グアムのおすすめ観光スポット15選!グアム旅行で絶対に外せない人気の名所!

4,121

views

0

日本からたった3時間半でアクセスできるグアム。青い海と豊かな自然に囲まれた人気リゾート地です。そこで今回は、グアム旅行で絶対に外せないおすすめ観光スポットを厳選してご紹介します。グアム旅行を控えている方は必見です!

グアムのおすすめ観光スポット:①フィッシュアイマリンパーク(Fish Eye Marine Park)

フィッシュアイマリンパーク(Fish Eye Marine Park)は、家族連れの観光客に大人気の観光スポットです。グアムでも特に魚がたくさん集まる海洋保護区に設置されているグアムの海中水族館とも言われているフィッシュアイマリンパークは、海の中にすむ魚たちを見学できる施設。 海に入ったり、水にぬれなくとも海中展望塔から魚たちの様子を見たりすることができます。
ゲートを入ったら長い桟橋を歩いて展望塔まで向かいます。

海の透明度が高いので、桟橋からでも海を覗けば魚たちの姿を見かけることができますよ。展望塔の中では、360度のパノラマビュー。所どころに設置された餌付けステーションでは、たくさんの魚たちが集まっていて、時間を忘れてその姿を見てしまいます。スキューバダイビング体験などのアクティビティもありますが、海中展望塔から疑似体験できるということで小さなお子さんからお年寄りにまで人気があるんです。 熱帯植物とラグーンに囲まれた南国の雰囲気いっぱいのシアターレストラン。おいしい食事を堪能しながら、ポリネシアンショーを堪能することができます。玄関にある巨大水槽の横でダンサーさんたちと記念写真を撮れば旅のいい思い出にもなります。

フィッシュアイマリンパーク(Fish Eye Marine Park)
住所:
818 North Marine Corps Dr. Piti, Guam
営業時間:
08:00~17:00
電話番号:
(671)4757777
アクセス:
タモン(Tumon)より車で約20分
定休日:
なし
料金:
大人:39ドル / 子ども:20ドル(5歳以下無料)

グアムのおすすめ観光スポット:②プレジャー・アイランド・グアム(Pleasure Island Guam)

プレジャー・アイランド・グアム(Pleasure Island Guam)は、グアム最大のアミューズメントエリア。ショッピングモールやレストラン、水族館にエンターテインメントショーまで楽しめる施設がそろっています。グアムに来たらここは絶対に外せません! DFSギャラリア・グアムやタモン・サンズ・プラザには、ルイ・ヴィトンやグッチなどの世界的ブランドショップが並びます。中には日本未入荷のアイテムがあったり、手に入れることが難しいレアな商品も。ブランドの他にも、コスメや文房具、雑貨やお菓子やコーヒーなどもあるので、お土産選びにも困りません。夜遅くまで営業しているので、夕食を済ませた後でも気兼ねなくショッピングを楽しむことができます。自分用にもお土産用にも幅広いお店が多数あるので、こちらでのショッピングは是非ゆっくり時間を取って行ってみてください。

レストランも様々な人気のお店がそろっています。水族館の中で食事が取れる場所もあるんですよ!エンターテイメントでは、海中散歩気分を楽しめる「アンダーウォーターワールド」やラスベガスのショースタイルが楽しめる「サンドキャッスル」などもあります。
プレジャーアイランドにアクセスする場合は、シャトルバスが便利です。乗り放題チケットを事前に申し込みをすることで購入することもできますよ。

プレジャー・アイランド・グアム(Pleasure Island Guam)
住所:
Pleasure Island, Guam
電話番号:
+1 671-649-1253
アクセス:
バス停・Tギャラリア by DFS(T Galleria by DFS)すぐ
(営業時間:
施設・お店により異なります。)
定休日:
なし
料金:
入場無料

グアムのおすすめ観光スポット:③タモン・ビーチ(Tumon Beach)

