グアムの人気おすすめお土産15選!これを買えば間違いなし!

7,436

views

0

ショッピングにシュノーケリング、各種アクティビティなど、楽しみが満載のグアムは人気の海外旅行先。毎年多くの観光客が訪れ、その中にはグアムお土産選びに頭を悩ませる方も少なくないでしょう。本記事ではグアムのお土産を15種類ご紹介していきます。悩むお土産選びの参考にしてください!

1.グズリア

グアム定番のお土産といえば「グズリア」。
小麦粉を練ったものにココナッツを入れて砂糖をまぶしたグアム伝統のお菓子です。
一度食べたら止まらなくなる食感。
日本のお菓子に例えると、かりんとうのような味です。

けっこうな歯ごたえなんですが、それがまた癖になります。
素朴な味わいなので幅広い年齢層に人気です。

グズリアはさまざまな会社から出ていますが、手作りで保存料や合成着色料を一切使用しないのは「ティタのグズリア」です。
ブランドによって味わいも食感も変わってきます。

迷ったら「ティタのグズリア」をおすすめします。
その歴史は50年を超えるほど、長い間多くの人々に愛され続けています。
ティタさんは70代後半を迎えた今でもグズリアを作り続けているそうです。
製造工程のほとんどが手作業というからびっくり!

パッケージもカラフルで南国らしいのでグアムのお土産に最適。
ビル・クリントン元大統領もお気に入りだったそう。

出典: guam-navi.jp

ABCストアーで購入できます。
どこにでもあるABCストアーですが、ザ・プラザ ノース1階店はタモン地区のほとんどの観光客が宿泊するエリアにあるので便利です。
立ち寄るたびにお土産が増えてしまいそうですね。

ABCストアー ザ・プラザ ノース1階店
住所:
1255 Pale San Vitores Road, Tumon Bay, 96913
営業時間:
08:00~23:30
電話番号:
TEL.671-649-2567
アクセス:
タモンDFSギャラリアからの横断歩道を渡った入り口

2.ココジョーズ チョコレートチップクッキー

出典: guam-bu.com

家族経営のお菓子会社ココジョーズの1番人気がこちらのチョコチップクッキー。
グアム南部のイナラハン村で作られているんだそう。
グアム産の材料を使用し、地元の人が手作りする真心がこもったクッキーです。
品質の高さからメイド・イン・グアムとしてグアム政府の認定を受けた本物のグアム産!

パッケージには先住民族チャモロの伝説にある、ジャングルで魔法を使って美味しいおやつを作っている妖精の「ココ・ジョー」が描かれています。
アメリカらしいポップなイラスト調でかわいらしいですね。

クッキーの中に入っている、チョコ・マカデミアンナッツ・ココナッツの風味や食感が絶妙。
一度食べると止まらなくなってしまう人が続出です。
クッキーならば日持ちするのでお土産に持って帰りやすいですよね。

そんなココジョーズのクッキーが買えるのはこちら!
タモン地区にあるJPスーパーストアー。
グアムプラザホテル直営のショッピングモールで、オレンジ色のマークが目印のお店です。
なんと23時まで開店しているので観光の後にも気軽に立ち寄れます。

グアムプラザホテルに宿泊してる方は、ホテルに隣接されているので非常に便利だと思います。
食品以外に、化粧品類やアメリカンカジュアルブランドなども数多く揃えられています。

クッキー以外にもお土産を色々調達してもいいかもしれません。

JPスーパーストアー(グアム プラザ ホテル店)
住所:
Guam Plaza Hotel, 1328 Pale San Vitores Road, Tamuning, Guam 96913
営業時間:
09:00~23:00
電話番号:
TEL.671-646-7803
定休日:
年中無休

3.アメリカンチョコレートファクトリー

お土産の中で一番迷うのがチョコレート!
定番中の定番だからこそ、本当に上質なものを品定めするのは重要。
中国産だったり、それ以外の国で作られた物が多く売られています。
ただやっぱりグアムに行ったのならばグアム産のお土産を買って帰りたいですよね。
そんな中、グアムに工場があり国内で作られているのがアメリカンチョコレートファクトリー。

種類は、クルミ・アーモンド・マカデミアンナッツ・マシュマロ・クランベリー・ライスクリスピーが揃います。
チョコに良く合うものとコラボしているので、どれを選んでも失敗しない味になっているそうです。

