鹿児島の人気お土産おすすめ15選!限定から定番のお土産まで全部ご紹介します!!

102,023

views

0

鹿児島のお土産といえば、何を思い浮かべるでしょうか?鹿児島には名産品が多く、バラエティ豊かなお土産が揃っています。ここではおすすめの鹿児島のお土産を厳選して15個ご紹介!

鹿児島のお土産1: パティスリーヤナギムラの薩摩チョコチップス

鹿児島の名産物・薩摩芋とビターチョコが出会った絶妙な新感覚の鹿児島スイーツが“薩摩チョコチップス”。1998年(平成10年)創業の「パティスリー ヤナギムラ」さんの鹿児島のお土産です!

芋焼酎の原料にも使用される鹿児島産の黄金千貫(こがねせんがん)を、パリパリのチップスにして、ビターチョコでコーティングした、鹿児島ブランドスイーツ認定商品。
コーティングされたチョコレートは、カカオ52%とほろ苦い大人な味わいで、さつま芋本来の甘さを絶妙に引き立てています。ビターで大人の味を味わえるので、女性にも男性にも人気が高いスイーツです。

その実力は、2008年度の鹿児島県新加工食品コンクール・さつまいも加工食品部門で最優秀賞を受賞するほど。今ではすっかり“ヤナギムラ”の看板商品となっています。
そんなヤナギムラは、厳選素材で一つひとつ手作りするケーキや菓子が人気のお店で、鹿児島市内の武岡本店の他、市内と鹿児島県内に路面店があり、鹿児島中央駅・イオンモール鹿児島店内の店舗と合わせて、現在は5軒お店を構えています。

地元の人にも愛されている本店は少し離れていますが、行ってみる価値はアリ!

鹿児島市の住宅街・武岡に本店があります。三角の屋根がかわいい、スイーツショップです。JR鹿児島中央駅から市営バスで、明和県営住宅前行き10分、武岡小前下車すぐにあります。ちょっと遠くても大丈夫、JR鹿児島中央駅の土産横丁や、市内鹿児島のお土産店でも買えますので、安心して下さいね。

PATISSERIE YANAGIMURA 武岡本店
住所:
鹿児島県鹿児島市武岡1丁目19-3
営業時間:
10:00~20:00
電話番号:
099-283-0382
アクセス:
JR鹿児島中央駅から市営バス明和県営住宅前行きで10分、武岡小前下車すぐ
料金:
薩摩チョコチップス130g 648円

鹿児島のお土産2: フェスティバロの焼からいも 太白

唐芋菓子専門店Festivalo(フェスティバロ)の鹿児島のお土産“焼からいも 太白(たいはく)”は、今ではほとんど生産されていない伝説の唐芋の太白を使ったスイートポテトです。

甘みが少ないホクホクの芋に、秘伝の焦がし醤油をベースにした自家製タレを塗って、甘辛く仕上げています。

素材の「太白」とは100年前の幻の唐芋と呼ばれる、最も古い品種の芋です。
甘味が少なく、ほくほくしているのが特徴。蒸すとジャガイモのようになり、主食にもなるお芋です。
そんなお芋を、あま~いスイートポテトではなく、甘辛いスイートポテトに仕上げました!その気になる味をぜひお試しあれ。何個でも食べたくなりますよ。

その他フェスティバロには、唐芋レアケーキやスイートポテトなど、お芋を使ったお菓子が多数!濃厚な芋の旨味を存分に堪能できるお菓子ばかりです。

創業本店は鹿児島県の鹿屋市、鹿児島湾を渡った、大隅半島の南にありますよ。

本店はちょっと、遠いですが、旗艦店が天文館フェスティバロにあるんです。
鹿児島の繁華街、天文館通にあるので、是非立ち寄って下さい。あと、定休日はなんと、年一回元旦だけ!

