【ビール大国ベルギー】飲み歩きが楽しい!ベルギービールおすすめ12種類

7,986

views

0

ビールフェスや世界のビールを取り扱うお店が増え、ベルギービールがフューチャーされることも多くなってきましたよね。125カ所もビール醸造所があるベルギーでは、1000種類を超えるビールが作られているんです。すごくないですか?!いつか全種類制覇したい…!筆者がブリュッセル近郊で飲み歩いたベルギービールたちをご紹介します!

1000種類以上のビールを作るビール大国!ベルギー。

以前、筆者が滞在したブリュッセルのホステルは、利用者の集まるラウンジスペースがビールバーになっていました。「さすがー!」と思わざるを得ないビール推し。夜な夜なの一人飲み歩きは流石にはばかられたので、助かりましたー。
バーテンダーの方も、どんなビールが飲みたい?といろいろと好みを聞いてくれて、ちゃんとしてる感満載!とっても楽しかったです。

ベルギービールも現地ではピルスナーが主流

出典: r.gnavi.co.jp

ベルギービールといえば、喉越しや味にかなり特徴のある上面発酵の「エール」や、自然発酵で作られた「ランビック」がよく取り上げられますが、すっきりと飲みやすい「ラガー(ピルスナー)」のビールが日常ではよく飲まれます。

ちなみにビールによって飲むグラスが違います。

各ブランドから、そのビールが一番おいしく飲めるグラスが用意されているベルギー。すごいこだわりですよね。ヒューガルデンのどデカイタンブラーはやっぱり目を引きます。シメイやオルヴァルのトラピスト(修道院)ビールのグラスは、聖杯をモチーフにした形のもの。

他にも、きめ細かい泡立ちを楽しむためのグラスや、フルーツビールを楽しむ、シャンパングラスのようなものまで、たくさんの種類があります。ブランドロゴも可愛くて、テンション上がります!

ラガー(ピルスナー)タイプのベルギービール

STELLA ARTOIS(ステラ・アルトワ)

筆者も大好きなステラ。飲みやすくてグビグビいけちゃうビールです。夏の暑い日にキンキンに冷やしたステラは最高です♡
ずんぐりボトルが可愛い「VIDETT(ヴィデット)」も飲みやすいピルスナーのビールです。

香り豊かな上面発酵の「エール」

ベルギービールのエールは、比較的メジャーなホワイトエール・ゴールデンエールの他にもレッドエールやブラウンエール、ダークエールなどいろいろあります。

実はありすぎて筆者もまだよくわかっていません…。

悪魔のビール!Duvel(デュベル)

ゴールデン・エールの生ビールがあるとついつい頼んでしまう筆者です。冷やさずにゆっくり飲みができるのが嬉しい、冬にもおいしくいただけるビールなのです。

それにしてもデュベル(悪魔)ってすごい名前ですよね。香りスパイシーで味まろやかー♡なビールです。ちなみにデュベル、アルコール度数が8.5%もありますので、飲みすぎ注意ですっ!

Belgian White Beerといえばヒューガルデン?

夏の1杯目はホワイトエールもいいですよね♡
微発泡、フルーティーでちょうどいい酸味のヒューガルデンの大きなタンブラーを冷凍庫でキンキンに冷やしてごくごくいきたい!

ヴィデットのホワイトエールもおいしい!

ヴィデットのエクストラホワイトは、なんかちょっと変わった香りー!と思ったら、オレンジピールとコリアンダーが入っているそうです。おしゃれ!!

ブリュッセルの自然発酵ビール「ランビック」

BELLE VUE KRIEK(ベルビュー・クリーク)

出典: cinemacafe.hu

野生酵母から作られるというまさに奇跡のビールのランビック。ベルギーでも、ブリュッセル近郊でしかつくられていないそうです。「クリーク」というのは、さくらんぼ。酸味が強めのランビックは、さくらんぼや木苺を加えて二次発酵させたお酒も多いみたいです。
ちなみにクリークビールは、ビールというよりはカクテルのような…?甘酸っぱくて女子うケのよさそうなお味でしたよ。
筆者はさくらんぼ味以外のランビックはまだ飲んだことがないので、是非他のも試してみたいです!

