キューバ基本情報 【交通手段編】

8,890

views

0

カリブ海に浮かぶ時間の止まった国キューバ。現在でも社会主義を掲げるこの国には、私たち日本人からすると想像もできないことがたくさんあります。それはキューバ国内の移動に関してもそうで、事前に知っておくべきことがいくつかあります。今回はキューバの基本情報として、移動に関する情報をお届けします。

各地を結ぶ飛行機

キューバ国内には首都ハバナを中心に、サンティアゴ・デ・クーバ、バラデロ、カマグエイ、シエン・フエゴスなど、主要な都市や観光地には空港が整備されています。なおハバナ、バラデロ、カヨ・ココ(ココ島)、シエン・フエゴス、カマグエイ、カヨ・ラルゴ・デ・スール、オルギン、サンティアゴ・デ・クーバ、サンタ・クララ、マンサニジョについては北米、ヨーロッパ、中南米、及びカリブ海諸国からの国際便が飛んでいます。

国内各地の空港をつないでいるのはクバーナ航空、アエロガビオタ、アエロカリビアンの3社になります。HPや航空券比較サイトの他、現地の旅行会社やキューバ専門の旅行代理店で手配することが可能です。

遅延や欠航の多いキューバの飛行機

ところで、キューバのフライトは国内線、国際線問わず遅延や欠航がよくあります。筆者が訪れた時は幸いそういったことにはならなかったのですが、ネット上でも「急にキャンセルのメールが来た」「何時間も待たされた」といった情報がゴロゴロしています。キューバ旅行の際は、特にフライトスケジュールに余裕を持たせた方が良さそうですね。

旅行者にも使いやすい長距離バス

移動で最も一般的なのがこちらのビアスール(Viazul)社の空調完備のバスなのではないでしょうか。主な路線と値段は以下のようになっています。

ハバナ⇔バラデロ(10CUC、所要約3時間)
ハバナ⇔トリニダー(25CUCU、所要約5時間半~10時間)
ハバナ⇔カマグエイ(33CUC、所要約9時間)
ハバナ⇔サンティアゴ・デ・クーバ(51CUC、所要約15時間半~16時間半)
ハバナ⇔ビニャーレス(12CUC、所要約4時間)

チケットの売り切れに注意!

チケットは各ターミナルの他、ツアーデスクや大きなホテルでも手配してくれるところがあります。11~4月のピークシーズン中のバラデロなど人気がある場所へのチケットは売り切れてしまうことも多く、予定が立っている場合は早めに予約することをオススメします。

バスに乗れなかった時の味方!コレクティーボ

Viazulのバスが満員で乗れない場合、バスターミナルの近くには大抵、バスに乗り切れなかった客と、それを狙うタクシーが集まっています。そんな時に便利なのがコレクティーボという、いわゆるシェアタクシー。値段は交渉次第になりますが、大体の場合、バスの運賃と同等もしくはそれに少し上乗せした金額になります。バスに比べるとスピードも出るので、こちらも便利な交通手段です。

種類豊富なタクシー

クラシックカーに乗ってみよう!

キューバには何十年も前のクラシックカーがいまだに使われており、ハバナの代名詞のようにもなっています。一方で、それをタクシーとして稼いでいるキューバ人もいます。基本的には市内観光で使われますが、筆者が出会った人は、このクラシックカーでハバナからバラデロまで移動したそうです。もちろん古い車なので乗り心地は悪かったようですが…都市間の移動はともかく、市内観光程度であれば、せっかくなのでクラシックカーに乗ってみるのもいかもしれません。

通常のタクシーももちろんあります

もちろん普通のタクシーもあるので、多少値は張りますが長距離の移動も可能ですよ。なお値段はメーター制ではなく交渉制のため、事前に相場をチェックしていきましょう!

観光客向けのココ・タクシー

市内の移動であれば、こちらのココ・タクシーはいかがでしょう?バイクにココナッツのような車体をのせたココ・タクシーは、観光客向けなのでタクシーと変わらないか、少し高い値段を言われますが、熱いキューバでは風が当たって気持ちいいんです。また両側の景色も見ることができるため、観光するにはもってこい!三人まで乗れますよ。

ローカル向けの三輪タクシー

街中ではインドのリクシャに似た、自転車を使った三輪タクシーもよく見かけます。筆者は乗っていないので相場はわかりませんが、地元の人が荷物を積んで乗っているところをよく見かけたことから推察するに、数円~十数円といったところでしょうか?但し外国人は、やっぱり数百円になるのかもしれません。キューバを訪れたらぜひ乗ってみて、キューバ人になりきってみて下さい!

