ミャンマー旅行おすすめ観光スポット!仏教芸術&寺院巡りの後悔しない楽しみ方をとくとご覧あれ

3,677

views

1

近代化が進む大都市でも仏教への信仰は忘れないミャンマー国民。街中、郊外問わず、きらびやかなミャンマー様式の仏塔パゴダに出会えます。造られた時代ごとに特徴があることも要注目。新旧が共存した個性的な光景があなたをミャンマーへいざないますよ!

1.シュエダゴン・パゴダ

大空をバックに黄金に輝く巨大な仏塔

ミャンマー最大都市ヤンゴンに行ったら必ず訪れたい重要な観光スポット。昼間真っ青な大空に堂々とそびえる姿も神々しいが、夜の見学時間では、ライトアップされた違う魅力の姿を楽しむことができる。

シュエダゴン・パゴダ(Shwedagon Pagoda)
住所:
Shwedagon Pagoda,Yangon,Myanmar
アクセス:
ヤンゴン国際空港から車で南へ約35分
営業時間:
4:00~22:00
定休日:
なし
料金:
8USドル

2.シュエサンドー・パゴダ

年季の入った外壁に建立当時の思いを馳せる

中部に位置するピイにあるミャンマー三大仏塔の一つ。あとの二つはヤンゴンのシュエダゴン・パゴタ、バゴーのシュエモードーパゴダ。何重にも積み重なった石段を上って夕日を眺めるのもおすすめ。

シュエサンドー・パゴダ(Shwesandaw Pagoda)
住所:
Nyaung U,Myanmar
アクセス:
バガンニャウンウー空港から西へ車で約20分

3.アーナンダ寺院

バガン王朝を代表するバランスバツグンの寺院

釈迦の一生を描いた浮彫が80点も展示されている。安置されている仏像四体のうちニ体は建立当時そのまま。外装は正方形を三段の上に三段の基壇を重ねたもの。境内は土足厳禁。

アーナンダ寺院(Ananda Temple)
住所:
Nyaung U,Myanmar
アクセス:
バガンニャウンウー空港から西へ車で約20分

4.スレー・パゴダ

繁華街にニョキッと現れる金色の塔

出典: jamestye.com

ヤンゴン中心街に位置する円形の敷地に設置された仏塔。先端が鋭利にとがり、全体がゴールドであしらわれている。周囲は商店街のようになっており、ロータリーの役割も果たす。19世紀末にイギリス人が再建した。

スレー・パゴダ(Sule Pagoda)
住所:
Maha Bandula Road, Yangon, Myanmar
アクセス:
ヤンゴン国際空港から南へ車で約40分
営業時間:
4:00~22:00
定休日:
なし
料金:
5USドル

5.ウーべイン橋

世界最長クラスの木造橋から湖を臨む

ミャンマー第二の都市マンダレーから南へ10km以上離れた古い街アマラプラ。そこに位置するタウンタマン湖に全長1.2kmの橋がかかっている。1086本のチーク材を使用。建造した市長の名がつけられた。

ウーベイン橋(U BEIN BRIDGE)
住所:
Pont U-Bein - Amarapura, Mandalay, Myanmar
アクセス:
ヤンゴン国際空港からマンダレーチャンミャサジ空港までフライト約50分、空港から車で北へ約40分

6.チャウタージー・パゴダ

ミャンマーといえば、ここの寝釈迦像!

ミャンマーが紹介される際、必ずといっていいほど登場する。こちらに設置されている巨大な釈迦像が有名だからだ。白い肌に派手な顔立ちで肘をついて横たわっている姿は、一度見たら忘れられないだろう。20世紀末改修され、ますます派手さが増大。

チャウタージー・パゴダ(Chauk Htat Gyi Pagoda)
住所:
Bahan Township,Yangon,Myanmar
アクセス:
ヤンゴン中心部から南西へ車約30分
営業時間:
6:00~20:00
定休日:
なし
料金:
5USドル

7.ゴールデンロック

崖から今にも落ちそうな巨大石は縁起のいい仏塔

モン州にある大きな金色の岩の仏塔。1975年に起きたミャンマー大地震では落下するどころか、少し浮いていたという伝説も残る。正式名称はチャイティーヨーパゴタ(Kyaiktiyo Pagoda)と言う。貴重な聖地として巡礼者が後を絶たない。