トラピストビール

ORVAL(オルヴァル)

ハイッ!来ました!! オルヴァルは筆者がこよなく愛するビールです。苦め、重めで香りが甘いなんともクセになるお味なのです。トラピストビールは、ボトルの中でも発酵が進むそうで、熟成が進めば進むほどアルコール度数も高くなります。
ブリュッセルのホステルで初めていただいたときに、ビール1杯でぽっと温かくなったのにとても驚きました。

CHIMAY(シメイ)

シメイは、トラピストビールの中で一番早く市販されたのもあって、ベルギービール代表といっても過言ではないかもしれませんね。ブルー・レッド・ホワイトの味の違いを楽しむのも面白いですよね。

ちなみにシメイブラックとも呼ばれるシメイ・ドレーは、修道院の中とその周辺でしか飲むことができない限定ビール!これは是非飲んでみたいですね。

トラピスト以外の修道院で造られる「アビィ・ビール」

Leffe(レフ)

ベルギーの生ビールで一番よく見かける気がします。

レフは、ステラのアビーブランドだそうです。ブロンドの方は意外とスモーキーなフレーバーが印象的で、口当たりも良くて飲みやすいビール。ブラウンの方は、結構甘みがどっしりした感じだった記憶です。ゆっくり飲めるビールですかね。見た目の割に、かなり飲みやすいかった印象です。
ラデューズ、ヴィエーユ・キュベは筆者もまだ飲んだことがありません…。いつか飲んでみたいです!

St. Feuillien(サン・フーヤン)

サン・フーヤンは筆者もまだ飲んだことがないのですが、このビールの気になるところは、9リットル入りのどでかボトル!注ぐの大変そう!!っていう…。一升瓶よりまだ大きい3リットルのものは日本でも購入できるそうですよ!

他にもまだまだあります…!

Red beer(フランダースレッドエール)

Brown beer(オードブライン / フランダースブラウン)

Saison beer(ワロン地方のセゾンビール)

レッドビールは、熟成するときにオーク樽を使うそう。ワインみたいですよね。ブラウンビールとも呼ばれますが、ベルギーのオードブラインは香ばしく、複雑な味が特徴です。また、南部のワロン地方作られるビールで、夏に出荷される季節限定ビールなんだそう♡うん、すごく飲んでみたい!

いかがでしたか?

本当にほんの一部ですが、筆者の飲み歩いたベルギービールたち(そして知らないビールたちも!)紹介させていただきました。ビールの美味しいこの季節。ベルギービールも楽しんでみてくださいね。

みゃりも

豪州パース在住、旅ごはん研究家。時々バックパッカーやってます。
ただただ只管、おいしい!!を求めて、世界をふらふら。世界で出会ったおいしいもの再現レシピをブログにて公開しています。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 【ベルギー】スーパーで買える人気のバラマキお土産♪

    現地の人々の生活に欠かせないスーパーマーケットは旅先の生活習慣が垣間見える楽しいスポット♪品ぞろえが豊富で、商品価格もお手頃!!バラマキお土産を見つけるのに絶好の場!!そんなスーパーマーケットで買える、人気のベルギー土産をご紹介します。

  • ベルギー馬車の町ブルージュで観光するべき見どころ&おすす...

    美しきブルージュの町とおすすめお土産ショッピングスポットをご紹介。美しい運河をのんびりと泳ぐ白鳥。ゆっくりと観光客を乗せて進む馬車。中世の姿のまま残る建築物。ベルギー・ブルージュでは、まるで絵本の中にいるような美しい風景と出会うことができます。

  • ベルギー街歩きで見つけたおいしいベルギースイーツまとめ!...

    街をお散歩しているだけでメルヘンな可愛い世界に入り込んでしまったようなベルギーの街並み。 おしゃれで可愛くて、いたるところにワッフル屋さん、チョコレート屋さんから甘い香りが!もう、女子好みすぎるじゃないか!そんなお散歩中に出会ったベルギースイーツをご紹介します。

  • 【ベルギー・ブルージュ】お土産を探すならここ!おススメシ...

    まるでおとぎの世界、ブルージュ。そんな素敵な街へ訪れる際にはぜひとも立ち寄りたい!!お勧めのショッピングスポット4選です♪

  • ベルギー・ブリュッセル観光で必ず行くべき人気スポットおす...

    ベルギーのブリュッセルと言えばワッフルや小便小僧、ベルギービールを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?ベルギーの魅力はそれだけではありません。世界一美しいと言われている広場を中心に街中に世界遺産が溢れています。街中がキラキラしていてカラフルで、まさにおとぎの国にいるような気分になりますよ。そんなベルギーで必ず訪れるべき観光スポットをご紹介します。

  • ブリュッセルのお土産探しならここへ!グランプラスにある至...

