【東京・池袋】新感覚!泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」の魅力に迫る!

1,841

views

0

「深夜に読書していたら眠くなって、でももう少し読みたくて~~って無理してたらいつの間にか寝ちゃった。」なんて経験ありますよね。本を読みながらふわ~って眠りにつく感覚。そんな幸福をとことん追求した「泊まれる本屋」がオープンしました。今回はそんな話題のスポットの魅力に迫ってみます!

コンセプトは?

泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」が2015年11月5日池袋にopenしました。最高に幸せな「寝る瞬間」を提供するという斬新なコンセプトは、多くの人に支持され、瞬く間に大きな反響を呼びました。本に囲まれながら自由な時間を過ごし、寝てしまう。その為に、ふかふかなマットレスも無ければ、低反発の枕も無い。そして、軽くて暖かい羽毛布団もここにはありません。最高な環境と良い寝心地は追求していないからです。

あえて寝心地の良い環境づくりはせず、「読書をしているうちに寝落ちしてしまった」を提供します。また、“本屋”とはありますが本の販売は行いません。

あるのは、沢山の本に囲まれた環境と居心地の良いベッドだけです。その中で自由気ままにリラックスして下さい。最高の「寝る瞬間」にこだわったをホステルなんです。

こだわり抜いた内装デザイン

店内は独創性溢れる空間です。天井まで本で埋め尽くされ、隙間にベッドが見えます。木材を多用したデザインは、心地よい木の香りも。リラックスできる様に工夫がされています。とてもおしゃれで綺麗ですね。ゆったりと読書に没頭出来そうです!

ホステルという業態

そもそも、ホステルというのはどういうものでしょうか?
まず、談話室やゲスト同士の交流スペースがあり、いろいろなゲストに対応できるという特徴があります。その為、国際性があるのがホステルの特色のひとつとなっています。

そして、ホテルや旅館では宿⇔各ゲスト(一対多)ですが、ホステルでは加えてゲスト同士の交流(多対多)を大切な要素と考え、共用スペースの充実や交流を大切にするんです。気が合う仲間が出来たら楽しそうですね!

ベッド

「BOOK AND BED TOKYO」のベッドは、室内の本棚の中に埋め込まれています。もちろん電源もブックライト完備。120cm x 200cm のちょっと広めな部屋と、80×200cmの少し小さめの部屋があり、合計は12床となっています。

本棚の中にベッドを設置した「BOOK SHELF」タイプが計12床あり、本棚から離れたところにも「BUNK」タイプが計18床あります。それぞれ広さが異なるCOMPACTサイズ(80×205センチ)とSTANDARDサイズ(129×205センチ)が備え付けてありますよ。

トイレやシャワールーム、クロークは 24時間利用可能、しかもWi-Fiも無料で完備しているんです。 自由に使い共有する事で、新たな出会いが生まれる共同生活が楽しめます。これはホテルじゃなく、ホステルである事の醍醐味と言っても良いでしょう。

本について

選書を担当したのは、2008年に渋谷でオープンした「本のある暮らし」を提案するセレクトショップ「SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS」。日本語の本はもちろん、英語の本に国内旅行ガイドなど幅広いジャンルを1700冊そろえています。

本棚に並べられた1,700冊もの書籍には、和書、洋書、漫画、雑誌と幅広いジャンルで展開され、飽きさせません。他にも、希少なバックナンバー等が取り扱われているものも。読書好きにはとっても楽しめちゃいますね。

「スヤスヤ本」や「眠れなくなる本」などのテーマ分けと「夜食本」「明日のヒント」「家が恋しい時」などのユニーク書籍を選定しているのも魅力の1つです。

料金について

ベッドタイプは二種類、本棚の中にある「BOOK SHELF」と、本棚と離れた位置にある「BUNK」。利用料金は、いずれもコンパクトタイプが平日3,500円、スタンダードタイプが4,500円となっています。また、金土祝前日だと1000円追加になります。宿泊以外にも、デイタイムにはラウンジスペースが利用できます。

チェックインは16時、チェックアウトは翌日の11時。ベッドは8席までで、1500円です。デイタイム利用の空き状況はTwitter(@BOOKANDBEDTOKYO)で確認しましょう。

BOOK AND BED TOKYO
住所:
東京都豊島区西池袋1-17-7 ルミエールビル7階
営業時間:
チェックイン16:00~チェックアウト11:00
連絡先:
info@bookandbedtokyo.com
料金:
「STANDARD」¥4,500-(税抜)/1泊 〜 ※土日祝前日などは変動あり
「COMPACT」¥3,500-(税抜)/1泊 〜 ※土日祝前日などは変動あり

いかがでしたか?素晴らしいコンセプトのホステルだと思います。今後も更に人気が出てくると思いますので、今のうちに「最高の寝る瞬間」を体験してみてはいかがですか?