GUAMと大きくパッケージに書かれているのも、グアムのお土産感が増していいですね。
MADE IN GUAMの表記もしっかり目立っています。

海岸地区からは少し離れますが、ほぼ何でも揃ってしまうと言っても過言ではない大型ショッピングセンター。
アメリカンチョコレートファクトリーの商品は他の店ではあまり見かけないそうで、売り切れてなければここで購入可能。
お腹が空いたらショッピング内にフードコートもあるのでお昼ご飯の心配も必要ありません!
ここまでは、シャトルバスかタクシーで来ることができます。

なんと24時間営業なのはとっても助かりますね。
ここでならば滞在時間をフル活用してグアムのお土産もじっくりと選べそうです。

Kマート
住所:
404 N Marine Corps Drive Tamuning, Guam 96911
営業時間:
00:00~00:00
電話番号:
TEL.671-649-9879
営業時間:
24時間営業
定休日:
年中無休
駐車場:
無料

4.マンゴーコンフィチュール

フレッシュマンゴーを使用した甘さ控えめ無添加のマンゴージャムです。
お土産にしても安心ですね。
ウエディングギフトとしても人気。
新郎新婦の名前・日付・チャペル名をラベルに入れてもらえるので、グアムで挙式される方にはぴったり。
引き出物としてもらっても嬉しいですよね。

英語が苦手な方にとっては日本語表記で商品説明されているのもありがたい!
マンゴージャムならばなかなか珍しいので価値も大いにあり。

創業は1998年。
なんとオーナーは猫好きの日本人!
日本語での案内があったのには納得ですね。

お店の中に猫はいないそうですが、猫のグッズがたくさん置かれている猫好きにはたまらないお店です。

お土産専門店として構えているわけではなく、ここはあくまでもカフェ。
せっかく足を運ぶのであればランチはいかがでしょうか。

人気メニューは大きい牛肉が入ったデミグラスソースのオムライス。
お土産ついでにこちらも味わいたいですね。

持ち帰りも可能なので、綺麗なビーチ沿いでランチをとってもいいかもしれません。



Cafe Cat Crea(カフェ・キャット・クレア)
住所:
129 Gun beach RD. Tumon Guam 96913
営業時間:
11:00~22:00
電話番号:
TEL.671-647-6495
定休日:
年中無休
駐車場:
あり(無料)

5.ツナジャーキー

マグロの漁獲のイメージはどうしても日本を思い浮かべがち。
ここグアムの地でも実はたくさんマグロが獲れるって知っていましたか?
そんなマグロの水揚げが盛んなグアムではマグロにちなんだ物が安く食べられます。

ツナジャーキーはマグロを加工してジャーキーにした商品。
ジャーキーといえばビーフジャーキーのイメージが強いのでとても新鮮。
たんぱく質が豊富に含まれているヘルシースナックとなっています。
流行りのオメガ3脂肪酸もマグロには多く含まれています。

テリヤキ味とスパイシーテリヤキ味があり、お酒が好きな方へのグアムのお土産としては絶対におすすめ!

お酒好きに買っていきたいツナジャーキーが買えるのはこちら!
レオパレスリゾートのホテル内にある豊富な品揃えのお店です。

宿泊客以外でも買い物ができます。
ホテルまでシャトルバスに乗るか、レンタカーを借りている方であればドライブがてら立ち寄ってみても面白いと思います。
他では売っていないものが見つかるかもしれませんよ!

ラ・クエスタセンター レオ・マート
住所:
221 Lake View Drive,Yona,96915-6002
営業時間:
08:00~22:00
電話番号:
TEL.03-6743-6580
場所:
レオパレスリゾートコンドミニアム棟1階 ラ・クエスタセンター内

6.フィナデニソース

出典: www.gvb.com

グアムでは一般的なフィナデニソース。
醤油と酢をベースに玉ねぎ・唐辛子・柑橘果汁を合わせたソースです。

ご当地グルメでもあるチャモロ料理には欠かせない味。
一方で、どんな料理にも合う万能ソースと言われています。
もちろんこのフィナデニソースも「MADE IN GUAM」!
地元の人からも使いやすいと評判です。

肉・魚・野菜・スープと本当に何にでも合わせて使えるんです。
日本でいうポン酢のような醤油ベースの酸っぱい味が特徴的。

グアムの綺麗なビーチがプリントされたパッケージも素敵ですね。
お料理好きな方へのグアムのお土産にいかがでしょうか。

そんな万能ソースを購入できるのが、ここシーグリルレストラン。
海をイメージした館内はお子さんでも楽しめると人気のレストランです。
テーブルが水槽になっているところはロマンティックな雰囲気になれるためカップル向き。