なんと?キューバには鉄道もあります!

キューバにはいくつか鉄道の路線があり、主要なものは首都ハバナと第二の都市サンティアゴ・デ・クーバを結ぶ、距離にして850km、片道約14時間というものです。しかしながら本数が少なく、また遅延も日常的であることからか、外国人旅行者の利用はバスなどに比べると少なくなっています。その他、カサブランカ(ハバナ近郊の町)~マタンサスを結ぶキューバ唯一の電車ハーシー線などもあります。

旅慣れた人にオススメ!自由を満喫できるレンタカー

以上、色々と公共交通機関をご紹介してきましたが、やはり本数が少なかったり、遅延が多かったり、不便だと感じませんか?そんな時にオススメなのがレンタカー。筆者は、キューバではレンタカーはしていませんが、やはり自由に運転して行先を決めるのは楽しいものです。

キューバにはHertzやAVISなど欧米系の会社はなく、国内レンタカー大手は「REX」「CUBACAR」の2社になります。保険込みで一日約65CUC(65アメリカドル)~でレンタルすることができます。交通量はそれほど多くないので事故の可能性も高いとは言えないと思いますが、ガソリンスタンドが少ない、夜になるととにかく暗いなどキューバならではの難しさもあるので、こちらも事前の情報収集が重要になります。

【番外編】キューバでのぼったくりについて

筆者の実感として、東南アジアや中東、アフリカ諸国のようにはぼったくりが多いとは言えないと思います。2週間の滞在中で1、2回は明らかにふっかけられましたが、それでも相場の2~3倍程度です(例えば10円のパンを20円と言われるなど)。特に移動の場合、相場より少し高めから交渉が始まることはありますが、こちらが適正な値段を把握していればそこで落ち着くことがほとんどでした。

もちろん、物価レベルが日本とは大きく違うのでいきなり把握するのは難しいですが、タクシーやコレクティーボなど定価がないものについては、やはり事前に相場を知っておく必要があると思います。交渉に不安がある方はホテルや旅行会社などで事前に手配しておくことをおススメします。

最後に

キューバの交通情報をお届けしましたが、いかがだったでしょうか?一般的な交通手段の他、ここでしか味わえないクラシックカーなどもあり、不便ながらもバラエティに富んでいるキューバの移動手段。いずれにせよ欠航、遅延などなど、トラブルは当然と言っていいほど起こるので、キューバを旅する際にはくれぐれも時間に余裕を持つことをおススメします!

キューバ共和国(República de Cuba)
アクセス:
日本からの直行便はなく、カナダのトロント経由で約15時間半(フライト時間のみ)など
石塚皓

2014年7月より、元教師の妻と世界一周の旅を始め、2016年3月に無事、帰国した33歳の元会計士。1年8カ月かけ48カ国を回る中で出会った絶景やオススメのグルメ情報など、旅に関する情報を発信していきます。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • キューバで買うべきおすすめお土産13選!人気のチェゲバラの...

    アメリカと国交を回復し、急速に変わりつつある社会主義国家のキューバ。筆者が訪れた2016年2月には、スマホを持つキューバ人をちらほら見かけることもありましたが、未だ変わらぬものもあります。そんなキューバで見つけたオススメのお土産をご紹介します。

  • キューバ基本情報 【コンセント・電圧編】

    カリブ海に浮かぶ社会主義の国キューバ。私たち日本人が知らないことがたくさんありますが、それでは電気についてはどうでしょうか?日本で使っている電化製品をそのままキューバで使えるのか、ご存知でしょうか?今回はキューバの基本情報としてコンセント、電圧などの情報をお伝えします。

  • キューバ基本情報 【気候・服装編】

    カリブ海の真珠と称されるキューバ。アメリカの文豪ヘミングウェイが愛したキューバは常夏の楽園のイメージが強いですが、実際のところはどうなのでしょ?今回はキューバの基本情報として、気候や服装についてのご紹介していきます。

  • キューバの人気おすすめホテル15選!観光にぴったりの旅館は...

    キューバはラム酒や葉巻、コーヒーなどが有名な共和国。美しいビーチはカリビアンのみならず海外からも人気を集めています。今回は、そんなキューバに行ったらぜひ泊まっていただきたい人気ホテルを紹介します。

  • キューバ最大の人気ビーチリゾート・バラデロでおすすめの2大...

