フィレンツェのお土産に悩んだら!フィレンツェっ子がおすすめするお土産ショップ

39,402

views

0

旅が楽しすぎて気がつくともう帰国が近づいてしまった、だけど、「お土産買ってない!」なんて経験ないですか?大急ぎでショッピングに行くにもどのお店がいいのかわからないし、せっかくだからフィレンツェでしか買えないものを買いたいし…。大好きなあの人に、お世話になってる先輩に、ご家族に、とっておきの1品が見つかるおすすめのショップをご紹介します。

カントゥッチ専門店アンティーコ・フォルノ・サンティ“イル・カントゥッチョ”

トスカーナの伝統ビスコッティといえばカントゥッチ。トスカーナ地方でルネッサンス時代に生まれた伝統菓子の一つで、アーモンド入りの硬いビスケットです。フィレンツェっ子がおすすめするカントゥッチ専門店がアンティーコ・フォルノ・サンティ“イル・カントゥッチョ”。全て手作りでどこか懐かしく美味しいカントゥッチをお土産にするのはいかがでしょうか?

中央市場のすぐ近くに位置すアンティーコ・フォルノ・サンティ“イル・カントゥッチョ”は、試食してから買うことができるので、お気に入りのフレーバーを見つけることができます。伝統的なフレーバーはアーモンド。チョコレートやドライフルーツが入ったカントゥッチなど、お店には6種類のフレーバーがあり、お土産にはミックスパッケージがおすすめ。

なおこちらのお店は、元は「Da Migliana(ダ・ミリアーナ)」と言う名前で営業されていました。数年前に本店と名前を合わせ「イル・カントゥッチョ(Il Cantuccio)」になりましたので、地元っ子やタクシーの運転手などに道を尋ねる際「イル・カントゥッチョ」で通じない場合は是非「ダ・ミリアーナ」と言ってみてください!
ちなみに食通の方・甘い物に目がない方の中には「あれ!?これってビスコッティって名前じゃないの!?」と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?ビスコッティとカントゥッチは厳密には材料に違いがあるのですが、今ではフィレンツェを除いてほとんどの地域で「ビスコッティ」と呼ばれるようになってしまいました。
その点からも「Cantucci」と書かれたパッケージはフィレンツェらしさが詰まったオススメアイテムと言えるでしょう。

アンティーコ・フォルノ・サンティ“イル・カントゥッチョ” (Antico Forno Santi)
住所:
Via Nazionale 121R, Firenze, Italy
アクセス:
フィレンツェ中央市場から徒歩1分
電話番号:
055 283566
定休日:
月曜日
営業時間:
10:30~13:30&15:30~19:30

中央市場のチーズ店、マルコ

中央市場でもフィレンツェっ子が買い物に来るチーズの専門店、マルコ。レストランのシェフも仕入れに来るほどの品質が自慢です。常時70種類以上のチーズと20種類以上の生ハム、サラミ、オリーブなども味見してからの購入も可能。

チーズなら羊のミルクからできたペコリーノやパスタに合うパルミジャーノ・レッジャーノ、ミルク入りモッツァレッラチーズのブッラータがおすすめ。最高品質のチーズがお手頃価格で購入できます。

生ハムはクラテッロやサン・ダニエレなどがおすすめ。真空パックにしてくれるので持ち運びも便利です。ただ、日本への肉類の持ち込み制限があるので、イタリア国内で食べてくださいね。

ちなみにこの中央市場は残念ながらスリ・ひったくりのメッカとしても有名です。イタリアは「犯罪の見本市!」と呼ばれるほど世界中からスリ・ひったくりのプロ集団が集まっており、特に観光都市フィレンツェにはたくさんのスリ・ひったくりがおります。是非お買い物の際は、荷物は必要最小限にし、カバンは出来たら斜め掛けのショルダーバックでチャックが閉まるものにしましょう。斜め掛けの出来ないバッグ(ハンドバック・トートバッグ等)は、あっという間にひったくられる可能性があります。また、人のポケットに手を入れたり、リュックサックのチャックをこっそり開けたりするのも彼らにとっては朝飯前!せっかくの旅行を最後まで楽しく過ごす為にも、どうぞ御手回り品には十分お気を付けください。