タモン・ビーチ(Tumon Beach)は多くのリゾートホテルに囲まれたビーチで、いつもたくさんの観光客でにぎわっています。タモン・ビーチの浅瀬の波は穏やかで、家族連れの方にもおすすめできます。小さなお子さんでもちゃぷちゃぷ水遊びができます。夕方になると、お散歩をしたりビーチバレーを楽しんだりすることができます。海水の透明度も抜群で、サンセットもとっても奇麗ですよ。
タモンビーチには、マリンクラブが2か所あり、有料ですがパラソルを使用できたり、シュノーケルリングセットなど海で必要なものがレンタルすることができます。

また、ビーチアクティビティもその場で申し込んだりレンタルすることができます。アクティビティは、シュノーケルなどの他にも、バナナボートやカヤック免許なしで乗れるマリンジェットなど、非日常の楽しさが味わえます。タモンビーチは、浅瀬にもたくさんの魚がいますので、初心者でも気軽にシュノーケリングを楽しむことができますよ。多少の狭さなどはありますが、シャワー室や更衣室なども利用することができます。ビーチで楽しんだら、ビーチバーで一息つくのもおすすめです!1日いても飽きないので、海好きの方は是非。 観光客に人気のタモンに直結しているということで、徒歩でアクセスできるところも大きな魅力。

タモン・ビーチ(Tumon Beach)
住所:
Tumon Beach Tumon, Guam
営業時間:
00:00~23:59
アクセス:
バス停・Tギャラリア by DFS(T Galleria by DFS)すぐ
定休日:
なし
料金:
無料

グアムのおすすめ観光スポット:④サンドキャッスル(Sandcastle)

サンドキャッスル(Sandcastle)は、グアムナンバーワンとの呼び声も高い人気エンターテインメントショー。グアムの人気観光地「プレジャーアイランド」にある施設で、5つ星ホテル相当の施設とラスベガスショーのために設計された500席もの客席がさらに豪華な雰囲気を醸し出します。サンドキャッスルのシアターは、本場ラスベガスの劇場よりも広く、グアムの特別な夜を堪能するのにピッタリ!世界レベルのイリュージョンショーを鑑賞できます。マジック・ホワイトタイガー・ダンスやアクロバットも取り入れたラスベガススタイルのショーで、ダイナミックなパフォーマンスに注目。
サンドキャッスルでは、気軽にショーを楽しめるカジュアルプランの他にも、ディナーやドリンクを楽しみながらショーを鑑賞するプランもあります。ディナーと一緒にショーを楽しむのもよし、ドリンクのみでショーに集中するのもよし。豪華な雰囲気と特別な夜を堪能できる施設なので、ドレスコードあり。ビーチサンダルや水着などの来場は、ご遠慮ください。ちょっとおめかしをして非日常の素敵な夜を楽しんでみてはいかがでしょか。
きらびやかでゴージャスなダンサーさんにも注目です。

サンドキャッスル(Sandcastle)
住所:
1199 Pale San Vitores Rd. Tumon, Guam
営業時間:
18:00~22:35
電話番号:
(671)6468000
アクセス:
バス停・サンドキャッスル前(sandcastle)より徒歩約1分
(営業時間:
18:00〜と21:00〜の1日2回公演)
定休日:
水曜日
料金:
79ドル〜(グレードにより異なります。)

グアムのおすすめ観光スポット:⑤オンワード・ビーチ・リゾート・ウォーターパーク(Onward Beach Resort Water Park)

オンワード・ビーチ・リゾート・ウォーターパーク(Onward Beach Resort Water Park)は、オンワード・ビーチ・リゾートホテルに隣接されているプールパークです。絶叫系ウォータースライダーは世界中の観光客から大人気。12メートルの高さから浮き輪に乗り急降下して滑る日本未上陸の絶叫系スライダー「マンタ」は、ウォーターパークに行ったら絶対に体験したいですね!絶叫系スライダーのほかにもたくさんの種類のプールやウェーブプールの頭上を一気に滑り降りる「オーシャンZIP」なども楽しむことができます。水深30センチの屋根付きプールもあり、小さいお子様も安心して楽しんでいただくことができます。