    カリブ海の観光地の中で一際存在感を放っているのがキューバ。スペイン統治時代の美しい街並みはもちろん、アメリカのクラシックカーなど、見どころ満載の観光大国です。そんなキューバにあって、バラデロはカリブ海の風光明媚な絶景が望めるビーチリゾート。バラデロにある2大スパホテルを訪ねてみましょう。

  • キューバの世界遺産!トリニダのおすすめ観光スポット

    キューバにあるトリニダという街を知っている人は相当なキューバ通でしょう。トリニダは世界遺産に登録されていますが、メジャーな観光都市のハバナとは比較にならないほど小さな街。とはいえ、古いレトロ調の建物が多く残る旧市街は必見の観光スポット。ぜひ訪れたいキューバの隠れた名所なのです。

このエリアの新着記事
  • キューバの人気おすすめホテル15選!観光にぴったりの旅館は...

    キューバはラム酒や葉巻、コーヒーなどが有名な共和国。美しいビーチはカリビアンのみならず海外からも人気を集めています。今回は、そんなキューバに行ったらぜひ泊まっていただきたい人気ホテルを紹介します。

  • キューバの人気観光スポットおすすめ9選!独自の雰囲気を持つ...

    カリブ海に浮かぶ島キューバ。様々な歴史を経てアメリカとの国交が遮断されてからまるで時代は1960年代かのように独自の雰囲気を保ち続けています。その空気は一度行ったら虜になりますよ!おさえておきたいポイントと共にキューバの魅力をお教えします!

  • キューバで買うべきおすすめお土産13選!人気のチェゲバラの...

    アメリカと国交を回復し、急速に変わりつつある社会主義国家のキューバ。筆者が訪れた2016年2月には、スマホを持つキューバ人をちらほら見かけることもありましたが、未だ変わらぬものもあります。そんなキューバで見つけたオススメのお土産をご紹介します。

  • キューバ基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    カリブ海に浮かぶ国、キューバ。近年までアメリカとの国交がなく、特有の文化や経済を保ってきた国です。そんなキューバもアメリカとの国交が回復してから、旅行しやすい国になりました。今回は、そんなキューバ旅行の前に知っておきたい祝日・祭日、ビジネスアワーについてご紹介します。

  • キューバのサンティアーゴ・デ・クーバおすすめレストランま...

    キューバ第2の都市サンティアーゴ・デ・クーバ。キューバ観光ではもっぱら首都のハバナが注目されがち。とはいえ、絶景のカリブ海にくわえ、サンティアーゴ・デ・クーバには何より隠れた名店とも呼べるレストランがたくさんあります。そのなかから、おいしいキューバ料理がいただける選りすぐりのお店を紹介しましょう。

  • キューバのサンティアーゴ・デ・クーバおすすめ観光スポット特集

    キューバ観光で多くの人がまず訪れるのはハバナ。世界遺産に指定された旧市街は、美しい景観が広がる人気の観光スポット。でも、なかには、「ハバナだけじゃ物足りない!」と言う人も大勢いるはず。そんな人におすすめなのがサンティアーゴ・デ・クーバ。キューバの東に位置するこの街には、古きよき時代のキューバの光景が色濃く残っています。

  • 音楽と革命と情熱の国キューバ!おすすめ観光スポット

    1492年にコロンブスが上陸した際に「地球上で最も美しい島」と称したキューバ。美しいビーチや自然、スペイン植民地時代の街に古き良きアメリカを彷彿とさせる風景が魅力です。まさに文化のメルティングポット。小さな島国に多くの観光スポットが点在する首都ハバナのおすすめ観光スポットをご紹介します。

  • キューバ基本情報 【コンセント・電圧編】

    カリブ海に浮かぶ社会主義の国キューバ。私たち日本人が知らないことがたくさんありますが、それでは電気についてはどうでしょうか?日本で使っている電化製品をそのままキューバで使えるのか、ご存知でしょうか?今回はキューバの基本情報としてコンセント、電圧などの情報をお伝えします。

  • キューバ基本情報 【お金編】

    現在でも社会主義を掲げるカリブ海の国キューバ。そこには私たちでは想像もつかない不思議な慣習があります。お金の面についてもそれは変わらず、便利な日本やアメリカと比べると厄介なこともたくさん。今回はキューバの基本情報としてお金に関する情報をお届けします。

  • キューバ基本情報 【時差・空港編】

    日本人にとって馴染みのあるアメリカからは目と鼻の先でありながら、それほど近くは感じられないキューバ。ですが今、この国は世界中の旅好きからとっても注目されているんです。今回は今を逃したら見ることができない変わりつつある国キューバの基本情報として、日本からのアクセスや空港についての情報をご紹介します。

このエリアの人気記事
新着記事