キューバの人気観光スポットおすすめ9選!独自の雰囲気を持つカリブ海の真珠へ

2,649

views

0

カリブ海に浮かぶ島キューバ。様々な歴史を経てアメリカとの国交が遮断されてからまるで時代は1960年代かのように独自の雰囲気を保ち続けています。その空気は一度行ったら虜になりますよ!おさえておきたいポイントと共にキューバの魅力をお教えします!

この雰囲気は他にない!社会主義共和制の国「キューバ」の魅力って?

カリブ海に浮かぶ島「キューバ」は1492年にコロンブスが発見し「地球上で最も美しい島」と感嘆したと言われています。
長いスペインの支配下の後、アメリカが支配、1959年に独立を果たします。

独立後のキューバは施設を国有化し政府が国をコントロールする社会主義共和国になりました。
なんとキューバの平均月収は15~20ドル(!)ですが、最低限の食料は国が支給したり医療費や教育費は全てただ!
「万人に平等な社会の実現を目指す」という思想から、日本のように市場で自由に競争するという方針ではないので、なんとも穏やかな雰囲気が国全体に漂います。

また、キューバが独立した時からアメリカは一切外交をたっているので、アメリカ支配時代の遺産であるクラシックカーなどが多く残っています。
建物はスペイン支配時代のコロニアル調、車はアメリカ支配時代のクラシックカー、そして現在の社会主義の独特な雰囲気、と、これまでの歴史の色を濃く残しているのがキューバです。

世界遺産 ハバナ旧市街(Old Havana)

キューバの首都ハバナの「旧市街とその要塞群」は世界遺産に登録されています。
「1960年から時間が止まっている」のでは?と思えるほど懐かしく不思議で異国情緒溢れる街並みになっています。

キューバは比較的治安が良いと言われているので街歩きをたくさん楽しんじゃいましょう!
中でもおすすめが2つの広場。
ビエハ広場はコロニアル調の建物に囲まれ周辺にはたくさんのレストランやカフェがあります。
夕方になるとあらこちらから生演奏の音楽があふれ出し雰囲気抜群!

旧市街の中心にあるカテドラル広場は荘厳な雰囲気を醸しだしています。
サン・クリスバル大聖堂を中心に繊細なデザインの建物が多くカフェでコーヒーでも飲みながら何時間でもいたくなるような気分になります。

ハバナ旧市街(Old Havana)
住所:
Toda la Habana Vieja, Havana, Cuba
アクセス:
ハバナのホセ・マルティ国際空港から車で約30分でハバナ旧市街。
おススメ時期:
11月~4月

サン・クリストバル大聖堂(Catedral de San Cristobal)

1555年に創建されたオールドハバナのランドマーク、大聖堂。現在の建物は、1704年に再建されました。珍しいファザードはキューバ・バロック建築の傑作のひとつ。

サン・クリストバル大聖堂 (Catedral de San Cristobal)
住所:
Plaza de la Catedral, La Habana Vieja, Havana, Cuba
電話番号:
78615213
アクセス:
エンペラード通り、運河から徒歩5分
営業時間:
変更があるため現地にて要確認
定休日:
祝日、宗教的行事のある日

チェ・ゲバラ(Che Guevara)が中心となった「革命の軌跡」を辿る 

どこに行ってもゲバラ!ゲバラ!ゲバラの顔!!
キューバを独立に導いたチェ・ゲバラはキューバで偉大な英雄でありその人気は国外にも広がります。
また当時の国家元首フィデル・カストロも国民からの支持が厚く、この二人はキューバで大変重要な人物となっています。

彼は戦闘が終わると負傷した敵まで必ず治療をしたと言われるほど人を愛し正義感に溢れ不正を正そうとした革命家チェ・ゲバラ。
「キューバの指導者はただの人間であり神ではない」という発言があるように生活は質素で常に国民目線な指導者フィデル・カストロ。
キューバには二人を中心とした革命の歴史を感じる事のできる場所が多数あります。

革命広場(Plaza de la Revolucion)

