ミャンマー基本情報 【言語・お役立ち会話編】~ビルマ語に「コンニチハ」はない?~

2,084

views

0

ミャンマーと言えば以前は政治的鎖国状態が続いていたため、なかなかミャンマーという国が外国に知られていませんでした。2011年の新政権発足以後、急速に変貌を遂げようとしているミャンマー。これからミャンマーを旅行しようと計画されている方に、役立つ現地の簡単会話をまとめてみました。ぜひ、参考にしてください。

ミャンマーの言語

ミャンマーの公用語はビルマ語で、33個の基本文字から成り立っています。また、少数民族はそれぞれ独自の言語を使用しています。

ミャンマーの教育レベル

ミャンマーでは発展途上国の中でも教育レベルが高いこともあり、国民のほとんどはミャンマー語の読み書きができます。

英語は通じる?

2011年の新政権発足以前は、政治的鎖国状態であったミャンマーも今では急激に発展を遂げています。そのため、外国人観光客の利用する宿泊施設などでは英語が通じます。

ビルマ語に「こんにちは」はない!?

ビルマ語には「こんにちは(ミンガラーバー)」という言葉がありますが、これは教育用に作られた言葉です。ミャンマーでは「おはよう・こんにちは・こんばんは」に該当する言葉はありません。現地の人は普段、出会ったときに「タミン サー ピービー ラー(ご飯食べたの?)」「サー ピービー(食べたよ)/マサーヤー ゼーブー(まだ食べてないよ)」といいます。これがあいさつの役割を果たしているようです。

基本会話~あいさつ~

「おはよう/こんにちは/こんばんは」…「ミンガラーバー」
「ありがとうございます」…「チェーズー ティンバーデー」
「どういたしまして」…「ケイサー マシバー ブゥ」
「はい、そうです」…「ホウッ パーデー」
「いいえ、違います」…「マ ホウ パーウー」
「すみません」…「クイン ルッパー」

基本会話~ショッピングのとき~

「これは何ですか?」…「ダー バー レー?」
「いくらですか?」…「ベラウッレー?」
「~はありますか?」…「~シィバーダラー?」
「少しまけてください」 …「ネーネー ショウペーバー」

基本会話~病気になったとき~

「おなかが痛いです」…「バイッ ナー デー」
「おなかを下しています」…「ワン ショー デー」
「熱があります」…「ピャー デー」
「痛みがあります」…「ナー デー」
「せきが出ます」…「チャウンソー デー」
「風邪をひいた」…「アエー ミー デー」

基本会話~レストランにて~

「水をください」…「イェー ペー バー」
※水はペットボトルのミネラルウォーターが出される
「お茶をください」…「イエヌエジャン ペーバー」※お茶は無料の店舗が多い
「メニューをお願いします」…「ミーヌーペーバー」
「おいしいです」…「サーロ カウンバーデー」
「あまり辛くしないでください」…「ヒンドゥエ テイマサッゼーネ」
「お会計をお願いします」…「ビル ユーラーペーバー」

基本会話~別れのとき~

「さようなら」…「トワ ド メー」
「またお会いしましょう」…「ナウッマートェ チャーデーターボ」

最後に

温和でまじめな性格の人が多いミャンマーなので、覚えたばかりのカタコトビルマ語でも理解しようと努めてくれるはずです。恥ずかしさは捨てて、ぜひ現地の人にビルマ語で話しかけてみてください。

Lindos77

沖縄でウェブライターとしてストレスフリーな生活を満喫しています。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ミャンマー基本情報 【お金編】~ミャンマーではクレジットカ...

    初めてミャンマーに訪れる人なら、現地の通貨や両替方法、チップなどお金に関する情報を前もって知っておくと役立ちます。ここではお金に関するお役立ち情報をご紹介します。

  • 【ミャンマー】ニューバガンで食べれる旅行者向けレストラン...

    ミャンマー観光なら、仏塔で有名なバガンは外せませんよね!バガンはニャウンウー、オールドバガン、ニューバガンの3つのエリアがありますが、このうち宿泊する人が多いのはニューバガンといわれています。ここでは、ニューバガンの旅行者向けレストランをご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

  • ミャンマーのマンダレーで食べたいグルメレストラン5選

    みなさん、ミャンマーの料理を食べたことがありますか?日本人にとってタイ料理は馴染みがあっても、ミャンマー料理ってあまり馴染みのない方も多いと思います。ミャンマー旅行に行くなら、現地の味を楽しみたいですよね!そこで今回は、ミャンマーのマンダレーでいただける、美味しいミャンマー料理のレストランを紹介しましょう。

  • ミャンマー料理?!1度食べたらやみつきに!おすすめメニュー&...