チーズ・生ハム店マルコ(Formaggio e Prosciutto MARCO)
住所:
Mercato Centrale S. Lorenzo, Via dell'Ariento, Firenze
アクセス:
サン・ロレンツオ教会すぐ近く
休業日:
日曜日
営業時間:
7:00~15:00(早めに閉店、不定期休業もあり要注意)
電話番号:
なし

革手袋専門店 ルチアーノ

フィレンツェは革製品が有名。サンロレンツォ地区には革のコートやバッグ、靴のショップが軒を連ねます。オシャレなフィレンツェっ子の冬のマストアイテムといえば、革製品。特に老舗手袋店、ルチアーノの手袋は人気です。特別なあの人へのお土産に革の手袋はいかがですか?

革の種類も多く、デザインもスタイリッシュ。

手袋以外にも、マフラーや帽子もあります。

日本の新聞にも取り上げられるほどの人気です!

新聞で取り上げられて以来、地元っ子からは「日本人に会いたくなったらルチアーノへ!」というジョークが生まれる程、いまや日本から来る観光客で一年中賑わっているルチアーノですが、それだけに語学に不安がある方でも安心してお買いものを楽しむことができます!
HPには日本語も載っており、店内にも所々に日本語の張り紙が出ています。日本語がわかる店員がいることもありますので、特に「自分の手にぴったりフィットする、とっておきの手袋が欲しい!」という方は、他をあたるよりも、ルチアーノでお買い求めになることをおすすめします。
北イタリアのフィレンツェは9月頃から一気に冷え込み、冬は驚くほど極寒の日が続きます。手袋、マフラー、ニット帽は街歩きの際の必須アイテムですので、是非旅の初日に買って愛用してみてはいかがでしょうか?冬は「使ってみて気に入ったので、翌日追加で購入…さらに翌日もう1つ購入…」という方もたくさんいらっしゃるみたいです!

手袋専門店・ルチアーノ(Luciano Gloves)
住所:
Via Por Santa Maria 10/R, 50122 Firenze Italy
営業時間:
10:00~19:30
アクセス:
ヴェッキオ橋すぐそば
電話番号:
055 210635
営業日:
無休

サンティッシマ・アンヌンツィアータ薬局

1561年創業の450年以上の歴史を持つ老舗薬局。ドゥオモから徒歩5分、フィレンツェで一番美しいと称されるサンティッシマ・アヌンツィアータ広場の近くに位置するアンヌンツィアータ薬局はフィレンツェ最古の薬局です。

老舗の歴史と風格が漂う店内には、ハーブを使った伝統的な製法のスキンケア商品や香水瓶が並びます。混雑していないのでゆっくりショッピング可能。サンプルを試せる日本で手に入らない商品もあるので、お土産にもぴったりです。

ハンドクリームやリップクリームが人気。

スキンケア商品も現地に滞在している日本人に愛用者が多いので、どうしても気になる方は使ってみてもよいのでは?と思います。ただ、顔周りで試すのは心配…という方にはボディソープがよいかもしれません。
店名の「アンヌンツィアータ」という言葉は少々覚えにくいですが、英語の「アナウンス(告知)」と同じ語源のイタリア語です。マリア様がキリスト様のご懐妊を告知されたこと(いわゆる“受胎告知”)を表すイタリア語で、レオナルド・ダ・ヴィンチの手がけた名画・ウフィツィ美術館(フィレンツェ)所蔵の「受胎告知」もイタリア人は「Annunciazione(アンヌンチアツィオーネ)」と呼ぶので、フィレンツェに滞在しているうちに自然とこの言葉も覚えてしまうことでしょう。

サンティッシマ・アンヌンツィアータ薬局(Farmacia Santissima Annunziata)
住所:
Via dei Servi 80/R, Firenze
アクセス:
ドゥオモから徒歩3分。サンティッシマ・アンヌンツィアータ広場
電話番号:
055 210738
定休日:
土曜日午後、日曜日、8月中旬&クリスマスから2週間
営業時間:
9:00~13:00&15:00~19:30