その他、鹿児島市内にある直営店は、“天文館フェスティバロ 唐芋ワールド”天文館フェスティバロ、えきマチ1丁目鹿児島店、アミュプラザ鹿児島店に3件。
天文館の“天文館フェスティバロ 唐芋ワールド”の2階には焼き芋ジュースも味わえますよ。 その他地元デパートの山形屋さんや、鹿児島空港でもこちらの鹿児島のお土産を買うことができますよ。

旗艦店 天文館フェスティバロ
住所:
鹿児島県鹿児島市呉服町1-1
営業時間:
09:00~20:00
電話番号:
099-239-1333
アクセス:
鹿児島市電天文館通駅より徒歩1分
定休日:
1月1日のみ
料金:
太白5個入り864円

鹿児島のお土産3:明石屋の軽羹(かるかん)

有名な軽羹(かるかん)は、鹿児島をはじめとした九州地方特産の和菓子。
江戸時代より親しまれている銘菓です。素朴な味わい、風味豊かな自然薯(じねんじょ)の独特の香りと、ふんわりとしたやわらかな口当たりがクセになります。

薩摩の殿様の大好物で、1854年(安政元年)時の藩主島津斉彬公のお声がかりで生まれた銘菓「軽羹」。もとは殿さま菓子と呼ばれ、庶民の口に入るようになり、鹿児島のお土産として知られるようになったのは昭和以降。

風味豊かな自然薯の独特の香りと柔らかな口あたり。 しっとりとしたほのかな甘みと素朴な味わいに薩摩の心を感じます。

鹿児島ではたくさんのお菓子やさんが鹿児島のお土産として軽羹を作っていますが、明石屋の軽羹は甘さ控えめ。

かるかん粉は米粉の一種で、うるち米を水洗いして、ひびを作り、粗く挽いた粉で、鹿児島県内を中心とした数社で製粉され、市販もされています。

元祖の「明石屋」の歴史は、弘化4年(1847年)にまで、更にさかのぼります。
伝統を受け継ぐ明石屋の軽羹は、米粉と砂糖、自然薯の相性が抜群。良質な自然薯を使い、ふわふわと軽い口当たりに仕上げています。

オリジナルの軽羹の他、ふわふわの軽羹生地に小豆の餡を入れた「軽羹饅頭(かるかんまんじゅう)」もあり。真っ白なお饅頭はとっても上品で、特別な鹿児島のお土産にも最適です。

賞味期限は、軽羹・軽羹饅頭共に8日間なので早めに食べて下さいね。
そして、軽羹の美味しい食べ方としてHPで紹介されているのが電子レンジや蒸し器を使う食べ方も。是非、「軽羹」を試してみてください。

明石屋 本店
住所:
鹿児島市金生町4-16
営業時間:
09:00~19:00
電話番号:
0120-080-431
アクセス:
鹿児島市電朝日通駅より徒歩1分
料金:
軽羹8号1188円

鹿児島のお土産4: 燃えろ薩摩家ぷりんのプリン

2013年にオープンしたばかりの「燃えろ薩摩家ぷりん」は、さつま揚げの薩摩家が手掛けるプリン専門店。名前も「燃えろ薩摩家ぷりん」とインパクト大!さつま揚げで有名な薩摩家さんが手掛けるユニークなプリンです。
霧島牛乳や安納芋など、鹿児島の特産品を活かしたユニークな本格プリンは、素材にも作り方にもこだわりました。ここが重要!コラーゲン入りで、口どけなめらかなプリンなんです!
肝心のお味はもちろん、新鮮な生クリームをたっぷりと使用し、丁寧に蒸し上げて、“天然のバニラビーンズ”をさやごと牛乳で煮出し、人口的な甘味料では味わえない、深く柔らに仕上がりになりました。もちろんバニラの香りも存分に楽しめますよ。
定番の味だからこそ、しっとりなめらかな口当たりと、コクのある濃厚な味わいが特長です。
“焼酎ぷりん”や“知覧茶ぷりん””種子島安納芋プリン””納芋いも””ノーマル”など、バリエーションも本当にたくさんで鹿児島のお土産にピッタリ。

さらに、2015年(平成27年)年1月20日から鹿児島名物・氷白熊をイメージしたオリジナルのプリンも登場!
“え、鹿児島で白くま??”というあなた、ぜひお店の人に名前の由来を聞いてみてください。
練乳をたっぷり使ったミルキーなプリンに、フルーツをたっぷりと盛り付けられています。プリンのまろやかな甘さと、フルーツの甘酸っぱさが絶妙に溶け合いますよ。

ほろ苦いカラメルソースとも相性抜群です。鹿児島素材を使ったオリジナルプリンとの詰め合わせボックスは、女性にはもちろん男性にも人気商品。ユニークなネーミングがちょっと笑える、話題性のある鹿児島のお土産です。ぜひ、買ってみてください。

