大航海時代の栄華!魅惑のポルトガル観光名所

1281

views

0

今やユーラシア大陸の片隅に追いやられてしまった感があるポルトガルですが、16世紀、世界に先駆けて大航海時代の栄光を極めた国。当時の王マヌエル1世の命で造られた多数の豪華な建築物は「マヌエル様式」と呼ばれ今でも世界遺産として大切に保存されています。そんな歴史の重みを感じさせるポルトガルの魅力的な町をご紹介!

1.リスボン(Lisbon)

ポルトガルの首都リスボンは、7つの丘の町とも呼ばれ坂道が多いのが特徴。
高台からは、テジョン川や世界遺産の建造物を眺めることができます。

澄み渡った青空に、レンガ色の屋根の白い家並みがとても映えて、まるで絵葉書のよう。

発見のモニュメント

テージョ川そばにあり、ベレンの塔と同じ並びです。
ポルトガルの大航海時代を記念して造られた記念碑で、帆船をあらわしています。

記念碑の前の石畳には、ポルトガル人航海者が辿った航路をあらわすモザイクの地図があり、日本も描かれています。探してみてくださいね。

発見のモニュメント(Padrão dos Descobrimentos)
住所:
Av. Brasília, 1400-038 Lisboa, ポルトガル
営業時間:
10:00~19:00
アクセス:
トラム(15番) Largo da Princesaから徒歩5分
定休日:
月曜日、1月1日、復活祭、5月1日、12月25日
電話番号:
+351 21 303 1950
料金:
大人2.5ユーロ
おススメの時期:
通年
*10:
00~19:00(5/1~9/30)、10:00~18:00(10/1~4/30)
入場は閉館30分前まで

ベレンの塔

ベレンの塔(torrebelem)
住所:
Av. Brasília, 1400-038 Lisboa, ポルトガル
営業時間:
10:00~18:30
アクセス:
発見のモニュメントと同じ並び。徒歩2~3分
定休日:
月曜日、1月1日、復活祭、5月1日、12月25日
電話番号:
+351 21 362 0034
料金:
大人5ユーロ、日・祝は14:00まで無料
おススメの時期:
通年
*5~9月:
火~日10:00~18:3010~4月:火~日10:00~17:30
※入場は閉館の30分前まで

ベレンの塔は、ジェロニモス修道院とともに世界遺産に登録されています。
ヴァスコ・ダ・ガマの世界一周の偉業を記念して造られた要塞。

船の縄模様を模ったマヌエル様式が見事です。

ジェロニモス修道院

ジェロニモス修道院は、大航海時代の富をつぎ込んで建設されたマヌエル様式の最高傑作と言われております。

内部も豪華絢爛なポルトガル独自の装飾で、見る者を圧倒させます。

ジェロニモス修道院(Mosteiro Jero'nimos)
住所:
Praça do Império 1400-206 Lisboa ポルトガル
営業時間:
10:00~17:00
アクセス:
トラム15番 Mosteiro dos Jeronimosから徒歩1分
定休日:
月曜日、1月1日、復活祭、5月1日、12月25日。日・祝は14:00まで無料
電話:
+351 21 362 0034
料金:
大人10ユーロ、塔へ上るチケットと共通券は大人12ユーロ。
おススメの時期:
混み合う夏のバカンスシーズン(8月)をはずしたらよいと思います。

2.シントラ(Sintra)

まるでおとぎ話の中に出てくるような可愛らしい宮殿です。
外観、装飾、展示品、眺望、その全てが素敵!

