サンクトペテルブルク観光を100%満喫する!行かなきゃ損な人気スポットおすすめ21選

2,617

views

0

世界一大きな領土を持つロシアの広大な領土の東に位置するサンクトペテルブルクは、モスクワに次ぐ第二都市ともいわれています。 美しい運河が流れ、歴史的建造物が多く残るこの町は、観光地としても大変人気があります。 ということで今回は、サンクトペテルブルクにある観光スポットを紹介します。

宮殿広場(Palace Square)

サンクトペテルブルグのメインとなる大きな広場、宮殿広場。当時のロシア帝国の皇帝の権力の大きさを誇示するかのような広大さです。中央にはナポレオン戦争勝利を記念して建てられたアレクサンドルの円柱があります。高さ47.5mのこの円柱はなんと世界一高い一枚岩で造られています。

宮殿広場(Palace Square)
住所:
Palace Square,Saint Petersburg , ロシア
電話番号:
+7 812 380-24-78
アクセス:
Vitebsky railway stationからタクシーで18分
営業時間:
24時間
定休日:
なし
料金:
無料

夏の庭園(Peterhof Palace)

夏の庭園はピョートル大帝が建てた公園で、ロシア人がサンクトペテルブルグで最も好きな場所であると言われています。園内には250もの美しい彫刻と、数々の美しい噴水があり、豪華な宮殿が出迎えてくれます。海をこよなく愛したピョートル大帝も設計に参加した、水を上手く活用した非常に優美で壮大な公園です。

夏の庭園(Peterhof Palace)
住所:
Razvodnaya ulitsa, 2, St Petersburg, ロシア
電話番号:
+7 812 450-52-87
アクセス:
Old Peterhof駅からタクシーで6分
営業時間:
日~金曜日 9:00-19:00 土曜日 9:00-22:00
定休日:
なし
料金:
無料
おススメの時期:
夏場の6月~8月がベストシーズン

元老院広場 (Senate Square)

デカブリストの乱という、1825年に専制政治と農奴制に異を唱えた青年貴族が蜂起した乱の場所となった広場で、かつてはデカブリスト広場と呼ばれていました。現在は隣接する元老院にちなみ、元老院広場と呼ばれています。ネヴァ川のほとりに青銅の騎馬像と呼ばれるピョートル大帝の騎馬像が建っていて名所となっています。

元老院広場 (Senate Square)
住所:
Senatskaya ploshchad', Sankt-Peterburg, ロシア 190000
アクセス:
Vitebsky railway stationからタクシーで17分
営業時間:
24時間
定休日:
なし
電話番号:
なし
料金:
無料
おススメの時期:
夏場の6月~8月がベストシーズン

エルミタージュ美術館(Hermitage Museum)

世界有数の美術館でもあるエルミタージュ美術館。
展示品の数、なんと300万点以上!
1764年に、エカチェリーナ2世の個人的な美術品のコレクション保管するための特別施設でしたが、1863年から美術館としてオープンし、一般人も中に入れるようになりました。

ロシアの歴史的彫刻や絵画をはじめ、イタリア・ルネサンス期の画家の作品からピカソやゴッホなど現代画家の作品まで多数展示されています。
5つの建物が繋がっているので、中はかなり広いです。
そのため、1日では全部見学することが出来ないこともあるとか。

エルミタージュ美術館 (Hermitage Museum)
住所:
Palace Square, 2, Sankt-Peterburg, Russia, 190000
営業時間:
10:00~18:00
電話番号:
+7 812 710-90-79

マリインスキー劇場(Mariinsky Theatre)

昔からロシアでは、オペラやバレエといった分野では、大変歴史があります。
マリインスキー劇場は、1860年に王室のために作られた特別な劇場でした。
オープンして以来5回程名前が変わっていますが、オープン当初から、著名な音楽家やダンサーたちがパフォーマンスを行っています。
また、ロシアで最も古い楽団、マリインスキー劇場管弦楽団がこの劇場を本拠地として、幅広い活動を行っています。