燃えろ薩摩家ぷりん 鹿児島中央駅 えきマチ1丁目店
住所:
鹿児島県鹿児島市中央町1番1号
営業時間:
08:00~21:00
電話番号:
099-204-9911
アクセス:
鹿児島中央駅改札口正面
定休日:
無休
料金:
薩摩家ぷりん1個 290円

鹿児島のお土産5: 鹿児島風月堂のさつまどりサブレ

出典: omiyage-m.com

1919年(大正8年)創業の鹿児島風月堂は、日本焼き菓子近代化の地として知られる薩摩で、伝統を受け継ぎながら菓子を作り続ける老舗菓子店です。なんと日本の焼き菓子の近代化は薩摩からは始まりました。
そんな風月堂が手掛けるさつまサブレは、天然記念物の「さつまどり」をイメージして作られたかわいい鹿児島のお土産です。
さつまどりサブレは 薩摩生まれ(薩摩藩士が作り) 薩摩育ち(薩摩藩士が育てた) 薩摩の味、薩摩の誉れです。

南九州産の卵や垂水の温泉水、九州産のバターなど、鹿児島産素材にこだわったやさしい味わいのさつまどりサブレは、サクッとした食感と、口の中で広がる豊かな香りが自慢。見た目も可愛らしく女子ウケ抜群です。

風月堂には、おいしさの歴史がたくさんあります。
2008年(平成20年)兵庫県姫路市において開催された第25回全国菓子大博覧会にて「さつまどりサブレ」は最高位である名誉総裁賞(文化部門)を受賞いたしました。
さつまどりサブレは1964年(昭和39年)の生誕以来、鹿児島の焼き菓子としてその伝統を守り続けています。1973年(昭和48年)太陽国体の際、昭和天皇がご来鹿された折には献上の誉に与かりました。
伝統のある鹿児島のお土産を買いたい方にはお勧めです。

プレーンや紫芋、知覧茶、黒酢黒糖など、さまざまな味で楽しめます。ちょっとしたお土産に便利な5枚入りから、大人数へも対応できる48枚入りまで、用途に合わせて選べるのも嬉しいポイントです。

ちなみに、薩摩鶏(さつまどり)は、江戸時代に薩摩藩内で創り出された闘鶏の一種で、体も大きく気性が激しい鶏なんですよ。穏やかな姿のサブレからは想像できませんね。

風月堂 鹿児島山形屋店
住所:
鹿児島県鹿児島市金生町3-1 鹿児島山形屋 1号館B1F
営業時間:
10:00~20:00
電話番号:
099-227-6111
アクセス:
鹿児島市電朝日通駅より徒歩3分
定休日:
不定休※山形屋の休日に準ずる
料金:
さつまどりサブレプレーン5枚入り432円

鹿児島のお土産6: 城山観光ホテルの知覧茶ジャム

鹿児島のお茶といえば知覧茶。その知覧茶をふんだんに使用した「知覧茶ジャム」は、ふんわりと茶が香るミルクジャムで鹿児島のお土産としてもお勧め。濃厚なミルクの中に、茶葉の香りが生きています。もちろん色も天然のお茶の色。着色料は使用していません。

静岡県に次ぎ、実はお茶の生産量全国2位を誇る鹿児島。特に知覧茶は、全国茶品評会でも日本一を受賞するほどの美味しいお茶です。そんな知覧茶を活かしたホテルメイドのご当地ジャムは、特別なお土産にも最適ですよ。

鹿児島県は、日本を代表するお茶どころで、お茶の生産量は全国2位です。中でも知覧茶は全国茶品評会で2年連続日本一を受賞し、その品質は折り紙付きです。
知覧茶をふんだんに使用し、茶葉の香りや色を損なわないよう、濃厚なミルクを合わせ、とことん鮮度にこだわって作っています。着色料は使用せず、地産地消・安心安全な素材にこだわったとか。
素材にこだわるあの方へのお土産にどうぞ。
他にも、安納芋ジャムや知覧紅茶ジャムなど、3種の鹿児島らしいジャムがあります。
1日限定数で販売。無くなり次第終了なので、ご注意を。

