池袋でおすすめのカフェ10選!

1,014

views

0

交通の利便性に優れた池袋には、駅周辺におしゃれで個性的なカフェがたくさんあります。JR・メトロの駅から徒歩10分以内にあるおすすめのカフェを10選ご紹介します。

池袋には個性的なカフェがたくさん

渋谷や新宿と並んで若者に人気の繁華街である池袋は、住みたい街として常に名前の挙がる利便性にも優れたエリアです。JR池袋駅の東口には、池袋のランドマークタワーである地上60階・地下4階に広がるサンシャインシティをはじめとして、パルコや西武百貨店などのショッピングモールがそびえています。池袋駅の西口には、ルミネなどの商業施設のほかに東京芸術劇場があり、東口とはまたがらりと異なる雰囲気。女性同士のショッピングでもカップルでのデートでも楽しめる街です。

また、池袋にはJRやメトロ、私鉄が乗り入れており交通アクセスがよいので、池袋の駅の周辺には歩いて10分以内の距離に飲食店が充実。ちょっとお茶をしたり、ランチを食べたりできるカフェもたくさんあります。この記事では、池袋駅周辺で本格的なコーヒーを楽しめるお店や、くつろぎの時間を過ごすことができるブックカフェなどの、おすすめのカフェを10店舗ご紹介していきます。

池袋でおすすめのカフェ①:COFFEE VALLEY

出典: jalan.net

JR池袋駅東口から徒歩4分のところにある「COFFEE VALLEY」は、2014年にオープンした池袋で本格的なコーヒーを楽しめるカフェ。上質なコーヒーがリーズナブルに味わえるとあって、オープン以来常に人気のお店です。スタイリッシュな建物の1階~3階までが店舗になっており、2階にはカウンター席とテーブル席のほかにソファ席もあります。全席禁煙で無料のWi-Fiも使えるので、コーヒーを飲みながら落ち着いた時を過ごすことができます。

自社のロースターで焙煎している豆を使ったこだわりのコーヒーはコーヒー好きも納得のおいしさで、連日多くのお客さんが訪れる人気のお店となっています。「本日のコーヒー」は450円で、こだわりのコーヒーをリーズナブルに味わえるのがうれしいですね。3種類のコーヒーを「エスプレッソ・マキアート・コーヒー」という抽出方法で飲み比べできる「3 PEAKS(スリーピークス)」という、面白いメニューもあります。平日は朝8時から営業しているので、厚切りトーストとゆで卵がついたモーニングもおすすめです。朝から夜まで、ほっと一息つきたいときに何度でも訪れたくなるお店です。

COFFEE VALLEY
住所:
東京都豊島区南池袋2-26-3
電話番号:
03-6907-1173
営業時間:
【月~金】8:00~22:00 【土日祝日】 9:00~22:00
定休日:
なし
アクセス:
JR池袋駅東口から徒歩4分

池袋でおすすめのカフェ②:梟書茶房

出典: jalan.net

東京メトロの池袋駅から直結のショッピングモール「Esola(エソラ)池袋」の4階にある「梟書茶房(ふくろうしょさぼう)」。ドトールコーヒーと、神楽坂にある「かもめブックス」の店主さんがプロデュースするブックカフェです。広々とした店内にはシャンデリアがぶら下がり、ブラウンのソファやテーブルが配置されていてとてもラグジュアリーな雰囲気。およそ1000冊の本を無料で読むことができるほか、Wi-Fiも無料で利用できます。読書をする人のほかにも、教科書やノートを広げて勉強したり、好きな音楽を聴いたりしてくつろいで過ごしているお客さんを多く見かけます。