マリインスキー劇場 (Mariinsky Theatre)
住所:
Theatre Square, 1, Sankt-Peterburg, Russia, 190000
営業時間:
11:00~19:00
電話番号:
+7 812 326-41-41

ネフスキー大通り(Nevsky Avenue)

カザン大聖堂、ストロガノフ宮殿、宮殿広場など、サンクトペテルブルクを代表する観光スポットが立ち並ぶネフスキー大通り。
こちらの通りを通って、エルミタージュ美術館にも行けます。
通り沿いには、レストランやお店がたくさん立ち並んでいて賑やかなエリアです。

エリセーフスキー食料品店 (Yeliseev's Food Hall)

出典: pinterest.com

こちらのお店では、美しい外観が目立つ建物の中にある高級食料品を専門に売っています。
ロシアで人気のお菓子やギフトグッズなど色々な物が取り揃えられています。

エリセーフスキー食料品店 (Yeliseev's Food Hall)
住所:
Nevskiy prospekt, 56, Sankt-Peterburg, Russia, 191011
営業時間:
10:00~23:00
電話番号:
+7 812 456-66-66

モスコーフスキー駅(Moskovsky railway station)

ネフスキー大通りのほぼ中央部の蜂起広場へと繋がっているこちらの駅は、モスクワやキエフ方面へと繋がる特急列車や地下鉄を利用する人々で毎日大変にぎわっています。
駅前蜂起広場には、元社会主義国ならではのシンボルというべきか、長い高さのモニュメントがあります。

モスコーフスキー駅(Moskovsky railway station)
住所:
Nevsky avenue, 85, Sankt-Peterburg, Leningrad Oblast, Russia, 191036
電話番号:
+7 812 457-44-28

ペトロフスキー島(Petrovsky)

エルミタージュ美術館の対岸を挟んでネヴァ川を渡ると、ペトロフスキー島があります。
ペトロフスキー島は、昔ながらの風情や歴史が残るエリアである他、教育機関やレクリエーション施設がある場所としても知られています。
1897年に、ロシア国内で初の女性向け医学部学校がオープンしたのもここです。

ペトロフスキー・スタジアム (Petrovsky Stadium)

1925年にオープンしたこちらのスタジアムは、収容人数20000人以上が可能です。
ロシアを代表するサッカークラブ、ゼニト・サンクトペテルブルクの本拠地として使われています。

ペトロフスキー・スタジアム Petrovsky Stadium
住所:
St. Petersburg, 16/2-А, Dobrolyubova Pr., Russia,197198
営業時間:
10:00~20:00
電話番号:
+7 812 232-16-22

メンシコフ宮殿 (Menshikov Palace)

バロック様式で建てられた美しい宮殿、メンシコフ宮殿。現在ではエルミタール美術館の分館としても機能しています。

メンシコフ伯爵は初代のサンクトペテルブルクの市長で、ピョートル大帝の側近であり友人でもありました。

当時の貴族の豪華な暮らしぶりが窺える宮殿です。

サンクトペテルブルクに現存する最も古い建物のうちのひとつであると言われています。

メンシコフ宮殿 (Menshikov Palace)
住所:
University Embankment, 15, Sankt-Peterburg, Russia, 190000
電話番号:
+7 812 323-11-12
木曜日は、10:
30~17:00
料金:
12:00-20:00 (木曜日のみ10:30-17:00)
おススメの時期:
夏場である6月~8月がベストシーズン

血の上の救世主教会 (Church of the Savior on Spilled Blood)

ロシア正教会の美しい聖堂、血の上の救世主教会。皇帝遭難の地であることからこの名称が付きました。高さ94mのこの教会はロシア・ナショナリズム、中世ロシア建築の影響を強く受けており、ロマンチックな外見とともに内部のモザイク画も非常に美しく壮大なものです。

