アルゼンチン基本情報【言語・お役立ち会話編】

9,903

views

0

観光スポットや学ぶべき歴史の多いアルゼンチン。旅行者もとても多いですが、空港やホテルでない限り日本語はもちろん英語もほとんど通じません。最低限の言葉を知っていないと、買い物や移動の際に意思の疎通が全く取れなくて困ることもしばしば。そこで今日は、アルゼンチンに滞在する際に必要になるであろう言葉と、アルゼンチン特有の表現と訛りについてご紹介したいと思います。これさえ言えたらアルゼンチンの人との意思疎通は最低限できるので、旅行前にはチェックしておいてくださいね☆

アルゼンチンの公用語は?

南米の最南端にあるアルゼンチン。公用語はほとんどの南米諸国と同じくスペイン語です。
注意していただきたいのは、「スペインのスペイン語」と「南米のスペイン語」とでは、表現やアクセントが少し違います。そして、南米の中でも各国で訛りや単語が違ってきます。例えるなら標準語と大阪弁の違いです☆
南米のスペイン語の中でもアルゼンチンのスペイン語は、日本人の発音ととても似ているので聞き取りやすいのが特徴です♪
国内では観光客が多いホテルや空港では英語が通じますが、市内ではほとんど通じません。
なので、しっかりと基本のスペイン語をマスターしておきましょう☆

アルゼンチンのスペイン語は、特有の訛りと表現があるのですが、中でも代表的な物をご紹介したいと思います。スペイン語で「君=Tu(トゥ)」は、アルゼンチンでは「Vos(ボス)」と言うのが普通です。通常の「Tu(トゥ)」でも通じます。
その他「鍵=ジャーベ(llave)」などは「シャーベ」と発音され、その他親しい人を呼ぶ時には男女かまわず「チェ(Che)」と呼び合います。

挨拶はマスターしましょう!

友人同士の挨拶は、女性同士や男女間はもちろん、男性同士であっても頬に一回キスが普通です。他の国では男性同士は握手なので、アルゼンチンは珍しいとも言われています。
初対面はキスはせず、知り合って2回目以降でこの挨拶をします。ヨーロッパでは両頬ですが、アルゼンチンは片頬のみです。

それでは、基本のスペイン語アルゼンチンバージョンをご紹介したいと思います。

Hola(オラ)=ハーイ
Buen dia(ブエン・ディア)=いい日ですね!※1
Buenos dias(ブエノス・ディアス)=おはようございます
Buenas tardes(ブエナス・タルデス)=こんにちは
Buenas noches(ブエナス・ノーチェス)=こんばんは
Bien(ビエン)=良い
Bueno(ブエノ)=OK、良い
Si(シー)=はい、イエス
No(ノー)=いいえ、ノー
Gracias (グラスアス)=ありがとう
Porfavor(ポルファボール)=お願いします

これは最低限覚えておきましょう!
どんなシーンでも、誰とでも使える挨拶や意思表示です。
※1はアルゼンチン独特の表現です。気軽に挨拶をする時に使われています。

買い物で使えるスペイン語

ここではショッピングセンターやスーパーマーケットで使用できるスペイン語をご紹介したいと思います。

Cuant sale?(クアント・サレ?)=いくらですか?※1
Tienes otro tamaño?(ティエネス・オートロ・タマーニョ?)=違うサイズはありますか?
mas chico/chica(マス・チーコ/チーカ※2)=もっと小さい物を
mas grande(マス・グランデ)=もっと大きい物を
bolsa?(ボルサ?)=袋は?
efectivo(エフェクティーボ)=現金
tarjeta de credito(タルヘタ・デ・クレディト)=クレジットカード
documento(ドクメント)=身分証明書

これで最低限の買い物はできると思います。アルゼンチン特有の言い回しは他の国では通じませんのでご注意を。洋服などの買い物は現金ですると割引されることが多いです☆
カードで買い物する時は身分証明書の提示を求められることが一般的です。

※1はアルゼンチン特有の言い回しです。
※2はスペイン語には女性詞男性詞があるので、指す言葉によって語尾が変わります。間違えて言っても意味は伝わるのでご心配なく。

セール表記の見方

出典: thementis.it

スーパーや薬局、ショップなどでも見られるセール表記。
日本では〇割引、〇%オフなどの表示ですが、アルゼンチンは少し違います。写真のように3×2や2×1、4×3の表示をよく見かけると思います。
3×2は「3つ買っても2つ分の料金」、2×1は「2つ買っても1つ分の料金」という意味になります。中には「70%off,2nd product」があり、「2つ目を70%割引」という意味なので必ず2つ買う必要があります。このセールは同じ商品のみに適応されます。

道で場所を聞くときに使えるスペイン語

ブエノスアイレスの観光名所付近はとても似たような景色で、ポルテーニョ(ブエノスアイレスっ子)でも迷ってしまうほど。観光名所などは名称で尋ねることができますが、お店やレストランなどは店名よりも住所を聞いたほうが早いので、通りの名前と番地を控えておいたほうが無難です。今はスマホがあるので道を聞くことはあまり必要なくなりましたが、もし道を聞くなら「Donde es 〇〇〇?(ドンデ・エス・〇〇〇?)=〇〇〇はどこですか?」と聞けばOKですよ!

kioscoで聞くのが確実!

