札幌でおすすめのアスレチックがある公園TOP20!子連れにぴったりのスポットを紹介

2,184

views

0

札幌にあるアスレチック施設のある公園を案内します。公園の中でも特に小学生の児童や小学生未満の幼児が楽しめるのがアスレチックの遊具施設。札幌に数多くある施設の中でも特におすすめの公園を20か所厳選しました。わかりやすいランキング形式で紹介します。

札幌でおすすめのアスレチックがある公園で遊ぼう!

出典: www.jalan.net

北海道の札幌は、市内に大規模な物や小さなものなど公園が無数にあります。その中でもアスレチックという子供向けの遊具が充実している公園がいくつかあり、数年前にリニューアルしたところも多く、古い遊具から知的でレベルの高い遊具が揃ってきました。山の中にある本格的なフィールドアスレチックにチャレンジする前に、公園の遊具であらかじめアスレチックを体験したいところ。いろんな理由で利用したい札幌の公園をひとつずつ紹介していきます。

札幌でおすすめのアスレチックがある公園:第1位 滝野すずらん丘陵公園

滝野すずらん丘陵公園は、札幌でアスレチックが楽しめるおすすめの公園です。場所は札幌市南区にあり、中心部から少し離れていますが、広大な公園で年中遊べるスポットが多いので立寄りたいところ。395.7ヘクタールの規模を持つ広大な公園のなかで、アスレチックがあるのは子供の谷です。ここには広大な敷地スペースを利用したダイナミックな遊具、生き物の巣をモチーフにしたものや不思議な造形を利用した遊具類を揃えました。規模の大きなものも多く、子供たちの歓声が広がること間違いなし。それを見る大人もホッコリするでしょう。

滝野すずらん丘陵公園の遊具施設には次のようなものがあります。アリ塚の塔はシンボルタワーとしてあり塚をイメージして作ったもの。塔にも上がることができ、子どもの谷エリアを一望できます。またアリの巣トンネルは、その棟の地下に通じたトンネル。迷路状になっていて正しく子供たちがありになったような体験が味わえます。またドームの中にある虹の巣ドームはネットが張り巡らされて、子どもたちだけがいちばん上に。また巨大な卵をイメージしたフワフワエッグは、小学生以下だけが参加できる特別空間です。チャイルドファーストのアスレチックで休日は存分に遊びましょう。

滝野すずらん丘陵公園
住所:
北海道札幌市南区滝野247
営業時間:
9:00~17:00
※夏季は18時、冬期は16時まで
電話番号:
011-592-3333
定休日:
不定休
アクセス:
札幌駅から車で38分
※入園料については公式サイトをご確認ください。

札幌でおすすめのアスレチックがある公園:第2位 モエレ沼公園

モエレ沼公園は、札幌でアスレチックが楽しめる公園。場所は札幌市東区にあり、札幌飛行場(丘珠空港)の近くにあります。モエレ沼とは石狩・豊平川の一部だったところが分離してできた湖(三日月湖)でアイヌ語で「流れの遅い川」を意味する「モイレ・ペッ」からこの名前が付きました。その沼の前に出来た公園は、日系アメリカ人の彫刻家「イサム・ノグチ」が基本設計を手掛けたものです。2005年に完成しました。全体をひとつの彫刻作品とするがコンセプト。ウインターを含めたスポーツ施設があるなかで、子どもたちが楽しめる遊具施設はサクラの森です。

サクラの森は、背丈90センチの子供たちが走り回る世界を想定。イサム・ノグチが創造したものを子供たちに発見してほしいという思いが込められています。ここには1900本の桜が植樹されており、桜の林の中に遊具エリアを隠すように設置しています。エリアは7つありますが、すべてイサムがデザインしたもの。合計は126基もありますから朝から夜まで遊び放題。そして形や色彩にもこだわりがありますから、子どもたちの感覚を良いあんばいに刺激してくれます。純粋無垢ですべてが物珍しい冒険心に満ちた子供たちにはまたとない遊び場所。子どもの思わぬ成長ぶりに大人の口もほころぶでしょう。