「梟書茶房」に入店すると店員さんから鍵が手渡されますが、この鍵が伝票のかわりになります。とても粋な演出です。メニューには、コーヒーや紅茶といったドリンクのほかに、アルコール、デザート、おつまみなども並んでいます。スパークリングワインを片手にポテトをつまみながら、優雅に読書をするのもおしゃれですね。デザートメニューにあるスキレットに入ったパンケーキは、温かくてふかふかとしていて優しい口触り。焼き上がりに時間がかかるので、余裕をもって注文することをおすすめします。くつろいだ時間を過ごしてほしいというお店の想いが伝わってくるような、居心地のよすぎるカフェです。

梟書茶房
住所:
東京都豊島区西池袋1-21-1 Esola(エソラ)池袋 4F
電話番号:
03-3971-1020
営業時間:
10:30-22:00(ラストオーダー21:30)
定休日:
Esola(エソラ)池袋に準じる
アクセス:
東京メトロ丸ノ内線池袋駅12番口から徒歩1分

池袋でおすすめのカフェ③:はちくまカフェ

東京メトロの東池袋駅から徒歩で約8分、サンシャイン60の西側の乙女ロードのすぐ近くにある「はちくまカフェ」。白を基調とした店内は、北欧の森の中に静かに佇むようなカフェをイメージしています。木製の椅子やテーブルが並び、クマのぬいぐるみやウッド調の装飾品やグリーンがさり気なく配置されていて、とてもおしゃれ。席の数はカウンターとテーブル席、ソファ席が合わせて15席ほどとこぢんまりとしており、池袋のざわめきから離れて落ち着いてゆったりとした時間を過ごしたい人におすすめです。

出典: jalan.net

はちくまカフェの一番人気は「ハニーフレンチトースト」。六角形の型に入れて焼き上げられており、ハーフサイズをオーダーすると、「ハチ」にちなんででしょうか、8個のフレンチトーストがでてきます。ハチの巣やハチを模した形がかわいいですね。フレンチトーストには粉砂糖が薄くかかっていますが、甘さはおさえてあるのではちみつをかけて食べると丁度良い甘みになります。フレンチトーストの他にも、メニューにははちみつを使ったドリンクやフードがたくさんあります。店員さんが一人で切り盛りされているので、先にカウンターで注文とお会計をして、番号が呼ばれたら取りに行くというスタイルのお店です。

はちくまカフェ
住所:
東京都豊島区東池袋3-11-3 ハッケンハセガワビル1F
電話番号:
03-5944-8924
営業時間:
【平日】11:30-19:30【休日】11:00-19:30
定休日:
年中無休
アクセス:
東京メトロ東池袋駅から徒歩8分

池袋でおすすめのカフェ④:サンシャインシティプリンスホテル カフェ&ダイニング Chef's Palette

JRやメトロが乗り入れる池袋には、駅周辺に多数のホテルがあります。JR池袋駅の東口にある「サンシャインプリンスホテル」の1階にあるカフェ&ダイニングの「Chef's Palette」は、シックで落ち着いた雰囲気のお店です。広々とした店内では、ホテルならではの丁寧な接客で気持ちよくお茶や食事をすることができます。平日・土日とも女性にうれしいスイーツビュッフェが開催されており、ホテルメイドのリッチなスイーツが食べ放題できるとあって大人気です。

出典: jalan.net

ランチタイムに開催されているスイーツビュッフェは中学生以上が3000円、ディナータイムに開催されているスイーツ&ディナービュッフェは中学生以上が4000円となっています。いずれのビュッフェも3歳以下は無料なので、お子さんを連れてママ友同士で利用しているお客さんもいらっしゃいます。ホテルメイドのケーキは上品で小ぶりなサイズなので、いろいろな種類を楽しめるのがうれしい。コストパフォーマンスも良好なビュッフェは平日でも大人気なので、事前に予約してから行くことをおすすめします。

サンシャインシティプリンスホテル カフェ&ダイニング Chef's Palette
住所:
東京都豊島区東池袋3-1-5 サンシャインシティプリンスホテル1F
電話番号:
03-5954-2254
営業時間:
【ランチ】11:00~14:00、【スイーツビュッフェ】(平日)15:00~17:00(休日)12:00~14:00・15:00~17:00【スイーツ&ディナービュッフェ】全日18:00~21:00
定休日:
なし
アクセス:
地下鉄有楽町線東池袋駅6番・7番出口から徒歩3分

