近代アートの殿堂「MoMA/ニューヨーク近代美術館」でアートに浸ろう!

1,960

views

0

アメリカの数ある美術館の中でも代表的な存在の一つ、ニューヨーク近代美術館。この美術館の必見ポイントを見ながら魅力を紹介します。

MoMAとは?

1929年にオープンしたこの美術館は、高層ビルが建ち並ぶニューヨークのマンハッタンに位置しています。英語名は”The Museum of Modern Art, New York”。そして、その頭文字をとってMoMA(モマ)と親しみを込めて呼ばれています。この美術館の特徴は、20世紀以降の世界的に有名なアート作品を多く収集・展示しており、美術ファンでなくとも一度は見たことがある作品に出会えることでしょう。

MoMAは地下2階、地上6階建。中には劇場が3つ、ショップ、レストラン・カフェが併設されています。ギャラリーは大きく分けて、プリントとイラスト本、メディア、デッサン、写真、建築とデザイン、彫刻、絵画、そして特別展があります。屋外には彫刻庭園もあり、彫刻を鑑賞しながら一休みする憩いの場として利用されています。

ニューヨーク近代美術館(The Museum of Modern Art)
住所:
11 West 53 St. New York, NY
営業時間:
10:30~17:30
(金は20:
00まで営業。7/1-8/31は木曜日も20:00まで営業)
アクセス:
最寄駅「5th Ave/ 53 St.駅」から徒歩3分。タイムズスクエアから徒歩12分。
定休日:
サンクスギビングデーとクリスマス。
電話番号:
212-708-9400
料金:
大人$25、子供(16歳以下)無料。彫刻庭園は誰でも無料で入場可。

ハイライト

写真の一番上が、ポップアートの先駆者のひとりであるAndy Warhol による「Campbell’s Soup Cans」。次にフォーヴィズムで知られているアンリ・マティスの「The Dance I」。その下の写真中心にあるのがゴッホの「The Starry Night」。それからパブロ・ピカソの「Les Demoiselles d’Avignon(アビニヨンの娘たち)」。真上の写真はダリによる「The Persistence of Memory」です。
「実物ってこんな大きい」「以外に小さい!」というのを感じられるでしょう。他にフランシス・ベーコンやピエト・モンドリアン、ゴーギャンの作品など、ここでは紹介しきれないほど有名作品が数多く揃っています。

学ぶ

出典: www.moma.org

MoMAでは楽しくアートを学べる環境が用意されています。例えば、家族で参加する「Family Gallery Talks」。4歳以上から参加できるこのトークツアーは、毎月テーマが変わり、アートムーブメントやアクティビティーを通してゲスト参加型のツアーになっている楽しいツアー。大人2人と子供3人までなら無料で参加できるそう。
13-19歳のティーン向けに、アートスタジオクラスも提供されています。経験不問、無料というから嬉しいですね。ウェブサイトにスケジュールが載っているので、予定があえば参加してみましょう。

出典: www.moma.org

通常のガイドツアーは、プロの歴史家による「ハイライトツアー」「特別展ツアー」「外国語によるツアー」があるそうで、どれも約1時間。料金は入場料を込めた大人$34、子供(5-16歳)$19です。時間に余裕がなく、見どころだけを楽しみたい方や直接プロの説明を聞きたい方におススメでしょう。
自分のペースでMoMAをじっくり楽しみたい方は、オーディオツアーがおススメです。写真付きID(パスポートとクレジットカードは不可)をピックアップデスクに預ければ、無料でオーディオプレイヤーを借りる事ができます。また、スマートフォンのMoMAのアプリを利用してコレクションの説明を聞くことも出来るそうです。

この他にも、レクチャーや映画鑑賞会など、様々なイベントを通してアートに触れる機会が用意されています。自分の好みやスケジュールに合わせて楽しみましょう。

ショップ

MoMA館内には、現代アート美術館にふさわしいモダンな雰囲気いっぱいのギフトショップがあります。

MoMA限定発売のお財布(Art Lover Mighty Wallet○R $15)

こちらは日本が誇るユニクロとMoMAがコラボレーションして出来たTシャツの一枚。他にもバッグや靴下などが売られています。(UNIQLO Warhol Campbell’s Soup Pastel T-shirt $19.90)

どんより雨の日は憂鬱な気分になる人が多いと思います。そんな時はこの傘。内側には青空が広がっています。(Sky Umbrella (Collapsible) $40)

ネックレス、指輪、ブレスレット、時計などといったアクセサリー類も販売されています。こちらのバブルネックレスはベストセラー商品の一つだそうです。(Bubble Necklace $115)
紹介した以外にも、食器類や書籍、雑貨、子供向けのおもちゃなども売られています。




近代アートの宝庫であるMoMAの魅力、伝わりましたか?多くの観光スポットが揃うニューヨークですが、ここはその中でも上位にランクインする必見スポットの一つです。お見逃しなく!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • アメリカで開催される5大セールの時期はいつ?クリスマスや...

    国土やスーパーの大きさも有名なアメリカ。田舎であればあるほどスーパーに行く回数は減り、そのせいか、飲み物や食べ物一つひとつが大きいです。そんなアメリカはセール大国でもあり、主婦の皆様は毎日が大変!今回はそんなアメリカの年に5回ある大きなセールをご紹介します。

  • アメリカでおすすめのアイスクリームチェーン店!発祥店で食...

    アイスクリームはアメリカで多くの方に食べられているいわば国民食です。そのため、アメリカ発祥のアイスクリームチェーン店はたくさんあります。 そこで、おすすめなアイスクリームチェーン店をご紹介します。

  • アメリカで絶対ゲットしたい人気のお土産15選!おすすめのお...

    世界の中心であるアメリカ!あまりにもお土産の種類が多く、どれをお土産に持って帰ったら喜ばれるのかなと悩んでいませんか。ここでは、アメリカの数あるお土産の中でも特に人気の間違いなしのアイテムをピックアップしてみました。

  • 日本と比べてココが違う!アメリカのコンビニ事情

    日本のコンビニって、ちょっとした買い物をする時に近くにあってとても便利ですよね。ところがアメリカでは、店名は同じでもコンビニのタイプが全然違う事、ご存知でしたか?今回は、日本とは少し違ったアメリカのコンビニ事情をご紹介していきます!

  • アメリカ・ロサンゼルス発日帰りルート66お楽しみプラン!観...

    ルート66を走る!って夢のようなプラン。ルート66は全長3,700km、日本を縦断してもまだ足りないくらい。観光旅行の中に組み込むのは難しいですよね。そ・こ・で、ロサンゼルスのRoute66だけ日帰りで楽しんでしまおうという欲張りプランをご紹介。

  • 死ぬまでに見るべき! グランドサークルの奇観7選!

    グランドサークルと聞いて連想するのはどこでしょう? グランドキャニオン? モニュメントバレー?それともアーチーズでしょうか?実はグランドサークルには、それらの有名どころを遥かに凌ぐ秘境がまだまだあるんです!それは、「地球上にこんなところがあるの!?」と思わず目を疑うような奇観。死ぬまでに絶対に行ってみたくなる、世にも不思議な絶景をご紹介します。

このエリアの新着記事
このエリアの人気記事
新着記事