賞味期限は1ヶ月で、市内のデパートやお土産でも屋さんでも買えますが、一度、鹿児島市内から運行されている無料送迎バスで、ホテルに行ってみては。
桜島の姿がとっても素晴らしい眺めです。

城山観光ホテル山形屋店
住所:
鹿児島県鹿児島市金生町3-1 鹿児島山形屋 1号館B1F
営業時間:
10:00~20:00
電話番号:
099-224-2211(ホテル代表電話)
アクセス:
鹿児島市電朝日通駅より徒歩3分
定休日:
不定休※山形屋の休日に準ずる
料金:
知覧茶ジャム580円

鹿児島のお土産7: 月揚庵のさつま揚げ

月揚庵のさつま揚げは、鹿児島県産の素材にこだわって作られています。ごはんのおかずや、オヤツにもなるさつま揚げ、は、お酒のおつまみにもぴったりなので、男性への鹿児島のお土産にもおすすめです。
古くから鹿児島に伝わる薩摩料理のひとつ、琉球の揚げ物“チキアーキ”から伝承したとされる料理で、地元の方には“つきあげ”と呼ばれています。

モダンな雰囲気の月揚庵天文館店には実演コーナーがあり、揚げたてのさつま揚げを試食しながら、選ぶことができます。季節の限定商品や明太子のさつま揚げなど、人気のさつま揚げが無料で味わえるおすすめスポットです。
揚げたてのさつまあげを1枚から購入可能。オリジナルの詰め合わせも対応してくれます。試食をしながらお気に入りのさつまあげを見つけてみて下さい。

こんなにすごい月揚庵のさつま揚げ、な、なんと工場見学だけではなく、工場体験まで!!!実際にさつまあげ作りも体験できます。
さつまあげ作りでは、すり身に好みの具を入れ自由に模って(かたどって)、あなただけのオリジナルを作れます。揚げたてをその場で食べて頂き、さつまあげのおいしさと魅力をぜひご体験ください。
お土産を購入するだけではなく、こんな体験ができるのは魅力的ですね!

工場はJR指宿枕崎線・坂之上駅より車で10分、鹿児島県鹿児島市谷山港にあります。
工場体験:1ヶ月位前・工場見学:1週間前まで。詳しくはHPを見てください。

お土産は、“月揚庵 天文館店”で買うことができます。鹿児島市電天文館通駅より徒歩1分、定休日はありません。

月揚庵 天文館店
住所:
鹿児島県鹿児島市千日町15‐4
営業時間:
09:00~20:00
電話番号:
099-248-9100
アクセス:
鹿児島市電天文館通駅より徒歩1分
定休日:
なし
料金:
さつまあげ月の華3240円など

鹿児島のお土産8: 肉の名門 島田屋の手造りチャーシュー

肉の名門・島田屋は、1926年(大正15年)に鹿児島で創業した老舗です。
日本海軍の船乗り達が始めた肉屋「海軍屋」がルーツだとか。
創生期から続く秘伝の製法で作られる製品は、鹿児島で育った黒豚・黒牛・地鶏の美味しさに感動します。

お店では、鹿児島産黒豚や黒毛和牛の生肉や加工品を販売しています。黒豚しゃぶしゃぶ肉や、黒毛和牛ステーキ肉もおすすめですが、鹿児島のお土産に人気なのが手作りのチャーシューです。

きめ細かい肉質の鹿児島県産黒豚を使った手造りチャーシューは、臭みやクセがなく食べやすいのが特徴。厚みのある黒豚を、しょうゆベースの特製ダレで煮込み、濃厚なチャーシューに仕上げています。食べると肉の旨みが口の中に広がります。

そのままおつまみにしても美味しいですが、ラーメンに入れたり、ご飯に乗せてチャーシュー丼にするのもおすすめ。チャーハンに入れても美味しいですよ。

畜産王国といわれる鹿児島。牛(黒毛和牛種)および豚の飼養頭数、鶏の飼養頭羽数がすべて全国第1位と、生産量だけ見ても畜産王国と言われています。
黒豚・黒牛王国の本場の味をご家庭で手軽にお楽しみいただけるので、お土産にも最適です。