リスボンから足を延ばして、ぜひ行ってみたい避暑地です。

ぺーナ国立宮殿(Pala’cio Nacionai de Pena)
住所:
Estrada da Pena, 2710-609 Sintra, ポルトガル
営業時間:
9:30~20:00
アクセス:
シントラの町から循環のシャトルバスが出ています。(リスボンからシントラまでは電車で直行で行けます)
定休日:
通年営業
電話番号:
+351 21 923 7300
料金:
大人13.5ユーロ、シャトルバス往復2ユーロ
おススメの時期:
観光客の少ない冬は入場料も安くなります。

3.ロカ岬

出典: vipvan.pt

ユーラシア大陸最西端の地「ロカ岬」には、詩人「カモンイス」の石碑が建っています。
「ここに地終わり、海始まる」と刻まれていて、訪れる者に感動を与えてくれるようです。

ロカ岬は、夕日の美しさで知られておりますので、日没の時間帯を狙ってお出かけください。
売店やカフェもあるので便利。

ロカ岬(Cabo de Roca)
住所:
Estrada do Cabo da Roca s/n, 2705-001 Colares, ポルトガル
アクセス:
シントラからバス。
定休日:
岬へはいつでも自由に行くことができます。ツーリストインフォメーションは9:00~20:00まで(10~5月は19:00まで)
電話番号:
+351 21 928 0081(ツーリストインフォメーション)
料金:
無料
おススメの時期:
通年
*ヨーロッパ大陸最西端到達証明書は、ツーリストインフォメーションで購入可能。

4.オビドス(Obidos)

出典: pixabay.com

リスボンから長距離バスで約1時間。
城壁に囲まれたとても可愛い町で、メインストリートにはお土産屋さんがびっしり並んでいます。

城壁の上に登って自由に歩きまわることもできるので、ショッピングに興味がない方も楽しめます。

オビドスの可愛らしい町にある、小高い丘の上に建つ中世のお城。
現在は、ポウサダと呼ばれる人気の国営宿舎です。

部屋数が少ないので、値段も下がるオフシーズンが狙い目。
一度は泊まってみたい、中世の古城ホテルです。

ポサーダ・ド・オビドス(Pousada de Obidos)
住所:
Paço Real - Apartado 18
アクセス:
メインストリートの一番奥。町の入口より徒歩で10分くらい。
定休日:
なし
電話番号:
+351-262-955-080
料金:
シーズンと部屋により異なります。
おススメの時期:
オフシーズン
*歴史ポサーダという高級宿泊施設になっています。

5.ポルト(Porto)

出典: pixabay.com

ポルトガル第2の都市「ポルト」は、ドゥロ川の丘陵地帯に築かれた港湾都市。
北部の中心地で、ポートワインの産地としても世界的に有名です。

ポートから北の、ミーニョ地方まで続くドゥロ川の葡萄畑は、世界遺産に登録されております。

ポートワイン工場見学

18~19世紀にかけて、ポルト港から特産ワインが英国へ大量に輸出され、英語で「ポートワイン」と呼ばれるようになりました。(ポルトのワイン)

ポルトには、見学可能なポートワインのワイナリーが数件あります。
見学後に試飲、購入することができますので、お気に入りの1本が見つかるといいですね。

サンデマン(SANDEMAN)
住所:
Largo Miguel Bombarda 3, Vila Nova de Gaia, ポルトガル
アクセス:
ドゥロ川を挟んでポルトの町の対岸。
定休日:
なし
電話番号:
+351 22 374 0533
料金:
コースにより異なります。ウエブサイトから申し込みになります。
おススメの時期:
通年

まとめ

イベリア半島でスペインの影に隠れている存在のポルトガルですが、大航海時代の栄光を今に伝える素晴らしい建築物があちこちに存在している魅力あふれる国です。

世界遺産の建物を見学し、美味しいシーフードを食べて、思う存分ポルトガルを満喫なさってください。

この記事を読んだあなたにオススメの記事

  • 暑さも吹っ飛ぶポルトガルのアグエダの傘の道に行きたい!