モエレ沼公園
住所:
北海道札幌市東区モエレ沼公園1-1
営業時間:
7:00~22:00
電話番号:
011-790-1231
定休日:
無休
アクセス:
モエレ沼公園東口バス停下車
(車の場合)札幌中心部から約30分

札幌でおすすめのアスレチックがある公園:第3位 大通公園

大通公園は、札幌でアスレチックが楽しめる公園です。場所は札幌の中心部。東西1.5キロメートルの大通りの真ん中に長細い公園エリアが続いています。総面積は7.8ヘクタール。さっぽろ雪まつりをはじめとする札幌のイベントもこの公園で主に行われます。明治の開拓使以来の歴史があるこの公園は、次のように構成されています。西1・2丁目「国際交流ゾーン」、3・4・5丁目「水と光のゾーン」、西6.7.8.9丁目「遊びイベントゾーン」、西10・11丁目「歴史・文化ゾーン」、12丁目「サンクトガーデンゾーン」。このうち遊具があるのが西9丁目にある鯨の森です。

鯨の森エリアは、大通公園造成時にここだけ森が残されたという経緯があり、それが、鯨が泳いでいるように見られたことからそう名付けられました。主に南エリアと北エリアに分かれています。Whale Watchingと名付けられた遊具は、船をモチーフにしたもので、滑り台が2カ所あります。また名前の鯨を意識した遊具が多いのも特徴。北エリアに目を向けると2基のブランコをはじめ、鉄の棒を利用した遊具が並んでいます。またぜひ遊んでおきたいのはプレイスロープクジラの尾をイメージした巨大滑り台。この下に砂場があり子供が大喜びです。モニュメントのような遊具「ブラック・スライド・マントラ」、水路での水遊びなど楽しめるスポット満載です。

大通公園
住所:
北海道札幌市中央区大通西
営業時間:
公園は24時間、その他は公式サイトをご確認ください
電話番号:
011-251-0438(大通公園管理事務所 大通西7丁目)
定休日:
年末年始(インフォメーションセンター&オフィシャルショップ)
アクセス:
地下鉄南北線・東西線・東豊線「大通」 下車、すぐ
地下鉄東西線「西11丁目」 下車、すぐ

札幌でおすすめのアスレチックがある公園:第4位 円山公園(円山動物園)

円山公園は、札幌でアスレチックで遊べるおすすめ公園のひとつ。総面積は68.8ヘクタールあります。場所は札幌中心部の西にあり、北海道神宮や円山動物園、円山球場といった施設が並んでいます。市民憩いの場として人気のある公園は原生林をそのまま残しており、それが天然記念物に指定されています。また桜の名所としても有名。キタキツネやタヌキなどの野生動物も生息しています。そんな円山公園内にある円山動物園にはいくつかの遊具施設があります。2017年に新しく遊具が加わりました。子どもたちが遊べる幅が広がり、家族でますます行きやすくなりました。

円山動物園の遊具広場は「まるっぱ」と呼ばれ、公園の西門近くにあります。もっとに大きくて人気があるのが「ジャングルコンビネーション」。数カ所の登り口があり、コンビネーション遊具の中を冒険しながら最終的には長い滑り台で下に降りられます。また籠に乗って遊具内を行き来できる仕組みもあり、中々の冒険心がくすぐられます。「ユキヒョウの昼寝」と呼ばれる遊具も中々のもの。ネットを主体とした遊具は、ネーミング通り籠の中で理れたり、寝転んだりしながらお昼ね感覚で遊べます。このほかプレーリードッグの巣穴と呼ばれる遊具も人工芝から巣穴に入る体験が楽しいです。

円山公園
住所:
北海道札幌市中央区宮ヶ丘他
営業時間:
24時間
電話番号:
011-621-0453(円山公園管理事務所)
定休日:
無休
アクセス:
地下鉄東西線 『円山公園駅』下車 3番出口 徒歩 5分
※円山公園は無料(一部有料施設あり)、円山動物園は有料、詳細は公式サイトをご確認ください。