老舗バッグ店オッティーノ

高級イタリアンブランドのショップが軒を連ねるフィレンツェ。せっかくフィレンツェを訪れたのだから、フィレンツェだけのオリジナルブランドのバッグをお土産にするのはいかがでしょうか。

有名ブランドにも負けないくらい、品質もデザインも良質なフィレンツェ発のオッティーノは1830年に創業したレザーバッグのブランドです。王家の御用達だったオッティーノ。長い間、王室や貴族たちに愛されてきました。

現在も伝統を重んじて職人達がバッグを製作しています。バッグの他には革製の財布、ベルトなども人気。

公式ホームページは日本語版もありますので、事前に欲しいバッグや革製品の形やサイズ・色などをチェックしておくと、お買い物の際スムーズです。
上品かつ高貴な雰囲気ただよう店内は、少々入店するのに緊張してしまうかもしれませんが、小銭入れやベルトなどは100ユーロ未満のものもございますのでご安心を!
このあたりは周辺にも高価なジュエリー店や高級有名ブランド店が軒を連ねているので、お買い物に繰り出す際は、可能であればジーンズやスニーカーなどは避け、少しドレッシーな恰好をして行かれることをオススメします。目利きの店員が、それらを踏まえた、とっておきの逸品を見立ててくれることと思います。

オッティーノ(Ottino)
住所:
Via Porta Rossa 69/R, Firenze
アクセス:
シニョーリア広場から徒歩5分
電話番号:
055 212139
定休日:
日曜、12月25&26日、1月1日
営業時間:
月曜15:30-19:30、火~土曜10:00-19:30

クリスティーナ・マレッティ

フィレンツェっ子も通う市民の台所、中央市場にある食材店。お手頃で現地でしか手に入らない食材を買うことができます。パスタやポルチーニ茸、トリュフ、スパイスをお土産にしてはいかがですか?

出典: goldistra.eu

日本でも人気のトリュフ入り岩塩もお手頃な価格です。

ちなみにイタリア人は日本人以上に旬のモノを旬の時期に食べることを大切にしています。旅行者としては冬にトマトを買えたり、夏にキノコを買えたりした方がありがたいのですが、旬の時期を外すとフレッシュなものは一切店に出ていない場合も多いのでご注意を。トリュフ・ポルチーニ茸はだいたい9月の下旬頃から年内いっぱいが多く出回っております。
また、イタリアの値札は100gの値段だけ書かれていることが多いです。ユーロの計算もあるので電卓があると便利かもしれませんね!その際スマートフォンで計算される方はご注意を。こちらでもスリや軽犯罪が横行しており、片手でスマホの電卓機能を使っていた旅行者が、横からスッと現れたスリにあっという間にスマホを持って行かれてしまうという事件がつい最近もありました。ゆっくりで構いませんので、1つ1つの動作を落ち着いて行ってくださいね。

クリスティーナ・マレッティ(Cristina Manetti)
住所:
Mercato Centrale S. Lorenzo, Via dell'Ariento, Firenze
営業時間:
7:30~14:00
アクセス:
サン・ロレンツオ教会すぐそば、中央市場内
電話番号:
055 283154
休業日:
日曜日

イル・パピロ

イル・パピロ(Il Papiro)はフィレンツェの伝統工芸品のひとつ「マーブル紙」を中心とした紙製品を扱うお店です。1976年に創業した店は瞬く間にイタリアを越え、世界中で人気に火が付き、1984年にはアメリカ・ニューヨークに進出。その後オーストラリアやヨーロッパにも出店を重ね、いまや世界中にファンを持つ押しも押されぬイタリアきっての有名店となりました。
マーブル紙はイタリア語で「カルタ・マルモリッザータ(carta marmorizzata)」と言います。定番の紙そのものをお買い求めになるのももちろんオススメですし、持ち帰りには絵葉書やレターセットなども便利です。

