やみつき!ローカル屋台料理ベスト10 in マレーシア

1,516

views

0

マレーシアといえば、中華料理を東南アジア風にアレンジした料理や、ムスリムのためにレシピを変えたものがよく食べられています。そんなマレーシア料理を手軽に食べられるのが屋台です。今回は、マレーシアに行ったらぜひ食べて欲しいローカル屋台料理を、一挙ご紹介していきたいと思います♪

・チャークイティオ -炒粿條-

チャークイティオは、マレーシアの国民食とも言える料理。もともとは貧しい人々の間で、安く高カロリーな料理として食べられていたものでした。漢字表記の炒粿條は、「炒めた紐状の米餅」という意味です。紐状の米餅や米で作った平麺を、シーフードや卵、ソーセージ、もやしやニラなどと一緒にブタの脂身で炒めたもので、バナナの葉に盛り付けるのが一般的。サンバルソースという、唐辛子をベースにした甘みのあるペーストを調味料として加えます。このソースにより香ばしさが増し、濃厚なコクが出るのです。

チャークイティオは地域によってさまざまなバリエーションがあり、イスラム教徒のために豚の脂身を使わないものもあります。ペナンのチャークイティオが一番だと言われています。

・ラクサ -Laksa-

ラクサはスパイスが効いた麺料理。サンスクリット語で「多い」を意味する「ラク」が語源だと言われていたり、ペルシャ語で「麺」を意味する単語が元だとも言われています。地域によってレシピにさまざまなバリエーションがありますが、出汁を魚介類からとること、豚肉が使われていないことが共通点。そのためイスラム教徒も食べることができるので、ムスリムの多いマレーシアでよく食べられるようになりました。

タマリンドとトウガラシを使ったスープで食べるペナンのラクサ、鶏の出汁を使ったココナッツミルクのスープで食すクチンのサラワクラクサ、カレーをベースにしたカレーラクサなど、その味は地域によりさまざま。

・ワンタンミー -雲呑麺-

出典: tagoo.jp

ワンタンミーは、小麦粉を原材料に作られる細麺を使った麺料理。日本のラーメンにも似ています。ワンタンと豚のチャーシューをトッピングしてあるのがポイント。スープありとスープなしを選ぶことができ、スープなしではチャーシューの味をじっくりと味わえます。チャーシューは脂身がカットされているのでカロリー抑えめ。食紅を使って周囲が赤く染められています。

・パンミー -板面-

出典: www.54hcz.com

パンミーも麺料理のひとつ。こねた生地を板状にのばすので「板麺」という名前がつけられたそう。煮干しで出汁をとったスープ麺が定番ですが、甘辛のタレを絡めていただくドライパンミー、チリパンミーなど、種類もさまざま。麺にも種類があり、ちぎり麺、平打麺、細麺の3種類。出汁を取る以外にも具材として煮干が加えられていたり、椎茸が使われていたりと日本風の出汁の取り方。サユマニスという葉っぱも、スープに甘みを加えるのに必須です。

・鶏がゆ -Bubur-

マレーシアでは主食としてお粥を食べることも多く、お店でも出されています。鶏肉と生米を鶏ガラスープでじっくり煮込み、生姜と中国醤油、胡椒などで味を整え、ネギを添えます。あっさりしたものを食べたいときにぴったりの一品です。

・ワンタンホー -滑蛋河-

ワータンホーは、炒めたクェティヤオ麺の上に五目あんをかけた料理。鶏ガラスープを基本に、具はシーフードや豚肉、白菜やタケノコなどがたっぷり。溶き卵を加え、片栗粉でとろみがつけてあります。

・サテー -Satay-

サテは、東南アジアのさまざまな国で食べられる串焼き肉です。焼き鳥に似ていますが、鶏肉を使ったサテ・アヤムの他にも、牛肉を使ったサテ・サピ、山羊肉を使ったサテ・カンビンなど種類もさまざま。ケチャップマニスやコリアンダーなどの香辛料で作ったタレに漬けこみ、串に刺して炭火で焼いてあります。そのままで食べたり、ピーナッツで作った甘めのソースをかけて食べます。

