ニューヨークの人気美術館おすすめ10選!現代アートから古代美術品まで!

2,439

views

0

アートの本場でもあるNYには、感性を刺激されるような美術館や博物館がたくさんあるって事、ご存知でしたか?現代アートから古代美術品まで、ありとあらゆる芸術品達を観に今日もたくさんのアート好きが訪れているんです。ここではそんな美術館を厳選してご紹介しちゃいます!

ホイットニー美術館

出典: whitney.org

出典: whitney.org

1931年より開館し、アメリカの現代美術を多く収蔵する事で知られるホイットニー美術館。2015年に移転とリニューアルオープンを終え、プリツカ―賞を受賞した事で知られるレンゾ・ピアノにより設計された建物も独自のものとなっています。収蔵されている現代美術はどれも素晴らしいものばかりですが、そのほか教育センターやシアターなどもあり、飽きさせない造りとなっています。

ホイットニー美術館 (Whitney Museum of American Art)
住所:
99 Gansevoort St, New York, NY 10014
営業時間:
11:00~18:00
アクセス:
77th Street駅から徒歩6分
営業時間:
金曜日は13:00~21:00
定休日:
月曜日、火曜日
電話番号:
+1-212-570-3600
料金:
18$

クロイスターズ

クロイスターズ美術館は世界最大級を誇るメトロポリタン美術館の別館であり、中世ヨーロッパの美術品や建築品などを展示しています。しかしなんといっても見どころは建物自体が美術品の一部とされている回廊庭園です。12世紀から15世紀の回廊を忠実に復元した美術館内部は思わず圧倒されるほどの出来栄えです。

クロイスターズ (The Cloisters)
住所:
99 Margaret Corbin Dr, New York, NY 10040
営業時間:
3月~10月/10:00~17:15 11月~2月/10:00~16:45
アクセス:
地下鉄Aの190 St.駅下車後、バスM4で終点まで
定休日:
感謝祭、12月25日、元日
電話番号:
212-923-3700
料金:
大人$25、65歳以上$17、学生$12、12歳未満大人同伴は無料

ノグチ美術館

出典: inhabitat.com

日系アメリカ人アーティストとして、日本とアメリカ両国を股にかけ活躍したイサムノグチは家具や照明のデザイナーとして特に有名です。クィーンズにあるこの美術館はノグチ自身の手によって開設され、その設計や配置まで彼の手によるものだというから驚き。郊外に位置している事から静かに作品を鑑賞できるのも魅力的。

ノグチ美術館 (Noguchi Museum)
住所:
9-01 33rd Road (at Vernon Boulevard), Long Island City, NY 11106
営業時間:
10:00~17:00
営業時間:
土曜日、日曜日11:00〜18:00
アクセス:
地下鉄N ・Q線ブロードウェイ駅より徒歩25分
定休日:
月曜日、火曜日、感謝祭、元旦
電話番号:
718-204-7088
料金:
$5.00、学生・シニアは$2.50

フリック・コレクション

出典: www.nycgo.com

実業家であるヘンリー・フリック氏の個人的なコレクションを展示しているフリックコレクションは、元邸宅だったという事もありとても親しみやすい雰囲気がある美術館です。絵画だけではなく彫刻や家具などの美術品、また少数ではありますがフェルメールなどの作品も展示しており一般の美術館にも負けない充実度を誇ります。

フリック・コレクション (The Frick Collection)
住所:
1 East 70th Street, New York NY 10021
営業時間:
火曜日~土曜日:10:00~18:00/日曜日10:00~17:00
アクセス:
地下鉄4/6線 68丁目/ハンターカレッジ駅より徒歩9分
定休日:
月曜日、元日、独立記念日、クリスマス(12月25日)
電話番号:
212-288-0700
料金:
通常大人$20、日曜日の11:00~13:00は任意の料金