道行く人に聞いても、その人が地元の人とは限りません。
特に観光地の多い中心街では外国人や地方の人も多いので、間違えた場所を言われることも。確実に道を聞くには、写真のような街の売店「キオスコ(kiosco)」で聞きましょう。

レストランで使えるスペイン語

旅行中に必ず訪れるレストラン。
和食料理店でない限り、絶対に日本語は通じません。観光地のレストランで英語のメニューを置いているお店はありますがごく一部で、スタッフが英語をきっちり話すお店は更に少ないのが現状です。レストランでは最低限覚えていただきたいのは以下。
Carta porfavor(カルタ・ポルファボール)=メニューをお願いします。
Tique poefavor(ティケ・ポルファボール)=支払いお願いします
他には「買い物で使えるスペイン語」で記載した現金やカードさえ話せればOK!
メニューは指をさしてポルファボールで通じます☆
メニュー内容は「Bife」はステーキ、「Carne(カルネ)」は肉、「Pollo(ポショ)」は鶏を指しています。

タクシーやレミス(ハイヤー)で使えるスペイン語

観光の足となるタクシーでは99%英語は通じないので、行きたい場所や住所を事前にメモして渡すのが賢明です。その際には「Hasta ahi porfavor(アスタ・アイ・ポルファボール)」と言って紙を渡しましょう。
タクシーは自動ドアではないので自分で開け閉めしましょう。支払いは現金のみでカードは使用できません。中にはドルで請求してくるタクシーもいますが、その場合はぼったくりであることが多いので要注意ですよ!

まとめ

いかがでしたか?
アルゼンチン旅行で必ず必要になるスペイン語と、アルゼンチン独特の表現や発音をご紹介しました。ホテルや空港以外では英語すら通じない場所が多いので、スマホの翻訳機能や簡易辞書などを持ち歩くことをオススメします。
筆者はブエノスアイレス市内に住んでいるので、何かわからないことがあれば以下のリンクからご質問など、お気軽にご連絡ください☆

ゆみか

皆さんの旅の参考になりますように…♡

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • アルゼンチンおすすめのお土産まとめ!旅行で絶対買いたいお...

    せっかく世界一遠い国アルゼンチンに行ったら、お土産は絶対にゲットしたいですよね!「でも一体アルゼンチンのお土産って何?」と思う方は多いはず!そこで今日は、ブエノスアイレス在住の筆者が日本に一時帰国する時に必ず買って帰るお土産をご紹介したいと思います。目上の方に渡せる少し高級なものから、友人に渡す美味しくてリーズナブルなものまでありますよ☆アルゼンチン旅行に行く前に要チェックです☆

  • アルゼンチン発祥ブランド3選!ハイブランドからカジュアル...

    「南米のパリ」と呼ばれる程、個性的でオシャレなアルゼンチン。太陽の国の女子たちは一体どんなブランドの服を着ているのでしょう?そこで今日は日本ではほとんど馴染みのないアルゼンチン発のファッションブランドを厳選して3軒ご紹介したいと思います。どのブランドもアルゼンチン国内では本当に人気の高いブランドばかり!ハイブランドからカジュアルブランドまで揃います♪女性陣、必見ですよっ!!

  • アルゼンチン定番グルメ6選!ブエノスアイレス在住者が教えます

    地球の反対に位置するアルゼンチン。サッカーやタンゴで有名な国のグルメは、日本ではまだあまり知られていないですよね!「南米のパリ」と呼ばれ、イタリア系移民の多い牛肉大国に来たら是非食べていただきたいグルメはたくさんあるのです!そこで今日は、ブエノスアイレス市内在住の筆者が、アルゼンチンの名物グルメを厳選して6つご紹介したいと思います。日本では絶対に食べられない物もあるので、要チェックです☆空腹の方、閲覧注意ですよ。

  • アルゼンチン・ブエノスアイレスで本場のタンゴショー観賞!...

    アルゼンチンに滞在する時には、本場のタンゴショーを観劇しないと勿体ない!!タンゴショーはほとんどがディナーショーなので、美味しいアルゼンチン料理に舌鼓を打ちながら、最高のワインを片手に、究極のタンゴショーを観劇できます。そこで今日はブエノスアイレス市内で、本格派タンゴショーを見ることのできるタンゴハウスを厳選してご紹介したいと思います。

  • アルゼンチン・ブエノスアイレスの人気3大ショッピングセンタ...

    アルゼンチンの首都ブエノスアイレスでショッピングを楽しむなら絶対に外せないショッピングセンターがあるんです。地元の人がこぞって訪れる、市内で特に有名で大型ショッピングセンターを3軒ご紹介します。観光地からも近くアクセス抜群!!アルゼンチン発の有名ブランドが揃うショッッピングセンターばかり。付近の観光スポットと併せて楽しみましょう♪それでは早速ご覧ください☆

  • サブロッソなアルゼンチンの郷土料理14選!ご飯を訪ねて三千里!