ゴールデンロック(Golden Rock)
住所:
Kyaiktiyo Pagoda,Thaton District, Myanmar
アクセス:
Kyaik Hyo駅下車、入り口のKinpunまでタクシーで20分
営業時間:
0:00~23:30
定休日:
なし

8.ピュー族の古代都市群

観光客もまだまだ少ないかも?ミャンマー初の世界文化遺産

ミャンマー仏塔様式のルーツと言われるピュー王朝時代の「タイェーキタヤー」などの遺跡がエーヤワディー川流域に多く残る。ボーボージーパゴタなど釣鐘型のパゴダも残存。代表的なものはヤンゴンから北へ256km辺りに位置する。

ピュー族の古代都市群(Pyu Ancient Cities)
住所:
Pyay,Myanmar
アクセス:
ヤンゴン中心部から北へ車で約5時間など

9.マンダレー・ヒル

2000弱の階段を登って眺める景色は一級品!

マンダレー市東北部にある標高256mの丘。南側の麓からバスで頂上まで行けるが、どうせなら1700以上の階段を自分の足で登って達成感を味わいたい。頂上からの絶景が待っている!

マンダレー・ヒル(Mandalay Hill)
住所:
Mandalay Hill,Mandalay,Myanmar
アクセス:
マンダレー中心部から車で北へ約20分

10.シュエジゴン・パゴタ

釈迦の骨と歯はホントにあるのかな?

パガン遺跡群にあるアーナンダ寺院とともに代表的なパガン・パゴタの一つ。金の砂のパゴタという意味の名がつけられた。その名の通り、金ピカの外壁に釣鐘型の仏塔が建っている姿は圧巻。

シュエジゴン・パゴタ(Shwezigon Pagoda)
住所:
Shwezigon Pagoda,Nyaung-U,Myanmar
アクセス:
ヤンゴン国際空港からフライト約1時間5分でバガンニャウンウー空港へ、空港から西へ車で約15分

ミャンマーでホッとしてみませんか?すぐに馴染める保証つき!

街中の移動にはタクシーがおすすめ。地方間の移動には鉄道か飛行機が主流ですが、雨季と乾季でダイヤが異なるので注意。通貨は施設によっては外国人だとUSドルで支払う必要があるところもあります。寺院内を見学する場合、土足厳禁などのルールに従いましょう。外務省の最新の安全情報によると、大部分の地域で危険度レベル1が発令されています。中国との国境やアンダマン海沿岸にレベル2、レベル3が発令されているエリアもあるので、渡航の際は最新情報を事前に入手してくださいね。

kkomori

東京中の道路を歩いて制覇することと東京中の駅すべてで下車するのが夢。趣味は、ハイキング、スイミング、ウォーキングなど。いつか行ってみたい国はチャドです。TapTripを通して、日本や世界中のおもしろい場所を読者の方々に伝えていきたいと思います。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ミャンマー基本情報 【お金編】~ミャンマーではクレジットカ...

    初めてミャンマーに訪れる人なら、現地の通貨や両替方法、チップなどお金に関する情報を前もって知っておくと役立ちます。ここではお金に関するお役立ち情報をご紹介します。

  • ミャンマー基本情報 【お水事情編】

    ミャンマー連邦共和国、首都はネピドーで多民族国家です。ミャンマー屈指の仏教聖地パガン王朝の都バガンには多くの遺跡群が存在したり、宝石の生産量が多いことで知られていますね。年間75万人の観光客が訪れるほど人気の、ミャンマーの水情報を調べてみました。

  • ミャンマー観光の名所・インレー湖で泊まりたいホテル4選!水...

    インレー湖は、ミャンマー観光では欠かせない名スポットの一つです。そして、このエリアには水上ホテルを含めた多くのホテルがあります。ここでは、中でもおすすめのホテルを4つご紹介するので、ぜひ参考にしてください。素敵なホテルに宿泊して、最高の観光旅行にしましょう!

  • ミャンマー料理?!1度食べたらやみつきに!おすすめメニュー&...

    ミャンマーの異国情緒あふれるお寺とともに、楽しみたいのがグルメ。ミャンマーの料理には、実は日本人の口に合うものがたくさんあります!カレーにサラダ、豚の煮込みなど、1度食べたらやみつきになることでしょう。今回は、ミャンマー料理を4品とミャンマーのレストランを2店ご紹介しますよ!