JR日豊本線の鹿児島駅・鹿児島市交通局の市電鹿児島駅前駅から徒歩2分の近さです。
桜島へ行く鹿児島本港や、かごしま水族館に行く際、ぜひ立ち寄ってみてください。

島田屋
住所:
鹿児島県鹿児島市上本町15-9
営業時間:
10:00~18:30
電話番号:
099-226-2088
アクセス:
鹿児島駅より徒歩4分
定休日:
正月(日・祝は店等販売のみ)
料金:
鹿児島産黒豚焼豚3700円

鹿児島のお土産9: 黒かつ亭の“かごしま黒豚肉まん 黒ぶた侍”

かわいすぎ!美味しすぎ!大人気の鹿児島のお土産は、とんかつ専門店で販売中の、かごしま黒豚を使った愛嬌たっぷりの肉まん。鹿児島中央駅近くにある人気のとんかつ屋さん「黒かつ亭」がプロデュースしている「かごしま黒豚肉まん 黒ぶた侍」です。

出典: omiyage-m.com

食べてしまうのがもったいないのと、耳から食べるか、鼻から食べるか、ガッツリ真ん丸の顔からたべるか、いつも悩みます。

皮には、竹炭が練り込まれている生地を使い、ふっくらとした顔をイメージして黒い肉まんに、お耳があり、白い眼と口がユニーク。
顔を表現しているので、一つひとつ手作りされているとか。もらったら絶対笑顔がこぼれる、お茶目な豚まん。

中には、鹿児島県産の黒豚がぎっしりと包まれています。白菜や椎茸、食感のアクセントに筍も合わせ、噛むたびに素材の旨味が溢れ出す逸品ですよ。

真っ黒な豚まんには、鹿児島県産の黒豚が包まれ、シューシーでふわふわ。椎茸や筍がアクセントに入っていて、噛むほどに美味しいんです。バツグンのインパクトで、お子さんにも喜ばれますよ。
メディアも大注目している黒ぶた侍は2009年(平成21年)の『かごしまの新特産品コンクール』で、最優秀賞の県知事賞を受賞しました。

商品は全て手造りのなので、多くの量が出来ないのが残念。そして賞味期限は冷凍で3ヶ月です。

この豚まんは、“黒かつ亭 天文館店”、“JR鹿児島中央駅のみやげ横丁”と、“鹿児島空港の売店”で買えますよ。

黒かつ亭 中央駅本店  
住所:
鹿児島県鹿児島市中央町16-9 中原ビル1F
電話番号:
099-285-2300
営業時間:
11:00~15:30/17:00~22:00
アクセス:
JR鹿児島本線鹿児島中央駅より徒歩5分
定休日:
年末年始
料金:
黒ぶた侍3個1296円

鹿児島のお土産10: 手づくり鹿児島黒豚みそ

鹿児島といえば黒豚。その黒豚を贅沢に使い、味噌とからめたのが『黒豚みそ』です。

そんな「豚みそ」は、古くから親しまれている鹿児島生まれの伝統的な常備菜で日持ちすることから鹿児島のお土産としてもおすすめ。

鹿児島の黒豚肉は、筋繊維が細いという特徴を持つため、歯切れがよく、やわらかいのが特徴で、タンパク質、ビタミンB群の他、うま味成分であるアミノ酸を多く含んでいます。
さらにサツマイモを含んだ飼料を食べさせることにより、うま味、甘みが増すとともに、脂肪の融点が高くなり、脂がベトつかず、さっぱりとして全国的に人気があります。
「手造り鹿児島黒豚みそ」は、鹿児島県産の粗挽き黒豚肉を贅沢に使用し、麦味噌やお砂糖などと合せてじっくりと煮込んでいます。

ミンチ状の黒豚肉に味噌、みりん、砂糖などを加えてじっくり煮詰めた甘辛いお味噌です。あたたかいご飯にはもちろん、野菜スティックにつけるとお酒の肴としてもぴったり。

豚の旨味が染み込んだ甘辛い味噌は、ホカホカご飯のおともや野菜スティックに付けておつまみに。お酒好きの人へのお土産にもおすすめです。コンパクトな瓶に入っているので、ちょっとしたお土産に最適ですよ。とくにご飯やお酒のお供に最適で、どんなお酒とも相性抜群です。

鹿児島中央駅えきマチ1丁目にある、鹿児島黒豚をはじめ、鹿児島産の食肉を販売する「旬彩館」で購入できます。

鹿児島黒豚と麦味噌の旨味が凝縮されたふるさとの味。一度食べたら、やめられない??ごはん、お弁当のおかずとして、お茶うけ、お酒のおつまみ、お子様のおやつとして、もちろん鹿児島のお土産や贈答品としても大人気です!