全長360メートルの流れるプールや最大1.2メートルの高波も体験できるウェーブプールなどもあります。そこでは、ボディーボードなども楽しむことができますよ。そして、プールでちょっと遊び疲れたら、屋根付きジャグジーで日差しを気にせずゆっくりするのもいいですよ!オンワード・ビーチ・リゾート・ウォーターパークでは、マリンアクティビティーも体験できます。
うれしいのはオンワード・ビーチ・リゾートホテル宿泊者は何度行っても無料!ウォーターパーク目当てに宿泊する人もいるほど。かなり満足度の高いパークなのでおすすめ。

オンワード・ビーチ・リゾート・ウォーターパーク(Onward Beach Resort Water Park)
住所:
Onward Beach Resort 445 Governor Carlos G.Camacho Rd., Tamuning, Guam
営業時間:
09:30~17:30
電話番号:
(671)6466465
アクセス:
バス停・オンワード・ビーチ・リゾート(Onward Beach Resort)すぐ
定休日:
なし
料金:
55ドル〜(オンワード・ビーチ・リゾート・ホテル宿泊者は無料)

グアムのおすすめ観光スポット:⑥タガダ・グアム・アミューズメント・パーク(Tagada Guam Amusement Park)

タガダ・グアム・アミューズメント・パーク(Tagada Guam Amusement Park)は、タモンにある小さな遊園地。施設の規模は小さめなのですが、「タガダ・ディスコ」や「バイキング・シップ」などグアム初上陸のアトラクションが特に人気です。タモン中心地にあり、入場料も無料なので、お買い物の合間に立ち寄ることもできます。日本人が経営しているので、心持ち安心して立ち寄れますね。オープンが16時半と少し遅めですが、サンセット後で日差しなど気にすることなく、ライトアップされた園内を楽しむことができます。 一番人気のアトラクションは「タガダ・ディスコ」。円盤型のライドに乗り込むと、音楽が鳴ってぐるぐる回ります。身体を固定するベルトはないので、激しい動きにスリル抜群!かなり激しい動きになるので、女性の方がスカートだとちょっぴり心配です。日本人客が多い時は日本の音楽を流してくれますよ。 入口付近には、小さいお子様向けのコイン式の乗り物も設置してあります。施設自体は、とても小さいので、夜の観光の合間、ちょっとしたスリルを感じに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

タガダ・グアム・アミューズメント・パーク(Tagada Guam Amusement Park)
住所:
1425 Pale San Vitores Rd. Tumon, Guam
営業時間:
16:30~23:00
電話番号:
(671)8585000
アクセス:
バス停・ベイ・ビュー・ホテル(Bay View Hotel)下車すぐ
(営業時間:
土・日曜日は15:30〜)
定休日:
なし(天候により休業の場合あり)
料金:
アトラクションにより異なります。

グアムのおすすめ観光スポット:⑦ココ・パーム・ガーデン・ビーチ(Coco Palm Garden Beach)

ココ・パーム・ガーデン・ビーチ(Coco Palm Garden Beach)は、落ち着いた時間を過ごしたい方におすすめのプライベートビーチ。ビーチの美しさはグアムでもトップクラスで、ラウンジがあったりベビーベッドがあったりと、ママさんにうれしい設備も整っているのでおすすめ。 予約制なので、限られた観光客しかおらず、プライベート感満載!ホテルからの無料送迎バスも出ています。到着すると目の前に広がる一面の美しい海にホワイトビーチ!楽園を思わせるような風景です。

日本人観光客が太鼓判を押すほどサービスがしっかりしているビーチで、小さなお子さん連れの方も安心して楽しむことができます。到着時には、ウェルカムドリンクでお迎えというのもうれしいところ。無料レンタルも充実しているので、安心して楽しむことができます。シュノーケリングをするとたくさんの種類の魚たちが泳いでいるなど、ここにいるだけで楽しめる観光スポットです。 ネイチャートレイルで、グアム島北部ならではの自然を観察することもできます。ビーチでのんびするもよし!海でたっぷり遊ぶもよし!自然散策をするもよし!の三拍子そろった施設です。

