、ホーチミンを一望できる開放的な空間が広がっています。昼間はのんびりプールが楽しめ、18:00以降にプールサイド横にオープンされるプールバーで、おいしいお酒をホーチミンの綺麗な夜景と共に満喫できます。

ホテル・デ・ザール・サイゴン Mギャラリー(Hotel des Arts Saigon MGallery Collection)
住所:
76 78 Nguyen Thi Minh Khai St, District 3, Ho Chi Minh
電話番号:
+84-83-9898-888
アクセス:
タンディン市場より車で5分

13. サイゴンキッチュ(Saigon kitsch)

先程ご紹介しましたスーベニアのほど近くにあるプロパガンダをモチーフとしたグッズが多くそろう2階建の広々とした雑貨店「サイゴンキッチュ」。アートギャラリーを思わせるような店内には、多数のプロパガンダが並べられています。プロパガンダとは政治的な思想を人々に影響を与えるための広告のようなもので時代背景がわかりやすく表現されています。フランス人のデザイナーが手がけたグッズ達はどれもこれも斬新なものが多いなかで、オシャレさもあるので現地在住の欧米人の方達にも人気のショップとなっています。

一番人気の商品はマグネットだそうです。1ピースあたり300000ドン(1700円)程、ほかにもコースターやトートバッグも人気があり、飼料袋をリメイクしたバッグなども一部のマニアには人気となっているとのこと。仕事で使えそうなマウスパッドやマグカップなど日常的にも使いやすいものが多く取りそろえてあります。どれもとってもユニークなものばかりで眺めているだけでも面白いですよ。アート好きや歴史好きにはとても人気のスポットで、一風変わったお土産や男性へのお土産選びにおすすめのお店です。

サイゴンキッチュ(Saigon kitsch)
住所:
43 Ton That Thiep St, District 1 , Ho Chi Minh
電話番号:
+84-8-3821-8019
アクセス:
ベンタイン市場より徒歩9分
定休日:
不定休

14. チル・スカイバー(Chill Sky Bar)

オシャレにナイトライフを楽しむことも女子旅の醍醐味(だいごみ)の一つではないでしょうか。ABタワーという高級レストランやカフェバーが入る、現地で有名な高層ビルの屋上にあるオープンエアの「チル・スカイバー」というナイトバーは、現地ベトナムの若者を始めとして観光客にも人気のナイトスポットです。入場料は300,000ドン(1700円)のワンドリンク制で、ロケーションを考えると意外とお手頃かも。エレベーターで最上階まで上がると、そこに広がるのは大音量のBGMがかかるクラブのような雰囲気の店内が待っています。

世界的トップ歌手であるレディ・ガガにカクテルを振る舞ったと言われるバーテンダーが直接指導に当たったことで、ベトナム在住の欧米人の間で話題になり、週末はあふれんばかりの人でにぎわいをみせます。

店内もすてきですが、テラス席がとっても魅力的です。オシャレなバーカウンターには人がズラリと並び、見渡す限りのホーチミンの夜景がパノラマで見られます。ここ、チル スカイバーではドレスコードが決められており、女性はビーチサンダル以外のパンプスやミュールであれば入店可能、しかし男性はサンダルでは入店できないようです。

チル・スカイバー(Chill Sky Bar)
住所:
AB Tower 76 Le Lai St. Dist.1. Ho Chi Minh
営業時間:
17:00~26:00
電話番号:
+84-93-822-28-38
アクセス:
ベンタイン市場より徒歩5分
定休日:
不定休

15. フーコック島(Pho Quoc Island)

ベトナムのビーチリゾートといえばダナンやニャチャンがあげられますが、実はホーチミンから国内線で1時間ほどで行ける穴場リゾート地があります。それがこのカンボジアとの国境にある島「フーコック島」。島の広さは淡路島とほぼ同じと言われる小さな島ですが 、近年インフラが整備され、レストランやカフェができたり、たくさんの大型ホテルが立ち並ぶようになりました。夜にはナイトマーケットもやっているので、現地の海産物などをリーズナブルな価格で楽しめるので、おすすめです。