血の上の救世主教会 (Church of the Savior on Spilled Blood)
住所:
Griboyedov Canal Embankment, 2Б, St Petersburg, ロシア 191186
営業時間:
10:30~18:00
電話番号:
+7 812 315-16-36
アクセス:
Moskovskiy vokzal駅からタクシーで9分
定休日:
水曜日
料金:
大人:250ルーブル 子供(7~15歳):50ルーブル
おススメの時期:
夏場の6月~8月がベストシーズン

エカテリーナ宮殿(Catherine Palace)

その名の通りピョートル大帝の妃であったエカテリーナ1世が避暑地として過ごすために建築されたのがエカテリーナ宮殿。本格的に建設を命じたのはエカテリーナ1世の娘、エリザヴェータ1世です。広大な敷地に建てられたバロック調の宮殿は見事の一言!青の壁と白の柱が美しさを際立てます。

内部は黄金で作られた広間や青と黄金のコンストラストが美しい部屋、細かな彫刻が施された部屋などがあり、優美さと豪華さを誇っています。そのほかにも深紅の間や緑の間など色にちなんだ部屋が多いのが特徴。

また、有名なのが琥珀の間。すべてが琥珀で作られており、その美しさは部屋全体が芸術品と言われるほど。第二次世界大戦中にドイツ軍により部屋のほとんどを持ち去られてしまいましたが、現在は修復が完了し当時の姿を取り戻しています。ちなみに持ち去られた琥珀はいまだ所在不明なんだそうです。

エカテリーナ宮殿(Catherine Palace)
住所:
Pushkin, Tzarskoje Selo
営業時間:
団体利用 5月1日~4月30日 10:00~18:00(入場17:00まで) 個人利用 5月~9月 10:00~12:00、16:00~18:00(入場17:00まで)
定休日:
火曜、毎月最終月曜
料金:
大人320ルーブル(エカテリーナ宮殿のみの場合)その他、施設・特別展等により別途料金設定有
アクセス:
モスコフスカヤ駅(MOSKOVSKAYA)からツァールスコエ‐セロー(Tsarskoe Selo)までバス利用

聖イサアク大聖堂(St. Isaac Cathedral)

サンクトペテルブルクの中心地にあるのが、黄金のドームが印象的な寺院が聖イサアク大聖堂。
内部は大理石や黄金、トパーズ、孔雀石などを多用し、外観の灰色のイメージからはかけ離れた豪華絢爛な内装となっています。

第二次世界大戦中はドイツ軍に狙われるため黄金のドームを灰色に塗り替えて時を過ごしていましたが、ソ連崩壊後の現在は祭日には奉神礼と呼ばれる儀式を執り行うなど再び聖堂としての役割を果たしています。

聖イサアク大聖堂(St. Isaac Cathedral)
住所:
4, Isaac'S Square, St.Petersburg
営業時間:
10:30~18:00
電話番号:
(812)3159732
定休日:
水曜
アクセス:
地下鉄アドミラルテイスカヤ駅(ADMIRALTEYSKAYA)周辺
料金:
大人:280ルーブル
その他:
ドレスコードあり(ジャケット・ネクタイ着用)

ペトロパヴロフスク要塞(Peter and Paul Fortress)

サンクトペテルブルク誕生と同時に建設が開始されたペトロパヴロフスク要塞。ピョートル大帝がバルト海に進出する際に築かれた要塞で、厚く高い壁に囲まれています。中央には122.5mにも及ぶ塔を持つ大聖堂があり、この場所は歴代の皇帝の霊廟にもなっています。

ちなみにサンクトペテルブルクはこの要塞の建築がきっかけで出来た街。1703年5月16日に建設が始まったため、5月16日はサンクトペテルブルク開基の日に制定されています。

ペトロパヴロフスク要塞 (Peter and Paul Fortress)
住所:
St Petersburg, ロシア 197046
営業時間:
10:00~16:00
電話番号:
+7 812 230-64-31
アクセス:
Sankt-Peterburg-Finl駅からタクシーで17分
定休日:
水曜日
料金:
聖堂 大人:200ルーブル 学生:110ルーブル
監獄 大人:
130ルーブル 学生:70ルーブル
聖堂&監獄 大人:
300ルーブル 学生:160ルーブル
おススメの時期:
夏場の6月~8月がベストシーズン