・ヨンタオフー -Yong Tau Fu-

ヨンタオフーはマレーシアのおでんとも呼ばれる料理。豆腐や魚のつみれ、卵や野菜などの中から好きな具材を自分で選んでいき、お店の人に茹でてもらいます。お店によって具材の最低数が決まっていて、それに満たない場合は店員さんに勝手に不足分を選ばれてしまうこともあるので気をつけましょう。

・手羽先 -Chicken Wings-

屋台には、たくさんの手羽先が串に刺されて炙られています。日本人に特に人気の屋台料理です。醤油ベースのタレに漬けこんだ甘辛いお肉はジューシーで、じっくりと炙られた皮はカリカリ。

・イカンバカー -Ikan Bakar-

「イカン」は魚、「バカー」は焼くという意味で、つまり焼き魚のこと。マレーシアでは生魚を食べる習慣がなく、魚もしっかり焼いて食べます。香辛料やタレ、チリペーストを塗った魚をバナナの葉に包み、炭火で焼きます。白米やココナッツミルクで炊いたご飯とともにいただくのがマレーシア流。

いかがでしたか? マレーシアのおいしい屋台料理、食べてみたくなってきませんか? 手軽に食べられる屋台料理を、ぜひマレーシアで楽しんでみてくださいね♪

キリトビ

二十代。ヨーロッパ在住でしたが、現在は主に日本国内を旅行しています。

この記事を読んだあなたにオススメの記事

  • 心身ともにリフレッシュ! 都会でスパ体験 in クアラルンプール

    高級リゾートが名を連ねるマレーシアは、充実した施設と行き届いたサービスのクオリティの高いスパが数多くあります。今回は、首都クアラルンプールでおすすめの極上スパをご紹介します。

  • 果物大好きな方必見!マレーシアの果物

    海外に行ったらぜひ食べて欲しいのが、その土地でしか食べられない果物! 日本ではほとんど出会うことのできないマレーシアの珍しい果物たちをご紹介していきます♪美味しい果物を食べて南国気分を味わいましょう!

  • マレーシア・シンガポール料理のラクサ!人気5種類食べ比べ...

    シンガポールや、マレーシアで一般的に食べられているカレーヌードルのラクサ。期間限定でカップ麺にもなってましたよね!実はこのラクサ、ご当地麺。地域によって味付けや麺の種類まで違う、なかなか楽しめるヌードル・スープだったのです。マレーシアやシンガポールを旅した人の中で、「ラクサにハマったー♡」なんていう方も少なくないのではないでしょうか。 そんなラクサを、食べ比べしてきてみましたので、ほんの一部ですが、ご紹介したいと思います!

  • やみつき!ローカル屋台料理ベスト10 in マレーシア

    マレーシアといえば、中華料理を東南アジア風にアレンジした料理や、ムスリムのためにレシピを変えたものがよく食べられています。そんなマレーシア料理を手軽に食べられるのが屋台です。今回は、マレーシアに行ったらぜひ食べて欲しいローカル屋台料理を、一挙ご紹介していきたいと思います♪

  • お肌しっとりすべすべに?!マレーシア「なまこ石鹸」

    マレーシアへ旅行に行くなら絶対手に入れるべき綺麗アイテムはコレ!なまこ=美容には結び付きにくいけれど、実は魔法の石鹸なのです。かさばらないしお土産にもぴったり!リピーター続出のなまこエキス入り石鹸の秘密をご紹介します。

  • 南国マレーシアで咲く花の種類4選!有名なラフレシアなど珍...

    一年を通じて暑く、豊かな熱帯雨林が広がるマレーシアは多種多様な動植物が生息する生き物の楽園です。個性的な外見や色彩を持つ植物も多く、中には一度見たら忘れられないようなインパクトをもつ花も!今回は、そんなマレーシアの4種の花をご紹介します。南国ならではの花の世界をお楽しみください!

今週の人気記事

この記事のキーワード