滋賀の絶景観光スポット「七つ釜」!奇岩の洞窟をカヤックで探索しよう!

5,197

views

0

日本の壮大な自然を味わえるスポットとして、佐賀県のある七つ釜を今回はご紹介します♪壮大な自然に、厳格な自然の力強さを体験できる魅力たっぷりのスポットでしょう!

海賊気分!?日本の魅惑の風景!七つ釜とは?

佐賀県唐津市の海岸に複数ある海食洞。1925年に天然記念物に登録された。7つの洞窟があることから、七つ釜と名付けられたが、実際はもっと存在する。天気のいい日には、遠くの壱岐・対馬も遠望できるのも魅力。

荒波に長い間さらされた岩が浸食され、その結果として生まれた景勝地。
断崖は奥深くまでえぐられており、7つ以上の洞窟が並んでいる姿が名称の由来なんだとか。
崖の上の草原には、展望台や遊歩道が整備されていて、多くの観光客が訪れるスポットになっています。

荒波に不思議に綺麗な海面!

少し不気味な七つ釜の洞窟の入口ですが、波の音としんみりとした洞靴の雰囲気はまさに、海賊の冒険のよう!映画「グラン・ブルー」のモデルになった土地とも言われています。遊覧船で岩と岩の間をすり抜けていくのが迫力満点!漆黒の岩ホントにキレイで長い年月波に削られたという事をスタッフが説明しながら奥へと進んでいきます。

海上から船で入る以外にも、陸路から洞窟内に行く事も可能です。駐車場に車を止め、階段を下りて小さな洞窟に入ります。船よりも洞窟内をマジマジと観察できることが魅力です。岩の形がまさに奇岩で、一つ一つが水晶のような形で、不思議な感覚を味わえます。木造家屋の柱のような形の玄武岩で、周りのエメラルドグリーンの海とのコントラストも魅力。大型連休は混み合いますが、普段の休日だったら、のんびり楽しめます。

荒々しい波とは裏腹に、美しい海面もまた、魅力の1つ。洞窟を少し遠くから眺めるのも人気。全体の雰囲気を感じやすく、まるで海外の映画の中にいるような、壮大な景色を体験できる。

ドキドキ!船やカヤックで洞くつ内探索!

大小、様々な洞窟の入口がある。ほとんどの観光客が大きめの入口から入る。洞窟によって中で貫通している場所もある。

海に面した場所にあり、遊覧船で洞窟の中に入ることが可能。ちなみに波の強い日は船で入ることは不可能。洞窟内は、真っ暗で不安を感じますが、それが冒険のようだと、観光客に人気。柱状節理が素晴らしく連なっており、景色が幻想的で、力強い自然を感じる事ができる。

七つ釜
住所:
佐賀県唐津市屋形石
電話番号:
0955-72-9127(唐津市観光課)
アクセス:
長崎自動車道多久ICから車で60分
定休日:
無休
営業時間:
七ツ釜遊覧船「イカ丸」9:30~16:30
料金:
七ツ釜遊覧船「イカ丸」大人1500円
おすすめ時期:
通年

海賊気分が味わえるスポットとして、七つ釜をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?不思議な奇岩や、荒々しい波、壮大な自然などドキドキワクワクすること間違いなしの観光スポットになっています!船で洞窟に入る事なんてあまりないので、海賊気分で冒険できる場所です。機会があれば、家族、友人、恋人と訪れてみてくださいね♪

滋賀のおすすめ記事はこちら

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
この記事のキーワード
新着記事