ユスポフ宮殿 (Yusupov Palace on Moika)

ユスポフ宮殿はモイカ宮殿とも呼ばれ、1909年にフェリックス・ユスポフのためにフランス人建築家ドラモットにより建造された宮殿。 モイカ運河沿いにあります。

ロシアの貴族ユスポフ家の居城で、かつてのユスポフ公のお気に入りの宮殿でもありました。様々な有名建築家が携わり、色々なスタイルが集まった建築物となっています。

1916年にグレゴリー・ラスプーチンが暗殺された場所として有名で、地下室にはユスポフとラスプーチンの蝋人形があります。

モイカ宮殿(Yusupov Palace on Moika)
住所:
nab. Reki Moyki, 94, St Petersburg, Leningrad Oblast, ロシア
営業時間:
11:00~18:00
電話番号:
+7 812 314-98-83
アクセス:
Vitebsky railway stationからタクシーで18分
定休日:
なし
おススメの時期:
夏場の6月~8月がベストシーズン

アレクサンドル・ネフスキー修道院(Alexander Nevsky Lavra)

1710~1716年にかけてピョートル大帝の命により建てられた男子修道院、アレクサンドル・ネフスキー修道院。

1240年にスウェーデンとの戦いで勝利した、アレクサンドル大公の栄誉をたたえて造られました。

広大な敷地に11の教会と4つの墓地を有するこの修道院には、今昔のロシアの偉人と呼ばれる人物達が眠っています。

アレクサンドル・ネフスキー修道院(Alexander Nevsky Lavra)
住所:
naberezhnaya reki Monastyrki, 1, St Petersburg, ロシア 191167
営業時間:
06:00~20:00
電話番号:
+7 812 274-17-02
アクセス:
Navalochnaya駅からタクシーで11分
定休日:
なし
料金:
130ルーブル(外国人観光客のみ)
おススメの時期:
夏場の6月~8月がベストシーズン
Mari

在住歴12年目を迎えたアメリカ在住ライター。今まで訪れた国は25カ国以上。まだまだ行きたい国が沢山!趣味はもちろん旅行!外国語や海外の文化や歴史を学ぶことが好きです!よろしくお願いします。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 冬こそ絶景!ロシアの極寒を乗り切るための、服装講座!

    寒い日はー20℃台になるロシア、モスクワ。ご旅行の際、どのような服装をすべきなのか悩みますよね。 体験したことのない方には未知の世界、どんな服装・準備が必要なのかご紹介します!

  • モスクワのおすすめお土産! マトリョーシカなどの人気ロシア...

    ヨーロッパには数多く有名なクリスマスマーケットやアンティークマーケットがありますが、実は穴場スポットがここロシアのモスクワにあります。その規模は1日あっても見切れないほど! しかもシーズンに関係なく1年中開催されているのも嬉しいポイント 掘り出し物探しに行ってみませんか?

  • ロシア・サンクトペテルブルクでバレエ観賞!おすすめ劇場4選

    バレエ大国であるロシア。美しいバレリーナの演技は世界中の人々を魅了し続けています。由緒ある劇場が数多く存在するサンクトペテルブルクでは、本場のバレエを楽しむことができます。ここへ行けば間違いないという劇場をご紹介します。

  • ロシア・モスクワで絶対行くべきおすすめ観光名所5選

    見どころ満載の大都市モスクワ。限られた日数で、いったいどこを回ればいいのでしょうか?色々見たいけど、お決まりのコースではちょっと物足りない…そんなあなたに、ひと味違った観光のススメ。モスクワをより濃く感じられるためのおすすめを5選まとめてご紹介します!

  • サンクトペテルブルクの人気お土産ならここ!外せないショッ...

