グアムの交通手段を解説!タクシーからバス・レンタカーまで!空港からのアクセスも

5,962

views

0

日本から3時間半で行ける常夏の島”グアム”。気軽に行ける海外として人気が高いグアムを最高に楽しむため、グアム内での移動手段をチェックしておきましょう。行き先と時間、人数によって使い分け、賢く上手に移動すればすてきなグアム旅行になりますよ!

グアムの交通事情

グアム島内の公共交通はバスとタクシーだけ。電車は走っていません。バス路線やタクシーが居る場所を知っていれば、それだけでも各観光地まで効率的に移動できるのです。それからもう一つの手段はレンタカーです。バス・タクシー・レンタカーを駆使してグアム観光を大いに楽しもう!

グアム国際空港からの移動手段

グアムに行くには飛行機・船と手段がありますが、圧倒的に飛行機で到着される方が多いと思います。空港は比較的街中に近いとは言え、歩いて行ける距離ではありません。まずは交通手段を選んでホテルに向かいましょう。

ホテルの送迎サービスを利用する

ほとんどのホテルから送迎バスが出ています。各バスに乗ればホテルまで確実につきます。ツアーの場合は送迎サービスが含まれる場合がほとんどだと思いますが、個人旅行の場合は渡航前の事前予約が必要となる場合がありますのでチェックしてください。

タクシーを利用する

もう一つの手段はタクシー。空港を出て左側の方にタクシー乗り場がありますのでそこからタクシーに乗ることができます。タクシー料金は空港からホテルの多いタモン地区であれば20ドルもあればつけると思いますが深夜便や早朝便で到着すると割増料金がかかるのでご注意ください。※2016年3月現在

レンタカーを借りてしまう!

レンタカーという手段もあります。空港内にカウンターがありますのでそちらで手配が可能です。

グアムを走るシャトルバス

タモン、タムニング、ハガニアのエリアではシャトルバスが数多く走っており、ショッピングやホテルのレジャー施設を回るのにタクシーやレンタカーの必要がないくらいに便利です。

DFSギャラリア無料シャトルバス

出典: guam1.net

DFSギャラリアでショッピングされる方のための無料シャトルバス。タモンエリアのホテルを中心に回っています。

HISのシエナトロリー 

出典: guam1.net

HISツアーでグアム旅行をされる方には白い車体色のシャトルバスが利用できます。

JTBのコンチャバス 

出典: guam1.net

JTBツアーでグアム旅行をされる方はコンチャバスを利用できます。これに加え赤いシャトルバスのパスも無料でついてくるそうです。

赤いシャトルバス

メインとなるのは赤いシャトルバスでしょうか。こちらは有料ですが1日乗り放題で、ショッピングや他のホテルのアトラクション・観光地巡りに活用できます。料金は1回4ドル、1日乗り放題で12ドルからあります。
行き先は、恋人岬シャトル=恋人岬まで、チャモロビレッジナイトシャトル=水曜日のみ夕方に出発し夜に戻る、朝市シャトル(フリーマーケットシャトル)=土・日曜日の朝のみデデド朝市に行くバスがあります。※2016年3月1日現在

グアムのタクシーの使い方

グアムのタクシーも距離ごとで料金が決まっています。基本料金は2.4ドル、初乗り1マイル(1.8km)4ドル、以降0.25マイルごとに80セント、待機時間は2分ごと80セントになります。この料金に深夜・早朝だと割増料金になるので気を付けてください。

タクシーは基本、空港・ショッピングセンター・各ホテルに待機しており、流しのタクシーはなかなかいませんので、今いる場所のそばのホテルや施設でタクシーを捕まえた方が良いです。
プラスα情報として、DFSへ向かう際はDFSが支払いを行う無料サービスもありますが、ホテルでも基本はシャトルバスを使ってくださいと誘導しているそうです。※2016年3月1日現在の情報です。