ココ・パーム・ガーデン・ビーチ(Coco Palm Garden Beach)
住所:
Coco Palm Garden Beach Dededo, Guam
営業時間:
09:00~17:00
電話番号:
(671)4774166
アクセス:
タモン(Tumon)より車で約40分
定休日:
月1不定休
料金:
大人:54ドル〜 / 子ども:36ドル〜

グアムのおすすめ観光スポット:⑧オーシャンサファリ ~アンダー・ウォーター・ワールド~(Ocean Safari -Under Water World-)

オーシャンサファリ ~アンダー・ウォーター・ワールド~(Ocean Safari -Under Water World-)は、アウトリガーのすぐ近くにある水族館。ロケーションが最高なので、多くの観光客が訪れる有名な観光名所ですね。規模は大きくありませんが、サメやエイなどが泳ぐトンネルを通りながら楽しめる水族館です。 一階は洞窟風の入り口から入るアクアリウム式の海中トンネル。長さはなんと100m!24匹のサメ、2アオウミガメなど約100種類、2000匹以上の海の生き物を観ることができます。毎日14時にサメやエイの餌付けショーも行っていますよ。

2階は、普通の水族館ですが、人気のアニメ映画に出ていた、カクレクマノミやナンヨウハギなどを見ることができます。昼間は水族館ですが、夜はオーシャンラウンジとして営業します。魚たちが泳ぐトンネルの下で、コース料理を楽しむことができます。神秘的な海の底をイメージした照明で、非日常を味わうことができます。また、水中トンネル内は21時30分からは、18歳以上限定の海底ラウンジに変身します。グアムの夜を静かで幻想的が海の世界をお酒片手にお楽しみください。お子様には、謎めいた地図を片手にお宝さがしができる、「トレジャーハント」などはいかがでしょうか!

オーシャンサファリ ~アンダー・ウォーター・ワールド~(Ocean Safari -Under Water World-)
住所:
1245 Pale San Vitores Rd., Tumon, Guam
営業時間:
10:00~18:30
電話番号:
(671)6499191
アクセス:
バス停・ザ・プラザ(The Plaza)下車
定休日:
なし
料金:
大人:23ドル / 子ども:12ドル

グアムのおすすめ観光スポット:⑨イナラハン天然プール(Inarajan Natural Pool)

イナラハン天然プール(Inarajan Natural Pool)は、波や風の影響を受けた岩が侵食されてできた天然のプール。グアム島南部の穴場スポットです。結構深さがあるので、飛込み台があったりします。場所によっては、飛込が禁止になっているところがあったり、海外旅行ですので、あくまでも無理のない範囲で楽しんでくださいね。プールに入らなくとも景色が奇麗です。利用料などはなく気軽に立ち寄れるのもいいポイントです。天然プールは、自然の力でできたスポットで、整備されていない場所もあるので、マリンシューズなどを必ず着用するといいですよ。また、岩場が多い場所なので、お昼すぎはとにかく暑い!なので、観光客の少なく日が上がりきっていない午前中をおすすめします。絶景スポットとして観光客に人気があるだけでなく、ローカルの人々でもにぎわいを見せます。プールサイドでバーベキューを楽しんだり、家族連れやカップルがのんびりしていたり。波がないので、地元の子どもたちの遊び場にもなっています。

シュノーケリングを持って行って、浅瀬にいる魚たちをじっくり観察してみるのも楽しいですよ。イナラハン天然プールの目の前に、イナラハンマーケットという小さな商店があります。プールで遊んで、ちょっと疲れたら、地元のマーケットに足を伸ばしてみるのもいいかもしれませんね。タモンエリアからは少し離れているので、ドライブがてら行ってみるのもいいかもしれません。 自然の作った造形美を観に、グアム島一周コースの立ち寄り場所として行ってみてはいかがでしょうか。

イナラハン天然プール(Inarajan Natural Pool)
住所:
Inarajan, Guam
営業時間:
00:00~23:59
アクセス:
タモン(Tumon)より車で約50分
定休日:
なし
料金:
無料

グアムのおすすめ観光スポット:⑩ソレダッド砦(Fort Soledad)