札幌でおすすめのアスレチックがある公園:第5位 月寒公園

月寒公園(つきさむこうえん)は、札幌でアスレチックが堪能できる公園のひとつ。場所は中心部の南側、豊平区にあります。21.7ヘクタールの敷地内にもともとは大日本帝国陸軍の小演習場があった場所。当時は「干城台」(かんじょうだい)と言われていました。1961年に公園としてオープン。坂下野球場や軟式の高台野球場、パークゴルフ場、テニスコート、ほかにも歴史の森、多目的広場、水の遊び場などがあります。この公園の遊具施設には有名な滑り台があります。これは札幌市内で最も長い滑り台が2台搭載。ぜひ体験してみましょう。

月寒公園のロング滑り台の長さは40メートルあります。スタート地点は高台にありますが、前半はトンネルのようなネットで覆われているので、落下の心配もなく安心。滑り方によっては相当な速度が出るので、子どもだけでなく大人も楽しめます。またいろんなコンビネーション遊具が揃っているのが森の遊び場と呼ばれるスポット。非常に複雑な作りで立体迷路のようになっているので、いくらでも自由に遊べます。そして小学生未満の幼児向けの施設もあり、安全性を考慮に入れたものばかりなので、安心して遊ばせてあげられます。

月寒公園
住所:
札幌市豊平区月寒西2~3条4丁目ほか
営業時間:
4:30~20:30
電話番号:
011-818-3150(月寒公園管理事務所)
定休日:
無休
アクセス:
美園駅から徒歩5分

札幌でおすすめのアスレチックがある公園:第6位 サッポロさとらんど

サッポロさとらんどは、札幌でアスレチックが楽しめる公園。場所は東区にあり、札幌飛行場の近く、モエレ沼公園に隣接しています。74.3ヘクタールの敷地面積は1995年から2005年にかけて3期にわたって整備されました。「人と農業や自然とのふれあい」、「都市と農業の共存」がメインテーマ。主なミッションとして市民への農作物への関心と農業への理解を目指した公園です。施設内にはいろいろ遊べる空間があり、馬車、SLバスレンタルサイクルなどが存在。そんな公園内にある遊具施設は木製のものとなっています。

場所は公園内の芝生エリア。ひとつひとつの遊具が子供だましの物ではなく大きい高床式住居のような作り。子どもはもちろん大人が見ても期待値が高まります。気持ちが落ち着くウッドで渋めの黒を基調とした遊具は、網をよじ登ります。そこから降りられる滑り台傾斜はゆるめに設定しているので速度が出過ぎることなく安心です。この他ターザンロープなども。またもっと小さな子供向けの遊具施設もあるので、いろんな子どもが満足できる内容となっています。ただ広々とした芝生空間には日陰スペースがないので、夏場の熱中症に注意しましょう。

サッポロさとらんど
住所:
北海道札幌市東区丘珠町584-2
営業時間:
9:00~18:00
※冬・春は17:
00まで
電話番号:
011-787-0223
休園日:
夏期4月29日~11月3日 無休
冬期11月4日~4月28日 月曜日
アクセス:
丘珠高校バス停から徒歩約10分

札幌でおすすめのアスレチックがある公園:第7位 五天山公園

五天山公園(ごてんざんこうえん)は、札幌でアスレチックが楽しめる公園。場所は札幌市の西側、市街地の外れで、余市岳のある山岳地帯の裾野付近にあります。五天山とは標高304メートルの小さな山でかつては採石場がありました。1996年から採石場の跡地を利用して総合公園計画が始まり。2009年に完成しました。入口から見ると採石で削り取られた五天山が、大きなピラミッドのように見えるでしょう。園内では蛍の養殖を行っている環境学習館や西野地区の伝統的な水車小屋を復元しています。またスポーツ施設や子供向けの遊具施設もあります。

