シンガポール「ホーカーズ」に行くなら!激安なのに超美味いおすすめ4選!

206,214

views

0

シンガポールのB級グルメを語る上で、はずすことのできないフードコート・屋台村「ホーカーズ」。日本では自炊中心という人も、ホーカーズでご飯を食べて外食が多いシンガポール人の気分を味合おう!

「ホーカーズ」とはなにか

小さな飲食店が集合した施設。露天商、屋台街のこと。
当初、不衛生だった屋台の衛生面などを危惧した政府が、屋台を一箇所に
集中させて環境を整備し、「ホーカーズ」として運営するようになった。
人の集まる場所には、だいたいホーカーズがあるといっても過言ではなく、
単に食事の場にとどまらず、地域に根付く社交場的役割も果たしている。

ホーカーズの魅力

様々な国の料理が自由に味わえる、多民族国家シンガポールならではの施設、
ホーカーズ。日本人は避けがちな相席になることも多いので、これを機に、
地元の人々と交流を深めるのも楽しい。
屋根つきのホーカーズもあるが、屋台料理を存分に楽しむなら、屋外がオススメ。
暑い昼間の時間帯を避け、夜、星空のもとで飲むビールとローカルフードは格別。

覚えておくと得するホーカーの利用方法

言葉の通じない旅先でローカルに混じってご飯を食べるのって緊張しますよね。
そこで、覚えておくと便利なホーカーズの利用方法をお教えします。

①席をとっておくのがベター
→ティッシュを席において席を確保してからオーダーに行くのがローカル流。

②相席は当たり前!
→ホーカーズの混み時では、相席が当然のこと。隣に座るときには一言かけるとベター。

③物売りにはご用心
→ティッシュやロトのようなものを売る人が多いので、いらない場合は無視すること。

④お箸やソースはセルフでとる
→お店のレジの横に置いているはずなのにお忘れなく。

⑤片づけしなくてOK!
→食べ終わった後は食器の返却不要。お片付け係りの人がやってくれます。

ハラルマークとは

ハラル食品(イスラム教徒が食べてもよいとされるもの、イスラム教の戒律に反していない食品)についているマーク。「ハラル」=「許された、合法」周知の通りの多国籍国家シンガポールでは、その人口のおよそ15%がイスラム教徒(ムスリム)。彼らが外食する際にも、この「ハラルマーク」がお店選びの重要な基準となる。

世界のイスラム教徒の人口は現在、約16億人ともいわれており、総人口の約23%、今後さらに増加する見込み。欧米や中国・韓国などの企業でも導入されることが多くなってきており、ますます注目されそう。

それでは、早速おすすめのホーカーズとその中の名店をご紹介します!

〈マックスウェル・フードセンター〉

味のレベルが高いと地元民にも支持されている。価格も安めなためか、地元客率高し。
チャイナタウンにあり、中国南方の料理が中心。
屋根があるので雨天でも安心。

天天海南鶏飯

言わずと知れた、チキンライスの名店。ガイドブックやテレビなど、様々なメディアで 取り上げられる、行列覚悟の人気店。

リムキー・バナナフリッターズ

生のバナナよりジューシーかも!?バナナを揚げたお菓子、ピサ・ラジャの店。

Maxwell Food Centre(マックスウェル・フードセンター)
住所:
1Kadayanallur St.
営業時間:
8:00~22:00
アクセス:
タンジョン・パガー駅 歩10分

〈アルバート・センター・フードコート〉

寺院のそばということもあり、地元民が多く、観光客は少なめ。
朝から営業している店もあり、朝食の利用にも便利。

百年

大人気店のためいつも行列ができている百年。同ホーカー内に2店舗あり、1店舗が汁あり、もう1店舗が汁なしとメニューが異なるのでご注意。麺のタイプはお好みで選ぶことが可能です。

豆花水

「豆花水」=豆乳・お豆腐の店。華人社会では、牛乳のかわりに豆乳を飲んだり、お豆腐を食べるのが、朝食の定番。

Albert Centre Foodcourt(アルバート・センター・フードコート)
住所:
270Queen Street
アクセス:
ブギス駅 歩3分
営業時間:
~22:00頃

〈ニュートン・フードセンター〉

1971年からある、超老舗ホーカーズ。マレーシアの村をイメージした、南国ムード漂う屋外施設。他のホーカーズに比べて清潔感があるため、地域色の強さを苦手とする人や観光客向け。

美興

ポピア(シンガポール風春巻)とサテー(東南アジアの串焼き)の店。

海洋海鮮

海鮮バーベキューの店。スタッフの活気がダントツ、大人数での利用もオススメ。

Newton Food Centre/Newton Circus(ニュートン・フードセンター/ニュートン・サーカス)
住所:
500Clemenceau Ave North
営業時間:
12:00~翌2:00
アクセス:
ニュートン駅 歩3分
営業時間:
(夕方開店の店や24時間営業の店あり)

〈マカンスートラ・グラットンズ・ベイ〉

地元で人気のB級グルメ誌「マカンスートラ」がプロデュース、誌上ランキングで常に上位入りしている店だけが軒を連ねるという、ハイレベルホーカーズ。ビジネスマン率が高く、値段は少々高め。マリーナベイサンズを一望できるロケーションも魅力で、特に夜景が人気。ただし、屋外なので、雨には要注意。

