キューバ基本情報 【時差・空港編】

2,060

views

0

日本人にとって馴染みのあるアメリカからは目と鼻の先でありながら、それほど近くは感じられないキューバ。ですが今、この国は世界中の旅好きからとっても注目されているんです。今回は今を逃したら見ることができない変わりつつある国キューバの基本情報として、日本からのアクセスや空港についての情報をご紹介します。

日本からキューバへの道

残念ながら、日本からキューバへの直行便はありません。一般的にはカナダのトロントを経由して行く人が多いようですが、メキシコのメキシコシティまたはカンクンを経由することもできます。トロント経由の場合、エアカナダを利用し、往路が約15時間、復路が約16時間となっています。またメキシコシティ経由の場合、アエロメヒコなどを利用し、往路が約15時間半、復路が約17時間半となっています。なおいずれもフライト時間のみで、待ち時間は考慮していません。

日本との時差

キューバはグリニッジ標準時間マイナス5時間、すなわち日本との時差は14時間となります。一方サマータイム採用時には標準時間マイナス4時間となり、時差は13時間となります。例えば日本が午後12時の場合、キューバは前日の22時(サマータイム採用時だと23時)になります。ほぼ真逆と考えてよく、日本からキューバに行く場合、数日は時差ボケに悩まされるかもしれません。

キューバの空港

キューバ最大の空港は、首都ハバナにある国際空港のホセ・マルティ国際空港です。続いて旅客数が多いのが人気のビーチリゾート、バラデロにあるフアン・グアルベルト・ゴメス空港、その他だと東部の町サンティアゴ・デ・クーバにあるアントニオ・マセロ空港です。

キューバの主要な空港は以下になります。
・ハバナ:ホセ・マルティ国際空港(José Martí International Airport)
・バラデロ: フアン・グアルベルト・ゴメス空港/バラデロ空港(Juan Gualberto Gómez Airport)
・ココ島:ハルディネス・デル・レイ国際空港(Jardines del Rey Airport)
・カマグエイ: イグナシオ・アグラモンテ国際空港(Ignacio Agramonte International Airport)
・サンティアゴ・デ・クーバ: アントニオ・マセロ空港(Antonio Maceo Airport)
・サンタ・クララ: アビル・サンタ・マリア空港(Abel Santamaría Airport)
・カヨ・ラルゴ・デル・スル(ラルゴ島): ヴィロ・アクーニャ空港/ファン・ヴィタリオ・アクーニャ空港(Vilo Acuña Airport / Juan Vitalio Acuña Airport)

各都市間の移動について

ハバナからはキューバ各地へ飛行機が飛んでおり、例えば東部の町サンティアゴ・デ・クーバまでが約1時間半、中部にあるカマグエイまでも同じく約1時間半になっています。またバラデロの空港はカナダやメキシコなどからの直行便があるようです。

ハバナの国際空港について

ホセ・マルティ国際空港にはいくつかターミナルがあり、国内線は主にターミナル1を、国際線は主にターミナル3を使うことになります。ターミナル間の移動はタクシーか有料シャトルバス、もしくは徒歩で移動することができます。

空港内にある施設

国際線ターミナルにはATM、両替所、レストラン、商店などがあります。しかしATMは使えないことが多く、両替もドルだと不利になってしまうのがつらいところです。

wifiの有無

wifiはあるようですが、有料になっています。キューバでは筆者が訪れた2016年2月時点で、まだまだインターネットは一般的とはいえず、1年8か月の世界一周旅行の中でもトルクメニスタンとキューバだけはネットを一切使わなかった国でした。

入出国時に気を付けるべきこと

ビザは不要でもツーリストカードが必要

30日以内の観光目的でキューバを訪れる場合ビザは不要ですが、ツーリストカードというものが必要になります。日本から出発する場合、事前に東京の麻布にあるキューバ共和国大使館にて取得しておきましょう。なおエア・カナダの場合、キューバへのフライトの中でツーリストカードが配られるという話を聞きましたが、配られなかった場合のリスクを考えると事前に日本で取得していくのがオススメです。

海外旅行保険も必要なんです!