五天山公園には個性的な遊具があり、例えば一見モニュメントに見えるようなものの中に穴が開いていて、そこを覗くと細かい穴から光が差し込みプラネタリウムになっていたり、五天山の形に似せて作ったネット式のジャングルジムがあったりと、スリルが味わえる遊具もあります。また広々とした滑り台も子供の気持ちが自然と高まるでしょう。そしてぜひ五天山に登ってみることをおすすめします。歩きやすい階段で簡単に山登りが可能。少し登るだけで山肌の大半が採石場で削り取られたこともあり、公園全体が見渡せます。気力・体力があればぜひ山頂を目指してみてください。

五天山公園
住所:
北海道札幌市西区福井423
営業時間:
9:00~17:00
電話番号:
011-662-2424
定休日:
無休
アクセス:
「地下鉄発寒南駅」よりJRバス発41 西野福井線
「地下鉄琴似駅」よりJRバス琴41 西野福井線
「JR琴似駅」よりJRバス琴41 西野福井線
各「福井10丁目」下車 徒歩5分
又は各「五天山公園」下車
※時間帯により「福井10丁目」の次に「五天山公園」に止まらないバスがあります。ご確認の上、下車してください。

札幌でおすすめのアスレチックがある公園:第8位 明日風公園

明日風公園(あすかぜこうえん)は、札幌のアスレチックが楽しめる公園です。場所は手稲区のニュータウンにあり、運転免許試験場が近くにあります。ここは手稲山口土地区画整理事業により作られた公園で、手稲鉱山の歴史的な要素をコンセプトに設計されました。完成したのは2010年。大きさは4.8ヘクタール。広大な敷地を利用してあるのは、築山とメインエントランス広場、パークゴルフ場、テニスコートなどがあります。そして3歳から6歳までの幼児遊戯広場と、6歳から12歳が対象の児童遊戯広場を用意しています。

明日風公園の遊具施設のうち幼児遊戯広場には水遊びコーナー、ミニハウスが真ん中にある砂場、ミニブランコやモニュメントのような遊具があります。カラフルなコンビネーション遊具は全体的に低めに設定。ゴムの遊具など優しい内容となっています。児童遊戯広場の方を見るとやや本格的な遊具が揃っており、ひときわ目を引くのが高さ3メートルのスーパージャングルジムの存在。2列並んだターザンロープ、モノレールのようにも見える長い雲梯(うんてい)。トランポリンをやりながら遊べるもの、そして大きな滑り台と大きな子どもも納得の遊具がそろい踏みです。

明日風公園
住所:
札幌市手稲区明日風2丁目
営業時間:
24時間
電話番号:
011-681-3940
定休日:
無休
アクセス:
稲穂駅から徒歩20分

札幌でおすすめのアスレチックがある公園:第9位 百合が原公園

百合が原公園は、札幌でアスレチックが遊べる公園のひとつ。場所は北区で札幌飛行場の北側に位置します。この公園は1978年の昭和天皇の在位50周年事業で作られることが決定し、5年後の1983年に完成しました。86年にはサッポロ花と緑の博覧会を開催した実績があります。広さは25.4ヘクタール。園内にはリリートレインが周回し、本格的なディーゼル列車が走り抜けます。そのほか温室や世界の庭園に花壇なども。また一部の施設を除いて自由に往来できる大きな公園には遊具広場が整備されており、そこで子供たちが大いに遊べます。

百合が原公園の遊具広場は元々「北方圏遊具の広場」として整備。しかし木製の遊具は2018年春のリニューアルで姿を消しました。遊具の内容ですが、園内を走るリリートレインにちなんだ列車風の遊具、ネットで作られたジャングルジムのような遊具、そして全体を遊ぶのに体力と知力が鍛えられるコンビネーション遊具などがあります。子どもたちに大人気のターザンロープやブランコでも遊べます。そして立体迷路のような鉄製の遊具は必見。内部から階段で上がったり、横からネットで上がったりした後は、滑り台でさらっとすべり降りられます。

百合が原公園
住所:
北海道札幌市北区百合が原公園210
営業時間:
8:45~17:15(百合が原公園管理事務所)
電話番号:
011-772-4722(百合が原公園管理事務所)
定休日:
公園は無休
アクセス:
百合が原駅から徒歩9分