レストラン内でフィナデニソースを使った料理を味わった後に、
気に入ったら買っていくというリスクヘッジをしてもいいかもしれません。

日本語を話せるスタッフがいたり日本語のメニューもあるので、英語に自信がない方でも大丈夫。
もちろんお土産だけ買いに行くこともできます。

Sea Grill Restaurant (シーグリルレストラン)
住所:
Under Water World 3F, 1245 Pale San Vitores Road, Suite 450, Tamuning, Guam 96913
営業時間:
11:00~22:00
電話番号:
TEL.6716496637
定休日:
年中無休

7.グルメ グアムのポップコーン

若い人から好評を得るカラフルなポップコーン。
フレーバーはキャラメルやチーズなど。
パッケージもかわいらしく、特に女子に喜ばれそうです。

パッケージがカラフルなのはもちろん、ポップコーンそのものも着色されています。
THEアメリカ!といった感じのカラフルさが潔くていいですね。
食べるのがもったいないくらいの可愛さ!

ギャレットのポップコーンが大ブレイクした日本では需要がありそう。
こちらもポップコーンはもちろんメイドイングアム。
85g容量のサイズがお土産にはぴったりです。

グアムプレミアムアウトレットの隣にあるアメリカンスタイルのディスカウントショップで購入できます。
グアムに2店舗展開しており、もう1店舗はチャモロ店です。
店内の広さや商品が豊富なのはタムニング店。
庶民的なショッピングを楽しむことができるので、グルメ グアムのポップコーンを買いにきたついでに店内を物色してみてはいかがでしょうか?

コストユーレス(タムニング店)
営業時間:
09:00~21:00
電話番号:
TEL.649-4744
定休日:
年中無休
*日曜日は19:
00までの営業
アクセス:
グアムプレミアアウトレットまでシャトルバス又は車

8.グアム チョコレート

出典: guam-navi.jp

南国のお土産の定番となりつつあるチョコレートはやっぱり外せませんね。
そこでグアムで買っていきたいのはこちらの王道商品。
その名も「グアム チョコレート」とそのまま。笑
シンプルイズザベストです。

スペイン広場にある「チョコレートハウス」が目印。
チャモロビレッジの工房で一つひとつ丁寧に手作りしているチョコです。
チャモロビレッジ内の「グアム チョコレート&ペイストリー」では1個から購入可能。
箱詰め品は多いという方におすすめです。

綺麗なビーチや青い空、ハイビスカスの花などグアムらしいパッケージも素敵ですね。
ブルー、イエロー、ピンク、ホワイトなど様々なカラーバリエーションもあります。

出典: guam-navi.jp

目立つ色のチョコレートは海外っぽいですね!色々な種類が販売されているので迷ってしまいますが、値段も手ごろなので何種類か買ってもリーズナブル。
チャモロ ビレッジ・ナイトマーケット限定の「ストロベリーのチョコがけ」もあります。
ナイトマーケットに行くのであれば、是非食べてみてください。

出典: guam-navi.jp

開店はお昼近くからとなっています。場所は大通りから見てタワーを目印に海側を行くとすぐの所にあります。店内には飲食できる場所はないので、ビレッジ内の屋根がある休憩所などを利用するといいでしょう。
ナイトマーケットのある水曜日も開店していますが、人気があるため混雑するようです。

グアム チョコレート&ペイストリー
住所:
チャモロ ビレッジ内
営業時間:
11:00~18:00
電話番号:
TEL.671-472-1308
アクセス:
チャモロビレッジまでのシャトル利用
定休日:
日曜・1/1・7/4・感謝祭・12/25
*営業時間が変わる曜日があります。
(水曜12:
00~21:00、土曜12:00~18:00)

この記事を読んだあなたにオススメの記事

  • グアムを遊び尽くせ! タモンエリア~タウン編~

    グアムの中心地タモンエリアはランドマークと立ち寄りスポットがいっぱいです!南国の街並みを楽しみながら歩けば、すぐに気になるスポットに到着です。目一杯、遊び尽くしましょう!

  • おしゃれなお土産もゲット♡グアムでショッピングを楽しむなら...

    日本から直行便で約3時間半で行けるリゾート地、グアム。綺麗なビーチでマリンスポーツを楽しむのもいいですが、アメリカならではの最新のアイテムを手に入れることもできます。いくつかあるショッピング施設の中から、今回は日本人の多いホテル街”タモンエリア”にあり、アクセス抜群の「JPスーパーストア」をご紹介します。

今週の人気記事

この記事のキーワード