また、写真のようなマーブル柄をあしらった小物類も長く愛用できる一品として人気です。特にマーブル柄の革小物類は、1つ1万円以上するものもあるのですが、フィレンツェの伝統工芸品であるマーブル柄と革製品との夢のコラボレーションとだけあって、飛ぶように売れています。
また、新婚旅行や記念日などでフィレンツェに足を運んだ方には革製のアルバムが人気。フィレンツェでの夢のようなひとときをフィレンツェならではのアイテムに閉じ込めておけば、いつまでも色あせることなく輝き続けることでしょう。
店内はとにかく商品点数が多いので、興味のある方は来店前にホームページで是非品定めをしてから向かいましょう。

イル・パピロ(Il Papiro)
住所:
Via de' Guicciardini, 47, 50125 Firenze FI
営業時間:
10:00~19:30
電話番号:
055 277 6351
定休日:
不定休
アクセス:
ピッティ宮殿よりすぐ

ラ・ボッテガ・デッローリオ

ラ・ボッテガ・デッローリオ(La bottega dell' olio)は「オイルの店」という意味のお店。イタリア人にとっての「オイル」の定番「オリーブオイル」を中心に、食材とキッチン関連グッズを豊富に取り揃えています。
こじんまりした温かみのある雰囲気の店内は、ひとたび足を踏み入れるとオリーブの爽やかで深い香りが鼻を抜けて心の底からリラックスできますよ。オリーブオイルをベースとした化粧品や食品、オリーブの木でできたキッチン雑貨まであり、その豊かなラインナップにはいついっても驚かされることでしょう。まずはフィレンツェのあるトスカーナ産のオリーブオイルから手に取ってみてはいかがでしょうか?

定番の食用オリーブオイルは、どれも可愛らしいボトルに入っているので思わずパケ買いしてしまいたくなること請け合いです。写真に写っている「ACETO」とは「お酢」を表すイタリア語。オリーブオイルにピッタリの関連商品も扱われているので料理好きな人は是非合わせてチェックしてみてくださいね。
逆に「オリーブオイルのことなどまったくわからない!」という人は、オーナーさんが丁寧に商品について解説してくれるので、アドバイスに沿って選んでみるのもよいかもしれません。
イタリア人にとってのオリーブオイルは、日本人にとってのお醤油やお味噌のような存在で、ご当地毎にまるで味が異なります。優しい味わいの物からピリっと舌にくるものまで様々なので、是非色々試してみてください。

ラ・ボッテガ・デッローリオ(La bottega dell' olio)
住所:
Piazza Del Limbo, 4/R Firenze
電話番号:
055 267 0468
営業時間:
月曜 14.30 - 18.30
火曜~土曜 10.00 - 13.00 ・ 14.00 - 18.30
定休日:
日曜日
アクセス:
ウフィツィ美術館から川沿いを徒歩約4分

スクリプトリウム

スクリプトリウム(SCRIPTORIUM)は知る人ぞ知る、フィレンツェの文房具やさんです。「スクリプトリウム」とはラテン語で「書斎」という意味。表通りからやや奥まったところにある店は、まさに「書斎」という名にふさわしい上質な静寂が広がっています。
普段使いの文房具としては少々値が張りますが、贈り物や旅の記念として買うのには最適なアイテムが店内にはずらり。工房も兼ねている為、店らしい店ではないのですが、気さくな店員さんが親切に最適なアイテムを選んでくれることでしょう。文房具以外に小物入れなどの雑貨類も置いてあり、こちらもちょっとしたプレゼントに最適です。

写真上のようなシーリングスタンプはヨーロッパらしいアイテムで素敵ですね。少々時間はかかりますが、店ではオリジナルのものも作ってもらうことが出来ますよ。また、フィレンツェのお土産として有名な革をあしらった製品は一年を通して人気です。
フィレンツェの街を歩いていると驚くほどたくさんの革小物の店があります。それもそのはず、フィレンツェのあるトスカーナ州はイタリアの一大革製品生産地で、その歴史は1200年頃までさかのぼるからです。特に色の出し方が巧みだと世界から賞賛されるフィレンツェの革製品。文房具類などの小物類には、あえてビビッドカラーの革製品をチョイスしてみても良いかもしれません。

スクリプトリウム(SCRIPTORIUM)
住所:
Via de' Pucci, 4, 50122 Firenze FI
電話番号:
055 2382620
営業時間:
10:00~14:00 / 15:30~19:30
定休日:
日曜日
アクセス:
サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から徒歩10分