2010年5月以降キューバに入国する外国人に対し、キューバ政府は滞在中の医療費の保険を義務付けています。キューバ到着時に英文の保険証を提示できない場合、入国時にキューバの保険に入らせられるそうです。

また保険会社はキューバ政府が認めたものである必要があり、原則としてアメリカに本社がある保険会社は不可だそうです。中にはクレジットカードの付帯保険を利用する方もいると思いますが、その場合でも保険期間や保険の内容を確認し、また英文の保険証券、あるいは保険契約証を取り寄せる必要があります。

片道航空券での入国は不可?

日本から行く場合、あまり関係ないかもしれませんが、原則的に航空券は往復か、第三国への出国チケットが必要なようです。筆者はメキシコのカンクンからハバナへ向かったのですが、カンクンの空港でのチェックインの際に帰国便の提示を求められ、それがないとシステム上、チェックインは出来ないと言われました。なおキューバ到着時、入国管理等で出国便についてのチェックはありませんでしたが、出国のフライトも事前にしておいた方が無難なようです。

キューバへアクセスしやすい国や都市

日本からキューバへは、先述の通りカナダ、メキシコを経由する便が便利です。その他、ヨーロッパではイギリス、フランス、オランダ、スペインなどから、中米カリブ海ではジャマイカやパナマなどからフライトがあります。

さあ、キューバへ行こう!

キューバの基本情報として空港の情報やフライトについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?国交を回復したアメリカからの観光客が爆発的に増えると予想されているキューバですので、アメリカナイズされてしまう前のキューバを見ることができるのはあと少ししかないかもしれません。カナダやメキシコ経由であれば一度の乗り換えで行くことができるので、ぜひ今キューバに行ってご自身の目でキューバを見てみて下さいね!

キューバ共和国(República de Cuba)
アクセス:
日本からの直行便はなく、カナダのトロント経由で約15時間半(フライト時間のみ)など
石塚皓

2014年7月より、元教師の妻と世界一周の旅を始め、2016年3月に無事、帰国した33歳の元会計士。1年8カ月かけ48カ国を回る中で出会った絶景やオススメのグルメ情報など、旅に関する情報を発信していきます。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • キューバで買うべきおすすめお土産13選!人気のチェゲバラの...

    アメリカと国交を回復し、急速に変わりつつある社会主義国家のキューバ。筆者が訪れた2016年2月には、スマホを持つキューバ人をちらほら見かけることもありましたが、未だ変わらぬものもあります。そんなキューバで見つけたオススメのお土産をご紹介します。

  • キューバ基本情報 【コンセント・電圧編】

    カリブ海に浮かぶ社会主義の国キューバ。私たち日本人が知らないことがたくさんありますが、それでは電気についてはどうでしょうか?日本で使っている電化製品をそのままキューバで使えるのか、ご存知でしょうか?今回はキューバの基本情報としてコンセント、電圧などの情報をお伝えします。

  • キューバ基本情報 【交通手段編】

    カリブ海に浮かぶ時間の止まった国キューバ。現在でも社会主義を掲げるこの国には、私たち日本人からすると想像もできないことがたくさんあります。それはキューバ国内の移動に関してもそうで、事前に知っておくべきことがいくつかあります。今回はキューバの基本情報として、移動に関する情報をお届けします。

  • キューバ基本情報 【気候・服装編】

    カリブ海の真珠と称されるキューバ。アメリカの文豪ヘミングウェイが愛したキューバは常夏の楽園のイメージが強いですが、実際のところはどうなのでしょ?今回はキューバの基本情報として、気候や服装についてのご紹介していきます。

  • キューバの人気おすすめホテル15選!観光にぴったりの旅館は...

    キューバはラム酒や葉巻、コーヒーなどが有名な共和国。美しいビーチはカリビアンのみならず海外からも人気を集めています。今回は、そんなキューバに行ったらぜひ泊まっていただきたい人気ホテルを紹介します。

  • キューバ最大の人気ビーチリゾート・バラデロでおすすめの2大...

