ニューヨークの見どころ5選!巨大都市NY人気観光スポット特集

674

views

0

ニューヨークはアメリカ合衆国最大の都市。観光スポットも目白押しで毎年多くの観光客が訪れます。魅力的な観光スポットがたくさんあって、どこに行けばいいのか迷ってしまう…。そんなあなたに、今回はニューヨークの見どころを5か所ご紹介します。

エンパイア・ステート・ビル

エンパイア・ステート・ビルは、1930年から建設が始まり翌年の1931年に完成した超高層ビルです。高層ビルが多いニューヨークの中でもトップクラスの高さを誇り、頂上のアンテナも含めなんと443メートル!76階まではオフィスビルとして使用されており、86階と102階は展望デッキとなっています。

86階の展望デッキでは、屋外に出てフェンス越しにニューヨークの街を一望できます。煌びやかな夜景は必見!夜も遅くまで営業しているので、ディナーを楽しんでからゆっくり満喫することも。

また、数々の映画に登場しており、映画「キングコング」ではキングコングが登っていたビルこそこのエンパイア・ステート・ビルなのです!そのため、80階のギフトショップではキングコングのグッズがたくさん売られています。

エンパイア・ステート・ビル(The Empire State Building)
住所:
350 5th Avenue, New York, NY 10118
営業時間:
8:00~翌2:000
アクセス:
地下鉄(B,D,F,N,Q,R,V,Wライン)34ストリートヘラルドスクエア(34th Street-Herald Square34)駅から徒歩約4分
定休日:
無休
電話番号:
(212)736-3100
料金:
大人25.00ドル、子供(6~12歳)19.00ドル、シニア(62歳以上)22.00ドル、5歳以下無料(86階、102階のPassは大人42.00ドル、子供36.00ドル)

自由の女神

自由の女神は、1886年にアメリカ合衆国の独立100年を記念してフランスから贈られたものです。右手には移住者の希望の松明を、左手にはアメリカ合衆国の独立記念日である「1776年7月4日」の日付がローマ数字で刻まれた独立宣言書を持っています。

高さは48.05メートル、重さは225トン、地上から松明を持っている右手まで約93メートル!1984年には、世界遺産に登録されました。

自由の女神がかぶっている王冠には7つのとげがありますが、これは「7つの大陸と7つの海に自由が広まる」という意味が込められています。王冠部分と台座部分は、予約をすれば見学することも可能!

自由の女神(Statue of Liberty)
住所:
Liberty Island, New York, NY 10004
営業時間:
8:30~16:00、季節ごとに時間変更の可能性あり
アクセス:
バッテリー・パーク(Battery Park)フェリー乗り場からフェリーで約15分
定休日:
12月25日
電話番号:
(212) 363-3200
料金:
大人17.00ドル、子供(4~12歳)9.00ドル、シニア(62歳以上)14.00ドル(往復フェリー料金)、台座内部の見学にはパスが必要(人数限定)

メトロポリタン美術館

メトロポリタン美術館は世界3大美術館の1つに数えられており、17か所の常設エリアに加え期間限定展示エリアもある世界最大規模の美術館です。絵画や楽器、モダンアートや彫刻などバラエティに富んだ美術品を300万点以上保有しています。

特に有名なのが、入館して右に行くとある古代エジプト館。壁画やミイラなどの文化遺産や美術品が約2万6千点展示されています。また、美術館内に再現されたデンドゥール神殿は圧巻!ガラス張りのエリアなので、太陽の光で照らされる神殿が神秘的な雰囲気を醸し出します。

メトロポリタン美術館(The Metropolitan Museum of Art)
住所:
1000 5th Ave. at 82nd St., New York, NY, 10028
営業時間:
10:00~17:30(日曜日~木曜日)、10:00~21:00(金曜日、土曜日)
アクセス:
地下鉄(4,5,6線) 86ストリート(86th Street)駅から徒歩約10分
定休日:
5月第1週の月曜日、感謝祭、12/25、1/1
電話番号:
(212)535-7710
料金:
大人25.00ドル、学生12.00ドル、大人同伴の12歳未満無料、シニア(65歳以上)17.00ドル

セントラルパーク

ニューヨークの都市部にある公園として、アメリカ1の規模を誇るセントラルパーク。その広さは59丁目から110丁目、5番街から8番街までの縦4キロメートル、横800メートル、面積は336ヘクタール!公園なので芝生や池はもちろん、レクリエーション施設や音楽堂などの施設もあります。

公園内は徒歩でまわることもできますが、自転車のレンタルや自転車タクシー、馬車などのサービスも。ウォーキングツアーもあるので、参加してみてはいかがですか?

