オーストラリアの世界遺産!グレートバリアリーフの楽しみ方5選

9,844

views

0

数ある世界遺産の中でも最大規模のグレートバリアリーフ。面積は日本に匹敵するといい、オーストラリアの北東沿岸におよそ2000Kmにわたって連なる大珊瑚礁です。そんなグレートバリアリーフのおすすめの楽しみ方やリゾート施設などの情報をお届けします。

①グレートバリアリーフで泳ぐ

グレートバリアリーフは年間を通じて水温が高く、プランクトンや藻が豊富なため、ウミガメなど他の海洋生物の楽園ともなっています。約400種の珊瑚が生息し、世界最大の珊瑚礁の海は宇宙から確認できるほど広大。珊瑚礁とは珊瑚が石灰質の骨格を積み重ねて形成する地形のことで、グレートバリアリーフは5000以上の珊瑚によって形成されています。

グレートバリアリーフの玄関口といえばケアンズ。しかし、ケアンズシティの近くにビーチはなく、「Lagoon(ラグーン)」と呼ばれる人口プールがあるのみです。ケアンズの北の海岸線沿いには「Marine Coast(マリンコースト)」と呼ばれる8つのビーチがあり、ヤシの木やマングローブなどが生えていて南国ムードたっぷり。しかし、南国の海と聞いてイメージする青い海に白い砂というビーチではなく、少し茶色がかった海となっています。そのため、グレートバリアリーフへ飛び出せば、エメラルド色に輝く海の世界で気軽に楽園を満喫することができます。

ラグーン (Lagoon)
住所:
Cairns Esplanade, Cairns, Queensland, Australia
営業時間:
6:00~21:00
アクセス:
ケアンズ駅から徒歩20分
定休日:
水曜日の午前中(メンテナンス)
電話番号:
+61 7 4044 3715
料金:
無料

②ハート・リーフを見に行こう

ハートリーフとは、その名のとおりハートの形をした珊瑚礁です。ハネムーナーにも人気で、カップルで見ると幸せになると言われている幸せを呼ぶ珊瑚礁。ハミルトン島にあり、上陸はできないので小型飛行機やヘリコプターを使い上空から見ることになります。

ハミルトン島を出発して飛行機で片道30分の遊覧飛行。上空からグレートバリアリーフやハートリーフを眺めることができます。ツアーによってはホワイトヘブンビーチへ立ち寄るプランもあり、ビーチで泳いだり遊んだりすることも可能。6月から8月の時期は泳ぐには寒いですが、鯨が見られるチャンスもあります。

ハートリーフ (Heart Reef)
住所:
Great Barrier Reef Marine Park, Airlie Beach, Queensland 4802, Australia
アクセス:
ハミルトン島よりツアー参加
料金:
ツアーによって異なる

③リゾート施設を満喫しよう

グレートバリアリーフのアイランドリゾートは自然の恩恵を受けた魅力的なリゾートばかりです。世界的に知られているハミルトン島や、同じウィットサンデー諸島にあるヘイマン島は超高級リゾートとして有名。リザード島、ベダラ島、オーフィアス島は隠れ家リゾートとしてセレブに人気です。

ワン & オンリー ヘイマン アイランド (One&Only Hayman Island)

グレートバリアリーフの中心に位置するヘイマン島にあるラグジュアリーリゾートホテル。美しい珊瑚礁と豊かな自然に囲まれた魅力あふれる島で、最高のホスピタリティでゲストを迎えるというコンセプトを実現しています。ハミルトン島から専用フェリーで40分。英国王室も好んで利用したことから「ロイヤル・ヘイマン」の称号も与えられました。スパはロンドンでUK Conde Nast Traveller賞を受賞。リゾート内はアクティビティも充実し、日本語スタッフも常駐しています。

ワン&オンリー ヘイマン アイランド (One&Only Hayman Island)
住所:
Hayman Island Great Barrier Reef, 4801, Australia
アクセス:
ケアンズ空港からハミルトン島まで国内線で約1時間半、その後、専用フェリーで40分
チェックイン:
14:00PM
チェックアウト:
12:00PM
電話番号:
+61 7 4940 1234
料金:
時期により変動するためHPにて要確認

フィッツロイ アイランド リゾート (Fitzroy Island Resort)

フィッツロイ島はケアンズから高速船で45分ながら、グレートバリアリーフの島々の中でも人の手による開発があまり進んでいません。そんな大自然に囲まれたこの島では、熱帯雨林と珊瑚礁の海の両方を楽しむことができます。自然環境に溶け込むよう、お部屋は木材や石材を使用。自然味溢れる中にもスタイリッシュで洗練されたイメージのお部屋となっています。2億5千万年前の最古の熱帯雨林が手付かずで残っていて、その大部分は国立公園に指定。そのため、植物系の生態系が保護されています。アイランドリゾートの中ではリーズナブルな料金設定も魅力の一つ。

