池袋でおすすめの人気お土産29選!名だたる有名なお菓子を一挙にご紹介

317

views

0

池袋は、国内外から多くの人が集まる街。そんな街には、名だたる銘菓のお菓子やスイーツと言ったお土産がたくさんあります。誰もが知っている有名なお菓子やスイーツを池袋のお土産に購入するために、厳選した29個を一挙にご紹介していきます。

池袋に集った有名なお菓子の中から何をお土産に選ぶ?

名だたる銘菓やスイーツが集まる池袋には、店頭にたくさんのお土産が並べられているので、お土産を選ぶのに悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。これから池袋を訪れて、どのようなお菓子をお土産に選ぶか悩まないために、よりすぐりの池袋土産の中から絶品のお菓子やスイーツをお土産に選んでみましょう。

絶対に買いたいお土産1:RINGOの「焼きたてカスタードアップルパイ」

RINGOが製造している「焼きたてカスタードアップルパイ」は、大きなりんごが生地の中に包まれている焼き菓子。1つ1つ丁寧に焼き上げられているこちらのアップルパイは、池袋駅1階のRINGOで1個399円で販売されています。

焼きたてカスタードアップルパイは1個から購入するのもいいですが、4個入り1512円のお得なパッケージも用意されているため、人数に合わせた個数のアップルパイを選んでみましょう。

RINGOのカスタードアップルパイは、144層からの絶妙な食感の生地とバターとりんごの濃厚なうまみが魅力なので、池袋のお土産に購入してみてください。

RINGO 池袋店
住所:
東京都豊島区南池袋1丁目 JR池袋駅1F
営業時間:
10:00~22:00
電話番号:
03-5911-7825
定休日:
年中無休
アクセス:
池袋駅から徒歩1分
平均予算:
1,000円〜1,500円

絶対に買いたいお土産2:PRESS BUTTER SANDの「バターサンド」

プレスバターサンドの人気商品「バターサンド」は、濃厚なキャラメルクリームとなめらかなバタークリームが挟みこまれた2層に分かれたクッキー。和菓子の製法を使って焼き上げられたこちらの焼き菓子は、池袋駅の地下1階にあるプレスバターサンド池袋店にて5個入り1000円で販売。

ほかにも、9個入りの大容量パッケージもあるため、女子会への手土産や職場へのお土産にも選びやすいでしょう。さらに、濃厚なバターのとキャラメルの甘さが絶妙なバターサンドは、「レモン」や「宇治抹茶」も販売されているので、お好きな味のバターサンドをお土産にしてみてください。

プレスバターサンド 池袋店
住所:
東京都豊島区南池袋1-28-2 JR池袋駅 B1F
営業時間:
10:00~22:00
電話番号:
0120-319-235
定休日:
不定休
アクセス:
池袋駅から徒歩1分
平均予算:
1,000円〜2,000円

絶対に買いたいお土産3:ピエール・エルメ・パリの「マカロン」

ピエール・エルメ・パリが販売している「マカロン」は、カラフルな色合いをした1口サイズのマカロン。SNSにも映える見た目のマカロンは、ピエール・エルメ・パリ西武池袋店にて1個302円で販売されています。少々お値段は高いですが、見た目のかわいらしさから女性へのお土産におすすめです。

味の種類も豊富にそろっていて、上品な甘さの「アンフィニマンローズ」や、食感とほろ苦さがクセになる「ショコラアメール」など、どのマカロンを選んで購入してもきっと喜んでくれるお土産となるでしょう。ちなみに、季節によっては限定のマカロンも販売されているため、事前にチェックをしてからお土産を選んでみるのもいいですね。

ピエール・エルメ・パリ 西武池袋店
住所:
東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店 B1F
営業時間:
10:00~21:00
電話番号:
03-3981-0111
定休日:
不定休
アクセス:
池袋駅から徒歩3分
平均予算:
1,000円〜3,000円