ディッタ・マルキアーニ・アウグスト・ディ・ロマネッリ・レオナルド

ディッタ・マルキアーニ・アウグスト・ディ・ロマネッリ・レオナルド(Ditta Marchiani Augusto di Romanelli Leonardo)はイタリアの職人ロマネッリ氏がハンドメイドでつくる木製人形がじわじわ話題となり一躍有名となった工房兼ショップです。Dittaとはイタリア語で事務所や会社といった意味を持ちますが、ここでは工房兼ショップを指しています。その名の通り、ロマネッリ氏が手掛けるハンドメイドの人形たちは、可愛らしく温もりに溢れていて、見ているだけでイタリア旅行への旅情がさらに掻き立てられることでしょう。中でもピノキオ人形がイタリア国内外でファンが多く、彼のことを「ゼペットじいさん」と親しみを込めて呼ぶ人もいるほどです。

実はピノキオはイタリア人にはとっても所縁のあるお話で、特にフィレンツェっ子には心に深く刻み込まれた物語なんです。
というのも、ピノキオの作者カルロ・コッローディ氏はなんとここフィレンツェの出身だから。イタリアやフィレンツェの街を歩けば右に左にたくさんのピノキオグッズを目にすることでしょう。
フィレンツェ近郊にはピノキオモチーフのテーマパークピノキオ公園(Parco di Pinocchio)もあるほどイタリア人に愛されるピノキオ。写真のようなキーホルダーなどは自分用のお土産にも良いかもしれません。イタリアやフィレンツェのお土産にまさにピッタリのアイテムですので是非お買い求めください。

ディッタ・マルキアーニ・アウグスト・ディ・ロマネッリ・レオナルド(Ditta Marchiani Augusto di Romanelli Leonardo)
住所:
Via Santo Spirito 16r
電話番号:
055-284794
営業時間:
10時30分~18時30分
定休日:
日曜
アクセス:
ポンテ・ヴェッキオから徒歩5分

ドットール・ヴラニエス

ドットール・ヴラニエス(Dr. Vranjes)は日本人にも人気のフィレンツェ発フレグランス&オーガニックコスメの専門店です。「ドットール」とは英語のドクター(お医者さん)と同じルーツを持つイタリア語で、その名の通り薬剤師のパオロ・ヴラニエス氏が手掛ける製品の数々は、1983年の創業以来世界中にファンを持ち、現在ではイタリア以外でもロンドンの老舗百貨店ハロッズなどでも扱われるほどになりました。
特に約20年前に発表されたルームフレグランスシリーズはイタリアを囲む地中海の神秘的な雰囲気とフィレンツェのあるトスカーナ州の緑豊かなお庭の静けさからヒントを得て考案されたラインナップ。香りを纏うだけでフィレンツェの楽しい旅の思い出がよみがえってくることでしょう。

ルームフレグランスは写真のようにサイズのバラエティも豊富なので、是非贈る相手や置く場所に合わせて選んでみてください。
バラやラベンダーといった定番のお花の香りは誰に渡しても喜ばれることでしょう。せっかくなのでドットール・ヴラニエスならではの逸品にチャレンジされたい方は、ジンジャーやペッパーといった変わり種がおすすめ。その他「水」「火」「大地」「空気」といった自然からヒントを得て生み出されたシリーズもあり、それぞれ中のフレグランスの色もテーマに合わせたカラーに着色されているので見た目も120点満点です!瓶類は持ち運ぶのが心配な方は、石鹸などもありますよ!是非色々チェックしてみてください。

ドットール・ヴラニエス(Dr. Vranjes)
住所:
Via della Spada, 9R, 50123 Firenze FI
電話番号:
055 288796
営業時間:
月曜~土曜 10時~19時30分(日曜は11時~)
定休日:
不定休
アクセス:
サンタ・マリア・ノヴェッラ駅より徒歩約4分