  • ミャンマー基本情報 【言語・お役立ち会話編】~ビルマ語に「...

    ミャンマーと言えば以前は政治的鎖国状態が続いていたため、なかなかミャンマーという国が外国に知られていませんでした。2011年の新政権発足以後、急速に変貌を遂げようとしているミャンマー。これからミャンマーを旅行しようと計画されている方に、役立つ現地の簡単会話をまとめてみました。ぜひ、参考にしてください。

  • ミャンマー基本情報 【気候・服装編】~ベストシーズンはなん...

    ミャンマーの一年間の気候や服装、観光のベストシーズンについてご案内します。ご旅行の際はぜひ、ご参考ください。

このエリアの新着記事
  • ミャンマー旅行で行くべき観光スポット「バガン遺跡群」が超...

    ミャンマーの都市バガンにある、世界三大仏教遺跡のひとつ「バガン遺跡群」。11世紀頃に建立された仏塔が大自然の中に立ち並んでいます。繊細な装飾が施された無数の仏塔は圧巻です。世界遺産の候補にも上がってるバガン、見に行くなら今のうち!?

  • ミャンマー基本情報 【言語・お役立ち会話編】~ビルマ語に「...

    ミャンマーと言えば以前は政治的鎖国状態が続いていたため、なかなかミャンマーという国が外国に知られていませんでした。2011年の新政権発足以後、急速に変貌を遂げようとしているミャンマー。これからミャンマーを旅行しようと計画されている方に、役立つ現地の簡単会話をまとめてみました。ぜひ、参考にしてください。

  • 絶対行きたい!織物の町アマラプラの見どころスポット

    ミャンマーの観光地といえば、ヤンゴンやバガン、マンダレーなどを思い浮かべる人が多いと思います。しかし、アマラプラもそれらの有名観光地に負けない魅力があります。ここではアマラプラの見どころスポットをご紹介するので、ぜひ訪れてみてください。行って後悔はしないはずですよ!

  • ミャンマー旅行なら!オールドバガン・タラバー門周辺のグル...

    ミャンマーの観光地といえば、やはり多くの仏塔がそびえ立つバガンですよね!世界三大仏教遺跡にも数えられており、外せない名所です。ここでは、オールドバガンにあるグルメスポットを3つご紹介します。観光でヘトヘトになったら、美味しい料理を食べてリフレッシュしましょう!

  • 【ミャンマー観光】マンダレーからすぐ!川沿い村ミングォン...

    ミャンマーには、たくさんの見どころがありますよね。ヤンゴンはもちろんのこと、バガンやマンダレーなども見逃せません。そして、ミングォンもぜひ訪れてほしい場所の一つ。ここでは、ミングォンの名スポットを3つご紹介します。ぜひ参考にして、ミングォン観光を満喫してくださいね!

  • 【ミャンマー】インレー湖のおすすめレストラン4選

    東南アジアのミャンマーは、最近観光客が増えている人気急上昇中の国。行ってみたいという人も多いのではないでしょうか。そして、そんなミャンマーで外せない名所がインレー湖です。ここでは、インレー湖周辺のおすすめレストランを4つご紹介します。レストラン選びの時には、ぜひ参考にしてくださいね。

  • ミャンマーの人気観光スポット・ミインカバー村に残る寺院6選

    仏教遺跡の町バガン旧市街南、ミインカバー村は遺跡も多く残り人気の観光地です。ここではミインカバー村に残る寺院や遺跡を紹介しましょう!

  • ミャンマーの小さな村・インワの観光見所スポット5選

    インワは14世紀に400年にわたって栄えた古都です。現在は古都の賑わいはありませんが、歴史ある僧院やパゴダなど見ることができます。ここではそんなインワの見どころを紹介しましょう。

  • ミャンマー基本情報 【お水事情編】

    ミャンマー連邦共和国、首都はネピドーで多民族国家です。ミャンマー屈指の仏教聖地パガン王朝の都バガンには多くの遺跡群が存在したり、宝石の生産量が多いことで知られていますね。年間75万人の観光客が訪れるほど人気の、ミャンマーの水情報を調べてみました。

  • ミャンマー基本情報 【治安・情勢編】

    ミャンマーは「アジア最後の秘境」とも言われる美しい国。遺跡や魅力あふれるリゾート地などがあり、観光客も多く訪れています。ここではミャンマーの治安と注意することを紹介したいと思います。

このエリアの人気記事