グアムのレンタカー事情

グアムでは旅行客は21歳以上で日本の運転免許を持っていれば誰でも運転できます。レンタカーを乗る際に気をつけることは、左側通行、左ハンドル、スピードメーターはマイル表記であること。特に左側通行ですが、誰もいない2車線の道を走っているとつい逆走行してしまう事がありますのでお気を付けください。左折は信号が赤でも曲がれますのでここもご注意ください。

レンタカーの使い方

レンタカーがなくてもさほど観光するのに問題はないのですが、グアムの南側へ行く際はツアーかレンタカーに絞られます。南側にはココス島の様な奇麗な海岸やスペイン統治時代の史跡など見どころがたくさんあります。ツアーで行くとどうしても行動が縛られてしまうので、レンタカーを借りてドライブに行きたいところです。
レンタカーは空港・ホテル・タモンの街中にありますので、借りるとき戻す時に便利な場所と料金をみて借りてください。相場的には込みこみで小型車50ドルから80ドルぐらいが目安かと思います。※2016年3月1日現在

レンタカーでの注意

保険は必ず加入した方が良いです。また、レンタカーを借りる際にディポジットとしてクレジットカードを利用します。クレジットカードがないと借りられません。レンタカーの返却は、ホテルで借りて帰りの空港乗り捨てという方法を取る方もいますが、必ずレンタカー屋の車両のチェックを受けてください。後でどこどこが壊れていたなどで追加請求をされる可能性もあります。特にクレジットカードをディポジットに提供しているので勝手に引き落としされます。ご注意ください。

まとめ

グアムの交通手段はシャトルバス・タクシー・レンタカーの三つです。特に行動範囲を増やしたいならレンタカーが必須です。初めてのグアムならレンタカーなくても十分に楽しめますので、シャトルバスをうまく活用して主要観光スポットを回ってください。シャトルバスの情報はグアム政府観光局サイトに最新のスケジュールなどが乗った資料があります。行く前にご確認ください。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • グアムの人気おすすめお土産15選!これを買えば間違いなし!

    ショッピングにシュノーケリング、各種アクティビティなど、楽しみが満載のグアムは人気の海外旅行先。毎年多くの観光客が訪れ、その中にはグアムのお土産選びに頭を悩ませる方も少なくないでしょう。本記事ではグアムのお土産を15種類ご紹介していきます。悩むグアムのお土産選びの参考にしてください!

  • グアムを遊び尽くせ!タモンエリア~ビーチ編~

    これぞグアム!写真そのままの南国ビーチが目の前に広がります!白い砂浜、青い海、眩しい太陽と一日遊んだら、ご褒美に水平線に沈む夕陽が違う景色をみせてくれます~夕焼け色のカクテルで乾杯しましょうか!?

  • グアム女子旅のおすすめ観光スポット15選!南国リゾートで夢...

    日本からグアムまでの飛行時間は、約4時間。気軽に遊びに行けるビーチリゾートとして、不動の人気です。グアムはハワイと比べて「安い」というイメージがありますが、最近では高価なホテル・レストラン・お土産品などに人気が出ているようです。今回は最新のグアム女子旅で行くべきマストスポットをご紹介します。

  • 【グアム】離島旅!ちょっと足を伸ばして、無人島『ココス島』へ

    お馴染みのグアムで、少し違った景色が見られるのが『ココス島』です。 海や森といった豊かな自然に珍しい生き物。小さな島で充実した贅沢な時間が過ごせます。

  • グアムを遊び尽くせ! タモンエリア~タウン編~

    グアムの中心地タモンエリアはランドマークと立ち寄りスポットがいっぱいです!南国の街並みを楽しみながら歩けば、すぐに気になるスポットに到着です。目一杯、遊び尽くしましょう!

  • グアム一人旅は魅力がいっぱい!ローカル感満載のおすすめ観...

    グアムは気の合う仲間同士で旅するリゾート地のイメージがあるかもしれませんが、一人旅でも十分楽しめるスポットがたくさんあります。数々の歴史が刻まれた観光名所や、ロマンチックなビーチなど、グアムの魅力を最大限に感じられるスポットやグルメをお届け!ローカル感たっぷりのグアム一人旅へ出かけてみませんか?