    ミャンマーの異国情緒あふれるお寺とともに、楽しみたいのがグルメ。ミャンマーの料理には、実は日本人の口に合うものがたくさんあります!カレーにサラダ、豚の煮込みなど、1度食べたらやみつきになることでしょう。今回は、ミャンマー料理を4品とミャンマーのレストランを2店ご紹介しますよ!

  • ミャンマー・マンダレーの見どころ観光スポット5選

    ミャンマーの第二の都市、マンダレー。1859年に創立した町で、イギリス軍によって占領されるまで独立を保った最後の王朝の首都でした。現在は開発も進み、大都市として空港や電車の駅もあります。今回は、そんな歴史のあるマンダレーのおすすめ観光スポットを紹介したいと思います。

  • ミャンマー観光の名所・インレー湖で泊まりたいホテル4選!水...

    インレー湖は、ミャンマー観光では欠かせない名スポットの一つです。そして、このエリアには水上ホテルを含めた多くのホテルがあります。ここでは、中でもおすすめのホテルを4つご紹介するので、ぜひ参考にしてください。素敵なホテルに宿泊して、最高の観光旅行にしましょう!

このエリアの新着記事
  • ミャンマー・マンダレーの見どころ観光スポット5選

    ミャンマーの第二の都市、マンダレー。1859年に創立した町で、イギリス軍によって占領されるまで独立を保った最後の王朝の首都でした。現在は開発も進み、大都市として空港や電車の駅もあります。今回は、そんな歴史のあるマンダレーのおすすめ観光スポットを紹介したいと思います。

  • ミャンマーのマンダレーで食べたいグルメレストラン5選

    みなさん、ミャンマーの料理を食べたことがありますか?日本人にとってタイ料理は馴染みがあっても、ミャンマー料理ってあまり馴染みのない方も多いと思います。ミャンマー旅行に行くなら、現地の味を楽しみたいですよね!そこで今回は、ミャンマーのマンダレーでいただける、美味しいミャンマー料理のレストランを紹介しましょう。

  • 絶対行きたい!織物の町アマラプラの見どころスポット

    ミャンマーの観光地といえば、ヤンゴンやバガン、マンダレーなどを思い浮かべる人が多いと思います。しかし、アマラプラもそれらの有名観光地に負けない魅力があります。ここではアマラプラの見どころスポットをご紹介するので、ぜひ訪れてみてください。行って後悔はしないはずですよ!

  • ミャンマー旅行なら!オールドバガン・タラバー門周辺のグル...

    ミャンマーの観光地といえば、やはり多くの仏塔がそびえ立つバガンですよね!世界三大仏教遺跡にも数えられており、外せない名所です。ここでは、オールドバガンにあるグルメスポットを3つご紹介します。観光でヘトヘトになったら、美味しい料理を食べてリフレッシュしましょう!

  • 【ミャンマー観光】マンダレーからすぐ!川沿い村ミングォン...

    ミャンマーには、たくさんの見どころがありますよね。ヤンゴンはもちろんのこと、バガンやマンダレーなども見逃せません。そして、ミングォンもぜひ訪れてほしい場所の一つ。ここでは、ミングォンの名スポットを3つご紹介します。ぜひ参考にして、ミングォン観光を満喫してくださいね!

  • 【ミャンマー】インレー湖のおすすめレストラン4選

    東南アジアのミャンマーは、最近観光客が増えている人気急上昇中の国。行ってみたいという人も多いのではないでしょうか。そして、そんなミャンマーで外せない名所がインレー湖です。ここでは、インレー湖周辺のおすすめレストランを4つご紹介します。レストラン選びの時には、ぜひ参考にしてくださいね。

  • ここだけは外せない!マンダレー・ヒル周辺のパゴタ3選

    マンダレーは、ミャンマーで第二の都市として知られています。そして、マンダレーのハイライトとなるのがマンダレー・ヒル。丘全体が寺院の領域となっています。ここでは、マンダレー・ヒルを訪れたら見逃せないパゴダを3つご紹介します。その壮大な姿に、きっと感動を覚えるはずですよ!

  • ミャンマーの人気観光スポット・ミインカバー村に残る寺院6選

    仏教遺跡の町バガン旧市街南、ミインカバー村は遺跡も多く残り人気の観光地です。ここではミインカバー村に残る寺院や遺跡を紹介しましょう!

  • ミャンマーの小さな村・インワの観光見所スポット5選

    インワは14世紀に400年にわたって栄えた古都です。現在は古都の賑わいはありませんが、歴史ある僧院やパゴダなど見ることができます。ここではそんなインワの見どころを紹介しましょう。

  • ミャンマー基本情報 【お水事情編】

    ミャンマー連邦共和国、首都はネピドーで多民族国家です。ミャンマー屈指の仏教聖地パガン王朝の都バガンには多くの遺跡群が存在したり、宝石の生産量が多いことで知られていますね。年間75万人の観光客が訪れるほど人気の、ミャンマーの水情報を調べてみました。

このエリアの人気記事
新着記事