池袋でおすすめのカフェ⑤:ぽんでCOFFEE

JR池袋駅東口から徒歩5分のところにある「ぽんでCOFFEE」は、おいしいコーヒーと「ぽんで」が楽しめるカフェ。「ぽんで」とは「ポンデケージョ」の略称で、ポルトガルの小さなチーズのパンのことです。お店の黒板にはポンデケージョの種類の説明書きがびっしりと書かれていて、今日はどの「ぽんで」にしようか悩んでしまいます。ぽんでCOFFEEは2階建てで全席禁煙、ソファ席もあるのでゆったりと座ることができます。店内のインテリアもさりげなくかわいい小物やグリーンが配置されていて、おしゃれです。

出典: jalan.net

お店の売りの「ぽんで」は、ゴルフボールより少し大きい位のサイズで1個80円。小さくて丸いフォルムともちもちとした食感が癖になります。ノーマルのチーズ味のほかにも、さつまいもや抹茶などのさまざまな種類が日替わりで提供されているので、好みの味を見つけるのも楽しいですね。「ぽんで」もおいしいですが、ドリンクメニューにも力が入っています。コーヒー豆はお店の焙煎機で毎日自家焙煎されており、一杯ずつ丁寧にハンドドリップで入れられています。本格的なコーヒーと、軽食にもおやつにもなる「ぽんで」で一息つきたい人に、ぴったりの癒やしのお店です。

ぽんでCOFFEE
住所:
東京都豊島区南池袋3-13-13 村中ビル 1F
営業時間:
10:00~21:00
電話番号:
03-6907-2256
定休日:
無休
アクセス:
JR池袋駅東口から徒歩5分

池袋でおすすめのカフェ⑥:Racines FARM to PARK

出典: jalan.net

南池袋公園の芝生の中にたたずむ「Racines FARM to PARK」。長らくかかっていた整備が終わって美しく生まれ変わった公園を象徴するようなおしゃれなカフェ&レストランで、モーニングからブランチ、ランチ、ディナーまでオールタイム利用できるお店です。南池袋公園を利用する人も多く訪れるので、2階建ての店内は常に込み合っていますが、晴れた日にはテラス席や公園の芝生の上でコーヒーやフードを楽しむこともおすすめです。芝生の緑や木々に癒やされながら、開放的な気分でリラックスして過ごすことができます。おしゃれなお店なのでカップルが多く利用していますが、公園を訪れた家族連れにも人気。

ドリンクはブレンドコーヒーが400円で、そのほかにもソフトドリンクやアルコールのメニューも豊富です。平日は朝8時から、休日は朝9時から営業しているのでモーニングメニューも提供されています。モーニングの種類は「モーニングプレート 」と「スペシャルモーニングプレート 」の2種類。スペシャルモーニングプレートは、目玉焼きをのせた自家製パンにカリカリベーコンとサラダのついた食べごたえのある一品。いずれもプラス200円でドリンクをセットにできます。早起きした日には公園を散歩して、「Racines FARM to PARK」でモーニングを楽しむのもいいですね。

Racines FARM to PARK
住所:
東京都豊島区南池袋2-21-1 豊島区南池袋公園
電話番号:
050-3467-0910
営業時間:
モーニング【月~金】8:00-11:00【土日祝】9:00-11:00、ランチ【月~金】11:00-14:00、カフェ【月~金】14:00-17:00、ブランチ【土日祝】11:00-17:00、ディナー【月~金】17:00-22:00【土日祝】17:00-22:00
定休日:
無休
アクセス:
JR池袋駅東口から徒歩5分