フィッツロイ アイランド リゾート (Fitzroy Island Resort)
住所:
The Esplanade, Fitzroy Island, Queensland 4870, Australia
アクセス:
ケアンズ港から高速クルーザーで45分
チェックイン:
14:00PM
チェックアウト:
10:00AM
電話番号:
+61 7 4044 6700
料金:
時期により変動するためHPにて要確認

④マリンアクティビティ―に挑戦しよう

グレートバリアリーフでは様々なマリンアクティビティ―を楽しむことができます。シュノーケル、ダイビング、シーウォーカー、パラセイリング、グラスボトムボート、カヤック、ジェットスキー、スタンドアップパドルサーフィン、オーシャンラフティング、フィッシング、ポンツーン(浮き桟橋)、遊覧飛行などなど。ツアーも多数あるのでお好みに合わせてセレクトしてみてください。

シュノーケル

シュノーケルには3点セットと呼ばれる、マスク・シュノーケル・フィンが必要になります。ツアーも出ているし、島で用具を借りることも可能。珊瑚は光が届くところがいちばん綺麗なため、珊瑚でできているグレートバリアリーフはシュノーケルで十分楽しむことができます。ライフジャケットや浮具が用意されていることが多いので泳げない人でも安心。慣れると簡単に素潜り(スキンダイビング)することができるようになります。

パラセイリング

グリーン島発のパラセイリングでは、ケアンズの街並み、エメラルドグリーンの海、世界遺産熱帯雨林の山々を上空から眺めることができます。海を走るモーターボートから飛び立ち、海の真上を飛ぶことができるので迫力満点。2人乗りのチェアも多くカップルでも楽しめます。

グラスボトムボート

グラスボトムボートはその名のとおり、底がガラス張りになったボートのこと。このボートに乗れば、泳がなくても珊瑚や魚などの水中世界をのぞくことができます。クルーズ時間は大体30分程度。グリーン島、ウポルケイ、モアリーフのポンツーン、フィッツロイ島、ロウアイルズなどで楽しめます。

⑤グリーン島へ遊びに行こう

グリーン島はケアンズの沖合約27Kmに位置し、ケアンズから高速船で約50分のため、日帰りで訪れることもできます。グレートバリアリーフの珊瑚礁の砂が積もってできた島で、そのほとんどが熱帯雨林に覆われ、83種類の植物と60種類の渡り鳥を含む鳥類が生息。ビーチや沖合に造られたポンツーンでマリンアクティビティ―を楽しめるのが魅力です。

グリーン島は約6000年の歳月をかけて誕生しました。島内の熱帯雨林散策や白砂のビーチでのんびりと過ごしたり、浅瀬でのシュノーケルなど、楽しみ方はたくさん。ケアンズからの日帰りで行くもよし、島内のリゾートホテルに滞在するもよし、お手軽に世界遺産の海を味わえます。

グリーン島 (Green Island)
住所:
Green Island, Queensland 4870, Australia
アクセス:
ケアンズから高速船で約50分
料金:
ツアーによって異なる

いかがでしたか?最大規模の世界遺産だけあって、楽しみ方はたくさん。その中でも厳選した5選をお届けさせて頂きました。海も山も楽しめるのがオーストラリアの魅力。ツアーも多数用意されているので、組み合わせ方次第であなた好みの旅にアレンジしてみてください。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • オーストラリアのオーガニックコスメおすすめ13選!お土産に...

    オーガニック先進国と言われているオーストラリアにはメイド・イン・オーストラリアのオーガニックコスメが沢山あります。地元のオーガニックショップに行けば基礎化粧品から食料品までオーガニックがよりどりみどり。数ある製品の中から現地在住者が実際に使ってみたオーガニックコスメをご紹介します。

  • 極上の一時を過ごす! ヘイマン島完全ガイド in オーストラリア

    世界遺産グレートバリアリーフの中心にして、ひとつの島がひとつのホテルの宿泊客だけのものという贅沢なリゾート・アイランドがあります。その名はヘイマン島。今回はこの珊瑚礁に囲まれた美しく小さな島で過ごす極上のバカンスをご紹介します。

  • オーストラリアで拝める!キュートな動物を一挙まとめ

    南半球にあるオーストラリアでは、日本ではめったに触れ合うことが出来ない動物たちが沢山います。 動物との触れ合いは大手旅行会社ではわざわざツアーが組まれるほどの人気! おなじみのあの動物から、「え?こんな動物がいるの!?」という珍しい動物まで、オーストラリアならではの動物を見てみましょう!

  • ハミルトン島の美味しいグルメスポット特集!