キューバの中でも最も有名な場所のひとつにはいるのが「革命広場」!
大きく描かれているチェ・ゲバラの肖像画が印象的です。
違う側面には革命の立役者カミーロ・シエンフエゴスの肖像画も描かれています。
キューバに来たらこの前で必ず写真を撮りたいですね。

革命広場(Plaza de la Revolucion)
住所:
Avenida Paseo Havana
アクセス:
ハバナ ホセ・マルティ空港から車で約25分。
おススメ時期:
11月~4月

革命博物館(Museum of the Revolution)

革命博物館は、オールド・ハバナの大聖堂の近くに位置する博物館。ネオ・クラシカル調の建物は大統領官邸でしたが革命後は革命博物館として利用されています。対スペインの第一次、第二次キューバ独立戦争、キューバ革命などに関する資料を展示。

革命博物館 (Museum of the Revolution)
アクセス:
バハナ旧市街北西部。アルマス広場からはタクシーで10分
料金:
5CUC
電話番号:
なし
定休日:
無休

サンタクララ(Santa Clara)

サンタクララの街にはチェ・ゲバラの霊廟やゲバラたちが革命のときに襲撃した列車があります。
霊廟にはゲバラの遺骨が眠っています。
キューバでの革命後、ゲバラはボリビアに行き革命者として指導しますが成功せず殺されて遺骨がキューバに戻ってきました。

チェゲバラ霊廟(Mausoleo del Che Guevara)
住所:
Santa Clara, Santa Clara, Cuba
アクセス:
ハバナ ホセ・マルティ空港から車で約3時間。
おススメ時期:
11月~4月

文豪「ヘミングウェイ」の気分に浸る

キューバは作家アーネスト・ヘミングウェイの愛した土地としても知られております。
彼はなんと22年間キューバで人生を過ごしました。
「誰がために鐘はなる」以来の作品はキューバで執筆され、その中でも「老人と海」はキューバの年老いた漁師と少年の物語で有名です。

アンボスムンドス(Hotel Ambos Mundos)

彼の軌跡をたどるにはまず「アンボスムンドス」というホテルに行ってみましょう。
ヘミングウェイはここを定宿にしておりお気に入りの部屋は私物と共に当時の内装のまま残されています。

アンボスムンドス(Hotel Ambos Mundos)
住所:
Calle Obispo 153, Havana 10100, Cuba
アクセス:
ハバナ ホセ・マルティ空港から車で約25分。
電話番号:
(537) 860 9530
料金:
€61~

フロリディータ(Floridita)

ヘミングウェイがこよなく愛したバーが新市街にある「フロリディータ」。
ここに来たらフローズンダイキリを必ず頼んでおり相当な酒豪だったヘミングウェイはなんと一晩で12杯飲んだ逸話があります。

ヘミングウェイが飲んだレシピはラム酒をダブルにしグレープフルーツジュースを入れ砂糖を抜いたもので「パパ・ダイキリ」という名前でオーダーできます。
カウンター奥には銅像もあるので隣に座ってヘミングウェイと飲んでいる自分を想像してみてはいかが?

フロリディータ(Floridita)
住所:
Obispo No.557 esq. a Monserrate, Habana Vieja, Ciudad de La Habana, Cuba
アクセス:
ホテルアンボスムンドから車で約10分、徒歩約25分。
定休日:
なし
電話番号:
(53-7) 867 1299
料金:
フローズンダイキリ「パパ・ヘミングウェイ」6CUC

フィンカ・ビヒア・ヘミングウェイ博物館 (Museo Hemingway Finca Vigia)

旧市街地から車で20分の小高い丘の上にある、フィンカ・ヴィヒア(眺望屋敷)と呼ばれるヘミングウェイが住んでいた家。ここで「老人と海」などを執筆し、多くの猫や犬に囲まれながら長年暮らしたこの家は、現在、ヘミングウェイ博物館として人気の観光スポットになっています。

フィンカ・ビヒア・ヘミングウェイ博物館 (Museo Hemingway Finca Vigia)
住所:
Calle Obispo 153, Carretera Central Km 12.5, Havana 10100, Cuba
電話番号:
78910809
営業時間:
変動があるため現地にて要確認
定休日:
祝日
料金:
5 CUC

ラム!モヒート!葉巻!サルサダンス!!