札幌でおすすめのアスレチックがある公園:第10位 農試公園

農試公園(のうしこうえん)は、札幌でアスレチックが楽しめる公園。場所は西区で函館本線、琴似発寒川(ことにはっさむがわ)沿いににあります。ここには元々農林省北海道農業試験場がありました。試験場移転後に1975年公園として整備されます。川沿いにはポプラが植えられ桜の名所。そしてひときわ目立つのが蔦に覆われた、ツインキャップで有料の多目的施設です。ここには子供たちが喜ぶ遊戯(ゆうぎ)広場がありますが、利用期間が4月下旬から11月上旬までと限られています。夏には噴水のあるプールも人気です。子連れでこの地域を訪れたときにはぜひ立ち寄ってみましょう。

農試公園の遊戯広場ではかつてタコをモチーフにした遊具と、ガリバー旅行記のガリバーを象ったガリバー遊具がありましたが、2017年を持って老朽化を理由に取り壊されました。しかし2代目ガリバーが登場。小人国に来て捕まえられたガリバーをイメージできる遊具施設は、小さな子供でも安心できるように高低差が低くなっています。同時に砂遊び間に設置されている縁がラバー補強されており、安全度が増しています。従来通りの遊具施設も遊びどころ満載。小さな子供が安心しながらそして楽しい思い出にぜひ利用したい公園です。

農試公園
住所:
札幌市西区八軒5条西6丁目95-21
営業時間:
24時間
電話番号:
011-615-3680
定休日:
無休
アクセス:
JR琴似駅下車 徒歩15分

札幌でおすすめのアスレチックがある公園:第11位 川下公園

川下公園は、札幌でアスレチックを楽しむのにおすすめの公園。場所は中心部から東にある白石区にあります。ここは白石区の総合公園として整備され、1999年に完成しました。面積は19.5ヘクタール。モクセイ科で札幌市の気に指定されているライラックを世界中から200種類集めて1700本を植栽したライラックの森をメインにプールや浴室があるリラックスプラザ。パークゴルフ場やテニスコートなどのスポーツ施設が揃っています。夏季にはピクニックを楽しみましょう。そして公園内には子供が楽しめる遊具が用意されています。

川下公園の遊具施設は、2018年に大型のコンビネーション遊具が新たに登場しました。この遊具は小さな子ども用の入口と大きい子どもが楽しめる入口とあり、年齢関係なく楽しめるのが大きな特徴。冒険しながら大きな場所にも移動できる仕組みにもなっているので、子どもの好奇心と勇気が試されます。大きな滑り台へはネットで上がれたり、ロープで引っ張りながら登れたりと何パターンも楽しめるのが飽きないところ。そのほか屋内のリラックスプラザ内にも少しばかりの遊具施設があるので、雨の日はこちらを利用しましょう。

川下公園
住所:
北海道札幌市白石区川下2651番地3外
営業時間:
24時間
電話番号:
011-879-5311
定休日:
無休
アクセス:
川下公園前バス停下車 徒歩1分

札幌でおすすめのアスレチックがある公園:第12位 豊平公園

豊平公園は、札幌でアスレチックの楽しむのに最適な公園のひとつ。場所は豊平区札幌の中心部から見て、南東の位置にあります。地下鉄の駅前というのもうれしいところ。もともとここには農林省林業試験場がありました。その跡地を公園として整備、完成したのは1977年で敷地面積は7.4ヘクタール。施設には植物園の温室や図書室がある緑のセンターをはじめ有料のテニスコート、温水プール、見本園や花壇、薬草園などがあります。そんな豊平公園にも楽しい遊具施設がいくつか用意されていますから、子連れファミリーで立ち寄ってみましょう。

