山口県の人気パワースポット「秋芳洞」天然記念物にも指定された鍾乳洞!

4,343

views

0

山口県の鍾乳洞「秋芳洞」がまるでトルコの世界遺産、「パムッカレ」そっくりと話題になっています!地下の鍾乳洞ならではの光の変化が大変美しく、鍾乳洞としては日本最大規模の秋芳洞。鍾乳洞の中は四季を通じて17℃に保たれていて、夏は涼しく、冬は外気より暖かく、年間を通して快適に探索できるのも魅力です。では、さっそく秋芳洞の美しさをご紹介しましょう♪

大鍾乳洞「秋芳洞」とは?!

自然ってすごい…!と思わずにはいられない光景ですね。ここは山口県美祢市の東、秋吉台にある地下100~200mにある鍾乳洞、「秋芳洞」。明治40年頃からイギリス人、エドワード・ガントレット氏が洞内を調査し、海外に広めたと言います。大正時代には国の天然記念物に指定され、さらに昭和天皇がご覧になられた際、「秋芳洞(あきよしどう)」という新しい名前を賜ったという、大変歴史ある鍾乳洞です。

秋芳洞は、入口が高さ24m、幅が8mあり、洞内の一番広いところは200m、天井の一番高いところは80mにまで達します。約1kmの観光ルートは見どころたくさん!

トルコの世界遺産と瓜二つ!

こちらがトルコの世界遺産「パムッカレ」。

そして、こちらが秋芳洞です。本当に地形がそっくりですねー!パムッカレは地上にありますが、秋芳洞は地下の鍾乳洞です。それゆえ、神秘的な雰囲気が醸し出されていて、本家にも負けず劣らずな風格があります!

秋芳洞内でじっくり見ておきたい場所

青天井

こちら、天井の高さが30m、幅が50mある、とても広く大きな空間となっています。ちょうど入口からの太陽の光が水面に反射して、水の青さが天井に映し出されて青っぽく見えることから「青天井」と言われています。

百枚皿

お皿を何枚も並べたように見えることから名づけられた百枚皿。棚田のような石灰華段丘になっています。なんとこのお皿の数は500枚を超えるそうです!さらにその大きさは直径4mほどのものもあるとか。この形状は、高さのある方から流れてくる地下水に含まれている石灰分が、皿状に沈積してできたものなんだそうです。

広庭(洞内富士)

富士山に見えますね!!

千町田

百枚皿と同じく棚田状になっていますが、規模は百枚皿より小さめです。また、百枚皿と違い、平坦な場所になっているのでお皿のそれぞれの面積がわりと大きくなっています。

傘づくし

天井からしたたり落ちる水が自然の作り上げた芸術品となっています!鍾乳石が群を成していて、まるで昔の傘屋さんの天井のようなんです。

石灰華柱(黄金柱)

秋芳洞の見どころのひとつである、黄金柱です。天井から洞床までつながっています。高さ15m、幅4mの巨大な柱です!天井から流れ落ちた地下水が岩壁をつたい、長い長い月日を経て出来上がった柱…。本当に自然には驚かされっぱなしです。絶好の写真スポットなので混雑必須!

石筍(巌窟王)

出典: photozou.jp

こちらは洞床から上へのびてます!変化が見事な石筍です。本当に不思議なかたちをしていますね。

くらげの滝のぼり

名前の通り、くらげが滝をのぼっているようだ…!

五月雨御殿

こちらも傘づくしのように、無数の鍾乳石が天井から垂れ下がっている大きめの空間です。どこも甲乙つけがたい、素晴らしい形状をしていますね。

いかがでしたか?海外にも引けを取らない大鍾乳洞「秋芳洞」。自然が作り出した造形美には本当にうっとりしてしまいますね。太陽の光が届かない洞内は温度が一定に保たれていることから、眼のないクモ、ヨコエビ、トビムシ、ゴミムシなど変わった生物も住んでいて、重要な研究地でもあるそうですよ!家族連れ、友人同士、カップルなど老若男女が楽しめる場所です。ぜひ足を運んでみませんか?

秋芳洞
住所:
山口県美祢市秋芳町秋吉3506-2
営業時間:
8:30~16:30
休業日:
年中無休
アクセス:
JR新山口駅からバスで45分
中国道 美祢ICから車で15分
小郡萩道路 秋吉台ICから車で5分
宇部空港から車で1時間
yuddy

国内外問わず旅行によく行きます。
旅、音楽、写真、グルメ、インテリアを好み
湘南エリアでゆるく生活中。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
この記事のキーワード
このエリアの人気記事