エノテカアレッシ

エノテカアレッシ(Enoteca Alessi)はフィレンツェの超有名ワイン専門店です。場所はドゥオモのすぐ裏。店はワインバーとショップから構成されていて、ショップは朝9時からオープンしているので観光前後にも立ち寄りやすいですよ!ワインバーも11時30分からオープンしており、ランチにももってこいです。
1952年にアレッシ一家が創業した店は、イタリアだけでなく世界各地から取り寄せた選りすぐりのワインがなんと約2500種以上ラインナップされているというのだから驚き!
ワインをイタリア旅行の楽しみにしている人にとっては見逃せませんね。ワインバーは公式HPから席を予約することも出来ます。

広い店内にはワインがたくさん!もちろんワイン好きの方にはうってつけのお店なのですが、ワインをたしなまない方にもエノテカ・アレッシは見逃せません。というのも、店にはワイン以外にもイタリアを代表するグルメが沢山扱われているからです。コーヒーやチョコレート、パスタといったイタリアングルメは軽くて日持ちもするのでまとめ買いにおすすめ。どのメーカーの商品を選んでも間違いないのがありがたいですね。「せっかくなのでワインにゆかりのあるものを…」という方はワインビネガーなどを手に取ってみてはいかがでしょうか?ワイン同様赤と白があり、サラダにかけるだけであっという間に本場の味が完成します。

エノテカアレッシ(Enoteca Alessi)
住所:
Via Delle Oche 27-29-31r, Firenze
電話番号:
(055)214966
営業時間:
9時~19時(ワインバーは11時30分~)
定休日:
不定休
アクセス:
ドゥオモ大聖堂から徒歩3分

ボッレブル

ボッレブル(BolleBlu)はフィレンツェ観光の中心地ドゥオモなどからもアクセス抜群のコスメショップです。店内には基礎化粧品・香水・バスアイテムなどが所狭しと並んでいて可愛らしいパッケージを見るだけで女性の皆さんはテンションアップ間違いなしでしょう。
さらに嬉しいことにこれらの商品は全てオーガニック素材にこだわってセレクトされたもの。「海外で肌ケアアイテムを買うのは心配…」という方にも安心して立ち寄っていただけます。写真で紹介している石鹸は「Blue Bubbles」というメーカーのハンドメイドのアイテム。思わず口に入れたくなってしまうほど可愛いですね!

こちらはオーガニックのシーソルト。可愛らしい瓶は飾っておくだけでも旅の良い思い出となるでしょう。Blue Bubbles(ブルーバブルス)のシーソルトは、石鹸と同じく全てハンドメイドで作られていて、中にはヒマラヤのピンク岩塩やラベンダーオイル、ラベンダーのドライフラワーがたっぷり詰まっています。
これをスプーンですくって湯船に入れるだけ!アロマの香りで癒されるのはもちろん、熱っぽい時や頭痛の時などにも効果テキメンだそうです。旅行中時差ボケや体調不良に悩んだ際にトライしてみても良いかもしれませんね。他にもイタリアの女の子が普段から愛用しているコスメがたくさん!是非地元っ子気分で色々チェックしてみてください。

ボッレブル(BolleBlu)
住所:
Borgo degli Albizi, 38/R, 50122 Firenze FI
電話番号:
055 234 6924
営業時間:
火曜~土曜 10時30分~19時30分(月曜・日曜は15時~)
定休日:
不定休
アクセス:
ドゥオモ大聖堂からオリウオロ通りを直進徒歩約7分

ラ ヴィア デル テ

ラ ヴィア デル テ(La Via del Tè)はいまやフィレンツェはもちろんイタリア全土でも有名な紅茶専門店のひとつで、イタリア人もフィレンツェ土産のとしてご指名買いする人が多いです。
大手百貨店などでも取り扱いがありますが、せっかくなので是非フィレンツェまで来たら直営店に足を運んでみてはいかがでしょうか?
1961にアルフレッド・カッライ氏が創業した店は、それまでコーヒーが主流だったイタリアの嗜好品文化に大きな影響を与えました。
アルフレッド氏は中国や日本に何度も足を運び、最高品質のお茶を提供するべく心血を注ぎ続け、店には現在250種類以上ものお茶がラインナップされています。