フーコック島(Pho Quoc Island)
住所:
Phu Quoc,Tỉnh Kiên Giang,Vietnam
アクセス:
タンソンニャット国際空港から国内線でフーコック国際空港約(1時間)
定休日:
なし

「ベトナム最後の秘境」とも言われるフーコック島には、リゾートホテル前がロングビーチというサンセットが綺麗に見られるビーチがあります。フーコック島のおすすめビーチは、最も美しいと言われる「サオ・ビーチ」というプライベートビーチのような穴場ビーチです。

白い砂浜と透明度の高いエメラルドグリーンの海、ベトナムではないようなリゾート感が広がります。穴場ビーチとはいえトイレやシャワーもしっかり完備されていて、食事やパラソルなどのレンタルも可能です。しかし、ロッカーはないので貴重品の盗難などにはご注意ください。

サオビーチ(Bai Sao)
住所:
Sao Beach. Phu Quoc Kien Giang, Vietnam
アクセス:
ホテル街より車で45分
定休日:
なし
料金:
無料

ホーチミン満喫旅まとめ

いかがでしたか?
お買い物からスパにすてきなカフェまで魅力的なスポットがたくさんありますね。
まだまだ進化し続けるホーチミン、行けば行くほど魅力にあふれる街を気兼ねないお友達同士で楽しんでください!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ホーチミンのおすすめマッサージ4選!安い!上手い!キレイ!

    旅行先では、楽しさのあまり時間を忘れて行動してしまいがち。疲労がキャパシティを超え、ふと気がつくとドッと疲れがたまっていたり…なんてことも少なくありません。そんな時に行きたいのがマッサージ店。ベトナム・ホーチミンはリーズナブルで腕のいいマッサージ店が多数あります。今回はその中から4選をお届けします。

  • ベトナム・ホーチミンで高級スパ&エステで至福のひと時を!...

    今人気急上昇中の国ベトナム!実はベトナムはスパやエステなどが楽しめる美容大国だということを知っていましたか?そこで今回はホーチミンにある高級スパ&エステをまとめてみました。美容好きの方は必見ですよ!

  • ベトナム・ホーチミン、フォーの名店5選

    フォーと言えば、誰もが知っているベトナムを代表する料理。現地では朝食はもちろん、3食全てフォーを食べることもあるほど、生活に密着した食べ物です。「フォーは牛肉を食べる麺料理」といわれ、ベトナムでは牛肉が定番。ベトナムに訪れた際には、是非とも食べてみたいですね。そこで、行ってみてほしいホーチミンの5店をセレクトしました。

  • ベトナム・ホーチミン発!絶対食べたいローカル飯

    女子旅の行き先として話題のベトナム・ホーチミン!もちろん現地ではローカルフードを楽しみたいですよね♪ベトナムといえばフォーを想像しますが、それ以外の少しマニアックな”レストランで食べられる”ストリートフードもあるんです!東南アジアが初めての方も、衛生・安全面共に安心して食事を楽しめるはず!現地の物価と比べると割高ですが、ランチでドリンク、デザートも付けてお腹いっぱい食べて一人600円〜1000円程度!それではベトナム滞在経験もある私が頼んだベトナムローカルフードをご紹介♡

  • ベトナムのファッションブランドショップで南国テイストのウ...

    女性の方なら、一度はベトナムの民族衣装、アオザイに憧れた人がいると思います。上品ですてきですよね。ということで今回は、ベトナム人デザイナーによるおしゃれなファッションブランドショップを紹介したいと思います。日本では売っていないようなデザインのものもありますよ!

  • ベトナム・ホーチミン発!朝食におすすめのベーカリー♪パンの...

    今から100年ほど前、ベトナムはフランスの植民地でした。そうした経緯から、現在もベトナム建築や文化にはフランスの影響を受けているものが数多くあります。ベーカリーもそのうちのひとつ。ベトナムには美味しいパンをいただけるお店がたくさん!今回は、ベトナムの大都市ホーチミンにあるおすすめのベーカリーショップをご紹介します。

このエリアの新着記事
  • ベトナム・ホーチミン発!朝食におすすめのベーカリー♪パンの...