    ポルトガルのアグエダの傘の道をご存知でしょうか?頭上一面に色とりどりの傘が埋め尽くす道はアグエダの街の観光名所でもあります。毎年7月から「アートフェスティバル」にて期間限定で行われるアグエダの傘の道は見るものを魅了する美しさです。今回はそんなアグエダの傘の道を紹介します。

  • ポルトガルの首都で絶景を!リスボンのベストビュースポット5選

    白壁に赤レンガの屋根が映える街リスボン。ポルトガルの首都であるこの都市は、美しい街並みで有名です。今回はそんな素敵な街を一望できる絶景スポットをご紹介していきます!

  • ポルトガル・リスボンのベレン地区で行くべき観光スポット「3...

    ポルトガルの首都、リスボンには歴史的建築物が数多くありますが、中でもベレン地区にある世界遺産のジェロニモス修道院とべレンの塔は大変人気のあるスポットなんです。今回はその2か所と世界遺産でなくともぜひ知っておいてほしい大航海時代の記念碑、発見のモニュメントをご紹介します。

  • ポルトガル・リスボンの人気美術館おすすめ2選!日本文化と...

    ポルトガル旅行で、美術館巡りをしませんか?ポルトガルの最大都市リスボンでは、貴重な作品が見られる国立古美術館と、個人のコレクションを集めたグルベンキアン美術館があります。日本では見ることのできない美術品の数々は一見の価値あり。素晴らしい作品に出会えるチャンスをぜひお見逃しなく!

  • 素朴でキュートなポルトガル!魅惑の観光スポット5選

    ポルトガルと聞いて思い浮かべるところはどこですか? 実は世界遺産なども多数にあり、昔からの素朴で優しい街並みが多くのこっているのです♪ また世界中で愛されているイベントも☆ ポルトガルの魅力をお伝えします!!

  • ポルトガル・リスボンの下町アルファマ!人気観光スポットお...

    アルファマは1755年のリスボン大震災を奇跡的に免れたサン・ジョルジェ城を中心とした地域です。そのため、リスボンで最も古い下町の風景が現在でも残っています。坂道が多く、迷路のような路地、曲がりくねった階段、白い壁にオレンジ色の屋根の家など童話に出てきそうな美しい街並みはどこか懐かしく、訪れた人々に安らぎを与えてくれます。

今週の人気記事

  • 箱根に行ったら買って帰りたい!人気のお土産15選

    神奈川を代表する人気の観光地といえば、やっぱり箱根。自然に恵まれた箱根には美味しいお土産がたくさんあります。可愛い雑貨と一緒にぜひ買って帰りたい箱根土産をご紹介します。

  • 激安コスメがおすすめ・新大久保の人気韓国コスメショップを...

    日本国内でも韓流文化の根強い町・新大久保。韓流料理やアイドルグッズのお店など多々あります。その中でも韓流コスメショップが多いのも有名です。安くて種類も豊富な韓流コスメは日本人にも大人気。今回はそんな新大久保の人気韓国コスメショップを厳選紹介します。

  • 京都で占いするならココ!本当によく当たると評判のお店ベス...

    占い激戦区京都!本当によく当たると評判のお店で人生相談したいという人におすすめのお店をご紹介します。どのお店も口コミで大評判。あなたの人生の迷いもスパッと解決間違いなし!

  • 神戸で絶対お得なステーキランチを食べよう!有名店から安く...

    神戸牛が有名な神戸に来たら、一度はステーキを食べておきたいですよね。数あるお店の中から外してはならない、絶対お得なステーキランチがいただけるお店をご紹介します。

  • 福岡で本当に当たる占いはここだ!人気占い師紹介!

    みんな占いって好きですよね?悩んだ時や気になることがある時つい頼りたくなりますよね!占い師のところへ行ってみたことはありますか?実際にあって話してズバッと当てられたりするとビックリしますよね。でも当たる占い師ってわかりませんよね?そんな方のためにみんなの口コミや体験談を調べ、厳選してオススメの占い師を紹介します!福岡に行ったらこの方達のところへ行ってみてはいかがでしょうか?