豊平公園の遊具は遊具広場があり、そこに集中しています。小さな幼児から楽しめるコンビネーション遊具は色味とデザインがキュートな作り。ブランコにはガード付もあり用事も安心して楽しめます。昔ながらの鉄棒もあり、逆上がりなどの練習にもばっちり。飛び石のような遊具もそろっています。そして子どもだけが遊べる遊具だけではありません。実は大人向けの健康遊具も用意。子どもたちが遊ぶのを見守りしながら、大人も健康増進に遊具を使ったストレッチが可能です。四季が感じられる自然に囲まれながら、森林浴そして大いに遊びましょう。

豊平公園
住所:
北海道札幌市豊平区豊平5条13丁目
営業時間:
24時間
電話番号:
011-811-6568
定休日:
無休
アクセス:
豊平公園駅から 徒歩1分

札幌でおすすめのアスレチックがある公園:第13位 屯田公園

屯田公園(とんでんこうえん)は、札幌でアスレチックが楽しめる公園。場所は札幌市北区で市街地の北の端付近に当たります。4ヘクタールほどの中小の公園ですが、ここは子供たちの歓声が響き渡るような楽しい遊具が多数揃っているところでも有名です。その中でも注目すべきはローラー式の滑り台。小さな子供なら少し目もくらむような高さですが、高い部分は柵に囲まれているので安全です。非常に長い滑り台はローラー式となっており、穏やかに下って行きますので空中散歩気分。小さな子供が勇気をふしりぼって楽しいひとときが過ごせるように設計されています。

屯田公園自体が2003年にできた新しい公園ということもあり、遊具は大型でかつ新しいものが揃っています。ロング滑り台の他に注目すべきは大型のコンビネーション遊具。複数の滑り台が付いています。中には傾斜の急なものもあり、スリルが味わえます。また登るための道も工夫が凝らされており、普通の階段の他ジャングルジムのようにのぼったり、吊り橋のように渡ったりしながら上がれます。本格的なフィールドアスレチックに遊びに行く前の練習にも良いでしょう。このほか、ターザンロープやハンモック型遊具など、一日中楽しめます。

屯田公園
住所:
北海道札幌市北区屯田8条6丁目3
営業時間:
24時間
電話番号:
011-771-4211
定休日:
無休
アクセス:
篠路駅から 徒歩9分

札幌でおすすめのアスレチックがある公園:第14位 北園公園

北園公園は、札幌でアスレチックを楽しめるおすすめの公園のひとつ。場所は札幌の中心部から北東より、元町駅の近くにあります。中小規模の公園ですが、札幌では初めて指定された冒険公園。そのためアスレチックの遊具類が非常に充実しています。2017年と2018年にリニューアルして、遊具類が新しくなりました。特に小さな子供向けに造られた遊具広場には砂場や、小さな遊具が点在。ベンチもいくつか備え付けているので、親御さんも座りながら安心して見届けられます。また以前は存在しなかったブランコも、リニューアル後に取り付けられました。

北園公園のリニューアルで新たに登場したコンビネーション遊具には、眺めの滑り台が設置されました。高い部分は柵になっているので安心です。その横には小さな滑り台も設置。プレイウォールや、見ているだけで力が入りそうな雲梯もあります。想像以上に楽しい傾斜渡り、だまし絵のようなドーナツラダーも人気です。そして少し大きい子供向けの遊具がトランポリン。大きめの網目を伝って中に行けばぴょんぴょんはねられるでしょう。この他幼児用の小さなコンビネーション遊具もあり、子どもの大きさ関係なく遊びにつれて行けます。

北園公園
住所:
札幌市東区北22条東14丁目
営業時間:
24時間
電話番号:
011-781-3521
定休日:
無休
アクセス:
元町駅から 徒歩4分

札幌でおすすめのアスレチックがある公園:第15位 白石東冒険公園

白石東冒険公園は、札幌でアスレチックを楽しめる公園のひとつ。場所は札幌白石区市街中心から南東方向にあります。これは札幌コンペンションセンターからJR北広島駅まで続く自転車道「白石こころーど(旧白石サイクリングロード)」の途中に広がる公園で、サイクリングの休憩所もピッタリの場所です。サイクルパークもあり自転車の練習にも最適。細長い公園内には子供たちが喜びそうな遊具がいくつか備わっており、新しい遊具と古い遊具が共存しています。古い遊具の一部は利用禁止の物もあるので注意してください。