ソレダッド砦(Fort Soledad)は、スペイン統治時代に築かれた砦です。正式名称は、「ヌエルトラ・セニョーラ・デ・ラ・ソレダット(孤独の聖母)砦」です。ここから見下ろす景色は素晴らしく奇麗で、記念撮影をしている方もよく見かけます。海賊から交易船を守る役割があったため、見晴らしがいいのだとか。当時の様子を再現して、砲台が置いてあります。 絵に描いたような景観に感動すること間違いなしです。グアムの中心地とはまた趣の違った、のどかな村を訪ねたような雰囲気です。高台から見える対岸が、ウマタックの村です。ウマタックの村は、人口が1000人満たない島内最小の村ですが、歴史が古くマゼランが寄港した村だと言われています。
風景は絶景で、クリーム色の外観がかわいらしい山・ディオニシオ教会もぜひ見ていただきたいスポットです。砦の風景のほかにも、観光客に注目を浴びているのが、地元の「水牛おじさん」と呼ばれる人です。モヒカンのような頭をしていて、水牛を連れています。毎日いるわけではないので、会えたらラッキーですね!公共交通機関でのアクセスは厳しいので、車で行くことをおすすめします。場所は2号線沿いでトイレも完備されていて、無料開放されています。日本人観光客が少ない穴場的観光スポットなので、興味のある方は是非足を運んでみてください。

ソレダッド砦(Fort Soledad)
住所:
Umatac, Guam
営業時間:
09:00~18:00
アクセス:
タモン(Tumon)より車で約30分
定休日:
なし
料金:
無料

グアムのおすすめ観光スポット:⑪イパオ・ビーチ公園(Ypoo Beach Park)

イパオ・ビーチ公園(Ypoo Beach Park)は、先ほどご紹介したタモン・ビーチの隣にあるビーチです。正式名称は、ガバナー・ジョセフ・フローレス・メモリアルパークと言い、戦後チャモロ人で初めて知事になったジョセフ・フローレンス氏に由来しています。タモンビーチは繁華街に直結しているため、どの時間帯も比較的にぎわっている印象がありますが、イパオ・ビーチ公園はまったりとした雰囲気が魅力です。シュノーケルの名所であるイパオビーチがあり、ビーチ付近には休憩スポットや広い休憩所などもあります。公園内には、子どもが喜びそうなアスレチックもあります。

観光客よりもローカルが多いイパオ・ビーチ公園は、アクティビティを満喫したい方よりもビーチを眺めてのんびりしたい方におすすめです。有料ですが、バーベキューを楽しめるスポットもあります。遠浅で魚もたくさんいます。シャワーや休憩室も完備していて、ライフガードもいるので、シュノーケリング初心者の方でもゆっくり楽しめるビーチとなっています。 イパオビーチには、サンゴのかけらなどがたくさん落ちているので、裸足での歩行は危険なので、マリンシューズやサンダルなどは必ず履くようにしてくださいね。

イパオ・ビーチ公園(Ypoo Beach Park)
住所:
Ypao Beach Tumon, Guam
営業時間:
07:00~18:00
アクセス:
バス停・ヒルトン(Hilton)より徒歩約5分
定休日:
なし
料金:
無料

グアムのおすすめ観光スポット:⑫恋人岬(Two Lovers Point)

恋人岬(Two Lovers Point)は、特にカップルに人気のある観光スポットです。グアムの国旗にも記されている恋人岬は、海抜123メートルにも及ぶ断崖の上に展望台があり、タモン湾を一望できます。空と海の青さが調和する絶景を見ることができます。特に初めてのグアム旅行では欠かせない場所ですね。恋人の悲しい物語の伝説として知られている岬で、伝説のモデルとなった恋人たちの像「アマンテス」が建てられており、現在ではパワースポットとして有名になりました。悲恋でも有名ですが、カップルで訪れると結ばれるという噂でも有名。