絶対に買いたいお土産4:TOKYO チューリップローズの「チューリップローズ」

西武池袋本店の地下にお店を構えるTOKYOチューリップローズでは、チューリップの形をした焼き菓子の「チューリップローズ」が売られています。

アート作品のような見た目と「ベリー」「マンゴー」「キャラメルナッツ」の3種類の味わいは絶品で、価格も4個入り793円と手に入れやすい料金設定です。そのため、かわいらしい見た目のお土産として池袋ではおすすめのお菓子となっています。

ほかにも、6個入りや9個入り、12個入りに18個入りなど、渡す相手に応じた個数のお土産を買えるのは、「チューリップローズ」のおすすめポイントと言えるでしょう。

TOKYOチューリップローズ 西武池袋店
住所:
東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店 B1F 西武食品館
営業時間:
10:00~21:00
電話番号:
0120-229-333
定休日:
不定休
アクセス:
池袋駅から徒歩1分
平均予算:
1,000円〜2,000円

絶対に買いたいお土産5:御菓子司 池袋三原堂の「池ぶくろう最中」

絶対に買いたいお土産の「池ぶくろう最中」は、池袋のシンボルのふくろうを型どった食べ応え抜群の和菓子。見た目がかわいらしいこちらの最中は、サクサクの生地と北海道産の濃厚な味わいの小豆餡が挟まれていて、2個490円とリーズナブルな価格で販売されています。

三原堂は池袋駅から徒歩1分の場所にあるため、お土産がとても買いやすいです。また、「池ぶくろう最中」は、15個入りや18個入りの大容量パッケージも用意されているため、ご家族や職場へのバラまき用のお土産として購入してみるのはいかがでしょうか。

池袋 三原堂
住所:
東京都豊島区西池袋1-20-4
営業時間:
10:00~19:00
電話番号:
03-3971-2070
定休日:
年中無休
アクセス:
池袋駅から徒歩1分
平均予算:
1,000円〜2,000円

絶対に買いたいお土産6:Chocolat BEL AMERの「パレショコラ」

西武池袋に出店しているベルアメールでは、50種類もの味のバリエーションを誇る6cm大の板チョコレートが。期間限定の味を含めて常に50種類もの味のバリエーションを店頭に並べるこちらのチョコレートの味の中には、飲み物として親しまれているものも多く「ロイヤルミルクティー」や「抹茶」など、1つ1つ異なる見た目と色の鮮やかさがおしゃれなお菓子です。

あまりに見た目がきれいなことから、SNS映えやアフタヌーンティーの手土産におすすめです。料金は1枚281円と少し高めではありますが、高級感あふれるお土産として「パレショコラ」を選んでみてください。

ショコラベルアメール 西武池袋本店
住所:
東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店
営業時間:
10:00~21:00
電話番号:
03-5949-5018
定休日:
不定休
アクセス:
池袋駅から徒歩1分
平均予算:
1,000円

絶対に買いたいお土産7:銀座ウエストの「リーフパイ」

銀座ウエストの「リーフパイ」は、葉っぱの形をしたかわいらしい焼き菓子。1つ1つ手作業で形を形成しているこの焼き菓子は、256個の層に積み重ねられていて、その分厚い層のおかげでサクッとした食感が絶妙な仕上がりとなっています。そして、パイの表面にはたくさんのザラメがまぶされていて、その甘さはお子様へのお土産にもおすすめと言えるでしょう。

銀座ウエストの「リーフパイ」は、東武百貨店池袋店で5枚入り600円とリーズナブルな価格で販売されているので、池袋を訪れた際にはぜひ購入してみてください。

銀座ウエスト 東武百貨店池袋店
住所:
東京都豊島区西池袋1-1-25
営業時間:
10:00~21:00
電話番号:
03-5951-6122
定休日:
不定休
アクセス:
池袋駅から徒歩1分
平均予算:
1,000円

絶対に買いたいお土産8:ローストキャラメルマーケットの「ローストキャラメルマーケット」

お店の名前ともなっているお菓子「ローストキャラメルマーケット」は、生地の上に香ばしいナッツとキャラメルをかけた深い味わいのお菓子。お店の看板商品ともなっているこちらのお菓子は、1口食べると口の中にキャラメルの甘みと香りが広がり、5個入り810円と買いやすい価格です。