さとうきびが多くとれるキューバはもちろん「ラム」の名産地!
ラムはサトウキビのしぼり汁を煮詰め結晶化させ砂糖をとった残りの液である糖蜜を発酵させ蒸留し数年~数十年寝かせたものです。
キューバ産ラムで有名なのは「ハバナクラブ(Havana Club)」。

ラムベースのカクテル「モヒート」も有名!
キューバのハバナが発祥です。
タンブラーグラスにミントの葉とライムと砂糖を加えバースプーンもしくはペストルという棒で潰します。
その上にラムとソーダ水と氷を追加し完成。
暑いキューバの気温に爽やかなモヒートがぴったり!!!

時間をたっぷりかけて香りを楽しむ「シガー」。
キューバはシガー三大産出国のひとつです。

キューバでは「ブランド化されたプレミアのシガー」が安く手に入ったり、ショップの職人さんが手で巻いた少量生産の「ハウスシガー」、そして現地の人が日常的に吸う「路上シガー」を楽しむ事ができます。
路上でおじいちゃんやおばあちゃんが吸っている姿は何だかクールですね!

そしてキューバと言ったら「サルサダンス」!
朝から昼まで場所問わず老若男女踊っています。
キューバンサルサレッスンもあるので試してみては?

コバルトブルーのカリブ海を楽しむ!

バラデロ(Varadero)

カリブ海に囲まれたキューバはもちろん美しいビーチを堪能することが出来ます。
特にハバナから車で3時間行ったパラデロの街はキューバで一番の人気リゾート地!

パラデロのホテルは食事やアクティビティも全て込みのオールインクルーシブがほとんど!
綺麗なカリブ海を見ながら豪華なホテルで優雅なひと時をすごしちゃいましょう。

バラデロ(Varadero)
住所:
Baradero,Cuba
アクセス:
ハバナ ホセ・マルティ空港からバスで3時間。
おススメの時期:
11月~4月

いかがでしたか?

キューバは近々アメリカとの国交が回復しアメリカ資本がキューバに入ってくるかもしれない、と言われています。そうなると、またガラッと雰囲気が変わるかもしれません。独特のこの雰囲気を味わうなら、今しかありませんよ!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • キューバで買うべきおすすめお土産13選!人気のチェゲバラの...

    アメリカと国交を回復し、急速に変わりつつある社会主義国家のキューバ。筆者が訪れた2016年2月には、スマホを持つキューバ人をちらほら見かけることもありましたが、未だ変わらぬものもあります。そんなキューバで見つけたオススメのお土産をご紹介します。

  • キューバ基本情報 【コンセント・電圧編】

    カリブ海に浮かぶ社会主義の国キューバ。私たち日本人が知らないことがたくさんありますが、それでは電気についてはどうでしょうか?日本で使っている電化製品をそのままキューバで使えるのか、ご存知でしょうか?今回はキューバの基本情報としてコンセント、電圧などの情報をお伝えします。

  • キューバ基本情報 【交通手段編】

    カリブ海に浮かぶ時間の止まった国キューバ。現在でも社会主義を掲げるこの国には、私たち日本人からすると想像もできないことがたくさんあります。それはキューバ国内の移動に関してもそうで、事前に知っておくべきことがいくつかあります。今回はキューバの基本情報として、移動に関する情報をお届けします。

  • キューバ基本情報 【気候・服装編】

    カリブ海の真珠と称されるキューバ。アメリカの文豪ヘミングウェイが愛したキューバは常夏の楽園のイメージが強いですが、実際のところはどうなのでしょ?今回はキューバの基本情報として、気候や服装についてのご紹介していきます。

  • キューバの人気おすすめホテル15選!観光にぴったりの旅館は...

    キューバはラム酒や葉巻、コーヒーなどが有名な共和国。美しいビーチはカリビアンのみならず海外からも人気を集めています。今回は、そんなキューバに行ったらぜひ泊まっていただきたい人気ホテルを紹介します。

  • キューバ最大の人気ビーチリゾート・バラデロでおすすめの2大...