ハート型の南京錠にお互いの名前や願いを書き、「ハートロックウォール」というフェンスに鍵をかけると永遠の愛で結ばれる…ということで、多くのカップルが訪れています。「ハートロックウォール」と並んで有名なのが、「恋人たちの鐘」カップルで3回ピッタリつけば、永遠の愛で結ばれ、シングルの方は素敵な恋が訪れたり、思い人と結ばれたというエピソードもあるので、ぜひ訪れてみてくださいね。可愛らしい雰囲気と、岬から眺める素晴らしい景色が人気で毎日たくさんの人が訪れます。写真を撮るのも一苦労なほど混み合っていることもあるので覚えておいてくださいね。シャトルバスを使ってアクセスするのがおすすめです。

恋人岬(Two Lovers Point)
住所:
1375 W. Marine Corps Drive Harmon, Guam
営業時間:
07:00~19:00
電話番号:
(671)6474107
アクセス:
タモン(Tumon)より車で約10分
定休日:
なし
料金:
3ドル(6歳以下は無料)

グアムのおすすめ観光スポット:⑬シートレック(SeaTrek)

シートレック(SeaTrek)は、グアムのメインエリアのタモンにある水中アドベンチャーを体験できる施設です。とっても手軽にダイビング気分が味わえる施設なので、女性やお子さんにも人気があるんですよ。
水着とタオルだけ持参すれば、専用ヘルメットをかぶり、肩から上は一切ぬれないので、メガネをかけたままや、メイクをしたままでもOK!いつもと変わらぬ呼吸で楽しむことができ、特別な免許なども必要ありません。天候に左右されることもないので、いつでも誰でも体験できるところが最大も魅力ですね。日本語が堪能なスタッフがしっかりと説明をしてくれて、映像での丁寧な説明もあるので安心です。

エイやたくさんの魚たちを間近で見ることができる貴重な体験を楽しめます。 水中では、水族館なので確実にサメやウミガメなどの生き物など、目の前で魚たちとの出会いがあり、スタッフの方がたくさん写真を撮ってくれます。魚たちとの触れ合いはもちろんのこと、シュノーケリングとはまた一味違った海中での浮遊感もシートレックでの体験ならではです。その楽しさを、帰りの際に有料ですがUSB での販売もしてくれますので、旅の思い出にいかがでしょうか。

シートレック(SeaTrek)
住所:
Under Water World, 1245 Pale San Vitores Rd., Tumon, Guam
営業時間:
10:00~18:00
電話番号:
(671)6499191
アクセス:
バス停・ザ・プラザ(The Plaza)よりすぐ
定休日:
なし
料金:
大人:89ドル / 子ども:79ドル

グアムのおすすめ観光スポット:⑭ガン・ビーチ(Gun Beach)

ガン・ビーチ(Gun Beach)は、グアム島タモン湾北部に位置する穴場のパブリックビーチです。自然が多く残されており、ローカルの人々にも人気のある観光名所です。もともと、旧日本軍の設置した大砲がそのまま残されていることからこの名が付いたそうです。単に観光地として楽しむだけでなく、そういった歴史的背景を知ると思うことがありますね。海の透明度はかなり高めでシュノーケルや水中眼鏡で少し海中を覗けば、海底をみることができます。ビーチはサラサラとしたホワイトビーチではなく、サンゴの死骸や大粒の石が落ちている少しゴツゴツとした印象のビーチです。ガン・ビーチには、観光客向けのアクティビティ施設もあります。ガン・ビーチの海は透明度が高く、スキューバダイビングの好スポットとしても有名なんですよ。ビーチバレーやマリンスポーツを楽しむ人たちでにぎわっています。ビーチ前にはバーがあり、ゆったりとカクテルやお酒を楽しみながらきれいな海やサンセットを堪能するのもよさそうです。シャワーやロッカートイレがなかったり、ライフセーバーが常駐しているわけではないので、それなりに注意は必要です。ですが、すぐ近くのビーチバーには無料のシャワーがあるので利用してみてください。

ガン・ビーチ(Gun Beach)
住所:
Gun Beach Tumon, Guam
営業時間:
00:00~23:59
アクセス:
タモン(Tumon)より車で約3分
定休日:
なし
料金:
無料

グアムのおすすめ観光スポット:⑮パシフィックアイランドクラブグアム PICウォーターパーク(Pacific Islands Club Guma PIC Water Park)