池袋では駅から徒歩1分の「東武百貨店」地下1階に店舗があるため、池袋駅を訪れた際にお土産を購入してみましょう。また、お土産のパッケージは個数によって変わり、全部で4種類のボックスが販売されているので、渡す相手によってパッケージを選んでみてください。

ローストキャラメルマーケット
住所:
東京都豊島区西池袋1-1-25 東武百貨店池袋店 B1F
営業時間:
10:00~20:00
電話番号:
03-5951-6238
定休日:
不定休
アクセス:
池袋駅から徒歩1分
平均予算:
1,000円〜2,000円

絶対に買いたいお土産9:クラブハリエB-studioの「バームクーヘンmini」

クラブハリエB-studioイチオシのお菓子「バームクーヘンmini」は、おいしさを追い求め続けることで誕生した絶品のバウムクーヘン。職人さんの手で1つの層ごとに丁寧に焼き上げたバウムクーヘンは、しっとりとした生地にうまみが凝縮されて、ふわっとした口当たりはやみつきになります。

しかも、「バームクーヘンmini」は小ぶりのサイズ感が食べやすく、小さなお子様へのお土産にもおすすめです。価格も、1個465と買いやすい料金設定となっているので、池袋を訪れた際のお土産に「バームクーヘンmini」を選んでみてください。

クラブハリエ B-スタジオ 池袋東武店
住所:
東京都豊島区西池袋1-1-25 東武百貨店池袋店 本館 B1F
営業時間:
10:00~21:00
電話番号:
03-5992-0777
定休日:
不定休
アクセス:
池袋駅から徒歩1分
平均予算:
1,000円〜2,000円

絶対に買いたいお土産10:オードリーの「グレイシア」

オードリーで販売されている「グレイシア」は、新婦さんがもつブーケに似た見た目の焼き菓子。お店で1番人気のこちらのお菓子は、「ミルク」に「チョコレート」「ナッツ」「ストロベリー」などのバリエーションがあり、店頭では9個入りの小サイズと16個入りの大サイズの2種類の「オードリー缶」が並んでいます。

お値段も小サイズ1620円、大サイズ2700円となっていて、西武池袋の地下1階で販売。池袋駅を利用した人は、気軽にお土産を買えるでしょう。また、グレイシアの「ストロベリー味」は、見た目がかわいらしいので女性へのお土産に購入してみてください。

オードリー 西武池袋本店
住所:
東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店 西武食品館 B1F
営業時間:
10:00~21:00
電話番号:
03-5949-2910
定休日:
不定休
アクセス:
池袋駅から徒歩1分
平均予算:
1,500円〜3,000円

オススメお菓子1:C3の「焼きティラミス」

シーキューブが手がける「焼きティラミス」は、エスプレッソとマスカルポーネを絶妙に配合したティラミス。お店イチオシのこちらのティラミスは、素材や製造工程などにこだわっていて、食べるごとに珈琲の苦みやチーズの甘さを交互に感じることができます。

シーキューブの「焼きティラミス」は2個入り346円で販売。西武池袋の地下1階にお店を出店しているので、池袋駅を訪れた際には気軽に購入することもできます。そんな、甘さと苦みが絶妙な大人の味わいの「焼きティラミス」を、池袋のお土産に買ってみるのはいかがでしょうか。

C3 池袋西武店 (シーキューブ)
住所:
東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店 B1F
営業時間:
10:00~21:00
電話番号:
03-3986-9223
定休日:
不定休
アクセス:
池袋駅から徒歩3分
平均予算:
1,000円〜1,500円

オススメお菓子2:ガトーフェスタ ハラダの「グーテ・デ・ロワ」

ガトーフェスタハラダの人気イチオシ商品の「グーテ・デ・ロワ」は、フランスパンを厚めにカットしてからバターを塗って焼き上げたラスク。上質な小麦とバターを使って作られているこちらのラスクは、サクッとした食感と香ばしい香りに食欲がそそられます。

そのため、1枚や2枚ではもの足りずあっという間に食べきってしまうので、たくさん詰められている80枚入り3240円のパッケージがおすすめです。ただし、少ない枚数をお求めの方にぴったりの、16枚入り626円の商品も販売。池袋では西武池袋本店の地下1階で買えるため、立ち寄った際にはぜひ購入してみてください。