池袋でおすすめのカフェ⑦:椿屋珈琲店 池袋茶寮

出典: jalan.net

「椿屋珈琲店 池袋茶寮」は、どこか懐かしいレトロな雰囲気のお店。JR池袋駅の東口の近くにあり、池袋の喧騒の中でまるでこのお店だけ時間が経過していないかのような錯覚を覚えます。大正ロマンをコンセプトとしたお店は、インテリアや店内のBGMにもこだわりがあり、落ち着いた大人な時間を過ごすことができます。資格を持ったサイフォニストがサイフォンで淹れたコーヒーはチェーン店のコーヒーよりはお高めですが、本物の味わいを楽しめます。いつもと違った空間で、上質な時間を過ごしたい人におすすめのお店。

「椿屋珈琲店 池袋茶寮」では、サイフォンで淹れたホットコーヒーのほかに、銅のカップで提供されるアイスコーヒーや、テーブルで注いでくれる特製アイスカフェオレなど、お店の雰囲気に合ったサービスを提供してくれるのがうれしいです。お店の世界観に引き込まれて、しばらくの間現実を忘れてゆったりとした時間にひたれます。デザートメニューの自家製ケーキも、珈琲シフォン、たまごシフォン、渋川モンブランなど、丁寧につくられた上品な味わいでお店のコーヒーにもよく合います。日曜から木曜は9時~23時45分、金・土祝日前は9時~翌7時と、朝早くから夜遅くまで営業しているので、夜遅くに本格的なコーヒーやおいしいケーキが食べたくなった時にも利用できるのがうれしいですね。

椿屋珈琲店 池袋茶寮
住所:
東京都豊島区東池袋1-6-4 伊藤ビル B1F
電話番号:
03-5949-3133
営業時間:
【日~木】9:00~23:45【金・土・祝日前】9:00~翌7:00
定休日:
無休
アクセス:
JR池袋駅東口から徒歩3分

池袋でおすすめのカフェ⑧:最強のバターコーヒー

池袋駅東口から徒歩5分のところにある「最強のバターコーヒー」は、店名の通りコーヒーに高品質のバター&オイルを加えたバターコーヒーが楽しめるお店です。上質なグラスフェッドバター(牧草だけを食べて育った牛から作ったバター)と脂肪になりにくいMCTオイルが入ったバターコーヒーは、ブラックなのにクリーミーでラテのような感覚。バターコーヒーのほかにも低糖質のケーキもメニューにあるので、ダイエットしたいけれど甘いものが食べたいという人にもおすすめです。管理栄養士が対面販売してくれるという珍しいスタイルで、お店側の健康に対するポリシーが感じられます。

ドリンクメニューにはお店の看板メニューの「最強のバターコーヒー」の他に、「最強のバター紅茶」や「最強のルイボスティー」などのユニークなドリンクが並びます。平日は朝8時30分から営業しており、バターコーヒーとセットでモーニングも提供しています。コーヒーとゆで卵、無農薬野菜のサラダがセットになったモーニングは、炭水化物もゼロで低糖質なのでダイエット中の人にもおすすめ。ランチタイムには、グルテンフリーのハンバーグやステーキなどのフードメニューと一緒に、バターコーヒーが楽しめます。低糖質ですがしっかりとタンパク質も取れるメニューと、腹持ちの良いバターコーヒーの組み合わせは、炭水化物がなくても満足できます。足しげく通っているうちに、体質が変化して痩せやすい体に生まれ変われるかもしれません。

最強のバターコーヒー 池袋店
住所:
東京都豊島区東池袋1-15-3 ア-クランドビル1F
電話番号:
03-5954-3194
営業時間:
【平日】8:30~20:00(フードL.O 19:30)【土・日・祝】11:00~20:00(フードL.O 19:30)
定休日:
年中無休
アクセス:
JR池袋駅東口から徒歩5分