旬鮮館
住所:
鹿児島市中央町1番1
営業時間:
08:00~21:00
電話番号:
099-298-1129
アクセス:
JR鹿児島中央駅改札前えきマチ1丁目
定休日:
無休
料金:
鹿児島黒豚みそ1箱 650円

鹿児島のお土産11: 珍味かごやの鰹チャンジャ

創業は1967年(昭和42年)4月、珍味や佃煮を扱う“珍味かごや”さんは、創業40年の老舗です。
松前漬けやいかの塩辛、野沢菜漬けなど、美味しい商品を多数扱っています。そんなか数ある商品の中でも、1番人気の鹿児島のお土産が「鰹チャンジャ」です!

鹿児島県産の厳選された鰹だけを使用し、コチュジャンをベースに唐辛子やにんにく、豆板醤・魚醤などの調味料を独自のバランスで整えしっかり漬け込んでいます。

使用する原料は酒盗等にも酒盗(しゅとう)にも使われる厳選された鰹内臓のみ使って、5㎏の鰹から約30g程しか取れない胃と腸を、丁寧に下処理をした後塩に漬け込み熟成させています。

凝縮された旨味が絶品!ホカホカご飯に乗せれば、それだけで絶品料理の完成です。
鰹チャンジャは、芋焼酎との相性抜群。ご飯のおともにもおつまみにもなる人気の鹿児島のお土産です。鹿児島の焼酎と一緒にお土産にするのはいかがですか?
辛いのが苦手な方は、マヨネーズを少し足すとマイルドになりますよ。

鹿児島から南へ50Km、JR鹿児島中央駅から指宿枕崎線にのり、海を眺め、日本の最南端の駅・西大山を経由して、開聞岳見ながら汽車旅をすると、かつお漁の町・枕崎駅に到着します。なんと、かつお漁の一本釣り漁船で有名な、枕崎市では、ふるさと納税のお礼にも選ばれていますよ。

珍味かごや 武岡本店  
住所:
鹿児島県鹿児島市武岡5丁目8-2
営業時間:
10:00~18:00
電話番号:
0120-44-6363
アクセス:
JR鹿児島中央駅より車で10分
定休日:
年中無休
料金:
鰹チャンジャ500円

鹿児島のお土産12: 西郷どんのからしぶた

出典: omiyage-m.com

西郷隆盛の妻であるイト自慢の家庭料理「からしぶた」を再現したのが「西郷どんのからしぶた」です。150年前のレシピを再現し商品化された鹿児島のお土産です。そんな大昔の料理なんて、どんな味か気になりますよね。

そんな歴史と伝統のある霧島国際ホテルが当時の製法をそのままに秘伝の味を再現。
西郷隆盛の妻であるイトさん自慢の家庭料理を再現したので、ただの豚の角煮とは違うんです!鹿児島の豚の角煮の味とは違い「お酢の酸味と程よい辛み」のさっぱりとしたお味なんです。
もちろん西郷隆盛がたいそう気に入って、食べていたとか。

特徴はお正月やお祝い事など、めでたい日の特別料理として少しでも長く保存できるように抗菌作用をもつとされる”からしとお酢”を使用しているので、さっぱりと食べられるのも人気の理由。からしの香りがほのかに香るとろとろのお肉はたまりませんね。

そのままお酒のおつまみに、ほかほかのご飯で豚丼にしても美味しいですよ。歴史が好きな方へのお土産にぴったりです。

そのまま食べても美味しいですが、湯煎で3〜4分、電子レンジだと1分ほど温めて、お好みで「からし」を足すと美味しさが増すんですよ。

霧島国際ホテルの売店やJR鹿児島中央駅のえきマチ一丁目などで販売しています。

霧島国際ホテル
住所:
鹿児島県霧島市牧園町高千穂3930番地12
電話番号:
0995-78-2621
売店営業時間:
7:00~10:00/16:30~22:00
アクセス:
鹿児島空港より車で30分
定休日:
無休
料金:
西郷どんの からしぶた 1箱1296円