ガトーフェスタ ハラダ 西武池袋本店
住所:
東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店 西武食品館 B1F
営業時間:
10:00~21:00
電話番号:
03-3981-0111
定休日:
不定休
アクセス:
池袋駅から徒歩1分
平均予算:
1,000円〜2,000円

オススメお菓子3:とらやの「小形羊羹」

和菓子の老舗とらやでは、小倉や黒糖をはじめ抹茶やはちみつなどを材料に使用した「小形羊羹」があります。こちらの羊羹は、素材ごとに味わいも異なっていて、食べると懐かしさを感じる「黒糖羊羹」や中に小豆が入れられた「小倉羊羹」は、お店の定番人気商品です。

小形羊羹は西武池袋の地下1階のとらやさんで1本292円で販売。価格のリーズナブルさから、池袋のお土産としておすすめの和菓子です。そんな、和菓子の老舗とらやが手がける「小形羊羹」を、お茶会などの手土産に選んでみてください。

とらや 池袋西武店
住所:
東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店 B1F
営業時間:
10:00~21:00
電話番号:
03-3981-0111
定休日:
不定休
アクセス:
池袋駅から徒歩1分
平均予算:
1,000円

オススメお菓子4:ベルンの「ミルフィーユ」

ベルンの看板商品の「ミルフィーユ」は、パイ生地を3種類のチョコレートで包み込んだ焼き菓子。サクサク食感と優しい甘さのチョコレートは、噛むごとに口の中に甘さが広がり、チョコレート好きにはたまらないお菓子となっています。

味は、「ヘーゼルナッツ」に「ミルクチョコレート」「スイートチョコ」の全3種類。ミルフィーユは1つずつ個包装されて3個入り303円で販売されています。ほかにも、20個入りや30個入りの大容量パッケージも用意されているので、自分用も含めてご自宅へのお土産にミルフィーユを買ってみるのはいかがでしょうか。

ベルン 西武池袋店
住所:
東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店 B1F
営業時間:
10:00~21:00
電話番号:
03-3981-0112
定休日:
不定休
アクセス:
池袋駅から徒歩3分
平均予算:
1,000円

オススメお菓子5:セバスチャン・ブイエの「タルトレット」

西武池袋内にお店を構えるセバスチャン・ブイエでは、フランスの伝統的なお菓子をタルト生地に乗せたお菓子が販売されています。いくつもの味のバリエーションをそろえているこちらのタルトレットは、どれも素材のうまみを最大限に活かした作りとなっていて、フィナンシェとドライフルーツを合わせた「フリュイ」は定番商品です。

ほかにも、チーズケーキにレーズンを合わせた「フロマージュレザン」に、マドレーヌと国産のりんごを使った「ポム」などは見た目もおしゃれでお土産におすすめと言えるでしょう。そんな「タルトレット」は、3個入り972円で販売されているので、お土産に購入してみてください。

セバスチャン・ブイエ 西武池袋店
住所:
東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店
営業時間:
10:00~21:00
電話番号:
03-3981-0111
定休日:
不定休
アクセス:
池袋駅から徒歩3分
平均予算:
1,000円〜2,000円

オススメお菓子6:Tartineの「タルティン」

双子の女の子が描かれているパッケージデザインの「タルティン」は、花の形をした焼き菓子。クッキーやパッケージの見た目がかわいらしいこのお菓子は、「ストロベリー」と「キャラメル」の2種類が作られていて、四角い缶に詰められて販売されています。

小さな缶は8個入り1771円、大きな缶は12個入り2440円と、お土産としてはお手頃な料金設定と言えるでしょう。また、Tartineのお菓子は期間限定のパッケージデザインも度々販売されているので、事前に調べて限定のタルティンを購入してみてください。

タルティン 東武百貨店 池袋店
住所:
東京都豊島区西池袋1-1-25 B1F 6番地
営業時間:
10:00~20:00
電話番号:
03-5992-8180
定休日:
不定休
アクセス:
池袋駅から徒歩1分
平均予算:
2,000円〜2,500円