セントラルパーク(Central Park)
住所:
14 East 60Th Street, New York, New York 10021(公園管理事務所)
営業時間:
施設により異なる
アクセス:
地下鉄5アベニュー59ストリート(5TH AVE. 59ST.)駅から徒歩約3分
定休日:
施設により異なる
電話番号:
(212)310-6600
料金:
施設により異なる

ニューヨーク近代美術館

ニューヨーク近代美術館は近現代アートを楽しめる美術館で、頭文字からMoMA(モマ)と呼ばれています。約15万点もの絵画や写真、彫刻などが収蔵されている人気のある美術館です。現在の姿は、日本人建築家の谷口吉生氏がデザインしました。

常設展示のほかにもさまざまな特別展が行われています。1階では、日本で発行された身分証明書を預けると、多言語対応オーディオガイドを無料で借りることができ、より快適に館内をまわることができるでしょう。

ニューヨーク近代美術館(Museum of Modern Art)
住所:
11 West 53 Street, New York, NY 10019
営業時間:
10:30~17:30(土曜日~木曜日)、10:30~20:00(金曜日)、10:30~20:00(7月、8月の木曜日)
アクセス:
地下鉄(E,Vライン) 5アベニュー53ストリート(5TH AVE./53 ST.)駅から徒歩約3分
定休日:
感謝祭、クリスマス
電話番号:
(212) 708-9400
料金:
大人25.00ドル、学生14.00ドル、子供 (16歳以下) 無料、シニア(65歳以上)18.00ドル、ユニクロ・フリー・フライデーナイトの時間帯、毎週金曜日の16:00~20:00無料

いかがでしたか?どのスポットも見ごたえ満点で、ニューヨークに来たことを感じさせてくれる場所ばかりです。実際に足を運んで、ニューヨークの街をじっくり楽しんでみてください。

umi

北海道在住の旅行大好きな30代女子です。
旅行では主に世界遺産や絶景スポット巡りをしています(*^_^*)
もちろん、ご当地グルメもはずせないポイントのひとつ♪
その中でもわたしのおススメなトコをアップしていきます☆

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ニューヨークで女子向けコスメみやげを買うならここ!最先端...

    女子だったらみんなコスメに興味津々。特にニューヨークに行くなら日本でも人気のコスメが安く買えちゃうかも?!自分で使うもよし、おみやげにするにもよし。見てるだけでキレイになれちゃう気がするNYのコスメショップをご紹介します♪

  • NYきってのおしゃれスポット!NYエリア別ガイド~ソーホー&...

    NYでショッピングを楽しむなら、ソーホー地区、ノリータ地区がおすすめです!高級ショップはもちろん、生活雑貨やセレクトショップまで買い物心を刺激されるお店がたくさんあります。週末は必ず買い物客で賑わうほど人気の高いこの地区を最高に楽しむためのガイドを作りました!

  • 映画『プラダを着た悪魔』のロケ地をめぐってニューヨークへ...

    オシャレで元気になれる映画『プラダを着た悪魔』。高級ブランド服に身を包んだ出演陣、センスの良い台詞回し、実際にこの目で見たくなるニューヨークの街並み。どれも女子のツボにはまるものばかりです。そんな『プラダを着た悪魔』のロケ地になったニューヨークのスポットを紹介します。

  • ブランド品が半額以下!ニューヨークでの激安ショッピングな...

    「良いものを安く手に入れたい!」そんな賢くおしゃれなあなたの願望をかなえてくれる。それがここ、ニューヨークです。大胆にハンバーガーを食べて、ゴージャスな夜景を眺めて…そしてもちろん、パワフルにショッピング!今回は流行の発信地ニューヨークから大人気ディスカウントショップをご紹介。品質、価格、規模、あなたをがっかりさせるなんてありえません!

  • NYの最先端おしゃれカフェ11選!ニューヨーカー御用達のくつ...

    ファッションやライフスタイルにこだわりをもった、お洒落な人たちが多い街として世界で広く知られているニューヨーク。そんな彼らご用達のお店やテレビや映画でおなじみのお店を紹介します!これであなたもニューヨーカー気分になれるかも!?

  • 憧れ映画のロケ地へ!ニューヨークでお気に入り映画に思いを

    NYといえば映画のロケ地として有名ですよね。さまざまな映画のシーンがここNYで撮影されました。 NYは有名スポットなので同じ場所で違う映画が撮影されていたなんてこともあるでしょう。 今回は、NYで映画の世界に浸りながら有名なロケ地を紹介したいと思います。

このエリアの新着記事
このエリアの人気記事
新着記事