クアラルンプール人気観光スポット&おすすめマレーシア料理5選

3,795

views

0

近年注目を浴び始めているマレーシアのクアラルンプール。多分化で様々な国の伝統的な建物が立ち並んでいる一方で、世界一の高さを誇るツインタワーを中心に近代的な顔も持ち合わせているのが魅力です。今回は、そんなクアラルンプールに行く時に必ず訪れておくべき観光スポットを紹介致します。

都市化開発が近年すすみ、観光地として人気が急上昇中のマレーシア。
首都クアラルンプールでは都会な一面も持ち合わせる一方で、リゾート地へのアクセスも便利なのが長所。

日本ではまだあまり知名度はありませんが、グルメもおいしい、観光も楽しいと良いところが盛りだくさん。

今回は、そんなクアラルンプールに行く時に必ず訪れておくべき観光スポットを紹介致します。

ホテルでのんびりアフタヌーンティーなんかもおすすめですよ。

1.ペトロナス・ツインタワー

ペトロナス・ツインタワーは、1998年に完成した452mの高層ビルです。

ツインタワーとしては世界一の高さを誇る、まさにクアラルンプール1の観光スポットです。

日本のハザマと、韓国のサムスンがこの2棟のタワーを1つづつ建てました。
ですが、施工中にサムスンが建てていた方のタワーが傾いている事が発覚。

出典: yakei.jp

そこで、ハザマがツインタワーの間にスカイブリッジと呼ばれる橋を建てることを提案しました。

このスカイブリッジは地上から170mの場所にあり、クアラルンプールの街を見渡す事ができるとして、観光客から大人気です。

もちろんオブザベーションデックという地上360mにある展望台からでも
街を見渡すことは可能です。
遠くの地平線まで見えるこの高さから見る景色も是非味わってみてください。

ペトロナス・ツイン・タワー (PETRONAS Twin Towers)
住所:
PETRONAS Twin Towers, Kuala Lumpur City Centre, 50088 Kuala Lumpur
営業時間:
9:00~21:00
金曜日のみ13:
00~14:30昼休み
料金:
スカイ・ブリッジと展望デッキの入場料 大人RM84.80、子どもRM31.80
定休日:
なし
電話番号:
603 2331 8080
アクセス:
Rapid KL クラナジャヤ線KLCC駅直結

2.チャイナタウン

食事をするならオススメなのがチャイナ・タウンです。

普通の中華料理だけでなく、マレーシア独自の文化も取り入れたようなお店が立ち並んでいるのが特徴です。

特にここで必ず食べるべきなのがチキンライスです。

テラス席がある店が多く、歩いていれば食事の様子を確認できるお店が多いので、ぶらぶら探索してみて入店するのも良いかもしれません。

3. バツー洞窟/バツー・ケーブス周辺

市内から車で約1時間ほどしたところにあるのがこのバツー洞窟です。

マレーシアに住むヒンドゥー教徒の聖地と言われている場所で、パワースポットとしても有名です。

なんと、鍾乳洞までに階段を272段も登らないと辿りつけないのです・・・。

しかも、階段を登っていると、獰猛なサルたちが襲ってきます。
(実際に食べ物を取られたり、鞄に飛びつかれている観光客が沢山いました。)
聖地を拝むのにも一苦労ですね。

ただ、そんな苦労を乗り越えてみる鍾乳洞は絶景です。是非足を運んでみてください。

バツー洞窟 (Batu Caves)
住所:
Batu Caves, Sri Subramaniam Temple, Kuala Lumpur
営業時間:
6:00~21:00
料金:
無料
定休日:
なし
電話番号:
603 2287 9422
アクセス:
KTMコミューター「バツーケイブ駅」下車数分

4.マラッカのオランダ広場

出典: melakajp.com

世界遺産の街マラッカ。クアラ・ルンプール市内から車で1時間半ほどの場所にあります。TBS-BTSという場所からマラッカ行きのバスも出ているようです。

そのマラッカを代表する世界遺産が、オランダ広場にあるまっピンク「ムラカキリスト教会」です。見た目がとにかくかわいい・・・♡

1753年に建てられたオランダ建築様式の教会で、内部には「最後の晩餐」の壁画があることで有名です。
この場所には周囲にもたくさんの観光スポットがありますので、時間がある方は是非マラッカまで足を運んでみてください。

オランダ広場 (Dutch Square)
住所:
Jalan Gereja, 75000 Melaka
アクセス:
ムラカ・セントラル・ターミナルから。車で約15分。

都会で移動しやすいクアラルンプールはおすすめ!