オススメお菓子7:ケーニヒス クローネの「はちみつアルテナ」

池袋の東武百貨店に出店しているケーニヒスクローネでは、ケーキの中に柔らかく煮込んだ栗を入れ込んだ「はちみつアルテナ」が販売されています。味の種類は「抹茶」と「チョコレート」の2種類が用意されていて、5号サイズのはちみつアルテナは1620円で販売。

ほかにも、食べやすいカップ入りの「はちみつアルテナ」も販売されているので、渡す相手やシーンに応じたお土産を選べるでしょう。

ケーニヒスクローネの「はちみつアルテナ」は、珈琲や紅茶に合うスイーツにもなっているので、女子会やアフタヌーンティーなどの手土産に購入してみるのはいかがでしょうか。

ケーニヒス クローネ 池袋東武店
住所:
東京都豊島区西池袋1-1-25 東武百貨店池袋店 B1F
営業時間:
10:00~21:00
電話番号:
03-5952-9606
定休日:
不定休
アクセス:
池袋駅から徒歩1分
平均予算:
1,000円〜2,000円

オススメお菓子8:京橋千疋屋の「自家製くりぬきゼリー」

フルーツを専門的に取り扱う千疋屋では、選び抜かれた果物をそのまま使ったデザートの「自家製くりぬきゼリー」が販売されています。果物そのものの味を活かして作られているこのゼリーは、柔らかい食感の中にジューシーな果汁がしっかりと染み出し、口にする度に果物そのものを食べてるような味わいです。

価格は1個864円と少し高めの料金設定となっていますが、上品な味わいの自家製ゼリーは、目上の方などの手土産にはぴったりのデザートと言えるでしょう。ほかにも、6個入りのパッケージは5832円で販売されているので、池袋のお土産に選んでみてください。

京橋千疋屋 フルーツパーラー 東武池袋店
住所:
東京都豊島区西池袋1-1-25 東武百貨店池袋店 6F
営業時間:
10:00~20:00
電話番号:
03-5950-3344
定休日:
不定休
アクセス:
池袋駅から徒歩1分
平均予算:
1,000円〜

オススメお菓子9:すずめやの「どらやき」

すずめやで販売されている「どらやき」は、午前中に売り切れてしまうほど人気のお土産。国産の小豆だけを使って作られたつぶあんは、なめらかさと優しい味わいが特徴となっていて、激戦区の東京都でありながら多くの人たちに人気があります。

お店は池袋駅から徒歩7分ほどの場所にあり、1個200円とリーズナブルな価格で販売。ボリューム感とクセになる味わいの「どらやき」は、池袋のお土産としておすすめです。そんな、すずめやの「どらやき」をお茶菓子としてお土産に購入してみるのはいかがでしょうか。

すずめや
住所:
東京都豊島区南池袋2-18-5
営業時間:
10:00~
電話番号:
03-5391-0196
定休日:
日曜、祝日、月曜
アクセス:
池袋駅から徒歩7分
平均予算:
1,000円

オススメお菓子10:森幸四郎の「森幸四郎のかすてら」

和菓子を手がける森幸四郎の「かすてら」は、幻のカステラとの異名を持つ大人気のお菓子。1個1575円と決して高くないこの和菓子は、高級感あふれる見た目であることから上品なお土産を買いたい方にはおすすめのお菓子です。

一般的なカステラとは違い濃厚な卵の味とふわふわの食感は、まるでプリンを食べているかと錯覚するほどです。そのため、甘いお菓子が大好きな方にはとくにおすすめのお土産と言えるでしょう。「森幸四郎のかすてら」は、西武池袋の地下1階のお店で販売されているので、お土産に1つ購入してみてください。

森幸四郎 西武池袋店
住所:
東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店 B1F
営業時間:
10:00~21:00
電話番号:
03-5992-0002
定休日:
不定休
アクセス:
池袋駅から徒歩3分
平均予算:
1,500円

オススメお菓子11:麻布かりんとの「かりんと」

麻布かりんとを代表するお菓子「かりんと」は、50種類もの味のバリエーションがそろったお菓子。長年親しまれ続けているこのかりんとうは、和風の味付けをはじめ洋風や中華などさまざまな味のかりんとうが作られ、中でも「カレー味」や、「黒糖」「蜂蜜」「抹茶」は大人気の味です。