池袋でおすすめのカフェ⑨:茶鍋cafe saryo サンシャインシティ店

出典: hotpepper.jp

池袋のランドマークであるサンシャインシティの1階にある「茶鍋cafe saryo サンシャインシティ店」。人気の和風カフェ「神楽坂茶寮」がプロデュースするお店で、2018年3月にリニューアルした店内は、木のぬくもりが感じられてあたたかみがあります。お茶の葉を使った茶鍋が楽しめるお店で、ランチには一人分のサイズの湯葉茶鍋や豆乳茶鍋をいただけます。お茶の葉を使ったスイーツやドリンクなども豊富で、健康志向の人に特におすすめ。サンシャインシティでのお買い物に疲れた時に、ほっと一息つけるカフェです。

「茶鍋cafesaryo」はお茶にこだわったお店なので、宇治抹茶を使ったお抹茶や、上煎茶、緑茶などがドリンクメニューに並びます。日本茶のほかにも、中国茶や和紅茶、抹茶のラテなどもあるので、苦いお茶がちょっと苦手な人でも楽しめるお店です。スイーツも、抹茶のパフェ、生麩のクリームあんみつ、抹茶と和栗のモンブランタルトなど、女性が目を輝かせるようなラインナップがそろっています。特に、お店のおすすめの京抹茶を使ったチョコレートフォンデュは味もさることながら、見た目もかわいくて人気です。なかなか他のカフェでは食べることができないので、お店を訪れた際にはぜひ注文してみてください。

茶鍋cafe saryo サンシャインシティ店
住所:
東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ アルパ1F
電話番号:
03-3986-0063
営業時間:
10:00~21:00(L.O.20:30)
定休日:
サンシャインシティの定休日に準じる
アクセス:
JR池袋駅東口から徒歩5分

池袋でおすすめのカフェ⑩:HANABAR

出典: jalan.net

「HANABAR」は、JR池袋駅の西口にあるドライフラワーの専門店がプロデュースするお店です。ダイニングバーですが、ランチタイム・カフェタイムの利用もOK。さすがドライフラワーの専門店が仕掛けたお店だけあって、店内には壁にも天井にもドライフラワーがセンス良く飾られています。生花と違ってドライフラワーの色味は甘すぎないので、男性でも気兼ねなく入ることができる雰囲気です。メニューには、エディブルフラワーを使った写真映えするドリンクやフードもあるので、SNSにちょっと変わり種のおしゃれな写真を投稿したい人にもおすすめのお店です。

「HANABAR」のランチメニューは、イエローカレーとタコライスの2品から選択します。イエローカレーは、ココナッツミルク・ココナッツクリームを惜しげもなく使って、辛みを抑えたまったりとした味わいです。タコライスのお肉は数種類のスパイスで炒められているので香りも良く、トッピングにはエディブルフラワーをあしらっています。ドライフラワーの専門店がプロデュースしているとは信じられないような、本格的なお料理に驚きます。どちらのメニューにも、「アンチャンティー」というタイのお花のドリンクが付いて950円。1000円以下で、見た目も美しい本格的なランチが食べられるとあって、ランチタイムの店内は大盛況です。

HANABAR
住所:
東京都豊島区西池袋3-30-6 磯野ビル1F
電話番号:
050-3374-0945
営業時間:
【月~金】ランチ11:30~15:00(L.O.14:30、ドリンクL.O.14:30)、【土・日・祝】ランチ11:30~17:00(L.O.16:30)・ディナー18:00~24:00(L.O.23:00)
定休日:
不定休

池袋駅の周辺でお気に入りのカフェを見つけよう

出典: jalan.net

ご紹介してきたように、交通網が発達している池袋には、JRやメトロの駅から歩いてすぐのところにおしゃれで個性的なカフェがたくさんあります。お店で豆を焙煎していて本格的なコーヒーを楽しめるカフェや、本に囲まれてくつろぎの時間を過ごすことができるブックカフェ、夜遅くにおいしいコーヒーとケーキが食べたくなった時に利用できるカフェなど、魅力的なカフェがたくさん。一人での利用でも、カップル、家族、友達同士の利用にもぴったりの、さまざまなニーズに合ったカフェがあるのもうれしいですね。ぜひ、池袋の駅周辺でお気に入りのカフェを見つけてください。