パシフィックアイランドクラブグアム PICウォーターパーク(Pacific Islands Club Guma PIC Water Park)は、アクティビティを満喫したい方には持ってこいの観光スポットです。初心者の方にはスタッフがレクチャーしてくれるので、安心して始められます。 プール、ビーチ、スポーツの各エリアに分かれており、とにかく種類豊富なアクティビティがあります。
プールはメインプールの他にウォータースライダーやゲーム用プール、さらにはカヤックが体験できる場があったり、泳げる水族館なんて場所もあります!この「泳げる水族館」は世界に8つしかない施設で、たくさんの熱帯魚と一緒に泳ぐことができます。泳ぐ前に、簡単な講習を受けていただくのと、ライフジャケットを着用して泳ぐので、泳ぎの苦手な方でも安心して利用していただけます。ビーチでは、さまざまマリンスポーツを楽しむことができます。海やプールだけでなく、陸上のアクティビティも充実。

巨大トランポリンやアーチェリー、そのほかにも多種多様なスポーツを楽しむことができます。4歳から12歳のお子様向けにキッズクラブというサービスもあります。専門のスタッフがプールやビーチでの遊びに同伴し、楽しみ方をレクチャーします。色々な国の子どもたちと出会えて触れ合う絶好の機会となります。お子様の英語への興味のきっかけにもなるかしれません!ホテル宿泊者はこちらの施設を無料で利用できるのでかなりお得です。レストランもあるので1日中遊べる施設となっています。  

パシフィックアイランドクラブグアム PICウォーターパーク(Pacific Islands Club Guma PIC Water Park)
住所:
Pacific Islands Club Guam, 210 Pale San Vitores Rd., Tumon, Guam
営業時間:
09:00~17:00
電話番号:
(671)6469171
アクセス:
バス停・パシフィックアイランドクラブ(Pacific Island Club)すぐ
定休日:
なし
料金:
55ドル〜

最後に

今回はグアムの絶対に外せないおすすめ観光スポットをご紹介しましたが、いかがでしたか?グアムは日本との時差も1時間ほどなので、短期旅行でも満喫できます。グアム旅行を計画の際は、今回ご紹介した観光スポットも是非候補に入れてみてくださいね!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • グアム基本情報【トイレ編】

    海外で心配なことの1つは、トイレですよね。トイレ環境が恵まれている日本から一歩外に出ると、事情は異なります。では、グアムはどうでしょうか?ここでは、グアムのトイレ事情を取り上げます。参考になさってくださいね。

  • グアムの人気おすすめお土産15選!これを買えば間違いなし!

    ショッピングにシュノーケリング、各種アクティビティなど、楽しみが満載のグアムは人気の海外旅行先。毎年多くの観光客が訪れ、その中にはグアムのお土産選びに頭を悩ませる方も少なくないでしょう。本記事ではグアムのお土産を15種類ご紹介していきます。悩むグアムのお土産選びの参考にしてください!

  • グアムを遊び尽くせ!タモンエリア~ビーチ編~

    これぞグアム!写真そのままの南国ビーチが目の前に広がります!白い砂浜、青い海、眩しい太陽と一日遊んだら、ご褒美に水平線に沈む夕陽が違う景色をみせてくれます~夕焼け色のカクテルで乾杯しましょうか!?

  • グアム女子旅のおすすめ観光スポット15選!南国リゾートで夢...

    日本からグアムまでの飛行時間は、約4時間。気軽に遊びに行けるビーチリゾートとして、不動の人気です。グアムはハワイと比べて「安い」というイメージがありますが、最近では高価なホテル・レストラン・お土産品などに人気が出ているようです。今回は最新のグアム女子旅で行くべきマストスポットをご紹介します。

  • グアムを遊び尽くせ! タモンエリア~タウン編~

    グアムの中心地タモンエリアはランドマークと立ち寄りスポットがいっぱいです!南国の街並みを楽しみながら歩けば、すぐに気になるスポットに到着です。目一杯、遊び尽くしましょう!