    世界遺産であるグレートバリアリーフに囲まれた島、ハミルトン島。ここは美しいビーチや珊瑚礁で有名で、世界中からたくさんの観光客がやってきます。今回は、この島の完全攻略ガイド、グルメにフォーカスを当ててご紹介します。

  • スーパーで気軽に買えちゃう!オーストラリアのおすすめ土産6選

    お土産を買うならまとめ買いできて安いスーパーマーケットに行くのが一番!スーパーで気軽に買えるおすすめオーストラリア土産を色々ご紹介しちゃいます。

  • これぞ秘境!タスマニア「ベイ・オブ・ファイヤーズ」って?

    知る人ぞ知るスポット「ベイ・オブ・ファイヤーズ」とは、”世界で2番目に素晴らしいビーチ”にも選ばれたオーストラリアのタスマニア島にある秘境なんです。長い間手つかずのエリアで、自分だけのビーチを独り占め?!誰にも邪魔されない贅沢なひと時を過ごせる最高の場所へ癒されに訪れませんか?

このエリアの新着記事
  • オーストラリアの物価って高いの?観光や長期滞在に必要な物...

    オーストラリアの物価について案内します。南半球に浮かぶ道の大陸オーストラリア、旅行や長期滞在に人気があります。そんなオーストラリアの物価について様々な品目について、オーストラリアと日本との金額の違いを比較しました。

  • グレート・バリア・リーフでできるアクティビティ情報!自然...

    オーストラリアの中でも特に人気の高いグレート・バリア・リーフ。美しい海の景色を楽しめるスポットがたくさんありますよね。今回はそんなスポットとグレート・バリア・リーフを満喫できる楽しみ方をご紹介します。

  • これぞ秘境!タスマニア「ベイ・オブ・ファイヤーズ」って?

    知る人ぞ知るスポット「ベイ・オブ・ファイヤーズ」とは、”世界で2番目に素晴らしいビーチ”にも選ばれたオーストラリアのタスマニア島にある秘境なんです。長い間手つかずのエリアで、自分だけのビーチを独り占め?!誰にも邪魔されない贅沢なひと時を過ごせる最高の場所へ癒されに訪れませんか?

  • オーストラリア・ハミルントン島のアクティビティをご紹介!

    オーストラリア・グレートバリアリーフの真ん中に位置するハミルトン島は、ロマンティックなホワイトヘヴンビーチやハートリーフにも近く、オーストラリアの魅力がギュッと詰まっています。そんなハミルトン島でおすすめのアクティビティをご紹介します!

  • オーストラリア一人旅おすすめ観光スポット15選!団体旅行で...

    オーストラリアの魅力は大都市と大自然が共存しているところ。そんなオーストラリアを一人で旅するとしたらどこへ行きたいですか?今回はそんなあなたに贈るオーストラリア一人旅、大陸全土にまたがるおすすめスポットを、そして団体旅行では決して行けない観光名所やオーストラリアの魅力をご紹介します。

  • ハミルントン島のバカンスを楽しくするレストラン&ショップ...

    バカンスは好きなことをしてアクティブに過ごしましょう!お食事やショッピングにも手抜きはできません。人気のハミルトン島でおすすめしたいレストラン&ショップをご紹介します!

  • 絶景すぎる! ハミルトン島でしたいアクティビティまとめ!

    世界遺産であるグレートバリアリーフに囲まれ、美しい珊瑚礁やビーチで有名なハミルトン島はとても自然豊かな島。今回は、ハミルトン島の美しい自然を思いっきり満喫できるおすすめのアクティビティをご紹介します。

  • 【オーストラリア】エアーズ・ロック・リゾートの快適ホテル...

    「世界の中心で愛を叫ぶ」の舞台としても有名なエアーズロック。”地球のへそ”とも呼ばれるエアーズロック周辺には4つのホテルが存在します。おそらく一生に何度も訪れる事は出来ないであろうエアーズロックを訪れる際は、ぜひこちらを参考にホテル選びをして頂ければ幸いです。

  • オーストラリア・グレートバリアリーフに浮かぶ極上バカンス...

    美しいサンゴ礁で知られるオーストラリアのグレートバリアリーフは、日本からのアクセスもよい人気の旅行先ですね。透明な海に点々と浮かぶ極上のバカンスリゾートで贅沢な時間を楽しみませんか?マリンスポーツ好きのカップルにもおすすめの、ロマンティックなリゾートをご紹介します!

  • オーストラリア女子旅おすすめスポット15選!世界自然遺産や...

    オーストラリアを旅する目的は、大自然と触れ合うことができること。有名なグレート・バリア・リーフをはじめ、たくさんの世界遺産や有名観光スポットをご紹介します。オーストラリア大陸全てを網羅した女子旅。日本では体験できない、ダイナミックなオーストラリアの大自然が待っています。

このエリアの人気記事
新着記事