このエリアの新着記事
  • グアムのおすすめ人気ホテル15選 もうホテル選びで迷わない!

    グアムといえば日本からほど近く、リゾートやマリンスポーツで人気の島。飛行機で、3時間半ほどで着き、日本人観光客がとても多いです。今回はそんなリゾート・グアムでおすすめのホテル15選をご紹介していきます!

  • グアムを遊び尽くせ!タモンエリア~ビーチ編~

    これぞグアム!写真そのままの南国ビーチが目の前に広がります!白い砂浜、青い海、眩しい太陽と一日遊んだら、ご褒美に水平線に沈む夕陽が違う景色をみせてくれます~夕焼け色のカクテルで乾杯しましょうか!?

  • グアム国際空港(GUM)完全ガイド!市内へのアクセスと空港で...

    グアム国際空港から始まるグアム観光は「安い・近い・短い」で子連れファミリーに人気。グアム国際空港から市内へのタクシーやレンタカーを使ってのアクセス方法や料金をご紹介します。事前に知っておくと役に立つWi-Fiレンタルの情報やトランジットホテルもご案内!ラウンジや、お土産についても予習しましょう。

  • 卒業旅行はグアムで決まり!初海外でも安心!日本からすぐの...

    各都市から直行便が運航し、時差もわずか一時間というグアムは、海外旅行経験の少ない学生にもおすすめのビーチリゾートです。グアムには、様々な観光スポットやアクティビティがありますが、今回は卒業旅行のおすすめを集めてみました。

  • グアムの人気おすすめお土産15選!これを買えば間違いなし!

    ショッピングにシュノーケリング、各種アクティビティなど、楽しみが満載のグアムは人気の海外旅行先。毎年多くの観光客が訪れ、その中にはグアムのお土産選びに頭を悩ませる方も少なくないでしょう。本記事ではグアムのお土産を15種類ご紹介していきます。悩むグアムのお土産選びの参考にしてください!

  • グアム一人旅は魅力がいっぱい!ローカル感満載のおすすめ観...

    グアムは気の合う仲間同士で旅するリゾート地のイメージがあるかもしれませんが、一人旅でも十分楽しめるスポットがたくさんあります。数々の歴史が刻まれた観光名所や、ロマンチックなビーチなど、グアムの魅力を最大限に感じられるスポットやグルメをお届け!ローカル感たっぷりのグアム一人旅へ出かけてみませんか?

  • グアム基本情報 【ビザ・大使館・税関編】ビザやESTAは必要?...

    日本から約4時間、思い立ったらすぐに常夏リゾートを楽しめるグアム。そんなグアム旅行に役立つ、ビザ、大使館、関税の情報をまとめてみました。

  • グアム女子旅のおすすめ観光スポット15選!南国リゾートで夢...

    日本からグアムまでの飛行時間は、約4時間。気軽に遊びに行けるビーチリゾートとして、不動の人気です。グアムはハワイと比べて「安い」というイメージがありますが、最近では高価なホテル・レストラン・お土産品などに人気が出ているようです。今回は最新のグアム女子旅で行くべきマストスポットをご紹介します。

  • グアム基本情報 【言語・お役立ち会話編】チャモロ語を使って...

    日本人観光客も多く、初めての海外旅行にもぴったりなグアム。英語が話せなくても十分楽しめると聞くけれど、本当に英語は必要ないの?現地で他に使われている言語はあるの?など、気になる事情をまとめてみました。

  • グアム基本情報 【お水事情編】グアムの水は飲んでも大丈夫?

    マリアナ諸島の南端にある常夏の島、グアムは海外旅行に人気なスポット。時差は日本と1時間程でとても行きやすいスポットです。そんなグアムのお水事情を覚えて、安全に旅行を楽しみましょう。

この記事のキーワード
このエリアの人気記事
新着記事