スーン・リー・フライド・ホッケン・プロウン・ミー

ホッケンミー=「福建麺」とプロウンミー=「蝦麺」の名店。
ホッケンミーは、福建省から伝わったとされる、海鮮塩焼きそば。
プロウンミーは、注文時に「スープ」(麺が汁の中にある)または「ドライ」(タレと具が
麺にからめてあり、別にスープがついてくる)いずれか選ぶ。

アルハンブラ・パダン・サテー

何度もシンガポールのベストチキンライスに輝いている名店。
伝統製法による手作りのスパイスに漬け込まれたサテーは王道の味。

Makansutra Gluttons Bay(マカンスートラ・グラットンズ・ベイ)
住所:
8Raffles Ave
アクセス:
エスプラネード駅 歩5分
営業時間:
月~木 17~26:00頃、金・土 17~27:00頃、日 16~25:00頃
     ※売り切れ次第終了の店あり
定休日:
旧正月
電話番号:
6438-4038

あいさつがわりに「Makan already(もうご飯は食べましたか?)」と言うくらい、食に執着のあるシンガポール人。1日3食すべて外食というのも珍しいことではない。そんな地元民にとっても、必要不可欠なホーカーズで、シンガポールらしさを堪能しよう。

シンガポールのおすすめ記事はこちら

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
  • ペーパーチキンって何?シンガポールで話題のヒルマン・レス...

    シンガポールの名物料理、ペーパーチキン。このペーパーチキンを食べるのに一番お勧めのお店が、ヒルマン・レストラン。来店する客のほとんどが日本人というこちらのお店、なぜここまで日本人を惹きつけるのでしょうか。 今回は、ヒルマン・レストランのペーパーチキンについて紹介します。

  • カトンの観光でやるべきはこれ!カラフルで可愛い街を楽しもう

    シンガポール観光に行くのなら是非立ち寄ってみてほしいのが、このカトン地区。 色とりどりの可愛らしい街の作りを見ながら、こちらでしか見ることができないプラナカン文化を堪能してみてはいかがでしょうか?

  • 遊び好きにはたまらない!シンガポール・セントーサ島が激ア...

    シンガポールきってのリゾートエリア、セントーサ島は近年注目を集めているエンターテイメント施設が集まっている観光地の一つ。海に山に街、すべてが揃った魅力いっぱい、夢が広がる宝島。 すべてを忘れて遊ぶことに専念できる、セントーサ島の魅力をご紹介!

  • 口コミ評価まっぷたつ!マリーナベイサンズの滞在を最高にす...

    屋上にある絶景天空プールが有名なシンガポールのマリーナベイサンズホテル。 実はこのホテル、口コミサイトでの評価が驚くほどまっぷたつにわかれているのです。 いったい何が違うのか。最高の思い出にするための3つの法則をこっそりと教えちゃいます。

  • ユニバーサル・スタジオ・シンガポールの遊び方!人気のアト...

    ユニバーサル・スタジオ・シンガポール略して「USS」!シンガポールにもユニバーサルがあります。日本のUSJとどう違うの?何がおすすめなの?そんな疑問を持つあなたに、USSならではの魅力と見どころを紹介していきます!

  • シンガポールで肉骨茶(バクテー)を食べよう!おすすめのレ...

    肉骨茶と書いてバクテーと読む、シンガポールやマレーシアのローカルフードをご存知ですか?骨付きの豚肉を煮込んだだけのシンプルな料理ですが奥の深い味わいが癖になるとローカルの人々から観光客まで大人気☆様々な食べ方を楽しむ事の出来るバクテー、シンガポールを訪れた際はぜひ1度ご賞味下さい♪

  • シンガポール観光でラグジュアリーな滞在ができるホテルおす...

    ゴージャスなホテルの集まるシンガポール。せっかくシンガポールを訪れるなら、思い切りゴージャスに滞在をするのも良いですね。シンガポールでおすすめのラグジュアリーなホテルをご紹介します!

  • 旅行へ行ったら即買い!かわいすぎるシンガポール発のシュー...

    オシャレの基本は足元から! ですが洋服も靴も可愛いものや手の込んだものはやっぱりそれなりに値が張るものばかり。 シンガポール発のシューズブランドなら低価格で可愛いものが沢山! 気にいった一足が見つかる事間違いなしです! 是非シンガポール旅行の際にはお店に立ち寄ってみませんか?

  • シンガポールのおすすめホテル15選!人気のホテルはココ!

    シンガポールといえば、まず思いつくのがマーライオン像のあるスポットではないでしょうか?シンガポールは公用語が英語で、年中温暖な気候で過ごしやすいことから旅行先として選ぶ人も多く、最近では移住までしてしまう人も増えています。今回は、そんなシンガポールに行ったら、ぜひ泊まっていただきたいおすすめホテルを紹介します。

  • シンガポールの人気お土産15選!おすすめのマーライオングッ...

    シンガポールに旅行に来たのはいいけれど、お土産には何を買ったら喜ばれるの?そんなお土産選び初心者さん必見のシンガポール王道土産のおすすめを、食べものと雑貨のカテゴリから15品厳選してご紹介します。上司に、お友達に、両親に…これを買えば絶対はずさない!?

この記事のキーワード
このエリアの人気記事