    フランスの文豪、ヴィクトル・ユーゴーが「世界で最も美しい広場」と称賛した、ブリュッセルのグランプラス。壮麗な建物に四方を囲まれたこの広場は、多くの人々を魅了し続けています。ここでは、そんなグランプラスでお土産探しにぜひ訪れたい至極の名店を紹介します。

このエリアの新着記事
  • ベルギー馬車の町ブルージュで観光するべき見どころ&おすす...

    美しきブルージュの町とおすすめお土産ショッピングスポットをご紹介。美しい運河をのんびりと泳ぐ白鳥。ゆっくりと観光客を乗せて進む馬車。中世の姿のまま残る建築物。ベルギー・ブルージュでは、まるで絵本の中にいるような美しい風景と出会うことができます。

  • ベルギー観光でラグジュアリーな滞在ができるホテルおすすめ10選

    ベルギーはEU本部やNATO本部が置かれている国としても知られ、中世の面影を残す街やルネサンス建築が有名です。首都はBrussel(ブリュッセル)で、世界遺産が多く残る魅力的な街。そんなベルギーでも人気のあるラグジュアリーホテル10軒を、選りすぐりでお届けします。

  • ベルギー・ブリュッセル観光で必ず行くべき人気スポットおす...

    ベルギーのブリュッセルと言えばワッフルや小便小僧、ベルギービールを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?ベルギーの魅力はそれだけではありません。世界一美しいと言われている広場を中心に街中に世界遺産が溢れています。街中がキラキラしていてカラフルで、まさにおとぎの国にいるような気分になりますよ。そんなベルギーで必ず訪れるべき観光スポットをご紹介します。

  • ベルギー基本情報 【言語・お役立ち会話編】国の中に言語境界...

    オランダ・ドイツ・フランス・ルクセンブルグの4つの国に囲まれたベルギー。実はその国の成り立ちから複雑な言語事情を抱えています。今回は、そんなベルギーの公用語や旅行に役立つ簡単なフレーズをまとめてみました。

  • ブリュッセルのお土産探しならここへ!グランプラスにある至...

    フランスの文豪、ヴィクトル・ユーゴーが「世界で最も美しい広場」と称賛した、ブリュッセルのグランプラス。壮麗な建物に四方を囲まれたこの広場は、多くの人々を魅了し続けています。ここでは、そんなグランプラスでお土産探しにぜひ訪れたい至極の名店を紹介します。

  • ベルギー基本情報 【Wi-Fi編】

    海外旅行中、インターネットを使いたいという場面に度々出くわしますよね。そんなときは上手にWi-Fiを利用すれば、海外でも安い料金でインターネットに接続が可能です。ここでは、ベルギーで無料Wi-Fiが使用できる場所や、格安で借りられるWi-Fiルーターなど、ベルギーのWi-Fiにまつわる情報をお届けします!

  • ベルギー基本情報 【トイレ編】

    海外に行くと、トイレがどこにあるのかわからなかったり、日本とトイレの使い方が違ったりして、慌ててしまうことも少なくないでしょう。ここでは、ベルギーへ行かれる前にぜひ把握しておきたい、ベルギーのトイレ事情について紹介します!

  • ベルギー基本情報 【お金編】

    絵本のような街並みが広がり、ビールを片手に美味しいグルメが堪能できる国ベルギー。ここでは、そんなベルギーの通貨や為替レート、両替、チップなど、ベルギーのお金に関する基本情報を紹介します。ベルギーに行かれる前には、ぜひご一読くださいね!

  • ベルギー基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    日本の約12分の1という小さな国土の中に、たくさんの見どころが集約されたベルギー。祝日にはお休みになってしまう施設も多くあります。ベルギー観光の前に、ここで紹介するベルギーの祝祭日やビジネスアワーをチェックしておいてくださいね!

  • ベルギー基本情報 【治安・情勢編】

    世界一美しい広場と称されるグランプラスがあるベルギー。首都ブリュッセルは美食の街としても有名であり、政治的にも欧州連合(EU)の主要機関が集まるほか、北大西洋条約機構(NATO)の本部も存在するなど、ヨーロッパでも有数の世界都市です。そんなベルギーですが、国外からの移民も多く、決して安全な国と言い難いのも事実。ここでは、ベルギーを安全に楽しく旅行するためには不可欠な、ベルギーの治安や情勢の情報、安全に過ごすための対策などを紹介。ご旅行前にぜひご一読ください!

このエリアの人気記事