ノイエ・ギャラリー

20世紀初めごろのオーストラリアやドイツなどの美術品を数多く展示しているノイエ・ギャラリーは、ヨーロッパ風の外観が特徴的。内装も一般的な美術館とは違い、その静かに佇む光景はまるで普通のアパートのようです。クリムトのアデーレブロッホバウアーをはじめ小物などの展示も充実しておりちょっと立ち寄るのにもおススメです。

ノイエ・ギャラリー (Neue Galerie)
住所:
1048 Fifth Avenue New York, NY 10028
営業時間:
月曜日、木曜日~日曜日11:00~18:00、第1金曜日11:00~20:00
アクセス:
地下鉄4/5/6線 86丁目駅より徒歩7分
定休日:
火曜日、水曜日、独立記念日、感謝祭、クリスマス、元旦
電話番号:
212-628-6200
料金:
$15

ブルックリン美術館

ブルックリンを代表する美術館であり、56万平方フィートもの敷地内には5つのフロアに分かれた展示室があります。約150万点にものぼる収蔵品はエジプト美術や現代美術がぎっしり。また浮世絵を多く収蔵している事でも知られており、満足する事間違いなしの美術館となっています。

ブルックリン美術館 (Brooklyn Museum of Art)
住所:
200 Eastern Parkway, Brooklyn NY 11238
営業時間:
水曜日、金曜日~日曜日11:00~18:00、木曜日11:00-22:00
アクセス:
地下鉄2/3線 イースタン・パークウェイ-ブルックリン・ミュージアム駅下車後すぐ
定休日:
月曜日、火曜日
電話番号:
718-638-5000
料金:
一般$8

ユダヤ博物館

出典: itp.nyu.edu

ユダヤの名を持つ美術館は世界に数点存在しており、ニューヨークに存在するものはイスラエル国外で一番内容が充実しているとされています。展示されている内容はユダヤ系の歴史、文化などをはじめ現代アートまでと幅広く、その歴史的な内容には思わず考えさせられてしまいます。地下1階にはユダヤ系メニューを中心としたカフェもあり、休息を取る事もできます。

ユダヤ博物館 (The Jewish Museum)
住所:
1109 Fifth Avenue at 92nd Street New York NY 10128
営業時間:
金曜日~火曜日11:00-17:45、木曜日11:00-20:00
アクセス:
地下鉄6線 96丁目駅より徒歩約10分
定休日:
水曜日、ユダヤ系の祝日
電話番号:
212-423-3200
料金:
大人$15.00、土曜日は終日無料

クーパー・ヒューイット・国立デザイン美術館

クーパー・ヒューイット・国立デザイン美術館は鉄鋼王であったカーネギーの豪邸を改装して建てられています。食器や装飾品、家具などが約25万点も収蔵されておりデザイン系の美術館としてアメリカ1の充実度を誇っています。また一般的な美術館とは違いギフトショップが充実している点も見逃せません。お土産探しにもピッタリですよ!

クーパー・ヒューイット・国立デザイン美術館 (Cooper-Hewitt National Design Museum)
住所:
2 East 91st Street, New York NY 10128
営業時間:
日曜日~金曜日10:00~18:00、土曜日10:00-21:00
アクセス:
地下鉄4/5/6線 86丁目駅より徒歩約10分
定休日:
サンクスギビングデー、クリスマス、元旦
電話番号:
212-849-8400
料金:
大人$18.00

国立アカデミー美術館

ミュージアムマイルに建てられたこの国立アカデミー美術館はとても近代的な造りをしていますが、その実19世紀初頭からの長い歴史を持った由緒ある美術館です。比較的コンパクトな建物内部には7,000点ものアメリカンアートがあり国内最大規模を誇ります。またスクール部門の展覧会が年間を通して行われており、新世代のアーティスト達の息吹を感じる事ができます。