    カリブ海の観光地の中で一際存在感を放っているのがキューバ。スペイン統治時代の美しい街並みはもちろん、アメリカのクラシックカーなど、見どころ満載の観光大国です。そんなキューバにあって、バラデロはカリブ海の風光明媚な絶景が望めるビーチリゾート。バラデロにある2大スパホテルを訪ねてみましょう。

このエリアの新着記事
  • キューバで買うべきおすすめお土産13選!人気のチェゲバラの...

    アメリカと国交を回復し、急速に変わりつつある社会主義国家のキューバ。筆者が訪れた2016年2月には、スマホを持つキューバ人をちらほら見かけることもありましたが、未だ変わらぬものもあります。そんなキューバで見つけたオススメのお土産をご紹介します。

  • キューバ基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    カリブ海に浮かぶ国、キューバ。近年までアメリカとの国交がなく、特有の文化や経済を保ってきた国です。そんなキューバもアメリカとの国交が回復してから、旅行しやすい国になりました。今回は、そんなキューバ旅行の前に知っておきたい祝日・祭日、ビジネスアワーについてご紹介します。

  • キューバの人気おすすめホテル15選!観光にぴったりの旅館は...

    キューバはラム酒や葉巻、コーヒーなどが有名な共和国。美しいビーチはカリビアンのみならず海外からも人気を集めています。今回は、そんなキューバに行ったらぜひ泊まっていただきたい人気ホテルを紹介します。

  • キューバのサンティアーゴ・デ・クーバおすすめレストランま...

    キューバ第2の都市サンティアーゴ・デ・クーバ。キューバ観光ではもっぱら首都のハバナが注目されがち。とはいえ、絶景のカリブ海にくわえ、サンティアーゴ・デ・クーバには何より隠れた名店とも呼べるレストランがたくさんあります。そのなかから、おいしいキューバ料理がいただける選りすぐりのお店を紹介しましょう。

  • キューバのサンティアーゴ・デ・クーバおすすめ観光スポット特集

    キューバ観光で多くの人がまず訪れるのはハバナ。世界遺産に指定された旧市街は、美しい景観が広がる人気の観光スポット。でも、なかには、「ハバナだけじゃ物足りない!」と言う人も大勢いるはず。そんな人におすすめなのがサンティアーゴ・デ・クーバ。キューバの東に位置するこの街には、古きよき時代のキューバの光景が色濃く残っています。

  • 音楽と革命と情熱の国キューバ!おすすめ観光スポット

    1492年にコロンブスが上陸した際に「地球上で最も美しい島」と称したキューバ。美しいビーチや自然、スペイン植民地時代の街に古き良きアメリカを彷彿とさせる風景が魅力です。まさに文化のメルティングポット。小さな島国に多くの観光スポットが点在する首都ハバナのおすすめ観光スポットをご紹介します。

  • キューバ基本情報 【コンセント・電圧編】

    カリブ海に浮かぶ社会主義の国キューバ。私たち日本人が知らないことがたくさんありますが、それでは電気についてはどうでしょうか?日本で使っている電化製品をそのままキューバで使えるのか、ご存知でしょうか?今回はキューバの基本情報としてコンセント、電圧などの情報をお伝えします。

  • キューバ基本情報 【お金編】

    現在でも社会主義を掲げるカリブ海の国キューバ。そこには私たちでは想像もつかない不思議な慣習があります。お金の面についてもそれは変わらず、便利な日本やアメリカと比べると厄介なこともたくさん。今回はキューバの基本情報としてお金に関する情報をお届けします。

  • キューバ基本情報 【時差・空港編】

    日本人にとって馴染みのあるアメリカからは目と鼻の先でありながら、それほど近くは感じられないキューバ。ですが今、この国は世界中の旅好きからとっても注目されているんです。今回は今を逃したら見ることができない変わりつつある国キューバの基本情報として、日本からのアクセスや空港についての情報をご紹介します。

  • キューバ基本情報 【気候・服装編】

    カリブ海の真珠と称されるキューバ。アメリカの文豪ヘミングウェイが愛したキューバは常夏の楽園のイメージが強いですが、実際のところはどうなのでしょ?今回はキューバの基本情報として、気候や服装についてのご紹介していきます。

このエリアの人気記事