  • 【グアム】離島旅!ちょっと足を伸ばして、無人島『ココス島』へ

    お馴染みのグアムで、少し違った景色が見られるのが『ココス島』です。 海や森といった豊かな自然に珍しい生き物。小さな島で充実した贅沢な時間が過ごせます。

このエリアの新着記事
  • グアムのおすすめ人気ホテル15選 もうホテル選びで迷わない!

    グアムといえば日本からほど近く、リゾートやマリンスポーツで人気の島。飛行機で、3時間半ほどで着き、日本人観光客がとても多いです。今回はそんなリゾート・グアムでおすすめのホテル15選をご紹介していきます!

  • グアムを遊び尽くせ!タモンエリア~ビーチ編~

    これぞグアム!写真そのままの南国ビーチが目の前に広がります!白い砂浜、青い海、眩しい太陽と一日遊んだら、ご褒美に水平線に沈む夕陽が違う景色をみせてくれます~夕焼け色のカクテルで乾杯しましょうか!?

  • グアム国際空港(GUM)完全ガイド!市内へのアクセスと空港で...

    グアム国際空港から始まるグアム観光は「安い・近い・短い」で子連れファミリーに人気。グアム国際空港から市内へのタクシーやレンタカーを使ってのアクセス方法や料金をご紹介します。事前に知っておくと役に立つWi-Fiレンタルの情報やトランジットホテルもご案内!ラウンジや、お土産についても予習しましょう。

  • グアムの交通手段を解説!タクシーからバス・レンタカーまで...

    日本から3時間半で行ける常夏の島”グアム”。気軽に行ける海外として人気が高いグアムを最高に楽しむため、グアム内での移動手段をチェックしておきましょう。行き先と時間、人数によって使い分け、賢く上手に移動すればすてきなグアム旅行になりますよ!

  • 卒業旅行はグアムで決まり!初海外でも安心!日本からすぐの...

    各都市から直行便が運航し、時差もわずか一時間というグアムは、海外旅行経験の少ない学生にもおすすめのビーチリゾートです。グアムには、様々な観光スポットやアクティビティがありますが、今回は卒業旅行のおすすめを集めてみました。

  • グアムの人気おすすめお土産15選!これを買えば間違いなし!

    ショッピングにシュノーケリング、各種アクティビティなど、楽しみが満載のグアムは人気の海外旅行先。毎年多くの観光客が訪れ、その中にはグアムのお土産選びに頭を悩ませる方も少なくないでしょう。本記事ではグアムのお土産を15種類ご紹介していきます。悩むグアムのお土産選びの参考にしてください!

  • グアム一人旅は魅力がいっぱい!ローカル感満載のおすすめ観...

    グアムは気の合う仲間同士で旅するリゾート地のイメージがあるかもしれませんが、一人旅でも十分楽しめるスポットがたくさんあります。数々の歴史が刻まれた観光名所や、ロマンチックなビーチなど、グアムの魅力を最大限に感じられるスポットやグルメをお届け!ローカル感たっぷりのグアム一人旅へ出かけてみませんか?

  • グアム基本情報 【ビザ・大使館・税関編】ビザやESTAは必要?...

    日本から約4時間、思い立ったらすぐに常夏リゾートを楽しめるグアム。そんなグアム旅行に役立つ、ビザ、大使館、関税の情報をまとめてみました。

  • グアム女子旅のおすすめ観光スポット15選!南国リゾートで夢...

    日本からグアムまでの飛行時間は、約4時間。気軽に遊びに行けるビーチリゾートとして、不動の人気です。グアムはハワイと比べて「安い」というイメージがありますが、最近では高価なホテル・レストラン・お土産品などに人気が出ているようです。今回は最新のグアム女子旅で行くべきマストスポットをご紹介します。

  • グアム基本情報 【言語・お役立ち会話編】チャモロ語を使って...

    日本人観光客も多く、初めての海外旅行にもぴったりなグアム。英語が話せなくても十分楽しめると聞くけれど、本当に英語は必要ないの?現地で他に使われている言語はあるの?など、気になる事情をまとめてみました。

この記事のキーワード
このエリアの人気記事
新着記事