    今から100年ほど前、ベトナムはフランスの植民地でした。そうした経緯から、現在もベトナム建築や文化にはフランスの影響を受けているものが数多くあります。ベーカリーもそのうちのひとつ。ベトナムには美味しいパンをいただけるお店がたくさん!今回は、ベトナムの大都市ホーチミンにあるおすすめのベーカリーショップをご紹介します。

  • ベトナム・ホーチミン発!絶対食べたいローカル飯

    女子旅の行き先として話題のベトナム・ホーチミン!もちろん現地ではローカルフードを楽しみたいですよね♪ベトナムといえばフォーを想像しますが、それ以外の少しマニアックな”レストランで食べられる”ストリートフードもあるんです!東南アジアが初めての方も、衛生・安全面共に安心して食事を楽しめるはず!現地の物価と比べると割高ですが、ランチでドリンク、デザートも付けてお腹いっぱい食べて一人600円〜1000円程度!それではベトナム滞在経験もある私が頼んだベトナムローカルフードをご紹介♡

  • ベトナム・ホーチミン、フォーの名店5選

    フォーと言えば、誰もが知っているベトナムを代表する料理。現地では朝食はもちろん、3食全てフォーを食べることもあるほど、生活に密着した食べ物です。「フォーは牛肉を食べる麺料理」といわれ、ベトナムでは牛肉が定番。ベトナムに訪れた際には、是非とも食べてみたいですね。そこで、行ってみてほしいホーチミンの5店をセレクトしました。

  • ホーチミンのおすすめマッサージ4選!安い!上手い!キレイ!

    旅行先では、楽しさのあまり時間を忘れて行動してしまいがち。疲労がキャパシティを超え、ふと気がつくとドッと疲れがたまっていたり…なんてことも少なくありません。そんな時に行きたいのがマッサージ店。ベトナム・ホーチミンはリーズナブルで腕のいいマッサージ店が多数あります。今回はその中から4選をお届けします。

  • ベトナム・ホーチミンで高級スパ&エステで至福のひと時を!...

    今人気急上昇中の国ベトナム!実はベトナムはスパやエステなどが楽しめる美容大国だということを知っていましたか?そこで今回はホーチミンにある高級スパ&エステをまとめてみました。美容好きの方は必見ですよ!

  • ホーチミンの人気観光スポットおすすめ15選!外さない定番か...

    現在の海外旅行ブーム、お安くお手軽な地域が東南アジアです。東南アジアでの人気の観光地で、常に人気上位にあるのがベトナムのホーチミン・シティです。ホーチミン市内で、是非とも行きたいスポット15ヶ所をご紹介します。

  • ベトナムのファッションブランドショップで南国テイストのウ...

    女性の方なら、一度はベトナムの民族衣装、アオザイに憧れた人がいると思います。上品ですてきですよね。ということで今回は、ベトナム人デザイナーによるおしゃれなファッションブランドショップを紹介したいと思います。日本では売っていないようなデザインのものもありますよ!

  • ベトナム基本情報 【治安・情勢編】~ホーチミンでタクシーに...

    東南アジアの人気の旅行先として挙げられる「ベトナム」。しかし、スリや盗難、ひったくりといった金品の絡んだ軽犯罪は後を絶ちません。そんなベトナム(ホーチミン市)でタクシーを利用する際の注意点についてご紹介します。

  • 【ベトナム】ホーチミンの絶景バーでロマンチックなひとときを!

    ベトナム経済の中心地ホーチミン。目覚しい発展を遂げており、観光や仕事で多くの人が訪れています。そんな関心を集めるこの街に絶景を楽しめるバーがあるのをご存知でしょうか。今回はホーチミンでオススメの絶景バーをご紹介します!

  • ベトナム・ホーチミンの必見観光スポットまとめ!歴史や文化...

    ベトナムのホーチミンはかつてサイゴンと呼ばれていた街。「東洋のパリ」ともうたわれる美しい町並みには、19世紀のフランス統治時代に建てられたコロニアル調の建築物が多く残っており、また歴史的な遺産も少なくありません。今回はベトナムの歴史や文化を語る上で外せない博物館を4つご紹介しましょう。

このエリアの人気記事