上品なパッケージを身に纏ったお茶の数々は、どれも贈り物にぴったり。上の写真でご紹介している1号店はティールーム完備ですが、それ以外にも商品購入だけの方にも気軽に立ち寄りやすい2号店・3号店もありますので、便利に使い分けてみてください。
2号店と3号店でも一日中試飲ができ、茶葉の匂いを確かめることも出来ます。「専門店の紅茶」と聞くとお高そうなイメージですが、小さいものでは5ユーロ以下のパウチ入りのものなどもありますよ。また、缶入りタイプも10ユーロ前後で買うことが出来、飲んだあとは空き缶を小物入れにもできるので2度楽しめてお得です。クッキーなどの紅茶関連商品も絶品なので、どうぞお見逃しなく。

ラ ヴィア デル テ(La Via del Tè)
住所:
Via della Condotta, 26/28r 50122 FIRENZE
電話番号:
055 268648
営業時間:
月曜 10時~13時30分・15時~19時30分
火曜~日曜 10時~19時30分
休業日:
無休
アクセス:
ウフィツィ美術館から徒歩2分

いかがでしたか?

せっかくフィレンツェを訪れるのだからフィレンツェでしか手に入らないお土産を購入できるショップをご紹介しました。素敵な旅になりますように!

なお、日本に持って帰るのは難しいかもしれませんがフィレンツェのあるトスカーナ州は豊かな食文化のある州としても有名で、特に「キアニーナ牛」という日本でいうところの「松阪牛」のような、超有名ブランド牛が有名です。炭火で焼いた「ビステッカ」という食べ物はイタリア人も「これを食べにフィレンツェに来た!」という人が後を絶たないほどの一級品。有名店では前日までに予約を入れておかなければ食べられないことも多いので、絶対食べたいという方はご予約を!今はネットから簡単に予約出来る店も増えてきました。手軽に試したい方は、最近では街のグルメバーガー店でもキアニーナ牛を使ったグルメバーガーを出すようになりましたのでこちらがオススメです。

Estoyaqui

海外から海外でしかゲットできない情報をお知らせします!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • フィレンツェで食べる!名物トスカーナ料理が美味すぎる

    イタリア料理は「地方の料理」と言われるほど、各地方で特色があり、それぞれ異なる個性を持っています。 本日ご紹介するのはイタリア中央部に位置するトスカーナ州の郷土料理。

  • フィレンツェのおすすめお土産ショップ特集!人気の革製品や...

    「フィレンツェ旅行へ出かけたら必ず買って帰りたい!」皆に喜ばれるお土産を人気店6店舗からピックアップして紹介します。費用もスペースもかさ張ってしまうお土産ですが、今回はリーズナブルに買える小物類を集めてみました。

  • フィレンツェ名物の激旨ステーキ「ビステッカ・アッラ・フィ...

    イタリアの古都・フィレンツェに行くなら、ぜひ食べて欲しいのが名物の「ビステッカ・ア・ラ・フィオレンティーナ」。キアナ渓谷で生産されるキアナ牛のTボーンを使った大きな熟成赤身のステーキはオリーブオイルと塩だけでぺろっと食べられてしまう絶品グルメなんです♪ピザやパスタもいいけれど、ワインに合うイタリア自慢のステーキを試してみて!

  • フィレンツェでお土産!ワイン!お菓子!スーパーマーケット...

    イタリア・フィレンツェのお土産はどこで買いますか?ちょっとしたお菓子や食料品なら地元の人が行くスーパーマーケットがおすすめ!価格も手ごろで好きなだけ買えちゃいます。なかでもスーパーマーケット「エッセルンガ」は規模も大きくたくさんの品物が揃っているのでお土産探しにはぴったりですよ。

  • 【イタリア・フィレンツェ】世界最古の薬局「サンタマリアノ...

    世界最古の薬局と言われる超老舗、サンタマリアノヴェッラ薬局をご存知ですか?イタリアのフィレンツェで800年の歴史を誇り、予防医学や自然治癒の思想をもとにした体に優しいボディケア用品のお店です。

  • イタリア・フィレンツェのおすすめレストラン5選♡地元の人々...