観光、お買い物、マッサージ、パワースポット、グルメなどなど見どころがいっぱいのクアラルンプール。
日本からも7時間程度で直行便で行けるのでおすすめです♡

この記事を書いたのはー

TapTrip 公式Travel Model ― Romi

Romi

東京都港区在住の26歳。
国内外問わず旅行が大好き。1人で5ヶ月かけて25都市とまわる世界旅行にでた経験も。
実際に自分が行った場所で体験した内容を、自分の写真を使いつつ記事にしていきます。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
  • マレーシア・クアラルンプール郊外で見つけた観光スポット特...

    マレーシアと聞いてまず頭に浮かぶのはどこでしょうか?やはりクアラルンプールですよね。近年、マレーシアは日本人が好んで向かう人気の観光スポットでもあり、移住している方も増えてきています。そんなマレーシアですが、実はクアラルンプール郊外にも魅力的なスポットがたくさんあるんです!今回はそんな郊外の魅力をご紹介します!

  • クアラルンプールの人気観光スポットおすすめ19選!絶対に行...

    KL(ケーエル)の愛称で呼ばれるマレーシアの首都クアラルンプール。ここは近代都市でありながら、エキゾチックな熱帯植物の公園があったり、コロニアル時代の面影を残す歴史的建物があったり、また活気あふれる市場や各民族の聖地であるモスクや寺院など、それらがみんな混在して独特の景観を持っています。 今回はその中でも人気のスポット8ヶ所をご紹介します。

  • マレーシア・クアラルンプールで人気のスイーツ!ティータイ...

    シンガポール、インドネシア、タイなどの国々に囲まれた多民族国家マレーシア。今回は、マレーシアでちょっとしたお茶タイムに立ち寄れるお店をご紹介します。かき氷や中華系のケーキなどが食べられる甘味処が盛りだくさんです。

  • マレーシア・クアラルンプール観光で行くべきイスラム文化ス...

    世界に多々ある宗教の中でも厳格なことで知られるイスラム教。しかし多宗教・多民族の国マレーシアでは、イスラム関連の施設も観光客に対して比較的開放的な雰囲気です。普段なじみのないイスラム文化に触れてみたい!そう思ったら、首都クアラルンプールで異文化体験・入門編はいかがでしょうか?

  • マレーシア・クアラルンプールから行ける観光スポット「バト...

    バトゥ洞窟(Batu Caves)は、マレーシアの首都クアラルンプールから北へ約13kmの位置にあるヒンドゥー教徒の聖地です。まず目に入るのは黄金の巨大なスカンダ神です。そして、スカンダ神の後ろにある272段もの階段を上って洞窟に入るのです。さて、その先に見えるのはいったいどのような景色なのでしょうか。

  • 都会のオアシスで一息! クアラルンプールの癒やしスポット

    コンクリートの無機質なビルが林立する大都会。そこにありながら人の心を和ませるのが緑豊かな都会のオアシスです。今回はマレーシアの首都クアラルンプールの喧騒とは全く異なる静けさに浸れるオアシス・スポットをご紹介します。

  • クアラルンプールで行くべき建築観光スポット4選!建築物か...

    この数年目覚ましく近代化が進んだクアラルンプール。マレーシアの首都であることから、高層ビルが立ち並び、近代的な駅として、マレーシアセントラルステーションも完成した。そんな中でも歴史的な価値を持つ建築物は数多くあり、観光客が多く訪れている。どうしてもここは押さえたい重要な建築物を厳選して紹介する。

  • マレーシア・クアラルンプールおすすめ夜景レストラン4選

    マレーシアの首都クアラルンプール。定番の観光スポットといえば近代的な高層ビルのペトロナス・ツインタワーやKLタワーですが、夜になるとライトアップされてまばゆい光を放ち、昼間とはまた違った姿を見ることができます。夜景を楽しみながらおいしい食事に舌鼓。クアラルンプールのゴージャスな夜にぴったりのレストランをご紹介します。

  • マレーシア・クアラルンプールの観光おすすめスポット5選!...

    せっかくクアラルンプールに行くなら、少し穴場のスポットにも足を伸ばしてみませんか?定番だけでなく、ディープなクアラルンプール体験をしましょう。ぜひ訪れていただきたいスポットをご紹介します!

  • 子どもと一緒にワクワク体験! 家族で行くオススメ・スポット...

    子どもを連れて海外旅行したいけどマレーシアってどうなの?今回は、そう思っている方の為に子どもも大人も楽しめるクアラルンプールのオススメ・スポットをご紹介します。マレーシアの歴史と文化を探訪でき、伝統手工芸を体験でき、自然を肌で感じられて、最先端の科学技術を学べる・・・そんな楽しくて為になって貴重な体験ができますよ。

このエリアの人気記事
新着記事