鹿児島のお土産13: 佐藤酒造の芋焼酎

明治39年創業の佐藤酒造が手掛ける芋焼酎は、霧島連峰の水の恵みから造られた鹿児島を代表する美味しい焼酎です。代表銘柄は、白麹仕込の「さつま」。口の中に広がる優しい味わいが特徴で、鹿児島のお土産としてだけではなく、地元でも昔から愛されています。

霧島といえば、霧島神宮・西郷公園・鹿児島神宮・韓国岳・えびの高原・高千穂峰など、じっくり観光したいスッポトが集まる魅力沢山の観光地。幕末動乱の時代には、土佐の坂本龍馬が今で言う新婚旅行に来たこともあるという有名な温泉です。
特に、霧島神宮内には、霧島の七不思議のうち、四つのスポットが点在しています。霧島神宮を訪れたなら拝殿はもちろん、樹齢800年、高さ37メートルの御神木も拝んで下さい。

いくつもの名湯が軒を連ねる霧島温泉郷から西に約9キロ、さほど遠くない距離に、芋焼酎で有名な佐藤酒造のある、牧園町宿窪田という土地があります。

「佐藤」の文字が入った白と黒の焼酎は、あまりにも有名ですよね。入手するのが難しいプレミア焼酎としても知られているので、本場で買うのがおすすめ。白いラベルは白麹仕込、黒いラベルは黒麹仕込です。

プレミア焼酎は、お酒好きには喜ばれること間違いなし!自分へのごほうびや、特別なお土産に最適です。

蔵元見学・試飲等もあるので、HPを確認して、時間に余裕をもって前もって電話をして、相談してみて下さい。

佐藤酒造
住所:
鹿児島県霧島市牧園町宿窪田2063
営業時間:
08:30~17:00
電話番号:
0995-76-0018
アクセス:
霧島温泉駅より車で8分
定休日:
日曜、祝日
料金:
さつま720ml1082円
aya_3104

国内外のおすすめの観光スポットやお土産など、旅をもっと楽しめるまとめを作っていきたいです。よろしくお願いします。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 鹿児島県の郷土料理「鶏飯」おすすめ店5選

    鹿児島県の奄美大島の郷土料理「鶏飯」はご存知ですか?鶏飯と書いて、けいはんと読むこの郷土料理は、お米の上に、ほぐした鶏肉、錦糸卵、パパイヤ漬け・島ミカンなどの南国の具材と薬味をのせ、スープをかけて食べる料理です。奄美大島の郷土料理ですが、鹿児島県のお店でも提供されています。今回は、本場の奄美大島と鹿児島県で鶏飯が食べられるオススメのお店を5店舗ご紹介いたします。

  • 鹿児島の人気観光スポットおすすめ25選!欠かさず行きたい定...

    九州最南端の県である鹿児島。最北端の北海道に負けないインパクトのある文化に恵まれています。芋焼酎やさつま揚げ、豚肉などグルメも魅力的ですが、今回は鹿児島を訪れたら必ず行ってほしい魅力的なスポットをご紹介しましょう!

  • 薩摩地鶏を本場で堪能!鹿児島の薩摩地鶏専門店おすすめ5選

    鹿児島にやってきたのなら、本場で堪能したいのが薩摩地鶏!その中でも薩摩地鶏を専門に扱っていて、おいしく食べられる5店をご紹介いたします。

  • 鹿児島県・甑島が絶景!おすすめ観光スポット&みどころ完全...

    鹿児島の甑島で自然に癒やされてみてはいかがでしょうか?圧倒的スケールがあり見るものを楽しませてくれます。長目の浜の砂の白さと海の青さに見とれるのも良いですし、ギャラリーヒラミネの展示作品も外せません。 強くて壮大で優しい、自然と人の営みに包まれましょう。

  • 鹿児島温泉の人気旅館まとめて厳選23選!

    鹿児島県には、市比野温泉・紫尾温泉・宮之城温泉・奥さつま温泉・諏訪温泉・阿久根温泉・長島温泉・指宿温泉といった温泉地があります。鹿児島ならではの景色と雰囲気を味わえて、贅沢に温泉に浸かることができる魅力的な鹿児島温泉!そこで今回は、鹿児島温泉の人気宿をまとめて23選をご紹介します!

  • 霧島のおすすめ観光スポット15選!建国神話が残る街!