    トラットリアが多い街として知られるフィレンツェ。特にフィレンツエのトラットリアといえば、トスカーナ地方の料理とワインを出すカジュアルなお店のことをさします。普段からフィレンツエの人たちが食べているソウルフードを堪能することからフィレンツエを探るのはいかがでしょうか?

このエリアの新着記事
  • イタリア・フィレンツェ近郊おすすめ観光スポット!ちょっと...

    忙しく街の観光スポット巡りやショッピングをするのも旅行の醍醐味ですが、フィレンツェからちょっと足を伸ばせばゆっくり時間が流れる素敵なスポットが点在します。街の喧騒を離れてゆっくりと心も身体もリフレッシュするショートトリップはいかかですか?

  • イタリア世界最古の薬局「サンタ・マリア・ノヴェッラ 」でお...

    フィレンツェにあるサンタ・マリア・ノヴェッラ薬局。薬局とは思えない宮殿のような豪華な店内には、おしゃれなパッケージの石鹸や香水がずらり。お土産にも自分用にもぴったりです!サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局の魅力を素敵なアイテムとともにご紹介します。

  • イタリア・フィレンツェで行きたいおすすめショップガイド!...

    数々の芸術家を輩出しているイタリア。街や洗練されたイタリアのアイテムを見ていると、なんだか自分の心まで豊かになっちゃいそうです。そんなイタリアのフィレンツェで行きたいショップをファッション、アクセサリー、ジュエリー、食材などなど幅広くご紹介します!それでは、おススメのショップガイドをどうぞ!

  • イタリア・フィレンツェのおすすめレストラン5選♡地元の人々...

    トラットリアが多い街として知られるフィレンツェ。特にフィレンツエのトラットリアといえば、トスカーナ地方の料理とワインを出すカジュアルなお店のことをさします。普段からフィレンツエの人たちが食べているソウルフードを堪能することからフィレンツエを探るのはいかがでしょうか?

  • 【イタリア・フィレンツェ】世界最古の薬局「サンタマリアノ...

    世界最古の薬局と言われる超老舗、サンタマリアノヴェッラ薬局をご存知ですか?イタリアのフィレンツェで800年の歴史を誇り、予防医学や自然治癒の思想をもとにした体に優しいボディケア用品のお店です。

  • フィレンツェでお土産!ワイン!お菓子!スーパーマーケット...

    イタリア・フィレンツェのお土産はどこで買いますか?ちょっとしたお菓子や食料品なら地元の人が行くスーパーマーケットがおすすめ!価格も手ごろで好きなだけ買えちゃいます。なかでもスーパーマーケット「エッセルンガ」は規模も大きくたくさんの品物が揃っているのでお土産探しにはぴったりですよ。

  • フィレンツェ名物の激旨ステーキ「ビステッカ・アッラ・フィ...

    イタリアの古都・フィレンツェに行くなら、ぜひ食べて欲しいのが名物の「ビステッカ・ア・ラ・フィオレンティーナ」。キアナ渓谷で生産されるキアナ牛のTボーンを使った大きな熟成赤身のステーキはオリーブオイルと塩だけでぺろっと食べられてしまう絶品グルメなんです♪ピザやパスタもいいけれど、ワインに合うイタリア自慢のステーキを試してみて!

  • フィレンツェで食べる!名物トスカーナ料理が美味すぎる

    イタリア料理は「地方の料理」と言われるほど、各地方で特色があり、それぞれ異なる個性を持っています。 本日ご紹介するのはイタリア中央部に位置するトスカーナ州の郷土料理。

  • フィレンツェのおすすめお土産ショップ特集!人気の革製品や...

    「フィレンツェ旅行へ出かけたら必ず買って帰りたい!」皆に喜ばれるお土産を人気店6店舗からピックアップして紹介します。費用もスペースもかさ張ってしまうお土産ですが、今回はリーズナブルに買える小物類を集めてみました。

  • フィレンツェで本場のドルチェを楽しもう!おすすめのカフェ...

    観光って楽しいけど、疲れますよね。 そんな時に立ち寄りたいのが、カフェではないでしょうか? フィレンツェには、素敵なカフェがたくさんあります。 疲れた時には、ぜひ立ち寄ってみてください。

この記事のキーワード
新着記事