国立アカデミー美術館 (National Academy Museum)
住所:
1083 Fifth Avenue at 89th Street New York NY 10128
営業時間:
11:00~18:00
アクセス:
地下鉄4/5/6線 86丁目駅より徒歩約8分
定休日:
月曜日、火曜日、独立記念日、サンクスギビングデー、クリスマス、元旦
電話番号:
212-369-4880
料金:
大人$12.00

国際写真センター

1974年にコーネル・キャパにより開設された国際写真センターではその名の通り写真を専門とした展示を多く行っています。美術品としての写真ではなく、報道写真を多く扱っているのが特徴的。写真学校や情報センターなども併設しており、毎年多くの写真家の卵が生まれています。

国際写真センター (International Center of Photography)
住所:
1133 Avenue of the Americas at 43rd Street, New York, NY 10036
営業時間:
10:00~18:00 金曜日10:00-20:00
アクセス:
グランドセントラルステーションより徒歩7分
定休日:
月曜日、クリスマス、元旦
電話番号:
+1 212-857-0000
料金:
一般$12.00、学生・シニア$8

出典: whitney.org

いかがでしたか?NYには生粋のアート好きにはたまらない美術館や博物館の集まるスポットだという事が分って頂けたかと思います。是非今回ご紹介したスポットを訪れて、あなたの感性を刺激しましょう!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • NYきってのおしゃれスポット!NYエリア別ガイド~ソーホー&...

    NYでショッピングを楽しむなら、ソーホー地区、ノリータ地区がおすすめです!高級ショップはもちろん、生活雑貨やセレクトショップまで買い物心を刺激されるお店がたくさんあります。週末は必ず買い物客で賑わうほど人気の高いこの地区を最高に楽しむためのガイドを作りました!

  • 映画『プラダを着た悪魔』のロケ地をめぐってニューヨークへ...

    オシャレで元気になれる映画『プラダを着た悪魔』。高級ブランド服に身を包んだ出演陣、センスの良い台詞回し、実際にこの目で見たくなるニューヨークの街並み。どれも女子のツボにはまるものばかりです。そんな『プラダを着た悪魔』のロケ地になったニューヨークのスポットを紹介します。

  • ブランド品が半額以下!ニューヨークでの激安ショッピングな...

    「良いものを安く手に入れたい!」そんな賢くおしゃれなあなたの願望をかなえてくれる。それがここ、ニューヨークです。大胆にハンバーガーを食べて、ゴージャスな夜景を眺めて…そしてもちろん、パワフルにショッピング!今回は流行の発信地ニューヨークから大人気ディスカウントショップをご紹介。品質、価格、規模、あなたをがっかりさせるなんてありえません!

  • NYの最先端おしゃれカフェ11選!ニューヨーカー御用達のくつ...

    ファッションやライフスタイルにこだわりをもった、お洒落な人たちが多い街として世界で広く知られているニューヨーク。そんな彼らご用達のお店やテレビや映画でおなじみのお店を紹介します!これであなたもニューヨーカー気分になれるかも!?

  • 憧れ映画のロケ地へ!ニューヨークでお気に入り映画に思いを

    NYといえば映画のロケ地として有名ですよね。さまざまな映画のシーンがここNYで撮影されました。 NYは有名スポットなので同じ場所で違う映画が撮影されていたなんてこともあるでしょう。 今回は、NYで映画の世界に浸りながら有名なロケ地を紹介したいと思います。

  • ニューヨーク・ダンボ地区のおすすめスポット7選がおしゃれす...

    マンハッタン島とはイースト川を挟んでお隣の地区「Down Under the Manhattan Bridge Overpath」。頭文字からダンボ(DUMBO)と呼ばれるそこは、マンハッタンの橋の下という意味で元々は静かで素敵なレンガ造りの倉庫街。現在では倉庫を改造して、アートギャラリーやヴィンテージのロフト、アパートとなっていて、小さい素敵なお店やアーティストがいっぱい!

このエリアの新着記事
このエリアの人気記事
新着記事