Yoshino

読書が趣味で村上春樹ファン歴20年です。文学にまつわる土地を旅しています。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
  • 駅近で便利!女子におすすめしたいルミネ池袋のレストラン

    池袋駅から直結のルミネ池袋は8階がレストランフロアになっています。タイ料理や韓国料理、串揚げなど、バラエティ豊かなお店が揃ったルミネ池袋のレストランの中から、特に女子に人気のお店をご紹介します!

  • 池袋で女子会なら!ナンジャタウン「おそ松さん」キャラクタ...

    2015年12月から2016年1月まで開催されていた大人気イベント"おそ松さん in ナンジャタウン"がさらにパワーアップして復活!前回人気だったメニューはもちろんのこと、新たにドリンクメニューも加わり注目を集めています。

  • 都内デートの定番!カップルで楽しむサンシャイン水族館

    2011年の全館リニューアル以来、ますます人気が高まっているサンシャイン水族館。池袋駅からすぐという気軽さもあり、定番のデートスポットにもなっています。行ったことが無い方はもちろん、すでに何度も足を運んでいる方も、改めてサンシャイン水族館の魅力をおさらいしましょう!

  • デートにおすすめ!池袋・サンシャイン水族館で出会える美し...

    サンシャイン水族館があるのは、なんとビルの屋上!でも中に入ると、ここが都会の真ん中だなんてことは忘れてしまいます。今回はそんなサンシャイン水族館の見どころをご紹介しちゃいます!

  • オシャレな女子会ランチに出かけよう♪池袋の女子会するならこ...

    女子会、親しい友人と語り合って、食べて笑うのはストレス発散にもなってとてもいいですよね。しかもお店が最高だったらさらに良い気分で帰れますよね。今回は池袋の女子会ランチするならオススメのお店を厳選紹介します。

  • 【東京・池袋】新感覚!泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」...

    「深夜に読書していたら眠くなって、でももう少し読みたくて~~って無理してたらいつの間にか寝ちゃった。」なんて経験ありますよね。本を読みながらふわ~って眠りにつく感覚。そんな幸福をとことん追求した「泊まれる本屋」がオープンしました。今回はそんな話題のスポットの魅力に迫ってみます!

  • 池袋駅周辺カフェで一息!おすすめのお店ベスト4

    山の手エリアにある観光スポットがたくさんある「池袋」!そんな池袋で歩き疲れたらしばしの休憩を楽しめるカフェで一息ついてみませんか?おすすめのカフェを一挙にご紹介していきます。

  • 東京・池袋「ペンギンのいるBAR」に行こう!東京唯一の場所で...

    ペンギンと一緒に食事したことありますか?東京でたった一軒、そんな夢のようなBARがあるんです!とにかく可愛いペンギンは見ているだけで癒されちゃう。その上、食事もお酒も美味しいのだから文句なし。誰もが行きたくなるような「ペンギンのいるBAR」を大解剖しちゃいました!

  • 【東京】池袋のおすすめ人気ホテル15選!

    新宿、渋谷とならぶ山の手三大副都心の一つ池袋。8路線が乗り入れる巨大ターミナル池袋駅は、東京のあらゆるスポットへのアクセスも便利です。そんな池袋駅周辺でおすすめのホテルを、ビジネスホテルを中心にご紹介します。

  • 行列必至!池袋東口超人気おすすめラーメン店

    都内でも屈指のラーメン激戦区「池袋」。しのぎを削り、各店が最高の一杯を提供しています。人気がありすぎて行列必至!並んででも食べたいラーメン店をご紹介します。

この記事のキーワード
このエリアの人気記事