    ロシアのサンクトペテルブルクは、モスクワに次いだロシア第二の都市。エルミタージュ美術館などの観光スポットがあり、世界遺産にも登録されています。そんなサンクトペテルブルクを訪れたら行きたい、お土産店を4店紹介しましょう。

  • ロシアのお土産の定番!マトリョーシカ大特集

    ロシアの人形「マトリョーシカ」。貴方はどの位ご存じですか?様々な模様やデザインの作品があるんですよ。ロシアに訪れたらお土産は是非”マトリョーシカ”がおススメです。今回は、そんなマトリョーシカの魅力をご紹介したいと思います。

このエリアの新着記事
  • サンクトペテルブルクの人気お土産ならここ!外せないショッ...

    ロシアのサンクトペテルブルクは、モスクワに次いだロシア第二の都市。エルミタージュ美術館などの観光スポットがあり、世界遺産にも登録されています。そんなサンクトペテルブルクを訪れたら行きたい、お土産店を4店紹介しましょう。

  • ロシア・サンクトペテルブルクでバレエ観賞!おすすめ劇場4選

    バレエ大国であるロシア。美しいバレリーナの演技は世界中の人々を魅了し続けています。由緒ある劇場が数多く存在するサンクトペテルブルクでは、本場のバレエを楽しむことができます。ここへ行けば間違いないという劇場をご紹介します。

  • ロシア・モスクワで絶対行くべきおすすめ観光名所5選

    見どころ満載の大都市モスクワ。限られた日数で、いったいどこを回ればいいのでしょうか?色々見たいけど、お決まりのコースではちょっと物足りない…そんなあなたに、ひと味違った観光のススメ。モスクワをより濃く感じられるためのおすすめを5選まとめてご紹介します!

  • モスクワのおすすめお土産! マトリョーシカなどの人気ロシア...

    ヨーロッパには数多く有名なクリスマスマーケットやアンティークマーケットがありますが、実は穴場スポットがここロシアのモスクワにあります。その規模は1日あっても見切れないほど! しかもシーズンに関係なく1年中開催されているのも嬉しいポイント 掘り出し物探しに行ってみませんか?

  • ロシア連邦基本情報 【トイレ編】

    ロシア旅行に行くことは決めたものの…ちょっと気になるのがトイレ事情ですよね。ホテルのトイレはキレイ?公衆トイレはあるの?日本と違うルールはあるの?など気になることが盛りだくさん。本記事では、ちょっと気になるロシアのトイレ事情についてご紹介します。

  • ロシア連邦基本情報【言語・お役立ち会話編】

    日本のお隣の国、ロシア連邦。日本からの観光客も多く訪れる国ではありますが、英語は通じるのでしょうか?今回はロシア連邦を訪れる際に覚えておくと役に立つフレーズをシチュエーション別にご紹介します。

  • ロシア連邦基本情報 【治安・情勢編】事前にチェックして楽し...

    世界一の国土を誇るロシア連邦。赤の広場やエルミタージュ美術館など世界的に有名な観光スポットも多い国ですが、旅行の際に気になるのが、現地の治安。ロシアでの滞在を楽しいものにするため、治安情勢について事前にチェックしておきましょう。

  • ロシア連邦基本情報 【交通手段編】広い国土を移動するための...

    世界一広い国土を持つロシア。国内を移動するにしても、さまざまな交通手段があります。いったいどんなものがあるのか?どんなものが安心なのか?とお悩みの方に、ロシアの交通事情をご紹介します。安心・安全な旅をおくれるよう、事前にチェックしておきましょう!

  • ロシア連邦基本情報 【お金編】

    クラシカルな建物が多く観光に最適な国、ロシア。日本と比べて物価が安く、観光もしやすい国です。本記事ではロシアの通貨や両替方法、買い物時のチップの支払いなどに関する情報をお伝えします。

  • 定番土産は卒業したい!ロシア通にもウケるモスクワ土産がゲ...

    日本から比較的近いロシア。でも、距離的には近いのに遠い国に感じることってありませんか?何といっても国土が広いため、そのエリアによって違いがあると思います。今回は、首都でもあるモスクワへ行った際にゲットできるおすすめのお土産グッズを紹介したいと思います。

この記事のキーワード
このエリアの人気記事