白石東冒険公園の遊具は、アスレチック度合がより強化されたコンビネーション遊具が目を引きます。滑り台を主体とした遊具ですが、芋虫のような形をしたトンネルがあり、そこにはクライミング用の石が設置。それをつかみながらよじ登っていくスタイルです。小さな子供では難易度が高いかもしれません。らせん型の滑り台や複数台が並んだ滑り台、ネット型の遊具など想像以上に遊べるところが目白押し。自転車でここまで乗りつけて遊びたいところです。かつて存在した国鉄千歳線の駅があった公園。その頃のエピソードを紹介する掲示板もあります。

白石東冒険公園
住所:
札幌市白石区栄通19丁目
営業時間:
24時間
電話番号:
011-864-8125
定休日:
無休
アクセス:
南郷18丁目駅から 徒歩4分

札幌でおすすめのアスレチックがある公園:第16位 宮の沢ふれあい公園

宮の沢ふれあい公園は、札幌でアスレチックが楽しめる公園のひとつです。場所は西区エリアで市街から見て北西方向、大きな宮丘公園のすぐ近くにあるやや大規模の公園。札幌西インターチェンジのすぐ近くにあります。公園の北側は芝生が中心で、サッカー練習場があります。南西側に遊具専用の場所があり、そこには子供たちが楽しめる遊具がいくつもあります。滑り台はジャングルジムと一体化したより高度なもの、滑り台に付いたジャングルジム、ネットで出来たトンネルなど、少し頭を使うアスレチック性の高い遊具が多く並んでいます。

また、コンクリートの山があり、ブランコは通常タイプとバケット型が2種類が並立。それほど高くない滑り台もあって傾斜がゆるくローラー式です。砂場にはキャラクターが並んでいて小さい子ども楽しめます。これらの遊具は小さな子供でも安心設計な遊具がメインなので、親御さんもゆっくりと見守ってください。なお子供用の遊具のほか、大人向けの健康遊具もあるので、ストレッチで体を動かしてみるのも良いでしょう。水飲み場もあります。緑の芝生地帯が多く、小さな東屋もありゆったりと遊びながらリッチな休日を楽しめます。

宮の沢ふれあい公園
住所:
北海道札幌市西区宮の沢2条3丁目1
営業時間:
24時間
電話番号:
011-667-3201
定休日:
無休
アクセス:
宮の沢駅から 徒歩11分

札幌でおすすめのアスレチックがある公園:第17位 真駒内曙公園

真駒内曙公園(まこばないあけぼのこうえん)は、札幌でアスレチックが楽しめるおすすめ公園のひとつ。場所は南区エリアで市街の南側、すぐ近くに北海道立真駒内公園があります。84.7ヘクタールの広域公園と名前が似ているので注意してください。真駒内曙の「曙」とは真駒内発祥の地とされ、戦前には真駒内種畜牧場があった場所でした。園内には整備された夕水路が流れ夏には水遊びが楽しめます。また冬になるとスキー山でそり遊びができる公園。そんな公園にも遊具広場があります。

真駒内曙公園にある遊具は、見た目にインパクトがあるブランコがありあます。どこかエスニック風の人物の両手にぶら下がっているようなそんな雰囲気。コンビネーション遊具には通常の滑り台とパイプで降りる滑り台。登るための部分も趣向が凝らされています。もうひとつ幼児用の滑り台も用意されています。眺めのターザンロープと、やや小ぶりな砂場。あるいは動物を象った遊具などが揃っています。冬はソリが滑られる小さな丘も季節が替われば芝生に覆われ、子どもたちが上に向かって走る姿が目に浮かびます。

真駒内曙公園
住所:
北海道札幌市南区真駒内曙町3丁目12
営業時間:
24時間
電話番号:
011-581-3811
定休日:
無休
アクセス:
真駒内駅から 徒歩14分
この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
  • 札幌で美味しい牡蠣を食べ 放題できる場所TOP15!新鮮な牡蠣...