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
  • 駅近で便利!女子におすすめしたいルミネ池袋のレストラン

    池袋駅から直結のルミネ池袋は8階がレストランフロアになっています。タイ料理や韓国料理、串揚げなど、バラエティ豊かなお店が揃ったルミネ池袋のレストランの中から、特に女子に人気のお店をご紹介します!

  • 池袋で女子会なら!ナンジャタウン「おそ松さん」キャラクタ...

    2015年12月から2016年1月まで開催されていた大人気イベント"おそ松さん in ナンジャタウン"がさらにパワーアップして復活!前回人気だったメニューはもちろんのこと、新たにドリンクメニューも加わり注目を集めています。

  • 都内デートの定番!カップルで楽しむサンシャイン水族館

    2011年の全館リニューアル以来、ますます人気が高まっているサンシャイン水族館。池袋駅からすぐという気軽さもあり、定番のデートスポットにもなっています。行ったことが無い方はもちろん、すでに何度も足を運んでいる方も、改めてサンシャイン水族館の魅力をおさらいしましょう!

  • デートにおすすめ!池袋・サンシャイン水族館で出会える美し...

    サンシャイン水族館があるのは、なんとビルの屋上!でも中に入ると、ここが都会の真ん中だなんてことは忘れてしまいます。今回はそんなサンシャイン水族館の見どころをご紹介しちゃいます!

  • オシャレな女子会ランチに出かけよう♪池袋の女子会するならこ...

    女子会、親しい友人と語り合って、食べて笑うのはストレス発散にもなってとてもいいですよね。しかもお店が最高だったらさらに良い気分で帰れますよね。今回は池袋の女子会ランチするならオススメのお店を厳選紹介します。

  • 池袋駅周辺カフェで一息!おすすめのお店ベスト4

    山の手エリアにある観光スポットがたくさんある「池袋」!そんな池袋で歩き疲れたらしばしの休憩を楽しめるカフェで一息ついてみませんか?おすすめのカフェを一挙にご紹介していきます。

  • 東京・池袋「ペンギンのいるBAR」に行こう!東京唯一の場所で...

    ペンギンと一緒に食事したことありますか?東京でたった一軒、そんな夢のようなBARがあるんです!とにかく可愛いペンギンは見ているだけで癒されちゃう。その上、食事もお酒も美味しいのだから文句なし。誰もが行きたくなるような「ペンギンのいるBAR」を大解剖しちゃいました!

  • 【東京】池袋のおすすめ人気ホテル15選!

    新宿、渋谷とならぶ山の手三大副都心の一つ池袋。8路線が乗り入れる巨大ターミナル池袋駅は、東京のあらゆるスポットへのアクセスも便利です。そんな池袋駅周辺でおすすめのホテルを、ビジネスホテルを中心にご紹介します。

  • 行列必至!池袋東口超人気おすすめラーメン店

    都内でも屈指のラーメン激戦区「池袋」。しのぎを削り、各店が最高の一杯を提供しています。人気がありすぎて行列必至!並んででも食べたいラーメン店をご紹介します。

  • 東京・池袋ランチ話題の「火星カレー」とは?猛烈にウマイと...

    池袋のカレー屋さんといえば「ゴーゴーカレー」などリーズナブルで普通に見えてどこか個性的なお店が人気ですよね。そんな池袋のカレー屋さんの中でひときわ異彩を放つカレー屋さんが出現しました。その名も「火星カレー」。なんと、メニューには鹿肉や鴨肉、そしてカンガルー肉など変わった食材を使ったカレーがいただけるんです!一体どのようなお店なのでしょうか。

このエリアの人気記事
新着記事