    南米、アルゼンチン。細長ーいチリのお隣の国。筆者が旅をしていた時、「アルゼンチンは、ワイン!牛肉!チョコレートだ!! 太るぜ!」とヨーロピアンの旅人に言われた記憶があります…。とはいえ国土の広いアルゼンチン。地域によっていろいろな郷土料理があるのです。今回は、地域別に紹介したいと思います。「懐かしい!」「食べてみたい!」「行ったら食べなきゃ〜!」と思っていただけたら、この上なく幸せです♡

このエリアの新着記事
  • アルゼンチンおすすめのお土産まとめ!旅行で絶対買いたいお...

    せっかく世界一遠い国アルゼンチンに行ったら、お土産は絶対にゲットしたいですよね!「でも一体アルゼンチンのお土産って何?」と思う方は多いはず!そこで今日は、ブエノスアイレス在住の筆者が日本に一時帰国する時に必ず買って帰るお土産をご紹介したいと思います。目上の方に渡せる少し高級なものから、友人に渡す美味しくてリーズナブルなものまでありますよ☆アルゼンチン旅行に行く前に要チェックです☆

  • アルゼンチン定番グルメ6選!ブエノスアイレス在住者が教えます

    地球の反対に位置するアルゼンチン。サッカーやタンゴで有名な国のグルメは、日本ではまだあまり知られていないですよね!「南米のパリ」と呼ばれ、イタリア系移民の多い牛肉大国に来たら是非食べていただきたいグルメはたくさんあるのです!そこで今日は、ブエノスアイレス市内在住の筆者が、アルゼンチンの名物グルメを厳選して6つご紹介したいと思います。日本では絶対に食べられない物もあるので、要チェックです☆空腹の方、閲覧注意ですよ。

  • アルゼンチン・ブエノスアイレスで本場のタンゴショー観賞!...

    アルゼンチンに滞在する時には、本場のタンゴショーを観劇しないと勿体ない!!タンゴショーはほとんどがディナーショーなので、美味しいアルゼンチン料理に舌鼓を打ちながら、最高のワインを片手に、究極のタンゴショーを観劇できます。そこで今日はブエノスアイレス市内で、本格派タンゴショーを見ることのできるタンゴハウスを厳選してご紹介したいと思います。

  • コルドバおすすめ観光スポット5選!植民地時代の面影を色濃く...

    コルドバはアルゼンチン第2の都市。でも歴史的には、首都のブエノスアイレスに先立って建造された植民都市です。由緒ある数々の建築物にはコルドバが歩んだ豊かな歴史が鮮やかに刻印されています。そんな見どころ盛りだくさんのコルドバのなかから、見逃せない観光スポットを厳選して紹介しましょう。

  • アルゼンチン基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    南米アルゼンチンと聞いて何を思い浮かべますか?アルゼンチンタンゴやパソドプレなどの情熱的な音楽と、南米ではブラジルに次いで2番目に大きな大地で見られる雄大な自然など、興味深いものがたくさん。今回は、そんなアルゼンチンに行く前に知っておきたい祝日・祭日とビジネスアワーをご紹介します。

  • アルゼンチンのおすすめ観光スポット15選!「南米のパリ」の...

    日本とはほぼ地球の反対側にあるアルゼンチン!自然豊かな上、ヨーロッパの影響も受けながら、自国文化を発展させていったという独自性も感じられるスポットがたくさんあります。ここでは南米の大国アルゼンチンで行きたいおすすめのスポットをご紹介!

  • コスパが最高!アルゼンチンでおすすめの白ワイン&ロゼワイン...

    今やフランスのみならず、各地で作られているワイン。品質も高く評判のいいワインがたくさんあるんです。なかでもアルゼンチンのワインは、コスパもよいと話題のワイン。そんなアルゼンチンのおすすめ白ワインとロゼワインを紹介します。

  • アルゼンチンで飲みたい!絶品赤ワイン

    ワインの産地として名前をよくきくようになったアルゼンチン。アルゼンチン産ワインはコスパがよく、飲みやすいといわれています。そんなアルゼンチンのおすすめワインを紹介します。

  • アルゼンチンのお洒落なファッションストアはここ!南米のパ...

    アルゼンチンの首都ブエノスアイレスは南米のパリとも呼ばれ、オシャレなブティックがたくさんあります。今回は女性向けアパレルを中心に、おすすめのショップをご紹介します。日本ではすでによく知られているブランドから、日本には店舗を持っていない新進ブランドもあります。必見です!

  • アルゼンチン・ブエノスアイレスの可愛い生活雑貨ショップ!...

    アルゼンチンの首都、ブエノスアイレス。現在の人口は約1240万人。アルゼンチンの全人口の約30%以上が住むこの町には、可愛い生活グッズのお店がたくさんあります。旅行の際には、ご家族お友達へのお土産としてや、自分用に旅の記念に雑貨購入するのもおすすめです!今回は、地元でも人気の可愛い生活雑貨ショップを紹介します。

このエリアの人気記事
新着記事