    札幌で美味しい牡蠣が食べられるお店を案内します。札幌では道内各地から取り寄せた牡蠣をリーズナブルで食べられたり、食べ放題を実施したりしている名店が数多くあります。その中から特におすすめだけを15か所厳選しました。わかりやすいランキング形式で紹介します。

  • 札幌で食べたい人気つけ麺ランキングTOP20!絶品つけ麺をご紹介

    今回は札幌で美味しいつけ麺を提供する人気店をご紹介します。ラーメンに負けず、つけ麺のファンも年々増加しています。ひや盛り・あつ盛り・スープ割りなど、ラーメンには無い楽しみ方もあります。行列に並んででも食べる価値のあるお店ばかりです。普段ラーメンばかり注文している方も要チェックです。

  • 札幌でサンドイッチが美味しいお店TOP15!テイクアウトできる...

    サンドイッチは手軽に食べることができ、ランチ、あるいはお弁当や夜食にもぴったりのメニューですね。本記事では札幌にスポットをあて、札幌で食べることのできるサンドイッチをご紹介します。明日のお弁当に早速選びたくなるテイクアウト可能なお店も紹介!

  • 札幌で人気の暇つぶしスポット20選!街中から自然を感じれる...

    札幌は道内で最も活気のある街として知られ、さまざまなイベントや行事が行われる観光スポットでもあります。多くの観光客で賑わう札幌では、ちょっとした空き時間も有効に過ごせる「暇つぶし」スポットがあるのをご存知ですか?今回はそんな札幌の暇つぶしスポット20選を余すところなくお届けします。

  • 札幌で美味しくて安いランチバイキングTOP20!食べ応え抜群間...

    1年を通して多くの観光客が訪れる「札幌」。毎日賑わいをみせる札幌には、安い料金でランチバイキングが楽しめる飲食店がたくさんあります。そんな多くのお店の中から、食べ応え抜群で間違いなしの美味しい料理を、ランチに味わうことができる安いバイキング店をランキングにしてご紹介します。

  • 札幌で美味しいパスタランチが食べられるお店TOP20!街中レス...

    札幌に観光に訪れた旅行者の方、札幌で働いている・札幌に住んでいる地元の方々に、市内でオススメのパスタランチが楽しめるお店20店舗をご紹介いたします!一口にパスタと言ってもお店のこだわりは実に様々。気になるランチスポットを見つけてみてください!

  • 札幌駅周辺でおすすめのパンケーキ店TOP12!

    冬の観光地として有名な札幌には、駅の周辺にはお店ごとにこだわり抜かれたパンケーキ店があります。ここでは、こだわりのパンケーキのお店を12カ所ご紹介します。札幌駅周辺のお気に入り店を見つけて、絶品のパンケーキを味わってみましょう。

  • モエレ沼公園の見どころガイド!イサム・ノグチ最後の作品!...

    札幌の東の端っこに、全体がひとつの芸術作品となっている公園があります。その名もモエレ沼公園。ロサンゼルス生まれの彫刻家であるイサム・ノグチがデザインし、芸術と自然が一体化した空間は市民から大人気。観光スポットとしても穴場となっているんですよ。

  • 札幌で絶対食べたいカレーTOP20!ルーもスープもどちらも美味...

    北海道の札幌が発祥で、今では東京やそのほか全国にも広まっているスープカレー。市内では激戦区で強豪同士が激しくしのぎを削っています。そんなスープカレーとは別にインド系など伝統的なルーのカレー店も大奮闘。人気のおすすめ20か所を厳選し、わかりやすいランキング形式で紹介します。

  • 【北海道・札幌】お土産にもおすすめ!超人気ケーキ&スイー...

    誕生日やお祝い事、楽しいときのマストアイテムはやっぱりケーキ♡ 自分へのご褒美で体重なんて気にせず食べちゃいたい! 札幌付近にあるケーキ屋さんをご紹介いたします。

この記事のキーワード
このエリアの人気記事
新着記事