    霧島は鹿児島県の中央に位置する市です。霧島には伝説文化が多く残り、また高千穂峰など風光明媚な土地として知られています。ここではそんな霧島のおすすめの観光スポットを紹介しましょう。

このエリアの新着記事
  • 鹿児島でおすすめのホテル15選!温泉・パワースポット巡りに!

    屋久杉などのパワースポットを始め、霧島温泉・たまご牧場といった癒し系観光スポットも多数ある鹿児島。初めて足を運ぶ方にとってはどこの宿に泊まれば良いものか悩んでしまうものですよね。そこで今回こちらでは、旅行好きの筆者が鹿児島で特におすすめのホテルについて15軒ご紹介させていただきます。

  • 霧島のおすすめ観光スポット15選!建国神話が残る街!

    霧島は鹿児島県の中央に位置する市です。霧島には伝説文化が多く残り、また高千穂峰など風光明媚な土地として知られています。ここではそんな霧島のおすすめの観光スポットを紹介しましょう。

  • 鹿児島温泉の人気旅館まとめて厳選23選!

    鹿児島県には、市比野温泉・紫尾温泉・宮之城温泉・奥さつま温泉・諏訪温泉・阿久根温泉・長島温泉・指宿温泉といった温泉地があります。鹿児島ならではの景色と雰囲気を味わえて、贅沢に温泉に浸かることができる魅力的な鹿児島温泉!そこで今回は、鹿児島温泉の人気宿をまとめて23選をご紹介します!

  • 鹿児島県・甑島が絶景!おすすめ観光スポット&みどころ完全...

    鹿児島の甑島で自然に癒やされてみてはいかがでしょうか?圧倒的スケールがあり見るものを楽しませてくれます。長目の浜の砂の白さと海の青さに見とれるのも良いですし、ギャラリーヒラミネの展示作品も外せません。 強くて壮大で優しい、自然と人の営みに包まれましょう。

  • H.I.S.発表!北海道から沖縄!夏の絶景ランキング20位をご紹介

    北海道から沖縄!夏の絶景ランキング20位をご紹介したいと思います。今年の夏は絶景を目的地に観光旅行をしてみるのもいいかもしれません。日本には海外に行ったような気分になれる、とても神秘的で素晴らしい絶景スポットがありました。

  • 鹿児島県の郷土料理「鶏飯」おすすめ店5選

    鹿児島県の奄美大島の郷土料理「鶏飯」はご存知ですか?鶏飯と書いて、けいはんと読むこの郷土料理は、お米の上に、ほぐした鶏肉、錦糸卵、パパイヤ漬け・島ミカンなどの南国の具材と薬味をのせ、スープをかけて食べる料理です。奄美大島の郷土料理ですが、鹿児島県のお店でも提供されています。今回は、本場の奄美大島と鹿児島県で鶏飯が食べられるオススメのお店を5店舗ご紹介いたします。

  • 鹿児島の人気観光スポットおすすめ25選!欠かさず行きたい定...

    九州最南端の県である鹿児島。最北端の北海道に負けないインパクトのある文化に恵まれています。芋焼酎やさつま揚げ、豚肉などグルメも魅力的ですが、今回は鹿児島を訪れたら必ず行ってほしい魅力的なスポットをご紹介しましょう!

  • 薩摩地鶏を本場で堪能!鹿児島の薩摩地鶏専門店おすすめ5選

    鹿児島にやってきたのなら、本場で堪能したいのが薩摩地鶏!その中でも薩摩地鶏を専門に扱っていて、おいしく食べられる5店をご紹介いたします。

  • 【鹿児島】新川渓谷(しんかわけいこく)温泉郷をバスで巡ろう!

    鹿児島県霧島市の山間に、渓谷に沿って点在する温泉施設があります。立ち寄り湯が可能なところが多く、路線バスで絶景の湯めぐりを楽しむことができる、温泉好きや旅行者に大人気のスポットなのです。

  • 鹿児島の人気観光スポット「霧島アートの森」!自然とアート...

    鹿児島には世界各国の芸術家による、自然を主役にしたような不思議な作品群が多くある美術館があります。それこそが霧島アートの森です。作品を通して自然を鑑賞し、独特の充足感を味わいましょう。

この記事のキーワード
このエリアの人気記事
新着記事