麻布かりんとでは50g340円から売られていて、サイコロ型の箱に詰められたかりんとうはお土産におすすめです。お店は、西武池袋の地下1階で営業をしているので、池袋を訪れた時には気軽に立ち寄って購入してみましょう。

麻布かりんと 西武池袋店
住所:
東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店 B1F
営業時間:
10:00~21:00
電話番号:
03-3987-7707
定休日:
不定休
アクセス:
池袋駅から徒歩1分
平均予算:
1,000円〜2,000円

オススメお菓子12:和菓子村上の「わり氷」

鮮やかな色合いがキレイなお菓子「わり氷」は、寒天を乾燥させて作られている和菓子。6日もかけて寒天を乾燥させたこちらのお菓子は、外側がカリッとしていて中身のぷるっとしたなんとも言えない食感が人気を博しています。見た目の鮮やかさからSNSにも映えるお菓子として、そして、池袋のお土産としておすすめです。

池袋で「わり氷」を購入する際には、東武百貨店の地下1階のお店で1個250円の値段で販売されているので、東武百貨店を訪れた際にはお店に立ち寄ってみてください。

金沢和音 東武池袋店 (和菓子村上)
住所:
東京都豊島区西池袋1-1-25 東武百貨店池袋店 B1F
営業時間:
10:00~21:00
電話番号:
03-3981-2211
定休日:
不定休
アクセス:
池袋駅から徒歩1分
平均予算:
1,000円

オススメお菓子13:OGGIの「ガトーショコラ」

OGGIが販売している「ガトーショコラ」は、選び抜かれた材料だけを使って焼き上げられているチョコレートケーキ。

池袋の東武百貨店の地下1階で販売されているガトーショコラは、芳醇な香りを感じる「ガナッシュ」がちりばめられていて、チョコレートの甘さと相まって、絶妙な味わいに仕上がっています。そのため、チョコレートケーキが大好きな方へのお土産には、とくにおすすめのお土産と言えるでしょう。

OGGIの「ガトーショコラ」は、6個入り1080円で販売されているので、池袋のお土産に一度購入してみてください。

OGGI 東武 池袋店
住所:
東京都豊島区西池袋1-1-25 東武百貨店池袋店 B1F
営業時間:
10:00~21:00
電話番号:
03-5950-5126
定休日:
不定休
アクセス:
池袋駅から徒歩1分
平均予算:
1,000円〜2,000円

オススメお菓子14:銀座あけぼのの「二十四節花」

東武百貨店の地下1階にある銀座あけぼのでは、宮城県のもち米を使ったお菓子の「二十四節花」が販売されています。太陽暦で1年間を表しているこのおかきは、季節を24個に区切っていて、味の種類は「青のり」と「黒胡椒」「海苔醤油」「柚子ザラメ」「和胡椒」「桜海老」「紫芋」「だしカレー」の8種類が詰められています。

「二十四節花」は1口大のサイズ感から食べやすく、おかきが好きな方へのお土産にはぴったりと言えるでしょう。しかも、価格が36個入りで1296円と安いので、自分用も含めた池袋のお土産に「二十四節花」を選んでみてください。

あけぼの 池袋東武店
住所:
東京都豊島区西池袋1-1-25 東武百貨店池袋店 B1F
営業時間:
10:00~21:00
電話番号:
03-3986-3137
定休日:
不定休
アクセス:
池袋駅から徒歩1分
平均予算:
1,500円

オススメお菓子15:タカセ池袋本店の「ふくろうからの贈り物」

タカセ池袋本店で販売されている「ふくろうからの贈り物」は、2018年に立教大学と共同製作で誕生したお菓子。大学生との打ち合わせを重ねることで作られたこのお菓子は、チョコレートが付いた「アーモンドチュイル」と「エンガディナー」を2本ずつ、「アーモンドチュイル」1本付いた5本入りのセットとなっています。

パッケージには池袋を代表する「ふくろう」や「みみずく」と言ったデザインを取り入れているため、池袋らしいお土産に仕上がっています。お値段も800円と買いやすい料金なので、池袋を訪れる際には「タカセ池袋本店」へ足を運んでみてください。