    カリブ海の観光地の中で一際存在感を放っているのがキューバ。スペイン統治時代の美しい街並みはもちろん、アメリカのクラシックカーなど、見どころ満載の観光大国です。そんなキューバにあって、バラデロはカリブ海の風光明媚な絶景が望めるビーチリゾート。バラデロにある2大スパホテルを訪ねてみましょう。

このエリアの新着記事
  • キューバの人気観光スポットおすすめ9選!独自の雰囲気を持つ...

    カリブ海に浮かぶ島キューバ。様々な歴史を経てアメリカとの国交が遮断されてからまるで時代は1960年代かのように独自の雰囲気を保ち続けています。その空気は一度行ったら虜になりますよ!おさえておきたいポイントと共にキューバの魅力をお教えします!

  • キューバで買うべきおすすめお土産13選!人気のチェゲバラの...

    アメリカと国交を回復し、急速に変わりつつある社会主義国家のキューバ。筆者が訪れた2016年2月には、スマホを持つキューバ人をちらほら見かけることもありましたが、未だ変わらぬものもあります。そんなキューバで見つけたオススメのお土産をご紹介します。

  • キューバ基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    カリブ海に浮かぶ国、キューバ。近年までアメリカとの国交がなく、特有の文化や経済を保ってきた国です。そんなキューバもアメリカとの国交が回復してから、旅行しやすい国になりました。今回は、そんなキューバ旅行の前に知っておきたい祝日・祭日、ビジネスアワーについてご紹介します。

  • キューバの人気おすすめホテル15選!観光にぴったりの旅館は...

    キューバはラム酒や葉巻、コーヒーなどが有名な共和国。美しいビーチはカリビアンのみならず海外からも人気を集めています。今回は、そんなキューバに行ったらぜひ泊まっていただきたい人気ホテルを紹介します。

  • キューバのサンティアーゴ・デ・クーバおすすめレストランま...

    キューバ第2の都市サンティアーゴ・デ・クーバ。キューバ観光ではもっぱら首都のハバナが注目されがち。とはいえ、絶景のカリブ海にくわえ、サンティアーゴ・デ・クーバには何より隠れた名店とも呼べるレストランがたくさんあります。そのなかから、おいしいキューバ料理がいただける選りすぐりのお店を紹介しましょう。

  • キューバのサンティアーゴ・デ・クーバおすすめ観光スポット特集

    キューバ観光で多くの人がまず訪れるのはハバナ。世界遺産に指定された旧市街は、美しい景観が広がる人気の観光スポット。でも、なかには、「ハバナだけじゃ物足りない!」と言う人も大勢いるはず。そんな人におすすめなのがサンティアーゴ・デ・クーバ。キューバの東に位置するこの街には、古きよき時代のキューバの光景が色濃く残っています。

  • 音楽と革命と情熱の国キューバ!おすすめ観光スポット

    1492年にコロンブスが上陸した際に「地球上で最も美しい島」と称したキューバ。美しいビーチや自然、スペイン植民地時代の街に古き良きアメリカを彷彿とさせる風景が魅力です。まさに文化のメルティングポット。小さな島国に多くの観光スポットが点在する首都ハバナのおすすめ観光スポットをご紹介します。

  • キューバ基本情報 【コンセント・電圧編】

    カリブ海に浮かぶ社会主義の国キューバ。私たち日本人が知らないことがたくさんありますが、それでは電気についてはどうでしょうか?日本で使っている電化製品をそのままキューバで使えるのか、ご存知でしょうか?今回はキューバの基本情報としてコンセント、電圧などの情報をお伝えします。

  • キューバ基本情報 【お金編】

    現在でも社会主義を掲げるカリブ海の国キューバ。そこには私たちでは想像もつかない不思議な慣習があります。お金の面についてもそれは変わらず、便利な日本やアメリカと比べると厄介なこともたくさん。今回はキューバの基本情報としてお金に関する情報をお届けします。

  • キューバ基本情報 【気候・服装編】

    カリブ海の真珠と称されるキューバ。アメリカの文豪ヘミングウェイが愛したキューバは常夏の楽園のイメージが強いですが、実際のところはどうなのでしょ?今回はキューバの基本情報として、気候や服装についてのご紹介していきます。

このエリアの人気記事