タカセ 池袋本店
住所:
東京都豊島区東池袋1-1-4 タカセセントラルビル 1F・2F・3F・9F
営業時間:
08:00~22:00
電話番号:
03-3971-0211
定休日:
年中無休
アクセス:
池袋駅から徒歩1分
平均予算:
1,000円
この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
  • 都内で可愛い犬に出会えるカフェ10選!人気の犬カフェをご紹介

    東京都内にある犬と触れ合える犬カフェをご案内いたします。猫カフェはご存じの方が多いと思いますが、犬と一緒に散歩できる犬カフェもじわじわと人気上昇中です。ドリンクのみのカフェだけでなく、愛犬と一緒に食事を楽しめるカフェなど、厳選して10か所をご紹介します。

  • 池袋駅周辺で暇つぶしに使えるスポット20選!時間を有効活用...

    JRに東武鉄道・西武鉄道・地下鉄と交通の便の良い池袋。待ち合わせ場所や乗り換え地点にもなりやすい池袋で、楽しく暇つぶしのできるスポット20選をご紹介致します!無料のスポット、有料のスポット共にあるので、ぜひ気になる場所をチェックしてみてくださいね。

  • サンシャイン水族館の楽しみ方特集!お得な料金プランをチェ...

    大都会東京にありながら水の世界を堪能できる人気スポット「サンシャイン水族館」。交通アクセスも抜群で気軽に利用でき、デートにもぴったりの人気スポットです。せっかくお出かけするならお得な料金プランを利用して、もっと安く楽しんでみてはいかがでしょうか?

  • 駅近で便利!女子におすすめしたいルミネ池袋のレストラン

    池袋駅から直結のルミネ池袋は8階がレストランフロアになっています。タイ料理や韓国料理、串揚げなど、バラエティ豊かなお店が揃ったルミネ池袋のレストランの中から、特に女子に人気のお店をご紹介します!

  • 池袋で女子会なら!ナンジャタウン「おそ松さん」キャラクタ...

    2015年12月から2016年1月まで開催されていた大人気イベント"おそ松さん in ナンジャタウン"がさらにパワーアップして復活!前回人気だったメニューはもちろんのこと、新たにドリンクメニューも加わり注目を集めています。

  • 都内デートの定番!カップルで楽しむサンシャイン水族館

    2011年の全館リニューアル以来、ますます人気が高まっているサンシャイン水族館。池袋駅からすぐという気軽さもあり、定番のデートスポットにもなっています。行ったことが無い方はもちろん、すでに何度も足を運んでいる方も、改めてサンシャイン水族館の魅力をおさらいしましょう!

  • デートにおすすめ!池袋・サンシャイン水族館で出会える美し...

    サンシャイン水族館があるのは、なんとビルの屋上!でも中に入ると、ここが都会の真ん中だなんてことは忘れてしまいます。今回はそんなサンシャイン水族館の見どころをご紹介しちゃいます!

  • オシャレな女子会ランチに出かけよう♪池袋の女子会するならこ...

    女子会、親しい友人と語り合って、食べて笑うのはストレス発散にもなってとてもいいですよね。しかもお店が最高だったらさらに良い気分で帰れますよね。今回は池袋の女子会ランチするならオススメのお店を厳選紹介します。

  • 【東京・池袋】新感覚!泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」...

    「深夜に読書していたら眠くなって、でももう少し読みたくて~~って無理してたらいつの間にか寝ちゃった。」なんて経験ありますよね。本を読みながらふわ~って眠りにつく感覚。そんな幸福をとことん追求した「泊まれる本屋」がオープンしました。今回はそんな話題のスポットの魅力に迫ってみます!

  • 池袋駅周辺カフェで一息!おすすめのお店ベスト4

    山の手エリアにある観光スポットがたくさんある「池袋」!そんな池袋で歩き疲れたらしばしの休憩を楽しめるカフェで一息ついてみませんか?おすすめのカフェを一挙にご紹介していきます。

この記事のキーワード
このエリアの人気記事
新着記事